マコガレイの大葉味噌だし茶漬け ♪


今現在もまだやっているのか分かりませんけど、少し前に海外出張から日本に
帰ってきた時に成田空港のだし茶漬け専門店・えんで頂いた季節限定だし茶漬け
が超~美味しく、ぜひマコガレイで同じよ~にやってみよ~と考えていたのを
早速先日の青森遠征中に ♪

お店のメニューには三陸・青森県産 天然ひらめの大葉味噌だし茶漬け
書かれており、簡単に言えばなめろうにしたヒラメをご飯に乗せて出汁をかけて
頂くって感じでこれが想像以上に美味しく絶対忘れないよ~にとお店のHPから
写真をスクリーンショット&必要な物を揃えて戦場で作ってみたってわけです。


調味料系は大体先に送ってあった荷物の中に揃っていたので現地のスーパーで
買い出してきたのは味噌とフレッシュな小ネギ、大葉といった感じでしょうか?





味噌コーナーには見慣れた定番の物からやや珍しい物までたくさん種類があるも
、その中でもひと際目を引いたのがコクと旨味の津軽味噌と書かれた津軽海峡
冬景色!?ネーミングからしていかにもって感じしません?(爆)

味噌は迷わずコレに決定となり、赤と白の2種類があったので白をチョイスして
参りましたよぉ。めちゃくちゃお味が気になります。


捌いた後、タッパーに入れて冷やしてあったマコガレイを出してきて調理開始!











2人分なので1人あたり切り身を3切れ、合計6切れで十分かな?まずは3切れを
細かく刻んでその上に味噌・大さじ1、チューブ入りショウガ、お酒、醤油を
それぞれ小さじ1、細かく輪切りにして小ネギを少々加えて縦横ザクザクと
刻んで、その後は粘りが出るまで包丁でひたすら叩いてゆきます。

最後に残りの3切れを粗めにみじん切りにして先に作ったなめろうに混ぜて
できあがり ♪ 見てるだけでは結構面倒臭そうに思えますが、超~簡単です
よぉ。なんせ身を作業も適当でオッケーですしただ単に調味料を加えて
ひたすら細かく刻み&叩いていくだけ!(笑)


素早く作業を行い、その間にレトルトのご飯を沸騰したお湯で温めながら
サイドディッシュのお造りの用意も同時進行&ご飯が出来上がったら
丼に盛り付けていきましょう。

前回使ったもみ海苔、白ごまもあったので完璧ですわ。







マコガレイの大葉味噌だし茶漬け ♪


今、こ~やって記事を綴ってて気付いたのはお店で食べたヒラメも青森県産なら
このマコガレイも丸っきり同じでしたねぇ。

遠征初日はひたすら食材確保の為に戦っており、翌2日目の朝に魚を捌いて
お昼には食べる事ができたので新鮮そのものです。常に砂塵が舞ってるイメージ
の強い戦場なのに珍しくも無風状態となりポカポカ陽気の下、クーラーの上フタ
をテーブル代わりに外で気持ち良く頂けましたよぉ。

丼に盛り付けている間にお次は白だしを水で薄めた物を沸騰させて、アツアツに
なったところでかけてだし茶漬けのできあがり~!







ほんのり甘いマコガレイの身に味噌とショウガがアクセントになって絶妙な
ハーモニー ♪ また、お茶漬けとゆ~こともありスムーズにすすっていけて
最初は結構量があるかなぁ~?と思ってたのにあっという間に完食でした。

お造りで素材そのもののお味を堪能し、だし茶漬けでは津軽味噌のコクを加えた
お味を堪能と同じサクから2種類の異なる美味しさを楽しむ事ができてほんと
発想次第でバラエティー豊かな演出ができるなぁ~と実感です ♪




「こりゃ美味そうだ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コンディション悪すぎ! 北海道・積丹町 / 幌武意漁港 (2日目)





めちゃくちゃ冷え込むなぁ~、、、と目が覚めた午前1時過ぎ、外気温は1℃
まで落ちて外は雪が舞っておりました!?


大型低気圧の影響で昨夜から道内は一気に冷え込んでおり日中の予想気温も
一桁台なら海も大シケ状態、、、日本海沿岸部の風速予報も15mをマークして
おりはっきり言って遠征でなければまず釣りはしないコンディション!

計画では2日目は超~久しぶりに泊村の兜千畳敷で午前中カレイ作戦をやって、
午後からランガンしながら半島周りの実績場でルアーを投げて~と考えて
おりましたが、波高3m以上という大荒れの中、泊村のある西積丹はアウト。
ず~っと釣り場候補を模索していた案内人の“よっしー”から下された決断は、
東積丹のどこかまだやれそうな所でお茶を濁す感じになりそ~ですねぇ~と
、、、さすがに走行中の車が風で揺らされたり、磯場に打ち付ける真っ白な
大波を見てるとしゃ~ないと誰しもが納得できます。(泣)


そんなわけで昨日は寿都町にある日帰り温泉で温まった後、そこで夕食を
済ませいざ東積丹エリアを目指しました。







「幌武意漁港」


この漁港は大きなワンド状になっている所に作られており特に北西風が強い時の
逃げ場として重宝される事が多いそ~な、、、まっ、コンディションがいい時は
あまり訪れる機会が無いらしいのですがさすがこの風と波!夜中から大波止の
先端部にはキャップライトがひしめき合ってて攻撃開始となった夜明け頃には
スペースというスペース、釣り人でビッシリ埋め尽くされて満員御礼状態!?
みなさん考える事は一緒って事なんですねぇ。(笑)


ざっと見まわしてみると投げ釣り師とホッケを専門に狙ってらっしゃる方と半々
くらいでしょうか?ホッケ師はあちこちでひたすらコマセを巻きまくって群れを
寄せているよ~ですが、残念ながら夜明けから2時間経っても誰一人ホッケを
釣られている様子は無し、、、

よっしー曰く、ここは普段からカレイ類のみならずホッケの魚影も濃い場所
みたいですがなぜか今朝は反応無し、、、おっかしいなぁ~と言うよっしーが
次に発した言葉と共にその方向に目をやると、





トド!?


ほんとすぐそこ!?目の前付近でホッケを追い回しているよ~で潜ったと思えば
口にホッケを咥えて水面に顔を出すんです。

これじゃ魚が居たとしても釣れないですよね~、、、


少し沖合いに出ると大シケなのでトドもこの比較的穏やかなワンド内に居付く
かの如くあっち行ったりこっち行ったりと狭い範囲をウロウロ中。トドの存在に
気付いた一部は早々に片付けて撤収されて行かれたり、全く違う方向へ仕掛けを
投入してみたりと人間側の反応も様々、、、

さてさて、我々もど~しよ~か?悩んでいると、たまたま仕掛けをサビこうと
持った竿にほんの少し重量感が伝わってきて、







クロガシラカレイが連発!?


でも、、、サイズが最大でも31cm止まりであとは全て20cm台。

トドがウロついてる限り回遊魚のホッケは望み薄でもこのまま粘ってたら
マガレイくらい食いが立つかも?ともなるも、朝イチから直感的にど~も
イマイチってな雰囲気をわたくしめのみならずよっしーも感じてたみたく
とりあえずカレイ作戦は止めにしよ~や~となりました。(笑)


まだ攻撃開始から2時間も経ってないので早めに気分を切り替えて午後から
予定していたルアーでランガンしながら余市方面へ戻っていこうと!





積丹半島はどこを走っても景色が綺麗でドライブには持ってこいですよね ♪
釣りで訪れてる時は大体が作戦の真っ最中でなかなかこの時間帯に山間部を
走る事はありませんのでとても新鮮ですわ。


よっしーの車に付いて行きながら彼が過去に海サクラや海アメをゲットした
実績のあるピンポイントを転々と回りますが、いくら風裏になってる事が多い
東積丹とはいえさすがに今回はシケの度合いが酷すぎてそのほとんどが
高波やウネリ、また濁りで使い物にならない状態、、、

ようやく釣りが成立しそ~な所に辿り着き、ここでしばらくルアーを投げて
みるも昨日同様どれだけ頑張っても生体反応は無く、











よっしーの提案で、これ以上粘っても今日は厳しそうなんでさっさと切り上げて
北海道ミシュランガイドにも載ったという有名ラーメン店で特製ラーメンでも
食べて行きませんか?と。(爆)

あはは、本遠征の最後は同じ海産物でも魚類ではなく余市前浜えびラーメンなる
カラッと揚げた甘エビが乗る真っ赤なラーメンで締め括る事になりましたぁ ♪
まっ、それが近場であろうが遠征であろうが自然相手の釣りですから
コンディション的に厳しい時はど~しよ~もないですよねっ。


こりゃ出直しですわ~!




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 先オモリ遠投仕掛け
■ モトス: 東レ・銀鱗 16号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まふるじ・シーフォースサーフ 13号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「自然には勝てない」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

昨年の悪夢再来、、、 北海道・せたな町 / 瀬棚東沖防波堤 (1日目)


本遠征計画が持ち上がったのが3月半ば、、、当然、その時点で当日の天気など
全く読めるわけがない状態、、、だけど決行予定日はすでに4月になってますし
荒れてもそこまで酷くはならんやろ~と余裕をかまして準備して参りましたが、
当日が近付いてくるにつれ、、、これって結構酷いんちゃうん!?と。

相方、SurFreyja“よっしー”が札幌近郊に住んでいたのなら日にちを
ズラして仕切り直しって案も採れましたが、残念ながら彼はオホーツク海に
面した道東エリア在住で、今回たまたま野暮用で札幌へ出てきてたタイミングと
ゆ~ことで滅多に無いチャンスですから荒れても強行しようとなりました。

当初の予定では初日に積丹半島方面をよっしーに案内してもらい、2日目は
瀬棚の沖堤に渡ってカレイ作戦となってたものの、船頭さんに電話してみると
5日は風速10m、波3m以上の予報が入っておりおそらく出船自体が厳しいと
、、、4日か6日ならなんとか出れそうと伺い急遽予定を入れ替えて初日に
瀬棚、2日目を積丹半島に!


そんなわけで昨日は札幌でよっしーと合流した後、釣具店を回ってから岩内経由
で海岸線を走って「せたな町」へ。地元の居酒屋で一杯引っ掛けてから車内で
仮眠 午前3時に起床&1時間後の1番船に乗って戦場入りでございます。





ブリーフィングのタイトルでも書いてましたよ~に今日は午後から本州を北上
してきた大型低気圧が北海道に接近&明日にかけて直撃するルートにあり
正午まででとなりました。

今朝はJCAら含めて合計4人でお二方は沖堤内側、我らは上陸時は風が微風
だったので外側狙いで上段へ。この選択が数時間後に悪夢をもたらすなんて
想像もしないまま陣地を設営し攻撃開始。


船頭さんから先端部付近は最近サメやカニの猛攻が凄い旨、伺っており最初は
手前付近で投げてみるもどこへ投げてもそれらの外道らしき反応が見受けられ
ないのでキャップライトが必要なうちに先端部へ移動&小型のギスカジカを数匹
水揚げしたとこで夜明けを迎えます。


コンコンコンッ!?


急に複数本の竿先に似たよ~なアタリが出て、







ホッケの群れに遭遇。


唯一、上の写真の個体だけが38cmとまともなサイズで、あとはほとんどが
ローソクホッケと呼ばれる細長い小型ばかり、、、近年はホッケが超~不漁で
なかなか釣れないとみなさん悩んでおられたイメージがありますが、今年に
入っての釣果情報を見てると好調?と言っていいのか分かりませんけど
とりあえずいろんな戦場で結構釣れているみたいですね ♪

ローソクホッケの数はいらないかな~と最初のうちはリリースしてる中、
よっしーがお子さんの離乳食の食材に使いたいから全部貰いますとなり
JCAも途中からキープすることに。(笑)

わたくしめらはコマセなど使っていない為、群れが回ってきても通過してゆくと
いった感じになりますが、下で内側を攻めてらっしゃるお二人はコマセを
ガンガン打たれて群れを足止め 好調に釣られます!

特にホッケは撒き餌に敏感に反応する魚ですしねっ。


午前8時になりそろそろカレイ類の食いが立ち始めてもいいのでは?と
期待しつつ誘いを掛けたり強くアピールをしてるとようやくよっしーにマイクロ
サイズのソウハチカレイがアタり、続いてわたくしめにもほぼ同サイズの
マガレイ、、、さすがにチビちゃん過ぎるのはリリースし、針を飲み込んで
アウトな個体のみ2匹キープ。









「瀬棚東沖防波堤」


もう少しサイズアップして欲しいなぁ~と話してるといきなり突風が吹いた!?
と思えば、めちゃくちゃ危険そ~なグレーカラーをした雲の塊が来襲&一気に
周囲の視界が悪くなり 爆風が襲い掛かってきたんです!

それはまさに異常とも呼ぶべき急変で風速は軽く10m超え&後で調べた事に
なりますが最大瞬間風速は17m近くを記録しており、まさに昨年の今時期に
訪れた時と一緒の最悪コンディション、、、一時立っているのも辛いくらい。

どうしようか悩んだ挙句、昨年の教訓を生かして無理をするより風の当たらない
位置へ大移動することに、、、


一旦全部片付けて?と思うも残された時間もあまり無かったので仕掛けが海に
入ってる時間を1秒でも長くできるのを最優先して、数回の往復で移動。


ク~~~ッ、クククッ


最後の荷物を運んで来ると1本の竿先に典型的なアタリがっ!







偶然一ヶ所に数匹かたまってたのか?立て続けに40cm クロガシラカレイ
34m マガレイが水揚げされてきました ♪

ただ、アタリが連発した投点近くには高確率で根掛かりが発生する部分がある
みたく、その後は数回ラインブレイク、、、過去に一度も投げた事の無い位置
からなのでまずは海底ストラクチャーの把握から、、、と思ってるうちに
あっという間に午前11時となり、またお迎えの船も正午より15分近く早く
来ちゃったのでここで終了となりました。

初日の今日は丸1日カレイ作戦に集中して明日は積丹半島で他の作戦とコラボ?
いや、もう1つの作戦をメインで~となってたのに気象状況の急変により
これまたイレギュラー発生となり午前中のみでの撤収、、、


さあ、これからどうしましょうか?


渡船乗り場で天気予報と実際の海の状況を見ていたよっしーから1つ提案が
出てきて、午後から夕マズメ近くまで明日の予行練習でもしますかぁ~と!







「島牧村」


とりあえず車に乗って積丹半島を目指す形で海岸線を北上 1時間ちょこっと
走った後、先行するよっしーの車が急に左指示器を出してとある駐車帯にイン。

あはは、投げ釣りタックルは車内放置したままロッドケース内に忍ばせてあった
モアザン・カムイトゥクシー&ステラ4000HGコンビ、そしてウェーダーを
履いて目の前に広がるウネリが入って荒れ始めてるサーフへ、、、


実は本遠征はカレイ作戦のみならず、ルアーで通称・海サクラ、海アメと
呼ばれるサクラマス、アメマスといったトラウト作戦も半分占めていたん
です!とはいえJCAにとってネイティブを狙うのは今回がお初だったので
過去にたくさんこれらの魚種を釣り上げているよっしーに案内&狙い方の
基礎をいろいろレクチャーしてもらおうと ♪


先にセイコーマートに寄り道してお昼休憩を取ってからでしたので攻撃開始は
午後15時前くらいから!すでに波が高くなりつつあるサーフからランガンして
ジグを投げますが、時間の経過と共にあからさまにウネリは大きく&波は更に
高く大荒れ状態へと向かっているのが分かります。







投げても投げても反応無し。


戦場入りした頃には4~5人ルアーマンの姿がありましたが、1~2時間以内に
全員撤収され最終的には広大なサーフに我ら2人のみ、、、

まっ、今日はあくまで予行練習ですから釣果より群れが回遊してそうな部分の
見つけ方、コンディションに応じたルアーの使い分けやリトリーブ法など知識を
ゲットするのが目的、、、と自分に言い聞かせるものの、でもやっぱ1回くらい
アタリが出て欲しいっす!(爆)

大波がザパ~ン、ザパ~ン打ち付けても気合いで日暮れまでキャストを繰り返し
ましたが、結局手に伝わってきたのはラインが波に叩かれている小刻みな振動
のみで魚からのアプローチは感じられないまま午後の部も終了。


午前中の釣果も寂しいものですわ~。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 先オモリ遠投仕掛け
■ モトス: 東レ・銀鱗 16号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まふるじ・シーフォースサーフ 13号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「あの時と一緒だ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

よりによって大型低気圧と同じ進行方向へ!?





おっ、今日は青森の時と違ってプロペラ機じゃないやん ♪

伊丹空港の出発ゲートからジェット機が見えてラッキ~と、、、あはは、ただ
写真のど真ん中に写ってる飛行機ではなくその奥の方になるんですけどね。


先月の半ば頃に4月のこの辺りに札幌へ出る用事があって、ついでに釣りも
考えてるんですけど一緒にど~ですかぁ~?ってなお誘いがありまして
その内容から二つ返事で飛び付いちゃったJCAでございます。

実は4月の頭は結構仕事がタイトに詰まっておりまして少々厳しいかな?とも
思いましたが、せっかくのコラボチャンスですし3日間は無理でも何とか2日
なら強行できると判断! 急いで航空券&レンタカーを手配しました。


午前9時55分発の便に搭乗するも同じアジアでも日本ではない国のご一行さん
がなかなか現れず結局定刻より10分遅れての出発、、、機内で彼らの搭乗を
待ちわびる中、ふと窓の外を見ると、

見覚えのある30Lのフィクセル・プレミアムがっ!?(爆)





その後、プロペラ機顔負けな程、めちゃくちゃうるさいしゃべり声と共に
ご一行さんが到着しドアクローズ 出発となりました。

ラッキーにもわたくしめの座席は機内前方で、彼らは後方だったので飛行中は
騒音に悩まされる事も無くグッスリ爆睡でき、1時間35分後の着陸前アナウンス
で気持ち良く起床&しばらくして外を見ればもうそこは、







霧でかなり視界が悪いけど見覚えのある所!


空港でレンタカーを借りてまずは最寄りのクロネコセンターへ直行 長旅中
の'05スピンパワーと再び合流しいざ待ち合わせ場所へ。


相方と合流した頃にはすでに午後13時半を回っており今から作戦は厳しいので
今日はここからのんびり釣具屋巡り~ ♪ いろいろアドバイスをもらいながら
専用ルアーを補充し、あと絶対忘れてはならなかった'03パワーエアロの
ラインの巻き替えも完了!

趣味の事となると時間の経過もあっという間で気付けばもう夕方になっちゃって
たので明朝からの作戦に向けて戦場近くへ移動となりました。





明日から2日間、若干お天気は微妙な感じはしますが、何かしら釣れてくれる
事を祈って今夜は相方と居酒屋で乾杯~ ♪




「どこにおるん?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

春本番の4月ですねぇ ♪


相変わらず超~タイトなスケジュールを組んでおりますJCAは青森遠征から
帰還後すぐ、海外出張に出て参りましたっ。


それにしても青森もすっかり春らしくなり、さすがに夜間は一桁台ではあった
ものの日中は15℃前後まで急上昇と薄い長袖Tシャツ1枚でも心地良く
過ごせる気温になってましたし、帰ってきた地元関西圏なんて余裕で20℃
超えと服装次第ではアチ~~~と汗をかいてしまうくらい!?

日本全国、地域によって多少差はあるもののこんな感じで春も本番を迎えつつ
ある中、おそらく出張先も少しずつ雪も解けて春めいてきてるんだろうなぁ~と
密かに期待してたんですが、


あっ、あはは、、、(汗)







やはり緯度が緯度だけに3月末じゃまだこんなんですよね、、、北極圏と
言っても過言で無いロフォーテン諸島は上空からは氷山しか見えませんでした。

まっ、高度の高い所からだとど~しても白と黒のコントラストが強すぎて、
たとえ山は海以外に何かあったとしてもなかなか見分けれないんですが、地上に
降りてみればちゃんとそこには人の生活する街がたくさんあります。

外気温はマイナス7℃で夜間は更に5~6℃は落ちそうな予報、、、


現地の空港に到着したのが午後16時前ですでに日は傾き始めておりました。
今回の出張先はいつもと異なりあまり訪れる事の無い場所でしたので、長旅で
疲れてるにも関わらず時間を有効に使うべくあれこれ出歩いてしまいました
よぉ~ ♪ 深呼吸すれば冷たいけど凄くフレッシュエアー!





夜、同僚たちと食べに行った海辺のレストランで伺うとこの辺の海域では
時期になればトラウトやサーモンフィッシングが盛んと聞いてかなりビビっと
きましたが、さすがに今は厳しく釣れたとしてもニシンやタラくらいとの事。

それでも時間さえあればぜひチャレンジしてみたかったけど残念ながら仕事で
来ているのもあり、到底そんな時間が作れるわけもなく断念、、、

トラウト、サーモンはここでもルアーフィッシングがメインになるらしく竿から
全てレンタルできるフィッシングツアーを開催している会社も幾つかるよ~
ですが、活きエサを使わないなら日本からでもタックルを空輸して来れますし
いつの日かやってみたいなぁ~と思っちゃいました ♪


帰りの出発時刻は午後17時半と到着時より更に遅くでしたから太陽はほとんど
沈みかけで、ここらで言うトワイライトタイムを堪能。







さてと、ここらで投げ釣りの話に戻しまして、


1週間前くらいから長旅に出ている!?わたくしめの'05スピンパワーですが、
青森で一旦合流した後、一緒に帰還はせず現地からそのまま'03パワーエアロを
連れ立って再び旅路に舞い戻ってゆきました、、、

今頃一体どこのエリアに居るのか消息不明、、、いやいや、まさかそんなわけは
ありませんけど改めて長旅中だなぁ~と感心。(爆)

ただ、リールに関しては先月の2回の青森遠征を同じラインのまま戦ってきて
一部高切れや劣化もありますので次回合流した時にラインだけは新しい物に
巻き替えないといけません!早速どれにしようかなぁ~?と釣り道具部屋の
ラインストックをゴソゴソあさっていると以前購入して置いてあった、





昔から定評のあるコチラを発見 ♪

そ~いえば完全PE派だったJCAが作戦に応じて徐々にナイロンラインを
使い始めよ~とした頃に全グレードを買ってきて使い比べたのを覚えて
おりますわ~、、、懐かしいっ。

ラインリムーバーも忘れず持参しないと効率良く作業が進めれないので覚えてる
うちにバッグの中に入れておきましょう。




「次の合流地点は?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

これで鮭児は全て無くなっちゃいましたぁ





決して忘れてたわけじゃないんですけど、最後の切り身だし大切に~、、、と
思って後回しにしてた時もあれば、次々と上に重ねられていく他の真空パック魚
に埋もれてしまい一時的に行方不明、、、みたいな時もあったりで昨年偶然
撃沈できた幻の鮭こと鮭児のラスト切り身を昨日やっと頂きましたぁ。(笑)

冷凍庫内に入れてすでに数ヵ月経ってたのでど~かなぁ~?と思ってましたが、
実際に出してみるとさすが通常保存より5倍は長持ちすると売り出してる
真空パック保存だけあって鮮度の劣化も全然!


→ となると迷わず頂き方はルイベに決まりです ♪





お味はもう過去に2度ルイベで頂いてきてますからあれこれ書く必要も無く、
ただただ濃厚極まりないトロけるよ~な極上テイストに舌鼓、、、普通のサケ
とは全くの別物、、、毎回この感想が結論になっております。


ちょ~どルイベ、要するにお造りにもってこいの厳選した部位を3等分にして
個別冷凍してありそれぞれのサクの大きさもほぼ同じ。最後となった今回の
切り身も全部ルイベにしちゃうと若干多過ぎる?もしかすると一度に
食べきれないかも?って気がしたので3分1だけ分けておいて、

あはは、これも前回と全く一緒のメニューになっちゃうんですが、







ほんの少し、気持ち程度に岩塩を振ってからクッキングシートの上で軽~く
、、、ほんとに軽~く、微妙にミディアムレアな部分が所々残ってるかなぁ~?
くらいまで焼いてお茶漬けでございます ♪

鮭児はアマダイみたく元から上質な脂分をたくさん持ってる魚になりますから
クッキングシートのみならずそのままフライパンで焼く時にも油は一切不要!
ってゆ~か写真をご覧になってもお分かりのよ~にほっておいてもあっという間
に脂だらけになっちゃいます。(笑)


あとは身を適当にほぐして炊き立てご飯に乗せるだけ~!





絶品 ♪


お酒メインの肴を求めるならルイベのみで十分だけど、ガッツリ満腹になりたい
FISH DINNERではこのお茶漬けがあるのと無いのでは大違い!そしてまた
鮭児で作っちゃうところが超~贅沢ですよねっ。

こんな最強コンビネーションを堪能しながらまだ先にはなりますが、今から
アキアジ作戦を楽しみにするわたくしめでございます。


あっ、そ~だっ!


数日前にいつもの釣具量販店に探しに行くもどれも取り扱いが無く、ネットで
ポチっとしてたブツが届いてましたわ~。





あはは、まぁ~探すとゆ~よりは全然分からないので同じクラブのよっしーが
見立ててくれた物を全部クリックしただけって感じでしょうか?(爆)

普段、トラウトルアー練習で通う管理釣り場ではまず使う事の無いサイズ&
ウエイトのルアーたち、、、1つ1つがそれなりの価格しますけど活きたエサを
使う大物投げ釣りに比べるとロストしない限り経済的な釣りかも?

よく見てみるとフックが付いてないルアー単体の物もありますので、まずは
覚えてるうちにスプリットリングとフックを取り付けておきましょう。




「今年も鮭児を!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

45、44、41cm マコガレイ撃沈 ♪ 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (2日目)


近くで粒子の細かい土砂を扱う作業をされててもありがたくもいまだ無風状態が
続いている為、恒例の砂塵も一切飛んで来ないで非常に快適な2日目を
迎えられているJCAでございます。

午前8時に初日の釣果写真を撮りそのまま撃沈したマコガレイとアイナメを
捌いてサクに~ ♪前回より遥かに数が少なかったのもありあっという間に終了
その間放置してあった仕掛けを順に回収してエサ交換と思っていると、


あれまっ!?









45cm マコガレイを頭に4匹も居食いしてましたわ~、、、


ちょ~ど朝イチに幾つか針先が鈍っているのに気付き交換したばかりの
新作仕掛けにアタってきてましたよぉ!

昨年末くらいから記事でもちょこちょこ書いてましたよ~に、今シーズンから
また新しいカレイ仕掛けの創造にも力を入れていこうと考えており、
その出来上がって間もない試作品を本遠征からテストを兼ねて導入して
おります。やはりどんな物でもこれで完璧!とならず常に改良を加えたり、
発展させたりする事が大事ですよね。

とりあえずキャスト時をはじめ諸々の動作上での絡みトラブルという点では
難なくクリアーしてそ~ですわ ♪


昨日の戦場到着後、午後からは結局いつも通りアタリの遠いデイタイムを過ごす
事になりましたが、今朝は活性が高そうなので予定してた午前10時キッカリの
日帰り温泉は止めてアタリが遠退くまで攻撃続投してみましょう。


クッ、クッ、クゥ~~~ッ!?


たまたま見てた竿先に鮮明なアタリが出て、







44cm マコガレイ撃沈!


一晩中必死で戦っても40cmオーバー1匹にすら巡り合えなかったのに、
2日目の今日は午前中から大型が連発して超~いい感じ ♪

このままず~っと釣れ続いてくれないかなぁ~?と“ちょい投男さん”と期待
しながら積極的に打ち返しをするも、あはは、あっさり?1時間もしないうちに
アタリはピタリと止まってしまいマンダム、、、おまけにエサ取りの小さいハゼ
やカニが目立ち始めたのでここで一旦中断、

交代で日帰り温泉&買い出しに向かう事にしました。


JCAがお先に行かせてもらい、続いてちょい投男さんが、、、そしてお戻りに
なってから朝に捌いたマコガレイを使って昼食でございます。今回はまた少し
違ったメニューにチャレンジしてみましたが、それはまた後日に置いといて、
仮眠を取りながらも引き続き仕掛けは海に投入&スローペースで打ち返しを
するも午後からはほんとに渋くなっちゃいました、、、それこそあれだけ居た
ヌマガレイも1匹も見かけません。(笑)

最高気温も17℃まで上がってポカポカ気持ちいい昼下がり、、、どれだけ
頑張ってもアタリすら無いのでわたくしめも途中、戻った車内でいつの間にか
爆睡モードに入ってしまいました。







「むつ小川原港」


すっかり日が陰ってきたなぁ~って中、目覚めるともう午後17時前!?

実際のところ1時間ちょこっとでしたけど十分睡眠が取れた~と思える程、
心地良い時間を過ごせてたみたい ♪ 短時間でもスッキリですわ。


朝からすぐ近くの護岸に入港し作業を行ってでっかいクレーンを搭載した台船が
1日の作業を終えて再びどこかへ戻って行ったのを機にちょい投男さんは台船が
停泊してた部分が気になると移動され今夜は2ヶ所に分かれての戦いに。


夕マズメは期待できないと思い込んでたJCAですが、ところがどっこい!
太陽が西の空にもう少しで消えるってタイミングで一気に時合い突入となり
アタリが連発 ♪ 再び重量感溢れる締め込みと共に、









41cm マコガレイ混じりで3匹撃沈です!


離れた所のちょい投男さんもさっきから急に忙しなく動いてらっしゃるので
おそらく同様にアタリが続いているものと思われます。

まずは自分自身の仕掛けを全て打ち返してからちょい投男さんの所へ様子を
見に行ってみると、ちょ~ど40cmの個体を水揚げされたとこで炎の血が
流れるおニューのライフジャケットと共にカシャっと記念撮影!





聞けばさっきから忙しなくされてたのは陣地から左斜め方向に投げると
相当エサ取りのハゼが湧いてるみたく竿先にすぐ超~微弱なアタリが出て
素バリになっちゃってしまうそ~な、、、だからと言って針の号数を下げるのも
微妙だしウミケムシの嵐よりはよっぽどマシですわ~とおっしゃりながら
機械の如くテキパキ打ち返されてます。


そして日は完全に暮れて真っ暗に、、、


でもこの護岸ではオレンジの常夜灯が夕方から午後22時まで点いてくれるので
まだ戦い易い方かも?せっかくなら夜中じゅう点灯させてて欲しいものの、
時間が来ると情け容赦無しに一斉に消えちゃいます。(爆)







昨夜と同じか約1時間程遅れて食いが立つはず!と予想は的中で暮れてしばらく
止まってたアタリがほぼ同じ時間帯になると再び活性化 ♪

また今夜はエサ取りのカニがお盛んなよ~で頻繁にエサチェックをしないと
知らないうちにエサがほとんど無くなってしまってたり、アオイソメが真ん中で
真っ二つにちょん切られてたりと邪魔をしてきます。

そうこうしてる間に2匹もハリスが足に絡まって水揚げされてきたりと
シオマネキの如く相当数が海底に居るんでしょうねぇ。


だけどエサ取りが多かろうが少なかろうが最後の夜になるので悔いを残さない
よう1時間おきだったアラームを40分おきに変更してとにかく攻めの釣りを!
その甲斐あってここでは珍しく竿先ライトでアタリを取って数匹を撃沈。


コンコン、、、バタン、バタン


グイイイ~ッ!







時にダブルで掛かったりと嬉しい思いもさせてくれるんですが、デイタイム
みたくな大きな個体は全く混じってこないんですわ~、、、

全体的に少々小ぶりな個体が多く昨日同様20cm台の元気な個体はリリース
しながらアベレージに近いサイズのみクーラーにキープしてゆきます。今思えば
昨夜も似たよ~な感じだったのかも!?となると今回は型物はデイタイムの方が
良かったという実績データーになりますねぇ。


午後23時頃まではポツリポツリとコンスタントに釣れ続いてたのに日付が
変わるとアタリは激減&あれだけうるさかったはずのカニたちもコラボするかの
よ~に鳴りを潜めてしまったのでアラームを再び1時間間隔に戻して攻撃。

車内で20分単位程度で数回仮眠?いや、睡魔に負けて落ちてしまってたものの
夜明けまで頑張れたつもりではいますが、結局丑三つ時から夜明けにかけては
リリース対象としていた20cm台の個体が圧倒的に多くなりキープ数は
それほど伸びる事もせずフェードアウト終了。





今回も最大45cm止まり、、、


今シーズンこそは数年ぶりにゴーマル・マコを~と夢見ておりましたが、また
来シーズンまでおあずけとなりましたぁ。(爆)




「癒しのカレイ場」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

やっと?45cm マコガレイ、 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (1日目)


路肩にはそれなりに雪が残ってても走行車線に至っては山間部を含め全行程
ドライなアスファルト状態でめちゃくちゃスムーズに戦場のある太平洋側、
「六ヶ所村」までやって来れました。

午後13時半過ぎに到着するとそこには庄内ナンバーの車がっ、、、横に
車を止めて車内を覗いてみるとSurFreyja“ちょい投男さん”が気持ち
良さそうに爆睡中!?昨夜はお仕事が終わられてその足でこちらへ向かわれた
みたく一通りタックルを並べられた後は仮眠を取っておられたようです。

いや~、JCAの中では山形県も同じ東北エリアでそこまで遠くないよ~な
イメージがあったんですが、聞けば何だかんだでここまで休憩時間を入れて
5時間少々掛かったそ~な、、、ちょ~どわたくしめの地元から宇和海へ
行くのと同じくらい距離があるみたいですわ。







「むつ小川原港」


一面雪に覆われて真っ白&極寒だった3週間前とは一転し、完全に雪も
解けてごくごく普通な護岸に戻っております。(笑)

フラットコンクリートに見えて微妙に段差があったりするここはまとまった雨が
降るとすぐ大きな水溜まりができてしまいエサ交換時や投げる際に邪魔になるん
ですが、ここんとこは晴天続きだったのか?水溜まりも皆無なら例年今時期の
定番でもある突風混じりの断続的北西風も無く無風状態!まさに訪れた
タイミングとしては過去に無い程ベストと言えます ♪


タックルを組み終え、ちょい投男さんに状況を伺ってみると少し前に塩イソメ
を付けてほ~り込んでたら2匹釣れたとの事で通常微妙なデイタイムも食って
くるのであればいい感じちゃうん!?と早速2本だけ仕掛けを投入してみます。


放置したまま久しぶりの再会でワイワイ盛り上がること2時間、、、1時間前に
仕掛けをサビいてみたりと一度反応を確かめて今度はエサが残っているか?
2本共回収してチェックしてみますがそのまま、、、お隣で同様の作業を
されてたちょい投男さんの方も異常無し、、、

やはり渋いね~となり、ここでお互い食料の買い出しに行く事に。


その後も引き続き仕掛けは投入しておくも結局アタリはゼロでした。







何がスイッチなんでしょうか???

夕マズメですら何もアタらなかったのに真っ暗になった午後19時頃から急に
食いが立ち始めたんです。

もう何年間も通ってますが、潮の干満や他一般的に時合いを読む為の要素と
照らし合わせてみてもここだけはあまり関係無さそ~で、唯一トリガーと思える
のは暗さのみ、、、なんせ他の戦場でカレイ作戦となるとまず朝マズメから
デイタイムをメインに夕マズメまでって印象が強いのですのでねぇ。


ググググ、グゥ~ッ


ブルッ、ブルッ、ガンガンガン!


完全無風状態なので竿先に出る微弱なアタリもしっかり確認できます。









アタリは午後21時過ぎまでコンスタントに続きこの調子なら前回同様数釣りが
楽しめるのでは?と期待するも午後22時にはピタリと止まってしまいマンダム
、、、まっ、今回は今年2回目とゆ~ことでどちらかと言うと数釣りより一発
デカいのを夢見てやってきてますから全然釣れ続かなくてもいいんですが
今のところサイズも35cm前後のアベレージばかりでど~もイマイチ、、、

あと3週間経っても変わらずここの戦場においては小さめな20cm台の個体も
多く、今回は針を飲み込んでしまいアウトな個体除いて基本全てリリースし
アベレージサイズ以上をキープするよ~にしていこ~と考えております。


いつも通り1時間おきに携帯アラームをセットし、それを目安にエサチェックを
行う特有の夜戦パターン、、、ちょい投男さんが車内で爆睡モードになられてる
間もひたすらアラームに準じて打ち返しをするも翌午前2時までに撃沈できた
のは2匹のみ。想像してたよりかなり渋いかも?

明るいうちに戦場周辺を歩いてみるとおそらく三脚の重石用?に持ち込まれて
そのまま放置してある大きな石が複数個あったり、まだかなり新しい仕掛けや
ラインの切れっ端が至る所に落ちてたりと直近で釣り人が入っていた事が
分かりますしもしかしたら若干釣り荒れ気味?かもしれませんねぇ~と話して
おりました。でもまぁ、それでも魚影の濃い場所ですからポテンシャルを
信じて攻撃続投していると午前3時のアラーム後のチェックで、


グググググッ!


プルプルッ、ブルルッ?







あはは、外道のドンコの群れが回ってきてたのか?複数本の竿に掛かっていた
のと共に本命も数匹水揚げ~ ♪ ちょい投男さんは一度もドンコを召し上がった
事が無くキープされるとのことで、わたくしめのドンコも全部プレゼント。(爆)


そうそう!これは購入してからあまり使う機会が無く、ようやく今回から仕掛け
に組み込んできた物になるんですけど紫外線発光、UV GLOW・ケイムラ仕様
のエッグボール、、、なぜかめちゃくちゃ反応がいいです ♪ 夜戦なので
ケイムラはど~なんだろう?と一瞬考えてしまう所はあるものの、今夜はやたら
このピンクバージョンにアタリが連発!偶然という言葉では片付けられない程、
こればかり選って釣れてきてます。

ど~やらプチ時合いに突入してくれたみたくそれから3時間は仕掛けチェック時
に必ず何匹か付いてるペース!朝マズメに向けてラストスパートをかけながら
結果的には2桁超えとなりましたが、サイズが出ないんですわ~、、、
ここまでの段階で40cmオーバーはゼロ!

厳しいなぁ~と思いつつ朝マズメを迎えそろそろ初日の釣果として一区切り
しよ~かなぁ~と思ってる矢先にバタバタと釣れて、









45cm アイナメ、同サイズの45cm マコガレイも撃沈!


下手すると時々根掛かりしちゃう1ヶ所の大きなシモリ付近からは前回は2匹の
ギスカジカでしたが、今回は40cmオーバーのアイナメが2匹。どっちが
欲しかったってわけじゃありませんけど水温上昇と共にアタってくる
外道の種類も変化してきてるのが窺えます。

午前8時、周囲の土砂積載&搬入作業も開始され1日の始まりを感じさせる
雰囲気になったとこで初日は一区切り、終了となりました。


一番最後に回収した長時間放置竿には特大のミズタコがっ!?







午前10時には日帰り温泉&買い出しに行く予定ですのでそれまでに撃沈した魚
を気合い入れて捌いてしまいたいと思いま~っす ♪




「エイリアン!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

東北の春を探しに、、、


朝一番に予約してあったエサを取りに行ってそのまま伊丹空港へ直行。

出発ゲートは約3週間前の時と同じ6番ゲートで保安検査場から結構離れた所に
位置しております。でも、ちょ~ど海外出張に出る際に使う成田ゆきの便も
伊丹空港ターミナルビルのリニューアル工事が始まって以来ずっと斜め向かいの
8番ゲートですからある意味慣れた動線!?

機内で食べようと売店でサンドイッチを買ったら即6番ゲートまでテクテク歩き
待合ロビーに到着。ベンチに腰掛ける前にふと窓の外を眺めてみるとそこには、







やっぱりコレよね~、、、と思ってるとまもなく搭乗開始となり、引き続き
やっぱりコレよね~、、、と思いながら搭乗&着席、、、隣のゲートから
出発してゆく札幌ゆきの機材を眺めながら、

うわっ!?この機材っておもいっきりシャコタン仕様やなぁ~と。(爆)


今朝も3週間前と同じルートを行く上、座席も再び右側の窓側席!そ~いえば
あの時は大阪もまだかなり寒かったし空からの風景も北陸に入った辺りから
一面真っ白のだったよ~な、、、そんな事を思い出しながら定刻通りに
伊丹空港をテイクオフ。

昨夜はかなり遅かった為、早々に爆睡モードに突入しちゃったものの途中で
目が覚めるとこれまた偶然にも前回機内から風景を撮った位置とほぼ一緒の所!
やはりこの立山連峰のよ~に標高が高い山岳地帯はまだまだ真っ白ですが、
それでもあの時の写真と比較してみるとチラホラ雪が解けて黒く見える部分が
多くなってきてますよね~ ♪





飛行機の窓自体が汚れてる?少々曇ってますねぇ。


そして新潟付近で海岸線に出て、そこから見る平野部は雪もほぼ皆無&
今日から3~4日間は気温も高めの快晴続きの予報ですから更に春への
移り変わりが加速されると思われます。


同じ3月でも前回は日中もマイナス気温のままでしたし、場所が場所だけに一応
今回もダウンジャケットをバッグに忍ばせてきてますが、おそらくこの感じじゃ
必要なさそうかも、、、むしろ寒さの心配より今度は花粉症の症状が出ないか?
そちらの方が心配かもですねぇ。

JCAが伊丹空港に着いた時点ですでにコラボ予定の相方は戦場入り&陣地も
確保してくれてますから今回も安心してゆっくり向かう事ができます。

プロペラの真横付近の座席で四六時中うるさい音に悩まされること1時間35分
、やっとこさ目的地空港に到着でございます。ここで前回同り予約してあった
レンタカーを借り 途中のクロネコセンターで先に長旅に出ていた'05スピン
パワーと合流 戦場へ向かいましょう!





ブリーフィングの冒頭から3週間前に訪れた同じ所へ向かう旨、書いてました
からわざわざどこの空港に降り立ったかなんて書く必要も無し!?

あはは、ってゆ~か空港出口付近のあった看板におもいっきりデカデカと
特産物のリンゴと共に書かれてありましたわ~。(爆)


いや~、ほんと3週間足らずで一気に風景が変わりましたねぇ。


あの時のブリーフィングに載せていた写真と比較してもらえるよ~に、空港から
市街地へ降りる道中と高速に乗ってすぐの2ヶ所を今回もカシャっと写して
参りましたよぉ。雪があるか無いかで全く雰囲気が異なります。













風力発電の風車群が見えてきて、この無数に並ぶソーラーパネル&謎のタンク
エリアを横切ったらそろそろ戦場到着です。




「いつ見ても怪しげ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

あれから約3週間、、、


投げ釣りだと毎年2~3月いっぱいくらい?までは水温的に見ても厳寒期と
言ってもおかしくない感じではありますが、管理釣り場でのトラウトルアーに
おいてはそれこそ竿先からガイドが何度も凍り付く2月の一時期だけ、、、
初シーズンはそんな印象を受けたJCA。基本、高水温より低水温の方が活性が
良いトラウトたちなので3月にもなれば厳寒期は終了傾向にあり、ボトム付近
のみならず上層レンジでも好調に食ってきてるよ~な気もしてます ♪

そんなのもあり今更!?にはなっちゃうんですが、ちょ~どトラウト専門の
ネットショップでセールをしてたので来シーズン用にまとめ買い。







アイビーライン「ペンタ」とフォレスト「メビウス・ゼロ」


これらのスプーンは特に厳寒期に威力を発揮してくれるというボトム狙いに特化
した物でボトム付近をスローアクションを付けて引いても良し、またズルズルと
タダ巻きしてるだけでも食ってくる優れもの!

そしてペンタについてはボトムのみならず他レンジにも対応できそのシェイプ
から重量が軽いモデルでも結構簡単に飛距離が出せるよ~にも個人的には
感じており前々から揃えてみたいなぁ~と思ってたとこなんです。

一部すでに売り切れの物もありましたけど、とりあえずわたくしめが欲しかった
カラーとグラム数に関してはあと1個、、、あと3個みたくギリギリ在庫が
残っており揃える事ができましたよぉ ♪ なんせ定番カラーはいつでも
入手可能ですが、たまにオリジナルカラーといった期間限定、または数量限定
モデルも結構トラウトスプーンではあったりするので欲しい時に即購入して
おかないと未来永劫入手不可能みたいなケースでも出てきますからねぇ。


ただ、まもなく4月を迎えますし、メインの大物投げ釣りにおいてもあれこれ
行きたくなる季節ですから必然的に管理釣り場への回数も減ってきそ~な予感
、、、まっ、1年通して時間のある時は常に練習を欠かさずやっていこ~と
心の中で決めてはいるんですけどね~っ。(笑)

それでもやっぱりこれからのシーズンは大物投げ釣りの誘惑だらけできりきり
舞いになっちゃいそう!?そんな事を言ってる矢先にふと思ったのが、


あれから約3週間、、、





本州最北端に位置するこの空港周辺も少しは春めいてきてるでしょうか?


ちなみにこの写真は3月の頭に撮った物でございます。




「そりゃ雪も少しは」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR