無の釣り、、、 北海道・函館市 / 函館沖堤防 (2日目)


明日は出船が午前3時半なので午前2時50分にはホテルまでお迎えに
行きますね~と約束し、そのままチェックイン&即就寝、、、結構早めに
寝たのもあり目覚めた頃にはスッキリ爽快なJCAでございます。(笑)

まだ真っ暗なうちから函館爆釣会“クロちゃん”と合流し、車で先導して
もらいながら昨年の春にも訪れた覚えのある渡船乗り場へ。





お天気は昨日に引き続きやや微妙?な感じですけど週末ですしそれなりに人も
、、、と思っているとめちゃくちゃたくさんいらっしゃるではあ~りません
かぁ~!?聞けば今日は何かの大会が催されるみたくわたくしめら2人除いて
他は全員そのメンバーとのこと。続々といらっしゃいます!

ありがたい事に大会主催者の方からお好きな場所を言って頂ければそこには
うちらは入りませんからと打診がありわたくしめはどこがどんな感じかサッパリ
ですのでクロちゃんが悩んだ挙句、白灯台にしましょうと決めて下さいました。


そして午前3時半キッカリに出船!


まずは定員の問題から赤灯台へ渡られるグループを先に渡し、その後2番船で
残り3ヶ所の沖堤へ振り分け。ここは道南屈指の巨大港ですから沖堤も4ヶ所も
存在し、それぞれ潮通しや海底ストラクチャーなど様々な面で異なっている
そ~な、、、ちなみに昨年連れて行ってもらった所は赤灯台でした。







「函館沖堤防」


今朝は目の前をフェリーやタンカーといった大型船が出入りする航路筋に面した
白灯台先端部からファイヤー!

なんせ先端部周りは一段低くなっている上、至近距離を1万トンクラスの大型船
ばかり通過する為、満潮時や少しでも荒れている時は引き波が足元を時折
洗うスリリングな戦場、、、今日は風も非常に強く少々ウネリも入っている
ものの満潮を迎えるお昼頃までは波が被ってもまだマシでしたよぉ。


航路筋にあたるがゆえ軽く投げてもタップリ水深があり雰囲気的には大物が
潜んでそ~な感じがしますが、立地上潮流の速く動き出すとシンカーごと
ゴロゴロ流される場合もあれば上潮と底潮の動きが異なる二枚潮にもなったり
してて大潮回りだと大変だろうなぁ~と、、、


すぐ近くで大きな渦が無数に形成されてラインが斜め右へ次々と流されていく中
、少しサビこうと仕掛けを動かしてみるとこれがまた即行根掛かりしちゃって
るんです!?そう、ターゲットがババガレイだけに海底は岩や他シモリが多く
点在しているよ~で一時根掛かり地獄と呼んでも過言では無いレベルまでに!





ラインブレイクしちゃったり、たまにおもいっきり重くなって回収されてきたと
思えばホヤや小さなホタテが付いた石の塊、、、2人して海底の掃除をしている
よ~ですねぇ~と苦笑いしながら攻撃は続きます。

朝マズメも一切アタリは無く終わり、午前10時になってもノーフィッシュ
、、、それこそアイナメなんかが居れば必ずアタックしてくるはずなのに
何の反応もありません。ってゆ~か魚っ気が自体が全く無く、エサ取りの
小魚のアタリですら皆無に等しい状態、、、


そんな中、ようやくクロちゃんが手のひらサイズのミズクサガレイを撃沈&ポイ
されたと思っているとわたくしめの竿に超~微弱なコンコンと共に、







ミニチュアサイズのマコガレイとアイナメ。


ちなみに水揚げした魚はこの2匹のみ、、、(泣)

いや~、昨日の時点では良型のマコガレイにアイナメばかりでどれだけ
頑張っても本命が現れない!って文句を言ってたのに、今になって思えば
本命とは違えど魚が釣れててくれただけまだマシでした。


ほんとどれだけ積極的に攻めの釣りをしてても根掛かりだけで生体反応が
見られない無の釣り、、、分かってはいてもここまで渋いと辛いですねぇ。

クロちゃんと打ち返しをしては灯台の基礎の上に腰掛けて雑談会 入港して
くるフェリーを眺めながら仕掛けのチェックしてみたりの繰り返しであっという
間に時間が過ぎて午後13時、、、撤収のお時間となってしまいました。





大会のみなさんの釣果では他の沖堤にはなりますが、投げではなくブラーで
探ってババガレイを撃沈されてらっしゃる方も居たそ~で魚自体はどこかに
潜んでる!ただ、それが自分たちが投げている範囲に居るかど~か、、、と
あとはそれが食ってきてくれるか、、、ああっ、ババガレイ作戦は修行の釣り
だぁ~と改めて実感し2日目は終了となりました。


帰り道は嵩張る荷物など全部クロネコセンターから配送&空港でチェックイン
まで済ませた後、レンタカーの返却時間まで少々時間があったので近くの
ご当地グルメレストランに行って人気のB級グルメ?チーズがたっぷり入った
カレーを食べてから大阪へ帰ってきましたぁ ♪

あはは、もう他のメニューはほぼこれまでに網羅してきますので試した事が無い
メニューとなるとこのカレーくらいだけ?だったので。(笑)









使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 7号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ファイター 6号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まるふじ・シーフォースサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「ほんと無の釣りやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

44、42cm マコガレイは本命ではなく、 北海道・函館市 / 太平洋 (1日目)


レンタカーを借り、まだ道内を長旅中の'05スピンパワー他、荷物をクロネコ
センターで受け取ったら辺りはもう真っ暗!まずは近くのコンビニで買い出し&
駐車場で荷物の入れ替え作業をするもキャップライトが無いと全く見えない状態
で超~面倒、、、おまけに夜間の気温も17℃もある為、光に虫が寄ってきて
「北海道」上陸早々試練が待ち受けておりました。(爆)


荷物の整理が一段落ついた時点でもう午後21時前、さすがに時間的にホテルに
入ってもまたすぐ出て来ないといけないので昨夜はそのまま戦場へ直行し陣地
を確保してから車内でしばし仮眠でも~と。

当初考えていた計画では、今日は椴法華港でやろうと思ってたんですが、
戦場に行ってみるとすでに先端部&手前の実績場には三脚がビッシリ並んで
いてアウト!急遽、来た道を戻って以前戦った事のあるここでやっと
落ち着けたって感じでございます。


ジジジッ!


夜明け直後の午前4時10分、比較的近投してた竿からドラグ音。





早速本命のお出まし!?とドキドキしてると、

38cm マコガレイでした。


心地良い締め込みと共に横へゆっくり泳ぎながら足下まで来ましたので確実に
カレイというのはすぐ分かったものの、そ~いえばここは本命のみならず
マコガレイやイシガレイ、マガレイなども居る事を忘れておりました。


今、アタリが出た位置は昨年初めて来た時には高確率で根掛かりが発生したのを
覚えておりますが、底が変わったよ~で今回は特に問題無くサビいて来れます。

すぐさま同じピンポイントへ仕掛けを投入しドラグをやや緩めると今度はお隣の
そこそこ投げてた竿からドラグ音が鳴り、竿を持ってアワセを入れた途端、
今投げたばかりの竿もガンガン叩かれ始め同時多発テロの如く、







同サイズ、39cm マコガレイを立て続けに2匹撃沈!


どれも良型揃いで外道としては非常に嬉しいものの、やはり本命の気配が
ありません、、、基本、ターゲットはシモリ際に潜んでる事が多いので砂地の
部分を狙っていても微妙か?と思い、アタリが一段落したら根掛かり覚悟で
テトラ際や他広範囲に投げ分けて探ってみよ~と。


決してフラット帯が多い海底ではない為、わざとシモリ際を意識して投げて
いると早速根掛かりが多発し回収できる時もあれば仕掛け部でプッツンしちゃう
時もたま~にありますが、数日前の記事にもアップしてましたよ~に今回の
ラインシステムはナイロン7号の通しな上、シンカーも自作のL型ジェット天秤
および砂オモリを多用し仕掛け部との強度調整もしっかり計算&対策を取って
きてるので回収率も高くそこまで根掛かりしても苦になりません。

カレイ作戦においては、どこの戦場でも常に崩したくない基本スタイルが
ありますからそれを主軸に前回の経験&データーを基にして仕掛けから全て
専用で新規作製して参りました!今のところ非常にいい感じです ♪


おっ、根掛かりしたけど竿を大きく数回煽ると抜けてきた!?と思い仕掛けを
回収してると途中から竿を通じて伝わってくる強い締め込み!


グゥ~~~、ゴンゴンゴン



こやつは重量感もありますしもしかして!?と期待するも、





42cm マコガレイでしたわ~、、、


結構プッツンが頻繁に起きてた部分から、それも最初根掛かっていたのが
抜けてきたって状況でしたから絶対今度こそ本命と思ったんですけどねっ。
でもまぁ、超~肉厚な個体で煮付けにしたらめちゃくちゃ美味しそう ♪
ありがたくキープさせて頂きましょう。(爆)

午前11時まではアタリが出るとほぼ100%マコガレイというパターンで主に
40cmまであと1~2cmという良型ばかり!あっ、数匹30cmあるか無いかの
マコガレイとイシガレイが釣れましたがこれらは全てリリースしましたよぉ。


天気予報では夜明けからず~っと雨がパラついているはずなんですが、ラッキ~
にもどんより曇っているだけで今現在まだ水滴は1滴も落ちてきておりません。





「太平洋」


実際には沖から風が強めに吹き付け、外海はやや波も高めかつウネリも入って
いるみたいですけど、防波堤の高い胸壁&沖堤に囲まれた立地ですので
ご覧のよ~にとても穏やか ♪ こんなコンディション下、朝イチで見に行った
椴法華港はどんな感じになっているのか?よく分かりませんが、函館市内は
降ってるみたいですし今日はここで良かったかも?


この感じなら先程満潮を迎え潮止まり、再び下げに切り替わるタイミングでも
何かしら反応があるだろうと予想していると潮が顕著に動き出した途端、
根掛かり地獄、、、厳密に言えば根掛かりではなくコンブを主体にワカメなど
切れた海藻が固まりになって水揚げされてくるんです。

しばらくして分かった事なんですが、ど~やら沖から帰ってきた漁船が一旦
漁協前で積み下ろし作業をした後、不要?なコンブや海藻類をちょ~どJCAの
戦っている真正面やや沖に再び持って行って海に捨てているよ~なんですわ~。


ズッシリ重~くスローペースで水揚げされてくる海藻類を取っては打ち返し、
時々ガッチリ根掛かりの中、かなり乱暴なドラグ音がっ!


ジ~~~ッ、ジイッ、ジイイイッ


底へ潜るよ~な締め込みはなく首をやたら振ってる、、、もしや、





48cm アイナメ撃沈。


やっぱりあんさんかぁ~と言いつつも味噌漬けにして食べるとすごく
美味しかったのを思い出してこやつもスカリにキープ。

時間は正午を回ってすぐ辺りで、時合い?あまりこの魚に関しては関係無さそ~
ですが面白い事に35cm前後の個体含め4匹もアイナメが連続!?こやつは
そんなたくさんお持ち帰りする気は無いので40cm未満の個体はリリースです。


潮の動きに呼応するかの如くアイナメの食いが立ったとなれば、カレイ類もまた
食い始める可能性も大!集中しながら積極的に仕掛けを動かしたりとアピールを
繰り返していると、またまたけたたましいドラグ音がテトラ際の竿からっ。


ジイイイッ!?


が、しかし、、、また首を一生懸命振ってらっしゃるんですよね~。(泣)







超~メタボな、49cm アイナメ水揚げ~。


ど~せならあと1cm大きく、50cmをクリアーしてればちょこっと満足できた
ものの、朝のマコガレイといい満足のいくガイドラインまであと1~2cm
足りない、、、みたいな惜しい思いをさせてくる個体が多い?あはは、まっ、
退屈しないペースで何かしら釣れてるので贅沢は言えませんね。(笑)

同じ北海道でもマガレイ、クロガシラ、ホッケがたくさん釣れた~って感じでは
なく、苫小牧港、室蘭港などによく似た特殊な釣り?常に貧果と隣り合わせの
博打的要素を含んだ作戦と今回は覚悟してやってきておりますので今日みたいに
美味しい外道が釣れてくれるのは想定外でビックリ ♪


だけど、そろそろ本命も顔を見せてくれてもいいんじゃないかなぁ~と思いつつ
今後の空模様&潮の動きを確認してるとど~やらここもあと2時間少々、
午後15時頃から大雨になる予報!雨雲レーダーで詳細を確認してみてもやはり
確実に雨雲通過ルートに入っているので夕方までやるつもりだったのを急遽、
変更して午後14時に終了&片付け開始に、、、


2時間程前に漁師たちが次々と捨てたコンブや海藻が潮流に乗ってこちらへ
流れてきてるみたく投げる方向問わずちょくちょく針掛かりしてくるよ~になり
、酷く仕掛けに絡んだ物はそこで終了として片付け、

大丈夫な物だけを再びファイヤ~。


ジ~~~~~~ッ


1回のみだけど地ベタを這うよ~な重たいドラグ音が鳴りました!


何度も底へ向けて突進するよ~な強い締め込みを見せていたのでこれはアイナメ
ではない!これは間違いなくカレイだと確信&期待しつつ慎重にリーリング、





44cm マコガレイ撃沈!


水面にお腹の白い部分が見えてきた時、一瞬楕円形の個体!?と思ったんですが
、単なる目の錯覚だったみたく肉厚マコちゃんでございました。


他のカレイに比べ圧倒的に個体数が少なく、修行の釣りが強いられる事が多い
本遠征の本命ターゲット、ババガレイは今日はお留守だったようです。(笑)

その後も片付けを同時進行しながら粘るも、完全に針を飲み込んでしまい
グロッキーになった42cmのアイナメを追加しただけで午後14時半までには
終了 雨が降り始める前に撤収となりました。





戦場から車を発進させた直後くらいからポツポツと大粒の雨が降り始め、
10分もしないうちにワイパーを最速で稼働させててもまだ前が見えない
くらいの集中豪雨に、、、こりゃ、相当降りそう!




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 7号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・ファイター 6号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まるふじ・シーフォースサーフ 14号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「明日は大丈夫!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

直行便には間に合わず、経由で





午後16時15分、羽田空港にやって参りましたっ。


大阪から1日1便、直行便が運航されているものの、午前中は仕事が入っており
ど~頑張ってもその便には間に合わないので結局東京経由になりました。

もし直行便に乗れていれば到着後も夕マズメまで数時間やれていたんですが、
残念ながら今の経由パターンでは目的地空港到着予定が午後18時50分と
着いた時点で日暮れって感じでございます、、、まっ、午後からの移動となって
ますし作戦は明朝から頑張りましょうか。


そうそう!わたくしめの地元、関西も昨日梅雨入り宣言がされましたねぇ。

例年より2日早い梅雨入りのよ~で、早速西日本の南海上には大きな梅雨前線の
帯が掛かって大雨をもたらしているよう。その前線は今後ジワリジワリと東へ
移動していくわけですが、さすがに目的地付近まで到達するにはまだ時間が
掛かる上、基本毎年そこまで梅雨前線の影響を受けないエリアですから
大丈夫だろう!梅雨の無い場所へ避難しちゃいましょ~ ♪

ってはりきっていると、


な、なんと現地も明日から2日間雨マークでビッシリ!?


ほんと運が悪いと言いますか、、、濡れる事覚悟で行けば問題無いって
あきらめるしかありません。(泣)


羽田で乗り継ぎの為に約1時間、ラウンジで潰して午後17時15分頃次便の
ゲートに行ってみると驚く程にガラッガラ!まさに繁忙期とも言える今時期に
この搭乗率だと果たして採算が取れるのだろうか?と他人事ながらちょこっと
気になってしまう少なさです。

そして定刻通り搭乗開始となったわけですが、







おそらくこの路線だとB737くらいの大きさの機材かな?と思ってると、なんと
この特大エンジンを装備した大型機でした!きっと普段はもっと高い搭乗率が
望めるんでしょ~から今日はたまたまですねっ。


ちなみに本遠征計画自体は相当前から話し合ってきてたんですが、直前になって
悪天候や何やらで2回程延期となった末、ようやく実現?いや、このタイミング
を逃してしまうと次にお互い時間が合う日程では時期的に厳しくなってくるよ~
でしたので半強行って感じでしょうか。(笑)

それでも微妙に予定が合わず明日1日はわたくしめ単独で戦い、明後日コラボ
予定の方と合流致します。


見渡す限り空席だらけのJCAを乗せた便は午後17時45分に羽田を離陸し、
一路最終目的地へ、、、













着陸直前に大きな山が見えてきたなぁ~と思っていると即、都市が目の前に
広がり、午後18時51分ランディング。

まもなく日が暮れます、、、




「夜景が綺麗な所!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

5号スプールにワールドプレミアム7号を


前回の愛媛県から帰還してすぐ持参してたリール、パワーエアロ・スピンパワー
のラインを外しまずは綺麗に水洗い&よ~く乾かしてからオイル、グリス類を
注入してメンテナンス作業、、、

そして今日まで次回の遠征に備えスタンバイさせてありました。







これらは古いラインを外した後の3号スプール。


専らわたくしめの大物投げ釣りではこの標準仕様、いわゆる3号スプールを
メインに使用する事が多く、替スプールとして付属している5号スプールに
関しては専ら特殊な作戦用扱いになりがち、、、とにかく3号スプールの方
だけはすぐ実戦投入できるよ~早いうちにラインを巻いておかないとなぁ~
と思ってたんですが、

あはは、予想外の展開でど~やら3号スプールより先に5号スプールの出番が
訪れそ~な感じなんですわ~。


一般的な感覚でいけば5号スプールにはナイロンラインの5号が200m巻ける
キャパシティーになっているのでその通りにとなりますし人によっては3号じゃ
強度的にちょこっと不安な為、5号をメインで愛用されてらっしゃる方も多く
いらっしゃいますよね。飛距離を正確に把握して戦いたい方などは大物投げ釣り
においても5号4色分けラインを巻いてらっしゃるのもよく見かけます。

JCAもシーンに応じて5号を200m巻いて戦う事もたま~にあるものの、
今回このスプールに巻こうとしているのはこちら、





東亜ストリング「レグロン ワールドプレミアム 7号」


パワーエアロ・スピンパワーは遠征用ですので当然ながらクオリティーから
全てにおいて最も信頼の高いワールドプレミアムを ♪


でもなぜ7号なのか?


それは戦場の海底ストラクチャーを考えての事でして、飛距離的はそこまで
超遠投が求められない or 7号でキャストして届く範囲でかつ場所によっては
根掛かりが多発する恐れがあるとゆ~条件を踏まえ、

通しで使える号数 6~8号の間でどれにするか?少々悩んだ結果、7号で
これまでも先に挙げたよ~な環境下で何度も戦ってきてある意味慣れている
のもあり使用号数を最終決定しました。

実際のところ、6号でも全然問題無かったよ~な気もしますが、一応強度面で
ほんの少しでも安心が欲しかったのと8号だと逆に作戦的に太過ぎる感じが
しますのでねぇ、、、わたくしめの中では6~8号の3つの選択肢って微妙ながら
も結構毎回どれにするべきか?悩んでしまう号数帯なんですよね~。(笑)


5号スプールに7号ラインなので1●●m巻いて、、、みたく緻密に計算して~
なんて面倒な事は一切せず、それこそハマフエフキ作戦の如くスプールに
巻けるだけ~感覚でちゃちゃっと巻き巻き ♪







短時間で作業終了です!


こんな感じで一旦作業を開始するとあっという間なのに、なぜかライン交換
or 糸巻きとなると面倒臭い&時間を要する!ってなイメージがありません?
あはは、わたくしめだけなのかもしれませんけど、ついつい後回しにしがちで
結局作戦当日が迫ってきて慌てて作業に入る~みたいな、、、

ついでに3号スプールにも新しいラインを巻いちゃえば良かったのに、これが
また一段落つくと今度でもいっか~!となってしまい後回し、、、やはりライン
交換だけはいつまで経ってもスタンスは変わりそ~にありません!(爆)

まずは久しぶりの7号通しの作戦、楽しみですわ~ ♪




「通しは便利よね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

オーダーメイド偏光サングラス ♪


いつもの釣具量販店に行くとたま~にですけど店内CM放送で流れてるその名前
、、、もう何年も前からコラボしているのか?全く意識してなくても、あっ!
その名前どこかで聞いた事あるよ~な、、、となる“タレックス偏光レンズ”





そ~いえば時々何かを購入した際にレジにて商品と一緒に案内チラシが
入れられてくるのを覚えてましたわ~。確かお店で特設ブースを設けて
オーダーメイド受注会を定期的に開催している釣り用偏光サングラス専門
メーカーの名前がタレックスでした。


実は愛用していたシマノの偏光サングラスがちょこっと前にどこで失くしたか?
紛失してしまいまして、、、新しい物を買わないとなぁ~と思ってたところに
タレックスなる名前を思い出して早速ネットで検索!

眼鏡レンズの発祥の地、大阪・田島で70年以上レンズ造りにこだわってきた
メーカーがタレックスで、全ての工程を自社工場で職人たちにより作業される
究極のハンドメイドレンズと書かれてますねぇ、、、知らなかった。(爆)


まっ、それはさておき、度の入ってないレンズ単体でも平均12000~
14000円近くするとの事でお値段設定からしてもかなり高品質な感じが
します!それに百聞は一見に如かずとも言いますし、せっかくの機会
ですから一度どんなのか試してみようとねっ。

仕事の関係で残念ながらいつもの釣具量販店での受注会とは日程が合わなかった
為、どこで買えるのかなぁ~?とHPを見てるとど~やらメーカー直営店が
大阪市内にあるみたく先月のオフの日に行って注文して参りました。







タレックスはあくまでレンズメーカーですのでフレームについては自身の希望
メーカーの物を使えるとのこと。お店にもコラボしているフレームメーカー品
が数多く並んでおり、いろいろ店員さんと相談しながら試着してフィッシング
アイウェアの先駆者とも言えるZEAL OPTICSのフレームで決定!

完全オーダーメイドとなる為、当然数日やそこらじゃ作れないらしく完成したら
送ってもらう事に。大阪市内とは言えど自宅からでは途中慢性渋滞している所を
幾つか通って行かないといけないのもあり受け取りの為に再びあそこまで
となるとちょこっと面倒だったので~。(笑)


そして待つこと約2週間。


一瞬荷物が届いた時には梱包サイズから何コレ!?と一体何が届いたのか
分からなかったJCAですが、送り状を見て思い出しました。







どんな物でもピンからキリまであると言いますけど、サングラス2個オーダー
メイドしただけでスピンパワーが1本買えてしまうよ~なお値段になるとは
、、、その偏光性能はきっとずば抜けているんでしょうねぇ。

あはは、まだ実際に戦場で使ってませんから何とも言えませんが。


フィッシング専用に開発された特殊偏光レンズを両方共チョイスしてますから
これをかけるときっと海の中の中層を泳ぐ小さなウミケムシまでクッキリと
、、、!?んなわけはないでしょ~けどコンディション把握には必ずや役に
立ってくれるかと。底に仕掛けをステイさせて釣る大物投げ釣りではそこまで
プラス要素となるかは不明だけど、それこそルアーフィッシングでは強い味方
になってくれること間違い無し ♪





サングラスって事には変わりないので普通にまぶしい太陽光を遮断してくれる
アイテムとして持参し、フィッシング環境に特化した性能が実感できるか否かは
また使ってくうちに分かってくるでしょう。(笑)




「TALEX、知ってる!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

NEWステラ 3000MHGにピットブル12を





シマノ「PITBULL12 1.2号」


写真には2個しか写してませんが、実際には150mを2個、200mを1個の
合計3個入手して参りましたっ。

ピットブル8を使ってみて使用感は想像してたよりパサパサでもなく特に気に
ならなかったものの色落ちが著しく思えたので今回は同じシマノのロングセラー
、ミッションコンプリートにしようといつもの釣具量販店に行ったもののまさか
廃盤?ではないとは思いますけど、ラインコーナーから消えちゃっており
代わりにピットブルが大々的に陳列されておりました、、、

おそらく注文をすればミッションコンプリートも入手可能なんでしょ~けど
そこまでするのも面倒だったので目の前にあったピットブル・シリーズでは最も
ハイクオリティーな12本編みをチョイスしてみたって感じでございます。


3個ゲットしたうち、1個だけ200m巻きを購入したのは別に使用する予定
がありまして、、、まっ、それはまた後日に置いといて、







2個の1.2号150mはご覧のよ~にNEWステラ用。


わたくしめの購入した3000番モデルはちょ~ど1.2号が150mジャストで
巻けるスプールになっているので楽チン ♪ 下地に少し工夫を施したとしても
全然無理無く巻けちゃいましたよぉ。


2014年モデルのステラはスプールにラインクリップが装備されてはいた
ものの、ラインを引っ掛けるのが本当に大変で一苦労&仕舞いにはクリップは
使わずライン止めバンドで止めてたくらいでしたが、NEWステラの新形状
ラインクリップは引っ掛け易く、取り外し易い!

そしてホールド力までアップしており非常に快適ですわ ♪ ちなみにエステル
0.2号からフロロカーボン40ポンドまで幅広く対応できるそ~な。





替スプール含め2個のスプールにピットブル12を巻いて今日は終了。




「200m巻きは何に?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マダイは当日中に頂き、マゴチはまた後日


38cmとサイズ的にはやや小ぶりなものの、肉厚な個体だったマダイは
昨日の夕方には捌き終えサクの状態のままスタンバイ!

お造りで頂こうかなぁ~?と思いつつも、そ~いえばちょこっと前に作って
もらった際に使ったチューブ入りの練りゴマなどが残ってたのでそれを使い切る
べく鯛めしにしてもらう事に。あっ、ちなみに鯛めしといっても魚を乗せて
ご飯を炊く方ではなく、当然南予バージョンのひゅうが飯こと生の切り身を
乗せて醤油ベースのゴマダレで頂く方でございます。





マダイのひゅうが飯 ♪


いやいや、何回食べてもウマ過ぎの一言に尽きますわ~。

新鮮な魚の切り身を醤油などの調味料で和え、卵を混ぜて炊き立てご飯に
乗っけるだけの超~簡単レシピなのにおもいっきり贅沢な気持ち。

マダイのみならず他の魚でも同様ですが、お造りのみならず漬け、ひゅうが飯
など生の切り身を使ってでも結構たくさんのレシピがありますからいろいろ
食べ比べてみるのもいいですよね。同じ切り身でもアレンジによって全く異なる
美味しさを堪能できますのでまたすぐに釣りたくなってきちゃうんです。


今年の夏もかなりの猛暑になると予想されておりデイタイムの作戦は少なくなる
傾向にあるかもしれませんけど、夜戦に関しては積極的にやっていけたら
いいなぁ~と思う今日この頃、、、

まっ、夜戦は夜戦であの大嫌いな蚊との戦いが待ってますからどれだけ
自分自身に気合いを入れられるか?がネックになりそ~ですねっ。(爆)


ちなみにマゴチの方もお造りにして~と思ってたものの、マダイだけで想像以上
に身が取れちゃったのと他にも結構おかずがたくさんあったのもあり、

また後日とゆ~ことで、





唐揚げ用に一口サイズに切り分けて冷凍しましたっ。


ってな感じで昨夜は釣りたてのマダイをメインに頂いて、今日は朝イチの便で
成田へ移動&海外出張に出て参りました。

帰国したらまた遠征が待っているJCA、準備もすでに全て整えてきてあります
のであとはエサだけ仕入れてGO!とできるんですが、6月は梅雨入りシーズン
でかつそろそろ熱帯低気圧もたくさんできそ~な季節ですからお天気が急変
しない事を祈っておかないといけません。







「いつお戻り予定?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

47cm マゴチにマダイのお土産 ♪ 京都府・宮津市 / 宮津湾


塩イワシ、、、それも過去に戦力外通告してフリーザー内に放置してあった物に
なりますから、それだけではかなり不安と思い数パック追加しようと最寄りの
エサ屋さんへ行ってみると、、、な、なんとストックも全て似たよ~な極端に
お腹がパンパンな個体ばかり!?

あちゃ~、時期にハマってしまったか~と嘆きつつ近くのスーパーも2店舗ほど
見て回るも頭を落とした後のイワシしか無くアウト。それでもあきらめきれず
冷凍エサですしいつもの釣具量販店含め他でも取り扱いがあるはずと覗いて
みるもこちら全てチ~~~ン、さっきのエサ屋さんにあった在庫と丸っきり
一緒のよ~なイワシばかりでした。(泣)

全く気にしない方もいらっしゃるかと思いますが、逆にJCAはおもいっきり
こだわる派なのでど~しても今時期に出回るお腹がパンパン?フワフワ?な
個体は使いたくなんですよね~、、、船釣りなど投げ以外の用途では問題無く
愛用されているんでしょうけど、、、


午前4時前に戦場入りし、即1000円分だけゲットしてきてた太めのチロリを
ほ~り投げていると、


ジイイッ、、、ジジッ、ジッ





なんともぎこちないドラグ音と共に38cm マダイ?チャリコがっ。

今回は微妙な塩イワシしかありませんから、ボウズ回避の為に朝マズメ頃まで
虫エサを投げてお土産のキスでも確保できればなぁ~とスケベ心を出して少量の
チロリを持参したわけですが、結局キスは1匹も釣れずこやつが食ってきたって
感じになりました。でも一応これでボウズ逃れ?(爆)


気合い入ってる時は遅くとも日付が変わる前後には戦場入りして夜戦から
頑張るも、昨夜は友人と夕食の予定があったのもあり、帰ってからお風呂に
入ってなんやかんや準備などしてると想像以上に時間が経ってしまい
夜明け前到着でもいっか~と ♪

素早く魚の血抜きをして打ち返したりしてるうちに明るくなってきました。





昨日までとは打って変わって今日は朝から太陽がカンカン照りの快晴!気温も
お昼頃には28℃になるって予報でしたしもう夏ですよね、、、ただ、ラッキー
だったのは薄暗い朝マズメでも蚊が居なかった事。最近はクラブの仲間らから
あちこちでついに蚊が出始めてたと聞いてたのでかなり警戒モードで蚊取り線香
からキンチョールまで持参してたものの出番無く終了。


夜明けと共に塩イワシを投入開始ですが、イワシがずんぐりむっくりであまり
遠投がきかない上、しっかり時間をかけて塩締めしたはずなのにやはりお腹の
部分だけはプニプニ&ブヨブヨのまま、、、

この個体って締めてもこ~なっちゃうので困るんですよね~。





今朝は小さいフグが湧いてるみたく明るくなるとチロリも瞬殺されてあっという
間に無くなったと思えば、案の定塩イワシに関しても、








ほらねっ、柔らかいお腹の部分を即行攻撃されてしまいこんな感じに。


この感じのイワシはフグのみならず小魚などにも即いたずらされてしまう傾向が
強く海底でのエサ持ちが極端に悪いのが好きじゃない最大の理由なんですわ~。
大きさ的には全然問題無く使えるのに何とももどかしい感じ、、、


実は納得のいく塩イワシがあればもう少し走っていつもの香住港に行こうと
考えていたものの、ど~も微妙だったので途中で北近畿豊岡自動車道へは分岐
せず舞鶴若狭自動車道をそのまま北上して相当昔に一度訪れた事のある場所へ。

下道に降りてから伊根湾って候補もありましたが、最近は釣りのできる場所が
激減し、駐車スペースも有料化されてベラボーに高くなったと釣友から伺ってた
のもあり手前のどこかでという結論に、、、









「宮津湾」


一昔前はよくこの界隈に来たりしたものです。(笑)

どちらかと言うとあの頃はキスの引き釣りがメインだったかな?虫エサを使って
の置き竿となるとウミケムシが酷くて心が折れそ~になるのでねぇ。それこそ
先日の室蘭港のヒトデみたく伝染病にでもかかって死滅してくれたら最高
なんですけど、、、まずありえないでしょう。(笑)


海の中を覗いているとネンブツダイやスズメダイといった小魚が群れを作ってる
のが見えますし、他にも小さなイワシの群れでしょうか?時折水面でバシャ
バシャしててフィッシュイーターも活発に動いててもおかしくない状況。

投げてしばらくして回収してみるとお腹だけが綺麗にえぐられしまった塩イワシ
、、、こんな感じだとそれこそ本命の目の前にエサが落ちないと厳しいなぁ~
って思ってると、ジジッと短いドラグ音が鳴り沈黙、、、

気になって回収してみると、





あ~~~あ、ダイナンウミヘビの仕業でした。


マゴチの居る場所って結構ダイナンウミヘビやホタテウミヘビといったウミヘビ
類が外道で掛かってくるケースが多く、海底的には本命が潜んでる望みは
あるかも?超~前向き思考で考えながら再び打ち返すと、また似たよ~な
サイズのダイナンウミヘビ、、、

こやつらにも時合いなるものがあるのか立て続けに3匹も水揚げです。(泣)


6パック、大体で48匹程度の上、エサ取りに弱い塩イワシでしたから消費する
ペースも早く午前10時頃にはもう10匹前後に。

この調子じゃおそらく正午まで持たないので徐々に竿数を減らし、同時に身の
回りも片付けモードに入りながら戦っていると投げてすぐ、着底後仕掛けが
絡まないよ~真っすぐにして三脚に置いた途端、


ジ~~~~~~ッ


底を這うよ~なドラグ音が間隔を空けて2回、、、もしや!?







小ぶりですが本命、47cm マゴチ撃沈 ♪


ふぅ~~~、何とか本命の目の前に仕掛けが落ちてくれたようです。(笑)

この戦場は過去にピンギスが主体でしたけどそこそこ数が釣れたのを覚えており
、また宮津湾自体マゴチを専門に狙っているルアーマンがたくさんが訪れる事で
有名ですから絶対ここでも釣れるはず!と思い新規開拓的に飛び込んで
みましたがちゃんと居てくれました。


近くにまだ数匹居るかもしれないとすぐ新しいエサを投入しアタリを待ちました
が、残念ながら2匹目の顔を見る前にエサが底を尽きてしまい終了。

でもまぁ、朝の数時間で本命含めお土産は確保できましから満足です!





撤収したらお昼の時間になったので、昔からずっと変わらずある宮津シーサード
マート・ミップル内のカツ屋さんに行ってトンカツ定食を食べてゆっくり帰路に
つきました、、、いや~、久しぶりにミップルにも立ち寄ってみましたけど
店内もほとんど変わらず懐かしいなぁ~とねっ。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+ 35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: クレハ・シーガー船ハリス 8号
■ 針: オーナー・丸貝専用 7号
■ エサ: 塩イワシ、チロリ


「宮津って珍しい!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

フリーザーの底から出てきたイワシ


30、31日と5月最後の2日間は大雨、、、特に30日は朝からずっと集中豪雨
と言ってもおかしくない程わたくしめの地元では終日降り続いておりました。

密かに企てていた海サクラ遠征もおじゃんになった上、近場に出撃しよ~にも
2日連続悪天候とまさにダブルパンチ!仕方ないので自宅で仕事の書類を
まとめたり、部屋を掃除したり、ちょこっと近くへ外出したりとある意味
久しぶりにゆっくりできたのかも?(笑)


ちょ~ど釣具専用部屋を片付けつつ、エサ専用のフリーザー内の整理整頓を
していると一番底から冷凍イワシのパックが6つ出土して参りました!?





ハッキリ言って、こんな物を入れてた事すら覚えておりません。(爆)


主に夏に向けて必要となるヒイカのストックと塩イソメの入ったジップロックが
90%以上占めており、残りの10%はアキアジ作戦用のサンマやカツオの
切り身パックやらって感じでしょうか?なのでこのイワシは昨年は使った
覚えがありませんから間違いなく2年以上前に購入した物となります。


そんでもってよ~く中身を確認すると当時まとめ買いした際に中のイワシが
太過ぎて使い物にならない!と省いた6パックである事が判明!

分かる方はすぐ理解して頂けるかと思いますが、単にサイズがデカイだけじゃ
全然気にしないものの、これらのパックに入ってるイワシはお腹の部分だけが
極端にパンパンに膨れている個体らで獲る時期によってこ~ゆ~のが混じって
いるんです。確かハマイチの場合は毎年3~5月辺りで獲って冷凍されたイワシ
にこの手の個体が多いよ~に思えます。

もちろんエサ用のみならずその時期にスーパーや鮮魚店などで出回るマイワシも
同様のお腹パンパンのずんぐりむっくり体型が多いです。


でも6パックもあるしさすがに捨てるのはもったいない、、、


悩んだ挙句、実際にJCAのこだわり的に使い物になるかど~か不明ですけど
一応、塩締めして、、、あはは、早速出撃してきちゃいましたぁ ♪





毎度の如く、最寄りの宝塚ICから中国自動車道に乗り西へ向かうこと約10分
、山陽自動車道と第二名神への分岐を過ぎた途端一気に車の数が減りました。

まぁ、今日が特別空いてるわけでもなく分岐を過ぎるといつもこんな感じ
なんですけど、、、やはり夜間の長距離トラックの大半は山陽自動車道に
行っちゃいますよね。JCA自身も引き続き中国自動車道を走り続けるのは
久しぶりなのでガラガラで超~気持ちいいなぁ~と思いつつ、

しばらく走って違う道へ分岐、、、


現在走ってる道は1車線のみで遅い車が前に居ると追越車線が出てくるまで
延々に金魚のフン状態でございます。おまけに山間部だからか?急に雨が激しく
降り出してきて視界が超~悪い!







「どこ向かってるん?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

もう一度、、、の夢叶わず


実は5月のうちに実戦での経験値を積む為にももう一度、海サクラ作戦を実行
できればと思いこの最終週に計画を企ててはいたんですが、、、ギリギリまで
好転するのを期待して天気予報と睨めっこするも残念ながら戦場エリアは
低気圧の接近により波、風共に強く大シケ予報、、、断念する事に決定。

6月いっぱいは場所によってはまだ狙えるよ~ですが、今度はわたくしめの
スケジュールの方が仕事と作戦でギッシリ詰まってしまってどう頑張っても
海サクラ作戦に費やせる時間が見出せないです!(泣)





まっ、最初の2回はスカを食らったりはしたものの、何とか初めての試みで
合計3匹撃沈する事ができましたし良しとするべきでしょ~かねぇ。そして次は
また来シーズンのお楽しみとゆ~ことにしておこうと今、必死に自分自身に
言い聞かせている最中でございます。(爆)

今のところ6月に計画している作戦は全て大物投げ釣りでルアーフィッシングは
ゼロ、、、ちょこっと寂しいよ~な気もしますけどあくまで本業は投げ釣り
ですからそれも仕方ないかなっ。


最も投げ釣りスタイルに近いアキアジのぶっ込み釣りを除き、基本トラウト、
サーモンといった魚種はなかなか投げ釣りでは撃沈できないターゲット!それを
釣りたいとなるとやはり専門の狙い方 ルアーフィッシングとなりようやく
今年から真剣に入門しているってのもあり、できれば継続的に作戦に取り組み
たいのが本音、、、やっぱトラウト系の魚って見た目も超~スタイリッシュで
美しい魚の象徴みたいなイメージがありません?

食べても絶品ですし、以前から投げ釣り以外のジャンルの釣りももう1つくらい
まともにできるよ~になりたいなぁ~って思っていたのでねぇ。


7月以降はまたトラウト作戦も入ってきてバランス良くやれそ~な予感?
がしますから今から徐々に準備を進めつつ、それまではすでに決定している
作戦に集中&全力で臨む事が大切ですね。





そんなわけで、早速注文してたブツを受け取って参りましたっ!


少し太めの号数でそんなしょっちゅう使うわけでもないので、とりあえずは
6個、合計3600mあれば足りるかなと。




「夏も近付いてるしね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR