FC2ブログ

はちみつと粉山椒で ♪ マコガレイの和風カルパッチョ





大物投げ釣りとトラウトルアー、どちらの知識&情報の方が頭の中にしっかり
根付いているか?と聞かれますと、そんな事言うまでも無く投げ釣りのJCA
、、、1年経ってもそれぞれのターゲットに合わせた仕掛けの長さ配分など他、
詳細までしっかり覚えている自信があるものの、やはりトラウトルアーに
関してはまだまだ手探り状態な所も多く、1年?いや、半年もすれば鮮明に
覚えてたはずの事も忘れてしまいそ~な気がしてなりません、、、

そんな不安もあり、終了したばかりのアキアジ作戦において覚えておきたい項目
や戦術など全てパソコンで書き出してファイル化&あと、酷使してボロボロ?
剥げ剥げになったルアーもさっさとホログラムシートを貼り付けてすぐにでも
使えるよう補修しておくことに。

シンナーっぽい臭いにオエ~~~っとなりながら仕上げ工程のウレタンコートを
し、部屋の換気扇を全開にして退室!数時間もすれば臭いは完全に消えるものの
毎回この臭いだけにはやられますわ~、、、


乾かしている間にお風呂に入って、上がってからリビングでゆっくりしてると
FISH DINNERの用意ができたよ~と!





マコガレイ尽くし (2日目) ♪


なめろう茶漬けは昨日頂いたのと丸っきり一緒ですから説明する必要は無い
ですよねっ。一度食べたら絶対虜になってしまうこのだし茶漬け、、、結構な
量があったはずなのにあっという間に完食でございます。


他の食材としっかり混ぜ合わせたメインディッシュのカルパッチョはオリーブ
オイル、はちみつ、粉山椒と塩で作ったオリジナルソースが絡めてあり、
見た目は洋風でもお味は和風 ♪ 非常にみずみずしく辛味が少ない事で
有名なアーリーレッドは、和洋どちらのディッシュとも相性が良い玉ねぎで、
和を演出する三つ葉と共にいい具合にスライスしたマコガレイの切り身を
引き立ててくれてます!

食感はコリコリのマコガレイにシャキシャキの玉ねぎが前面に出てとても
フレッシュな印象に満ち溢れているのに、口で頬張った瞬間山椒と三つ葉の
アクセントがほのかに香る甘~いまろやかテイストに驚かされます。









ほとんどが甘味を特徴に持った食材を使ってる上、更にソースにもはちみつが
入ってるのでめちゃくちゃ甘いのでは!?と文章だけでは思えちゃうかも
しれませんが、塩と粉山椒がしっかり働いてくれており絶妙なバランスが
保たれております。これは魚メインの創作料理のお店で人気なレシピみたく、
わたくしめも今回初めて頂きましたが本当に美味しいっす ♪

また食べたいと思えるソースの配合レシピはオリーブオイル大さじ2、はちみつ
20g、塩&粉山椒は少量で、あとは味見しながらご自身の好みに合った
バランスに仕上げたらいいかと。

ぜひお試しあれ~ ♪




「創作料理!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

飽きが来ないマコガレイのお造り ♪


本当にいい釣りができましたぁ~と大満足で帰られたぎっしーさん、、、
お誘いしたからには何としても釣ってもらわないとと内心ドキドキしてたJCA
ですが、お昼前の時合いで良型が顔を見せてくれホッと致しましたっ。


そして帰還後はちゃちゃっと後片付けをしていつもの釣具量販店へGO&
シマノに修理で出していたサーモンプレミアムが早速戻ってきたらしく
それを受け取り、他にも何点か備品を買い出してきました。一部のエポキシが
剥げていたのと尻栓のアルミエンドバッジが紛失していただけでしたから
簡単な修理であっという間に直ったんだろうと思ってるとブランクそのまま
新品交換されて戻ってきてビックリ!?再びピカピカに~ ♪

もう一度遠征する事になったらモアザン・カムイかコルトスナイパーを持って
、、、と考えてましたが、こんなに早く戻ってきて余裕で間に合いましたねっ!
でも、結局今シーズンのアキアジ作戦は熟考の末、終了宣言しちゃったので
また来年でございます。(笑)









しばしおやすみ~ ♪ と言いながらロッドスタンドに立ててダイニングに
戻ってみると、今朝撃沈してきた一番大きなマコガレイちゃんがお皿に
盛り付けられておりました。

内訳を聞いてみると、2番目に大きかった個体は明日のFISH DINNERに
備えお造り用のサクにまで冷蔵庫で一晩熟成。残りの4匹のうち小ぶりな2匹は
いつでも唐揚げにできるよう下処理した後、真空パック冷凍&やや大きめ?
肉厚な2匹はニコイチにして先日も作ってもらったなめろうに~ ♪


なめろうは元々、アジ、イワシ、サバ、サンマなど青魚の身をメインに作られた
漁師料理になるんですが、カレイやヒラメ、マゴチといったフラットフィッシュ
系の魚で作ってもめちゃくちゃデリシャス!青魚とはガラリと違ったお味に
仕上がりますが、味噌と絡み合う濃厚な甘みは絶対クセになりますよぉ。





マコガレイ尽くし (1日目) ♪


お造りになめろう茶漬けとおもいっきり和風なメニューになっておりますので、
ディナーとゆ~より漢字で夕食 or 尽くし!って書いた方がマッチする
かなぁ~と。まぁ、尽くしとまで言うともっともっとバラエティー豊かな
マコガレイ・ディッシュが揃ってないといけないのかもしれませんが、そこは
ご容赦頂いて、、、一応わたくしめの中では尽くしなので。(笑)

冒頭に明日のFISH DINNER用にサクを熟成~ってありますよ~に、
今日が1日目で明日も同様に尽くしメニューを頂けたらとねっ。


超~引き締まった身の食感はコリコリで独特の甘みが凝縮されてて、まさに
これこそお造りなど生で頂く魚だと毎回実感中のJCA!火を通してしまうのが
もったいなくて、、、それに何度同じメニューで頂いても飽きが来ないっ。

春夏秋冬?あっ、さすがに夏は北日本でも厳しいところがありますが、日本各地
で様々なカレイを狙ってきてここまでまたすぐにお造りが食べたい!と思える
個体は地元で獲れる乗っ込みマコガレイだけかも!?更に欲を言えば、
乗っ込みシーズンでもオス、メス共に白子&卵が大きくなる前の早い段階に
接岸&撃沈されてくる個体が絶品!

身もそ~ですが、こんな肉厚で超~甘いエンガワを持ったカレイですよっ。







病みつきになること間違い無し!(笑)


なめろうと炊き立てご飯で作るのはだし茶漬けで、頂く寸前に刻み海苔を
散らしたら即沸騰した出汁を注いて一気になめろうをカツオのタタキの如く
レア状態に ♪ こりゃたまりませんわ~。

最終的に身を叩いて潰して作るなめろうに関してはたとえ小ぶり or 薄っぺ
らい個体でも数さえあればできるので今回は結構な量ができました。




「飽きが来ないよね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

肉厚マコガレイを仕入れに~、 兵庫県・播磨町 / 播磨新島


同じクラブ内のメンバーらとチャット中、ちょ~ど今日泉南方面へカレイを
求めて出撃されると話されていたSurFreyja“ぎっしーさん”、、、
何とか1枚釣れてくれる事を祈って~みたくおっしゃっていたんですが、
それならわたくめもたまたま今日はオフで近場へ美味しいお造り食材を
確保に?と考えていたのと、1匹はまず釣れると思うのでご一緒しませんか?
とお誘いし、急遽コラボすることに~。

高速を通って来ると非常に分かり易いいつものコンビニ駐車場で待ち合わせ、
夜明けまでかなり時間があったので24時間のファミレスでお茶をして戦場へ。


まだ真っ暗な午前5時20分頃、戦場に入ってセッティング開始。暗いうちは
極細アナゴに絶対悩まされるはずなのでちょこっと雑談して間を潰した
午前6時過ぎに一斉放火となりました!


グイグイグイッ


仕掛けをサビこうとリールを数回巻いた途端締め込みがっ!?





幸先良く1投目からジャスト30cmのマコガレイちゃん登場。


朝マズメの時合いが到来したよ~で連続で2匹水揚げされてきていい感じ ♪
が、しかし、、、やっぱりキスに姿は見えませんねぇ。

実はここ、ちょこっと前に落ちギス調査に来て本命場所は先客アリで入れず、
仕方なしに移動して入ったあの時に戦場なんですわ~。そして大キスは1匹で
終わるもなぜかマコガレイが複数匹釣れたのでもしかするとそれ専門で狙って
みると釣れるかも?と思い来てみましたっ。(笑)


今日はぎっしーさんも午後から用事があるのと、JCAも毎回そ~なんですが、
この界隈で乗っ込みカレイ作戦をする際はダラダラ粘りモードではなく
夜明け前に戦場入りして朝マズメの時合いに集中、引き続き午前中で
片潮を戦ってお昼前 or 遅くても午後13時までには撤収 帰還して
午後からをフリーに使えるよ~な短期集中出撃パターンですから
今日もお昼までと決めてやって来ております。

好調な滑り出しだったので更にコンスタントに出るかな?と思うも2匹撃沈した
後は巨大なヒガンフグの猛攻が始まり即素バリにされるだけならまだしも
チモトからプッツン噛み切られていくケースが連発、、、こりゃ困った!


空を見上げると雲1つ無くこんなに平和なのになぜヒガンフグ!?(爆)









「播磨新島」


例年通りなら11月になれば朝夕は冷え込み、デイタイムでも長袖を着てないと
ちょこっと肌寒い日々になるのに今年はまだまだ最高気温が20℃超えの日々が
続いており蒸し暑いんですよね~、、、今朝も午前9時やそこらなのにカンカン
照りになって半袖でちょ~ど気持ちいいと感じるくらいの陽気。


潮が切り替わって再びトロトロ動き出しているものの、アタリは止まったまま
沈黙、、、どこかでまた口を使ってくれるタイミングが訪れるはずなんだけど
なぁ~と思いつつ、同じ距離帯ばかり攻めてても一緒に感じたので
硬い塩マムシでおもいっきり遠投メインで探ってみると、

仕掛けをステイさせて5分も経たないうちに重量感がっ!?


グググッ、グゥ~~~ッ


竿先は一切動かなかったけど、この重量感は確実に何か付いてる!





やっぱり~ ♪


やや小ぶりなアベレージサイズですが、めちゃくちゃ体高のある肉厚個体。

カレイは1匹釣れるとその一帯に数匹かたまっている可能性がある為、早速
戦術をピンポイント攻めにスイッチしてアタリが出た付近を集中的に叩いて
いくことに。房掛けにしたアオイソメだと微妙に届くか届かないかの距離で
ここでは身切れの心配が皆無な塩マムシの方が便利かな?


ぎっしーさんは塩イソメも持参されており、わたくしめも塩マムシのみならず
イソメの方も持参すれば良かった~と思いつつひたすらピンポイント目掛けて
フルスイング!着底後はエサ取りに見つからないよ~あまり積極的にはサビかず
そ~~~っとそのままステイさせていると、


クッ、クッ、、、ククッ


ゴンゴンゴンッ!







予想的中といった感じでしょうか!


38cmを頭に3匹連続してアタってきましたよぉ ♪ これらの全てがほぼ
同じ位置から上がってきている事を考えると、間違いなく群れで
かたまっていたと言えます。

残念にも朝マズメの時合いを逃してしまったぎっしーさんにもここで良型が
お目見えし大喜びされておられます ♪


2人共本命を確保できたとなると、あとは撤収時刻までに更に追加できるか?
となり、やや心に余裕ができてきます。この遠投域ではそこまでヒガンフグも
うるさくなくエサも残ってくる状態ですから超~いい感じちゃうん!?と
気合い入りまくりだったんですが、、、





アタリは続かず、6匹ゲットした時点でタイムアップ。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 14号
■ エサ: 塩マムシ、アオイソメ


「カレイは難しい!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

秋桜の季節







わたくしめの地元、すぐ近くを流れる武庫川の河川敷ではコスモスが見頃を
迎えております ♪ この時期になると普段閑散としているエリアは連日
多くの見物客で賑わい特設駐車場なんかまでできちゃって大混雑!

そしてこの花が萎れてゆくと共にだんだん寂しい雰囲気になって秋も終わり
冬に向かってるんだなぁ~って感じに毎年なるんですが、なぜか今年はまだまだ
いけそう!?毎日暖かい日々が続いてる事が影響してるんでしょうねぇ。


11月に入った今、もしどこかでまとまったオフが取れればあと1回くらい
アキアジラスト戦にでも?と密かに企ててはいたものの、現地のよっしーからの
最新情報によると魚は釣れるもののどれもブナを極めまくった!みたいな
真っ黒な個体ばかりで遠征してまで狙うよ~な価値はありませんよ~と、、、


そんなわけで2018年のネイティブトラウト作戦はこれにて全て終了。


ここから来春まではエリアこと管理釣り場メインになるかなぁ~?

JCAにとってエリアはある意味トラウトルアーの基礎を学べる場でもある為、
更にレベルアップするべくこの冬もまた特訓しなければいけません!


と、頭の中で分かってはいるものの、、、これからのシーズン、投げ釣りでは
あれも狙いたい、これも狙いたいと誘惑で満ち溢れておりますからど~しても
そっちメインになりそ~な予感。(爆)





そんな事言ってる矢先から今夜も?いや、すでに日付が変わってしまって
ますので、今朝も高速を走って待ち合わせ場所となっているこんな黄色の
コンビニ駐車場までやって参りましたっ。




「誰かと待ち合わせ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ガーリック風味 ♪ カラフトマスとミニトマトのパスタ


和食と洋食どっちが好き?と聞かれると迷わず和食と即答してしまう近年、
学生時代はステーキにハンバーグ、エビフライと常に洋食ばかり欲してたのが
年齢と共に味覚も変わってきたんでしょうか?また、わたくしめの場合、仕事で
海外に住んでた時もあれば未だ海外出張がしょっちゅうあったりする為、向こう
ではほぼ100%洋食になってしまってるのも理由の1つかな?せめて日本に
居る時は和食を食べたいと思う傾向があります。

FISH DINNERに関しても和風ディッシュが多い中、それでもたま~に
洋風アレンジで食べたくなる時がありまして今回はカラフトマスとミニトマトを
使ってシンプルディッシュを作ってもらいましたっ。





ネットでいろいろレシピを検索してたら、おっ!これ美味しそうやんってなった
ディッシュでメインの具材はカラフトマスの切り身とミニトマトのみ。調理法も
超~簡単で誰でもあっという間に作れちゃうところが魅力の1つ ♪

まず初めにフライパンでオリーブオイルを熱してそこにみじん切りの玉ねぎと
皮ごと潰したニンニクを入れてベースを作り、2cm角にぶつ切りしたカラフト
マスの切り身と4分割にしたミニトマトを加え塩と黒胡椒を使って味を調整
してゆきます。ある意味ソースはこれで出来上がったも同然!?

ペペロンチーノ風の仕上がりと思って頂ければいいかと ♪


切り身は火が通ったらサイコロ状のそのままでもオッケーですし、写真の
よ~に粗めにほぐしてもオッケー!この辺はお好みに応じてになりますが、
少しほぐした方が後で加えるパスタによく絡んでいいよ~にも思えますねぇ。













この作業と同時進行で塩をかなり利かせた茹で汁でショートパスタを茹で、
ソースの完成と共にパスタ&茹で汁お玉1杯分を加えて味が馴染むよう
しっかり混ぜ合わせてゆきます。

あとは味見をしながら塩で調整し、最後に再びオリーブオイルを軽く回しがけ
するとできあがり~ ♪ 30分も掛かってませんわ~。(笑)


例えばカラフトマス200gならショートパスタも200gみたく魚の切り身と
パスタの量を大体同じくらいにするとバランスが取れ、残りの玉ねぎとニンニク
はお好みに応じて分量を決めればいいかと!ペペロンチーノなどガーリック風味
がよくするディッシュが大好きなJCAはニンニクを多めにしてもらいましたよ。







ガーリック風味 ♪ カラフトマスとミニトマトのパスタ


味の濃いカラフトマスの素材の旨味が前面に出てペペロンチーノ+αみたいな
シンプルなのにゴージャスなお味に仕上がっております。

玉ねぎとニンニクが隠し味になって主役のカラフトマスを引き立ててくれてる
のがよく分かります。パスタとなるとミートソース、トマトソース、クリーム
ソースの3大ソースがまず最初に思い浮かびますが、今回みたく特に魚の味を
堪能したい場合はこれら3大ソースはアクセントが強すぎて素材の味を
書き消してしまいがち、、、まっ、ソースと絡み合って引き出されるお味も
あったりするですけどねっ。


サッパリ感覚で食べれて素材の味も書き消さない、、、ニンニクが苦手な方は
玉ねぎのみ?になっちゃうけど、ニンニクがお好きな方なら絶対お勧めの
ディッシュかと思いますよ~。

カラフトマスのみならず市販のサケでも十分楽しめますのでぜひお試しあれ!




「コレやってみよ~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

思いもよらぬ掘り出し物!?


北日本、、、それも主に北海道で流通&ニーズが多かった物を東京近郊の
お店で発見するなんて正直夢にも思いませんでした。(笑)


それは先週のこと。


海外出張を翌日に控え東京入り&都内に住む昔の同僚と久しぶりに会った際の
出来事。相手もちょ~ど午前中のみ仕事で午後からフリーになるとの事で
羽田空港で待ち合わせして、そこから彼の車でランチ兼てちょこっとドライブ
、、、あはは、実は最終的にその日の夜に宿泊予定だった成田市内のホテル
まで送ってもらったわけなんですがっ。

彼のお勧めのウナギの有名な老舗でランチをし、その後茶~でもしようと走って
いると、、、そういえばこの辺にネット通販などもしている釣具店があった
よ~な?そんな事を思い出し時間もあったので寄り道してもらったんです。


JCAほどアホみたいに行ってはおりませんが、一応彼もルアーでシーバス
をやったりしてるのもありど~せなら他にも何店舗かあるので行った事無いなら
連れて行ってあげるよ~とラッキ~にも午後からは釣具店巡りに!(爆)

どの店舗も商品の陳列パターンや取り扱ってる物がやや関西とは異なる印象を
受けるも、商品の内容的にはほぼ変わらない物ばかりで特に物珍しいご当地
アイテムみたいなのはありませんでしたが、

あるお店に立ち寄った際にこんな物を発見!?





こ、これってもしやっ、、、


もう何年か前に廃盤になってしまってたはずの物では!?

この高級感溢れるスエード地の竿ケース、、、めちゃくちゃ気になって即
店員さんに頼んで中身を確認してみるとまさにビンゴ中のビンゴだったんです。

ただ、仕様によっては現行のモデルを所有しているのもあり全く必要なかったん
ですが、ラベルに表示されてあった名前&番手もまさに探し求めていた物!
中古市場でたま~に流通しているのを見かけるも結構使い込まれた物が多く、
それでも買おうか悩むも結局GOサインを出せないまま、またいつか同じよ~な
スペックの新製品が復活してくれるのを祈っておりました。


そんな廃盤超~レア物がそれも新品の状態で見つかるなんて、、、ちょこっと
怖いよ~な気もするけど店員さん曰く、この仕様はここらじゃあまりニーズが
無く入れたのはいいものの、売れずにず~っと残っていたそ~な、、、

まっ、どっちにしろこんな偶然は滅多に無いのでその場で即お買い上げ~&
翌日から海外だったのもあり自宅へお店から発送して頂きましたっ ♪







発売当初、これなら獲れるこれでなきゃ獲れないと北のトラウトマン
を熱くしましたと宣伝されてたよ~にまさに北海道仕様として開発された
よ~な物なんです。この日、彼と約束をしていなかったらまず出会う事は
無かったわけですからほんと奇跡的なめぐり合わせ?と言いますか、お店に
連れて行ってくれた友人に感謝でございます ♪

ブツの詳細はまた後日ゆっくり書きたいと思います。




「レインボーカラー」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイのカルパッチョ&なめろう茶漬け ♪


最近は姿造りに凝ってる?わけではありませんけど、視覚的にも更に美味しく
頂ける気がするのでカレイを豪勢に盛り付けて堪能しているJCA。今回の
落ちギス調査でも本命には見事フラれるも、お土産にまた肉厚なマコガレイを
確保できましたから早速それらを使ってFISH DINNERを ♪

ただ、今夜は同じ生食でも少々アプローチの仕方を変えて一番大きな個体は
お造りにするのと同じ要領で捌いて丸皿に盛り付け~。あはは、厳密に言えば
今回は丸皿に近いもののちょこっと異なるシェイプのお皿を使っちゃいましたが
、、、そこまでやってスタンバイ。

そして、もう1匹はサクにまでしたらぶつ切りにして、











みじん切りにしたみょうがと一緒に縦横ザクザクと刻んで細かくなってきた
とこで輪切りにした小ネギ、味噌、醤油、お酒を加えて粘りが出てくるまで
更に包丁で叩いてゆきます。

仕上げに1切れだけ残してたサクを加え、今度は粗めにみじん切りにして
よ~く混ぜ合わせればできあがり~のなめろうです。


ここで先に更に盛り付けてスタンバイさせてあったお造りを出してきて
最終仕上げ&ご飯が炊けてればあっという間にFISH DINNER
タイムの始まり、始まり~っ!





マコガレイのカルパッチョ&なめろう茶漬け ♪


まさに和と洋のコラボレーション?そう言えばオシャレに聞こえてきますが、
アンバランスという言葉にしてもマッチしちゃうよ~な組み合わせ、、、まっ、
お店で振舞われるディッシュではなくあくまで自宅で頂くFISH DINNER
ですからどんな組み合わせでも美味しく、お腹も心も満足できればそれで
オッケー!ですよねっ。(爆)


カルパッチョも魚以外の盛り付け素材バリエーションは星の数ほど存在し、
ネットでもいろんなレシピが紹介されております。一応、今夜はなめろうと
合わせるとゆ~ことで若干?ではあるものの素材チョイスなど和風チック
なアプローチを意識したつもり。

スライスした紫玉ねぎの上には細かく刻んだ大葉を乗せて、北海道で撃沈
してきたアキアジのイクラ醤油漬けを散らしてみましたっ。





ソースは市販されている和風カルパッチョソースを使いましたので、
めちゃくちゃ簡単にできましたよぉ。

オレンジ色のイクラの粒ってほんの少し散りばめるだけでも見栄えがとても
ゴージャスになりますからトッピング素材としてももってこい ♪ ストックも
まだまだタップリありますし、ご飯に乗せて食べる定番ディッシュ以外にも
今回みたく何かのトッピングなど様々な用途で活躍させるのもいいかも。







醤油と玉ねぎがベースの和風ソースが絡んだマコガレイの切り身に紫玉ねぎ
、大葉、そしてイクラを乗せて頬張るとプチッと潰れたイクラの濃厚な旨味が
アクセントになって超~お上品なお味。

サッパリ系の紫玉ねぎと大葉は濃厚になり過ぎないようしっかりバランスを
保ってくれてますしこのレシピ、ハマっちゃいそ~!?(笑)


洋風なカルパッチョを頬張りながら一緒に頂くのは和風のなめろう茶漬けで、
以前、青森県に遠征した時も戦場にて撃沈したマコガレイを捌いて作ったり
しました!これは絶対に裏切らない万人受けするディッシュですわ。







ご飯の上に好きな量のなめろうを乗せて、再び細かく輪切りにした小ネギと
白炙りゴマ、刻み海苔をトッピング。当然ネットリとしたなめろうをオカズに
ご飯を頂くのでも美味しいですし、JCAみたくだし茶漬けにするのもGOOD。
その日のお好み応じてでいいかと思います。

なめろうってお腹が空いててガッツリ食べたい時も、お酒のアテとしてチビチビ
突きたい時もどちらにも対応できるオールマイティー度ピカイチのディッシュ。


今夜は沸騰させた白ダシを薄めた出汁をかけて、





ミディアムレア状態になったなめろうをご飯と一緒にすする、まさに満腹街道
まっしぐらなだし茶漬け~。


おかわり~ ♪ と幾らでも食べれちゃいます。


味噌が混ざっているのでご飯が進むのは間違い無し!カルパッチョも同じ
マコガレイを使っているにも関わらず全く別の魚?を食べてる感覚で飽きが
来ない新鮮な組み合わせとなりました。

あ~~~、また食べたくなってきたぁ~、、、




「ハマるよね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

落ちギス狙いのはずが、、、 兵庫県・播磨町 / 播磨新島


自宅で準備をしている際、竿のローテーションをしなきゃと思いプロサーフ同様
、近場専用竿にしているバトルサーフをロッドケースに入れようか?一瞬悩むも
、最近新しいプロサーフ実物も見てすぐの導入は見合わせたりとわたくしめの
頭の中では青い竿が話題になっている為、引き続き愛着の湧いている
前プロサーフで出撃することに~。


午前3時10分、戦場に到着すると、な、なんとすでに三脚が並べてあり人は
居ないもののランタンが煌々と照ってアウト!平日なのにこの状態とは、一気に
落ちギスが釣れ始めたんだろうか?超~気になりながらも本命場所はあきらめて
第2候補で考えた位置で陣地を構えます。

あれっ!?でも、よ~く考えてみると落ちギスの場合、デイタイムも当然釣れる
ものの夜間も釣れるはずで少なくともわたくしめは静かな夜間の方が好きなん
だけど、、、場所は押さえられててても釣り人が居ないなんて不思議だなぁ~と
思うもかなり離れた場所まで移動してきちゃってたのでその後、いつ釣り人が
いらっしゃったのか確認する術は無いまま、、、


ジイイイッ!?


突如短いドラグ音が鳴り響いたのは朝マズメの午前6時過ぎ。





24cmの本命がやっとこさ1匹釣れてくれました。(笑)


が、しかしこやつは単発だったよ~でアタリが続く事も無く沈黙、、、


攻撃開始してから約2時間、恒例の極細アナゴに特大ウミケムシは数匹水揚げ
されてくるも本命らしきアタリは一切出ておらずあきらめかけてた中での1匹
、、、むむむ、おそらく群れは入っては来てるんでしょ~けど、釣友からも
聞いてた通りまだ本格化してないって感じ?

正直、これだけでは全く判断要素にもならなければ、ホームグランドみたく
しょっちゅう通ってるわけでもないので予想すらできかねますわ~。


もう一潮待った方がいいのかな~?って思いながらみるみる昇りゆく太陽を
眺めながら綺麗やぁ、、、でも、めちゃくちゃ眠い、、、夜間の移動時は目が
冴えてて余裕のつもりだったのが、結局今になって睡魔に襲われ始め、何度も
あくびをしながら落ちギス調査はまだ出直しと思ってると、


クッ、ククッ、、、


竿先を押さえ込む典型的なアタリ!





見慣れたアベレージサイズのマコガレイちゃん登場。

なぜかモソ~~~っとした重量感があったと思えば枝バリに青50gと書かれた
エサが入っていたであろうプラケースが掛かってました。(爆)


今回は完全落ちギス調査一本で考えて来てた為、こやつも居るのを忘れており
ちょこっとビックリ!まぁ、このエリア一帯で接岸してきてるはずですから
ここにカレイが居ても全然おかしくない!?でも、本命の大キスはほとんど
釣れずにカレイが釣れるとは、、、特定のターゲットを狙ってもなかなか
思うよ~に釣れてくれないのが釣りだなぁ~と実感です。

11月って朝夕は冷え込むけど、一旦太陽が昇るとミドラーを着用してるだけ
でも蒸し暑く感じる日が多く、毎年ウェアセレクトが面倒臭い月、、、今朝も
あれこれ動いてると即行暑くなってきたので半袖になっちゃいました。







「播磨新島」


どこからともなくオレンジのウキが流れてきたと思えば、ピョコン、ピョコンと
水面で出入りしながら左へ移動して行ってます、、、ど~やらトビエイが
掛かって切れたよ~でウキの少し先に黒と白の移動する座布団みたいな影!
この海域でもおるんや~、、、


まだもう少しエサが残っているものの、エサ取りの状況を考えると底を尽きる
のも時間の問題!余しても次回の予定は今のところ立ててないしエサ切れに
なるまで頑張ろうと打ち返してると、

30分もしないうちに超~近投してた竿2本に同時にアタリがっ、


パタパタ、コクン







1本は30cmに数センチ足りないアベレージサイズのマコガレイだったものの
、もう1本の激しく竿先を叩いてた方はフグのダブル、、、チ~~~ン!
デイタイムのエサ取りが本格的に動き始めたよう。

一体何がトリガーになっているのかいつも謎なエサ取りのスイッチ、今朝も
ここでスイッチが入ってしまったみたくその後打ち返すともの凄い勢いで
エサが取られてゆく始末、、、この調子じゃまもなくエサ切れ その前提で
回収した竿は打ち返しをせず片付けつつ戦ってた午前8時、


またまたでっかいフグか!?


そんな感じのするバタン、バタンと荒っぽいアタリが出始め、しばし放置するも
しつこく叩くので針掛かりしてるわと適当に上げてみたら、





33cm マコガレイの仕業!


てっきりフグと思い込んでたので嬉しい1匹となり、これをもって終了とする
ことに~ ♪ 片付け終えて戦場から撤収する時点でもまだ午前9時になって
おらずマコガレイに関してはほんと朝マズメの時合いだけの釣果。

これを考えると逆にカレイ専門でじっくり狙ってみるといい釣果が出せる
のかも?そんな事を考えながら通勤ラッシュの名残りがまだ残っている
高速に乗って帰路につくのでした、、、


今朝の落ちギス調査は不発に終わりましたっ。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・スーパーエアロ サーフリーダーSD CI4+35
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: ヤマトヨ・レッドファイター 8号
■ エダス: サンライン・パワード 4号
■ ハリス: サンライン・トルネードSV-I 4号
■ 針: もりげん・超人カレイ 15号
■ エサ: アオイソメ、マムシ


「あともう一潮か?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

落ちギスが気になる季節





海外 or 東京出張時は自宅から最も近いこともありいつもは伊丹空港を利用
しているJCAですが、今回はたまたま思った時間帯の伊丹ゆきが満席で
久しぶりに関空利用。あっ、でも考えてみれば仕事ユースでは久しぶりでも
遠征では結構使ってましたよねっ。(爆)

そんなわけで今朝、いや、もう日付が変わっちゃってますから昨日の朝、
出張より戻って来た感じでございます。


今回はオフが短いので多少疲れてても気合いで強行出撃!


毎年地元で乗っ込みカレイが始まる頃、暗いうちから竿を出してると結構高確率
で姿を見せてくれるのが20cmを超えるぶっとい落ちギス!キスの魚影が濃い
事で知られている戦場に入らなくてもこの界隈全体で1~2匹くらいはカレイの
外道として釣れてたイメージがあるんですが、、、

先日、一帯をホームグラウンドに戦ってらっしゃる釣友に近況を伺ってみると
遅れているのか?まだパッとしないらしく、場所によっては釣れ始めてはいる
もののまだ何十匹も束釣りみたいなのは聞いてないとのこと。

同じクラブ内にも今シーズンこそぜひ行ってみたいと言ってる仲間もおりまして
、情報ばかりかき集めてるのではなく自らも調査に出ようと早速~、





あはは、夜戦と言ってもこの冷え込む中、日付が変わった頃から6~7時間
、、、な~んて頑張る気力は気合いを入れてたつもりでもやはり無く、、、
どちらかというと夜明け数時間前からのアタックって感じでしょうか?(笑)

よく釣れてるとゆ~確信があるなら頑張れたのかもしれませんがねぇ。


阪神高速神戸線を西にぶっ飛ばして20分も経たないうちにネオンもすでに
消えた神戸ハーバーランド横を通過。昼間だと必ずと言っていい程、この辺りは
どこかで渋滞をしているのに夜間はガラガラで超~気持ちいいです。

そんな事を言ってる時点ですでに夜型人間道まっしぐらなんですが、今渋滞に
巻き込まれてしまうと間違いなく睡魔に襲われて危険ですからこれでOK ♪
しばらく走った後、トイレ休憩&コンビニで先に買い出してしまおうと思い、
前回も前に立ち寄った覚えのある垂水PAにIN。





そ~いえば前回はトイレ休憩だけのつもりがいつの間にかここで爆睡してしまい
気付いたら午前4時半過ぎ!?また同じ流れになってしまったらアウトですから
目が冴えてるうちに早速戦場へ向けて走りたいと思います。


この調子なら午前3時頃には到着できるかな?




「好きやなぁ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マコガレイの昆布締め&マダコのやわらか煮 ♪







マコガレイの数釣りに加え良型の明石ダコことマダコもキープでき、超~
満足な気分で帰還、、、したのはいいものの、ここからFISH DINNERに
するのがちと大変、、、ってまぁ、ほとんどわたくしめがやってるの
じゃないんですけどね~っ。(爆)

一番大きかったカレイはご存知のよ~に獲れたてピチピチなうちに姿造りにして
頂き、続いて大きめ?肉厚な個体は一緒に捌いた後、利尻昆布でサンドイッチ
して昆布締めにしちゃいました。そんでもってマダコは内臓を取り出し何度も
塩でヌメリを取り 湯がいてから保存。


昆布締めに関しては数時間ですぐ食べられる方もいらっしゃいますが、JCAの
場合、最低でも2日は熟成させるよ~にしており出来るタイミングに合わせて
マダコもディッシュに調理です。





乾燥した利尻昆布は使う前にお酒で拭いてやり、その後切り身をサンドイッチ
すれば2日間の熟成期間で非常に柔らかくなって細長くスライスすればお造りと
一緒に美味しく頂けます。過去に何種類かの昆布で同様に試してみるも、現在
わたくしめが取り寄せて愛用している利尻産の物が最も柔らかくなるので
超~気に入ってます ♪ 風味も豊かで美味しいですしねっ。


マダコは最初のうちはカルパッチョにでも?と考えていましたが、両方共
お造り系ディッシュよりは違う方がいいかなぁ~って途中で思い始め、





醤油大さじ2、お酒大さじ2、砂糖大さじ3、炭酸水300ccを混ぜて
軽く沸騰させてからすぐマダコをほ~り込んで煮付けに~。

再度沸騰したら弱火にして煮汁が半分になるくらいまでじっくり時間をかけて
煮ます。すぐに半分になるんちゃう?と思いきやこれが結構時間を要するもの
でして、、、ほんとこれだけ煮れば筋肉質で硬いタコも柔らかくなるわ~と
納得!やり方によっては最初にタコを叩いて組織を潰してから調理する方法も
あるよ~ですが、こちらの方が手間も掛からず楽チンでお勧めですよ~。

最後にみりん大さじ1を加えて照りが出てくるまで何度もスプーンで
まんべんなく煮汁をかけながら仕上げて完成。


マコガレイ2匹とマダコからこんなにも豪勢なFISH DINNERが
出来上がるなんて、、、う~ん、やっぱり投げ釣りは最高ですよねっ。





マコガレイの昆布締め&マダコのやわらか煮 ♪


あはは、単に見た目だけで中身は変わらずかもしれませんけど、魚って
こ~やって姿造りにした方がどこか贅沢な気分に浸れますし、より食欲を
そそってくれません?

結構毎回タイトスケジュールで出撃を組んでいる時が多く、時間的に余裕が無い
日も多々ありますが、一応魚を釣ってからFISH DINNERとして頂くまで
が一連の流れとわたくしめは考えてますから時間をかけれる時はじっくり
作り込んで美味しく食べたいものです。


早速、利尻昆布の風味が浸み込んだ昆布締めを頂きま~っす ♪









お造りにはポン酢&もみじおろしがベストマッチに思えてたので昆布締めでも
ちょこっと試してみるも、こちらは絶対わさび醤油が合うと一口で感じ
即切り替え!ど~しても昆布自体がオーソドックスな醤油ベースの調味料と
相性がいいのもありその風味を含んだ身はお造りとは別物に。

身自体に風味が溢れているのでもっとシンプルでも楽しめるかな?と
今回のブリーフィングでアップしてたオホーツクの塩を振りかけてパクリと!
おおっ、これだけでも超~美味しい ♪ 身近にある塩ですが、昆布締めに
ここまで合うなんて新たな発見かも。(笑)

程良く水分が抜けてネットリとした弾力のある仕上がりは昆布締めでしか
味わえない独特の物!日本食って奥深いですよね~。


サイドメニュー!?いやいや、こちらもメインディッシュの明石ダコの
やわらか煮も忘れてはいけません!







目の前に置いただけで甘~い醤油ダレの香りが漂ってきてめちゃくちゃ食欲を
駆り立ててくるマダコちゃん!そこそこ大きな個体だった為、1本の足も結構な
太さがあり噛み切るのに力が要るかな~?と思いきや、プルン ♪ ってな
食感で簡単に切れましたよぉ~。

時間をかけてコトコト煮込んだ身は芯まで非常にやわらかくなりタコ独特の
強弾力が最小限レベルにまでなってます。


近くのスーパーで宮城県産のマダコの足1本だけで700円前後してましたから
本場明石のマダコとなるときっとかなり高価なんでしょうねぇ。投げ釣りでは
外道で釣れてくる程度でこれまでリリースする時もありましたが、この
やわらか煮の美味しさには驚かされたので今後は必ず持ち帰ろうとねっ。(爆)


満腹でございま~っす ♪




「マダコも高いよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR