仕舞寸法と照らし合わせてみる





わたくしめのHPの所有タックル欄にも掲載しておりますが、以前発売
されてたロッドケースで外も中も完全丸洗い可能なハードユースモデル、
“TOUGH & WASH”シリーズのリミプロ・バージョンってのがあります。

一応、石鯛竿を買った時にそれ専用にと一緒に購入したものの投げ釣りばかりで
なかなか使用する機会も無く、結局部屋の片隅で眠ってたアイテム、、、これを
もしかするとフル活用できるかもしれない時が今、まさに来ておりまして中に
入れる物を購入する前に並継ぎがゆえちゃんと収納できるか?仕舞寸法を
しっかり測ってみましたっ。

結果は、


収納不可能!(爆)





最初に考えてた竿は仕舞寸法が157cmで上の写真にもありますよ~に、
普段から使ってる160cm仕様の投げ釣り用ロッドケースなら大丈夫なものの
、今回活躍させようと考えてたリミプロ・バージョンは150cmと余裕で
7cmもはみ出しちゃうんですぅ~、、、

それならあきらめて投げ釣り用のんを使えばいいやん!ってなりますが、実は
今のところロッドケース中には多くて竿2本までしか収納予定はなく、むしろ
できる限り軽量かつシンプルにまとめたいってのが本音。

だって、、、ご覧ください。





これら2つのロッドケースの胴部分を比較させるとこんなに違います。(笑)


まぁ、上の投げ釣り用のは複数本の投げ竿にリールまで収納でき、更に
サイドポケットにも三脚やら他いろいろ大量に収納できる設計を売りにしてる
わけなんで比較する事自体ナンセンスなんでしょ~けどねぇ。

でも、大は小を兼ねると言いますしなぜ他のではダメ?と聞かれますと、決して
他のでもダメじゃないんですけど、今回わたくしめがこだわっている点は、


ロッドケースの頑丈性なんです!


このリミプロ・バージョンでしたら外側をハード成型によるタフなABS真空
成型材&内側には耐衝撃性のあるEVA素材を採用しており言うまでもなく
頑丈性で言えばトップクラス!中に収納予定の竿がちょこっとデリケートな
モデルであり、かつ今後空輸する可能性もあるとすればやはりソフトケース
よりはこ~いった頑丈な物の方が安心ですよね?

さてさて、最後の重大な選択は、、、ロッドケースの方で妥協をするか?
それとも中に入れる竿の方で妥協をするか?(笑)

どちらかで合わせないと入らなくなるのでねぇ。




「何の竿を検討中?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シマノ「エクスセンスCI4+ C3000HGM」


先月、お初チャレンジとなった本格的ルアーフィッシングではロッドにシーバス
用のNEWエクスセンス S903ML・MH/F、そしてリールには以前ゲット
してたストラディックCI4+ C3000をセットして臨みました。

当たり前の事ですが、同じキャストして釣る釣法でも投げ釣りとルアーでは
大きく異なりこれはこれでちょこっとハマってしまいそ~な、、、そんな中毒性
のある釣法に思えてる中、これから晩秋にかけてわたくしめの地元関西圏でも
こ~いったスタイルで狙える魚が居る事を思い出し、今から少しずつ作戦を
立てていこ~と考え始めているJCAでございます。





そもそもこのストラディックCI4+ってゆ~のは上の写真にあるよ~に
タチウオの投げテンヤ釣り用に揃えたタックルの一部でして、ロッドには
メジャークラフトのソルパラ・太刀魚 投テンヤ - SPS-962 Tachi
をセットで購入しております、、、あはは、まだ未使用ですが!

いかんせん、昨年末にかけていろいろ視野を広げていこうとスタンスをチェンジ
したばかりですので準備だけで行けてないものもあれば、準備すらまだできて
ないのもあったりとまだまだこれからとゆ~のが多い中、今年からは絶対
この投げテンヤ専用タックルを実戦投入したいと考えております。


一応、ストラディックCI4+は投げテンヤ釣り専用にしたいのもあり、





シマノ「エクスセンスCI4+ C3000HGM」


今後、カラフトマス始め他のターゲット用にロッドをエクスセンスにしました
からリールも同じエクスセンスシリーズでお揃いにしちゃいました ♪

シーバスタックルになるも、きっとそのメインでもあるシーバスに関しては
投げ釣りでしか狙わないよ~に思えますけどねぇ、、、とりあえず今回は
ハイギア仕様も結構いいよ~とエキスパートよりアドバイスを頂いてたので
HGMをチョイス!ってゆ~か、あれこれ聞くよりどんな物でも実際に
使い比べていかないと差って物はよく分かりませんからね~。


高負荷時でも力強い巻き上げを可能にする“X-SHIP”、新素材“CI4+”
を採用したシマノ史上最軽量ローター“マグナムライトローター”を新たに
搭載することでC3000で195gを実現!CI4+を冠するスピニング
リールでは最多の9個の“S A-RB”を搭載することにより、さらに高感度な
スピニングリールとして生まれ変わりました。


とまで書かれているこちらの製品、実は最近リリースされたばかりのオール
ブラック仕様のエクスセンスとどちらにしようか?迷ったものの、ど~も見た目
がJCA的にはイマイチで以前から発売されているこちらのモデルにしました。





マグナムライトローターはローター回転の低慣性かによりローターの自走を防ぎ
、ローターの回転とハンドルの回転がよりダイレクトに連動するよ~になってる
らしくローターに生じたラインテンション変化をハンドルで感知しやすく、
優れたリーリング感度をもたらしてくれるとあります。(笑)

そして“リジッドサポートドラグ”というのも売りの1つみたくメインシャフト
によるスプール支持を構造的に強固にすることで、ドラグ作動時における
スプールの遊びやフラつきを抑えてくれるとの事。ラインの放出点が最前部や
最後部に移動しても両軸リール並みの安定したラインの送り出しを可能に。







あと、常にスムーズな回転性能を維持するため、ボディとラインローラー部に
注油口を装備させたイージーメンテナンスシステムも分解することなく注油が
可能で簡単にリールをベストな状態に保つことができるよう。


まっ、こんな感じで機能説明だけはしっかり頭に叩き込みましたけど、実際に
戦場にて使っていかないとやっぱよく分からないってのが最終的な感想。

C3000スプールにはラインキャパがPE1.2号で150m、1.5号で
135mとあり、これもエキスパートと相談した上でより繊細かつ飛距離も
求められる1.2号にしましたぁ ♪ 強度を少しでも強くする為に8ブレイド
がお勧めとの事でそのよ~に。(笑)





ラインも店頭でどれにしよ~かな~?といろいろ見てるとシマノから発売されて
いるMission CompleteなるPEラインが目に留まったものの肝心な
1.2号150mだけがピンク色のみで欲しかったライムが売り切れ状態で
ちょ~どお隣に陳列してあったこのラインをチョイス。

投げ釣りと異なりラインも様々なメーカーから様々製品が数多くリリースされて
いるのでどれがいいのか?サッパリ分からない状態ですからこれから少しずつ
試して知識にしていければなぁ~と考えております。




「シブいリールねっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今シーズン、まだ予定があるので!


ふんふんふ~ん ♪ とカタログを見てると仕舞寸法が157cmってのを発見
してビックリ!?ヤバ~~~、危うくGOサインを出しちゃうとこでしたわ~
、、、まぁ、わたくしめが普段から愛用している投げ釣りに特化したリール
インタイプ、'12ロッドケースXTなら160cmですからなんとかいける
ものの、それ以外のロッドケースに収納しようと思うとかなり厳しい!

こりゃ考えものだなぁ~、、、と悩みながら更にカタログを熟読していくと、
あっ!こっちなら全然オッケ~やん ♪ と早くも解決策を発見。(爆)


でも、うむむ、、、やっぱ悩む~。


解決策を発見したや否やまた新たな選択肢が出てきて再び頭を悩ますよ~に
、、、おそらくそう簡単には結論が出そうにないので今は置いといてっ!

とりあえず今日は2つの発見をして大満足なJCA、カタログを読み終わると
やっておかないといけない事を思い出して早速作業開始です。





ブルズアイ9120に新しいラインを巻いておかないとね~っ。


決してクエを狙うわけじゃありませんけど、次に考えている戦場は太いに
越したことないのでちょ~ど使いさしが残ってたのでこちらを!

20号くらいを超えてくるとたとえ10号違えどもそこまで差が無いよ~に
感じつつラインを巻けちゃいます、、、あはは、そりゃもちろん10号も違えば
強度面では相当違ってくるんですけどねっ。あくまでラインを巻いてる時の
フィーリングが大差無いって事ですわ。





ナイロン30号なんて滅多に使いません。(笑)


毎回、12号スプールに巻けるだけ~ってスタンスで巻いてますが、この残り
具合だと少なくともあと3回は?巻き替えが可能っぽいかな?

無理して使い果たす事もないし必要な時に出してきて~で ♪




「30号は太いよなぁ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

劣化気味のラインを外しましょう


今年も灼熱の8月が終わり、まだまだ残暑厳しい9月となりました。

そして9月になったので?いや、ハッキリ言って9月とか全く月とは関係無い事
なんですけど、劣化してきてたブルズアイ9120のラインを巻き替えるべく
先程外してスプールを再び隅々まで洗浄したところでごじゃいます。





つい最近購入したばかりって印象があるこのリールも導入する作戦が作戦ゆえに
あっという間に細かい傷があちこちに付いちゃってますねぇ。まぁ~基本、
ロッドもリールも消耗品ですので乱暴には使わないけど、そこまで細部まで
気にしててもあれなんで適度に気を付けながらって感じですかね~。


今年の8月は例年に無い程積極的に出撃した1ヵ月になりましたが、9月は
どんな風になるでしょうか?一応幾つかすでに出撃予定は入っているものの、
先月に比べると全然!あはは、と言いながらも次々と予定が入っていって
最終的には同じよ~に、、、ってパターンになるかもしれませんが。(笑)

そうそう!今日、この先の予定で必要な備品を仕入れるべくいつもの釣具量販店
に行ってきたんですが、店内を物色してるとこんなカタログを発見したので
ゲットして参りましたよん ♪





毎年リリースされているカタログですが、これまでほとんど気に留める事もなく
スルーしてたカテゴリー、、、中には一部、過去に興味の湧いた物もあったり
しますけどそれは都度、該当商品だけをシマノのホームページでチェック~
みたいな感じで十分でしたからねぇ。

昨年末頃から釣法の視野を広げるべくいろいろトライしてきてる中でJCA自身
、最近目に見えて興味を持つカテゴリーが増えてきてるよ~に思えます!

すでにチェックしたい物が幾つか、、、(爆)




「SW分野で何を?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

桃色の美しい身 ♪ カラフトマスのムニエル


たった2匹しか撃沈できなかったのでメニューも厳選して作ってもらわないと
切り身の在庫が、、、と撃沈直後はあれこれ悩んでいたJCAですが、ところが
どっこい!?実際に捌いてみると想像以上の量となり2匹で十分でした。(笑)

メスも釣れていたら鱒子も~って考えていたものの、今回は2匹共オスだった
ので身の旨さをしっかり味わいたいと思います。

なんせ身に関してはオスの方が断然美味しいと言われておりますのでねぇ。





今のところこれらの切り身を使って3種類?のディッシュを楽しんでいけたらと
考え中で、一気に全部は食べきれない為、後日用に小分けして冷凍庫内で
真空パック保存してあります。

マイナス20℃以下で48時間程寝かせれば万が一アニサキスが居ても死滅する
のでルイベなどで頂くのも美味しいよ~と伺っていたけど、今回は全て火を
通したディッシュでと予定しておりますよん ♪ あっ、ちなみにご存知の方も
多いでしょ~けどルイベって冷凍保存した魚を凍ったままで味わう北海道の
郷土料理の事です。アキアジの身がよく対象に使われてますよね。


北海道から帰還後すぐ翌日には海外出張に出ちゃったので今になってようやく
FISH DINNERにありつけたって感じでしょうか?(笑)











塩コショウをして約5分程置いた切り身に小麦粉をまぶして不要な水気、粉を
払ったらフライパンで焼いていく定番的メニューから~。あらかじめオリーブ
オイルで熱した後にバターを溶かしたフライパンで弱火で焼くのがコツ!

焼き色が付いたらオッケーで、後はお好みに応じて味の強弱を調整すべく
塩コショウなど加えてとなりますが、JCAの場合、いつも焼く前の段階では
かなり軽めの塩コショウにしておきこの時点であらびき黒胡椒と岩塩で~
ってのがお気に入り ♪ こ~いった洋風ディッシュにはほんと黒胡椒&岩塩の
コンビネーションって合いますよね~。

付け合わせにガーリックオイルで焼いたお野菜を添えて、







カラフトマスのムニエル ♪


食べる直前にレモンをキュ~~~っと絞って頂くのがベストウェイ。

ナイフを身に通した瞬間からあからさまに身がふんわり柔らかいのが伝わって
きてこの時点でもアキアジとは全く異なる食感ってのが分かります。

早速頬張ってみると柔らかいけどしっかり歯応えも堪能できる繊細な身質で
同種のアキアジがガッツリとしたワイルド系の食感&お味とすればこちら
カラフトマスはもっともっと優しいお味に感じます。噛んでいくうちに素材
そのものが持つ鮭系の旨味が滲み出てきてまいう~ ♪





この魚は養殖は行われていない全て天然魚で市場価格的にはアキアジより安価で
取引されるものの、地元の方々の中でもアキアジより身は美味しいと絶賛される
人もいれば、アキアジの方が勝ってると言う2派に分かれる傾向にあるよう。

実際に今味わってみたわたくしめ個人の好みとしては日々、サケは食べ慣れて
いるお味がゆえか?断然カラフトマスの方が新鮮かつややお上品なお味に
感じましたねぇ。これはアキアジもそ~ですけどクセも全く無く火を通しても
しっかり身自体が味を損なわずに前面に出ており非常に美味 ♪

ウマウマ言いながらあっという間に完食しちゃいましたぁ。(笑)


次回は地元、北海道でよくされている郷土料理にて味わってみようとレシピまで
しっかり聞いてきてますのでお楽しみに~!




「綺麗な色の身よね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

波松にフラれて、、、 福井県・坂井市 / 三里浜 (2日目)





昨日は日曜日だった為、目的の居酒屋は定休日でホテルのフロントお勧めかつ
JCAも過去に入った事のある別の居酒屋で富山県の郷土料理を楽しみました ♪
いや~、恐ろしい程冷房がきいてる座敷で温かい物を食べているにも関わらず
体の芯まで冷えてしまい“O本先生”と2人して最後は熱い赤だし単品を注文
しちゃうまでに!?店の外に出るとポカポカ暖かく感じられたくらい。(爆)

地酒でほろ酔いになってホテルに戻ったら即行バタンQ~になりそうモードでは
ありましたが、せっかくゴージャスな天然温泉が売りの宿でもあるのでしばし
お湯に浸かってから就寝となりました。


そして今朝は午前6時半に待ち合わせて今回の楽しみの1つでもあった朝食
バイキングへ~ ♪ 焼きたてパンに注文通りに目の前で調理してくれる数々の
洋風メニュー、また和風はマスの寿司、白エビ、ホタルイカ、氷見うどんに
タラ汁他、富山の郷土料理を含めた相当数の品数をゆっくり&マッタリ堪能
してからチェックアウト 2日目の戦場へ向かう事に。

夜に飲みながら2日目の今日は数釣りより一発デカイ個体を狙いません?と
O本先生からの提案もあり、再び波松海岸にアタックしようと決定。目標20cm
オーバーのキスを10匹と設定しめ~っちゃやる気満々で入ったのですが、、、


チ~~~ン


ワンド状になってる海岸線を端から幾つもしらみ潰しにしていくも遠近入念に
探っても生体反応が無く、たま~に2色以内でアタリが出たと思えば外道の
チャリコのみ、、、ピンギス含めキス自体の姿が見えません!

昨日の数匹のケースから見るともしかすると朝マズメ頃限定?で回遊してる
のかもしれませんが、元から朝はゆっくり開始~と決めてたのでそうだとしたら
時すでに遅しで、もし再び夕マズメに掛けてアタる可能性があったとしても
今度はそこまで粘ってると帰りが遅くなるのでこれまた不可能、、、


大物作戦となると超~しつこく粘る2人も今回はあっさり諦めモードとなり、
どこかで少しだけお土産キスを拾って帰りましょうか~と。(笑)

日帰り温泉からあまり遠くならない範囲で移動して、





「三里浜」


何年前になるでしょう?今回同様に波松がイマイチ芳しくなくたまたま帰り道に
寄ってみたら良型が爆釣したってのを覚えており記憶を辿って来てみましたっ。


この時点で正午を回っており、また平日とゆ~のもあり閑散としてます。


車を止めた目の前の位置で早速ファイヤ~してみるもアタリも全く出ないまま
回収するとほとんどの針が無くなってます!?そう、、、チビちゃんのフグが
湧いているみたくまずはこやつらが主に群れている距離帯を探る事から始め
ようやく突き止めるとそこを外して丁寧にサビきます。


ブルッ、ブルルルッ


ブルブルッ、ブルブルブルッ、、、


6色から5色に切り替わる辺りと3色帯で本命らしきアタリ!







やっとこさキスちゃんの顔を見る事ができましたぁ。(爆)

昨日の島尾海岸よりやや小ぶりなのがメインで特に3色帯でアタってくる個体は
ピンギスも混じってます。あはは、昨夜の時点じゃ最悪丸ボウズでも波松で
デカイ個体を~みたくはりきりまくってものの、実際に渋さを目の当たりに
すると即行妥協という選択肢を選んじゃいました。


最初のうちはそんな広範囲じゃありませんけど右へ左へちょこちょここまめに
移動しながらフグの居ない場所を求めて釣り歩くも、結局のところフグを
見かけない場所はほぼ皆無に近く変に動き回るより同じ場所で戦ってるうちに
勝手にどこかへ行っていなくなるのを待ってる方が早かったかも?(笑)

ってなわけでキスのみならずフグの群れもあっちこっちと移動しているので
時に針掛かりしてきたり、ハリスごと噛み切っていったりと邪魔も入ります。
だけど今日最もキスのアタリが多かったのは、





駐車スペース真正面にある最も右にある消波ブロック手前のエリア。

他のどこへ投げても一応アタリは出たりするもののフグのみでサッパリな時も
ある状況下、あからさまにここだけはキスがたくさん群れているよう。


攻撃開始直後は左方向から断続的に涼しい風が吹いてて快適だったのに、
約1時間したくらいから止まってしまい急に日差しも強くなってきてじっと
してても汗はダラダラ&元気も次第に失せていく灼熱地獄に、、、

2人して無口の時間が増えてくる中、


O本先生のそろそろ止めましょうか~の一言で終了 ♪







「お疲れ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

キスのアタリを満喫 ♪ 富山県・氷見市 / 島尾海岸 (1日目)


ブルブルッ!





1投目から5色付近で25cm近い個体がっ ♪


はいっ、今年も毎年夏恒例の北陸遠征の時期がやって参りました。(笑)


8月と言えば魚が食い渋る時期でもありますが、その前にピークに達する暑さで
どこへ行っても灼熱地獄と人間側も辛い月!そんなのもあり基本大物投げ釣りは
お休み期間?にしがちな為、そこを利用して毎年SurFreyjaのお馴染み
“O本先生”と行っているのがこの半分釣り、半分リラックス目的の北陸遠征
となります、、、あはは、とはいえ今年に限っては8月に入ってからも精力的に
大物釣りに出ているJCAなんですけどねぇ、、、

ガラガラの海岸沿いを走りながらここらでいいんちゃう?とほんと適当に入った
ワンドでいきなり良型が出て一瞬こりゃビンゴ!?と喜ぶも2人で4匹程度
釣ったらピタリとアタリは遠退いてしまいその後はどこを探っても沈黙、、、

それでも数匹居たわけですし探せば絶対どこかに群れが潜んでるはずと2~3回
大きく場所移動しながら大キスの群れを探すもピンギス含めキス自体の姿が
どこにもありません、、、







「波松海岸」


もしかすると場所移動を繰り返しかつ、時間的にももっと粘っていれば群れに
遭遇できてたのかもしれないものの、今回は楽に遊んで~をモットーに来ている
為、修行の釣りはや~んぺ!と早々切り上げて予定変更。

再び最寄りのICから北陸自動車道に乗ってほんとは2日目の朝からと
考えていた「富山県」の戦場までGO。


作戦では午後14時までには切り上げて富山市内で予約してあるリッチなホテル
へ早めのチェックイン 夜は美味しい郷土料理が頂ける居酒屋で楽しんでから
ホテルの温泉に浸かってマッタリ ♪ ってなプランであったので次なる戦場
に着いたらぶっ通しの釣りになるだろうとなり、先に途中の尼御前SAで早めの
昼食を頂いてから戦場へ向かう事に。

再び飲み物を買い出そうとコンビニに立ち寄ったりと何だかんだしてるうちに
戦場到着は午前11時半過ぎになってしまい初日の釣りはあまり長く
できなさそうな感じになっちゃいました。(笑)







「島尾海岸」


駐車スペースに車を止めるや否や、O本先生がうわっ、最悪~!と悲鳴を
上げられてその先を見たJCAも今日2回目のあ~~~あ、、、

なんと目の前をビキニギャルを乗せた5~6台のジェットスキーが行ったり
来たり&スクリュー回転してみたりと大盛況。おまけにすぐ近くにはジェット
スキーの基地が設営されており見る限り更に10台は係留されているでは
ありませんかぁ!?厳しいなぁ~と話しながらもまた場所移動する気力も無く
ここで爆死しましょ~や~と少し離れた所まで歩いて第2ラウンド開始。


わたくしめよりワンテンポ先にファイヤ~されたO本先生にどう?アタリある?
と伺ってみると、ニヤニヤ顔で首を縦に振られております。

そしてわたくしめもおもいっきりフルスイングしてみると、最初は何も
反応無かったのに3色帯に入った途端、


ブルルルッ、ブルルルッ


ブルルッ、ブルッ、、、ブルルッ







さすがに今朝、波松で見たキスほどデカくはないものの、ピンギスもあまり
混じらず良型メインで連掛けされてきます ♪

今現在もすぐ沖をもの凄い音を立てながらジェットスキーは行ったり来たり
している上、たまに近くを走っていったりする時もあるにも関わらずもうキスも
慣れっ子になってるんでしょうか?そんなん全く気にしてる様子も無く群れは
全然散る事も無くコンスタントに釣れてきてくれます。


こりゃラッキ~やわ~と早朝から傷付いた!?心を癒してもらいながら
しばしキスのアタリを堪能。


この感じなら更に針数を増やしても良かったのかもしれませんが、自作仕掛け
では5本針仕掛けまでしか持ってきてなかったのでとりあえずこのままで続投&
またフグなどが出てきて次々とハリスを噛み切っていかれるよ~なトラブルが
起きても腹立つのでねぇ。JCAには5本くらいまでが最もトラブルレスで快適に
遠投でも近投でも扱えるMAX本数かも?


ブルブルブルブルッ ♪









ズルズルと等速で仕掛けをサビきながら、あっ、1匹掛かった! もう1匹
付いた~と心地良いアタリを楽しみながら数釣りを満喫する2人。お天気も
快晴に恵まれておりますし出鼻は少々挫かれたけど今のところこれ以上
申し分のないコンディションでこじゃいます ♪

キスのアタリに夢中になってると時間はあっという間に流れて撤収時刻に~。


この頃にはお互い十分お土産も確保できてる状態でしたし、それにまた明日も
あるとゆ~ことでさっさと片付けて魚を捌いてからホテルに直行しましょうと。

実は毎日蒸し暑い日が続いている中、たとえ氷を敷き詰めた車載用の大型
クーラーを持参しているとはいえ内臓などそのままで保存しとくと痛みも早い
だろうと初日の釣果はその場で処理しちゃう予定でいたんですわ~!

そんなわけで作業に入る前にカシャっ ♪





46匹おりましたぁ。




「北陸満喫中 ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

毎年恒例のサマーイベント ♪


出発時刻は午前2時で十分ちゃいます~?と相方から連絡を受け、夕食前に
近くのエサ屋さんに行って2人分のエサを購入 帰宅後お風呂に入ったら
即就寝、、、と考えていたのが急に野暮用が入ってしまい結局一睡もしない
まま午前2時を迎えてしまったJCAでした。(泣)

合流後はいつも通り、まずはコンビニに寄って適当な物を買い出し
最寄りのICから高速に乗って~というルートになったんですが、今夜は
いつもと異なる最寄りのIC利用!?わたくしめの地元からだと主に3つ、
阪神高速、名神高速、中国自動車道に乗る事ができますのでねぇ。


最初のうちは車内で懐メロを聴きながらあ~でもない、こ~でもないと雑談
しまくってたものの一睡もしてなかったのはさすがに堪え、いつの間にか
助手席で爆睡夢追人に、、、毎度の流れになりますけど、

スピードダウンして目が覚めると、、、





すでに全行程の半分以上を走り終えてトイレ休憩で立ち寄ったSA。


今回の誤算は、ここで温かい物を食べておくのを忘れた事かな?(爆)


戦場入りは完全に夜が明けてからを予定しており、大体このパターンで行く時は
突入前に早めの朝食を頬張ってからってのが多い我ら、、、今回もそのつもり
だったのに残念ながら高速を下りてからはコンビニが1軒くらいしかなく、
2人共可能な限りコンビニ弁当類は避けたい派であるがゆえ、あ~~~あ、、、
さっきのSAで豚汁定食を食べておくんだったぁ~と後悔からのスタート。(爆)

外気温も20℃と想像以上に低く、かつ車内もクーラーをギンギンにきかせてた
のもありど~しても温かい食べ物希望だった為、仕方なしに久しぶりにコンビニ
弁当でも食べますかぁ~となりこれを頬張ってから突入!





30分前はまだ暗かったはずなのに今はもうこんな感じ!?


日曜日なのに人もまばらですし、やっぱり情報通り渋い?いや、今シーズンは
終了しちゃってるんでしょうか?大物投げ釣りと違い日頃からそこまでいろいろ
チェックしてない我らですのでまさに行き当たりばったりですわ。

まぁ、今回のメイン目的は釣りも当然ながら毎年夏恒例のイベント ♪ と
なってますから気楽にやってみましょうか~。(笑)




「見覚えある場所」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

カツオ出汁で頂く、ハマフエフキの漬け茶漬け ♪


持ち帰ってきてすぐに頂いちゃってたものの、超~ハードスケジュールで写真
だけ撮って記事に起こす時間が無かった為、アップが遅くなってますけどお勧め
FISH DINNERでしたので書いてみたいと思います。

あのドカ~~~ン!と真夜中に竿を吹っ飛ばしてくる大物、ハマフエフキ、、、





いつものよ~にお造りを作る手順で下ろして一部そのまま頂いた後に残りは全て
醤油ベースのタレに漬け込んで1晩冷蔵庫内で寝かせます。

ってゆ~か過去に何度か他の魚で作ってアップしてきてますからそこまで詳しく
書く必要もありませんねぇ!今回も特に変わった事も無く単に漬け丼を作る要領
で作業を進めてゆき最後にそのまま頂くか?沸騰した出汁をかけて頂くかの違い
でごじゃいます。あはは、ほんとシンプル~ ♪


食へのこだわりが強いO本先生は基本魚は生で頂くのが好きで火を通した
ディッシュはどれもイマイチ?らしく、そんな中でこれだけは超~お勧めですよ
~と教えてくれたのが今回のディッシュとなり、実際わたくしめも食べてみると
、おっ!?こりゃ、想像以上にまいう~やん ♪ って感じで一気にお気に入り
の食べ方になっちゃいました。(笑)





ハマフエフキの漬け茶漬け ♪


作り方も至ってシンプルで1晩漬け込んだ切り身を炊き立てご飯に乗せて
まずは漬け丼を作ります。

これだけでも美味しそうに仕上がっておりますが、もう少し我慢で更に
沸騰させたカツオで取った出汁を注いでいわゆるお茶漬けにしちゃおうとゆ~
わけですわ~。時にはこれにお茶漬けの素を入れてお湯を注いで~とする場合も
ありますけど、今回は風味豊かなカツオベースの出汁を取ってますから
変にあれこれトッピングせずただ出汁を注ぐだけで完成 ♪

醤油ダレによって艶光してる切り身にしっかり当たるよ~に注ぎましょ!















こんな感じで身の表面が白っぽくなったら完璧 ♪


沸騰した出汁を掛ける事によって身が微妙にタタキ状態?表面は火が通ってる
ものの身の最深部は半生状態ってのが理想的です。

口の中で頬張った瞬間、自然にホロホロ~と砕けて広がってゆくお上品なお味は
格別で、漬け丼では決して味わう事のできない独特の食感も持ち合わせて
おります!お造りを食べてるよ~だけど軽く火が通っててミディアムレアな身は
このディッシュじゃないと味わえないハーモニーかも?


もちろんハマフエフキのみならずマダイや他での同様のディッシュが楽しめる
事は間違いありませんが、ハマフエフキの身自体が持つ臭みの無いお味がどこか
カツオ出汁とベストマッチしている所があり、JCAも今後漬け茶漬けにするなら
やっぱハマフエフキの身で~とリクエストしちゃいそ~な旨さです。

1匹あたりがデカい魚ですから複数匹撃沈した時には取れる切り身も大量に
なりますが、O本先生はこれら漬けにした物を丼1杯分に小分け&サランラップ
に包んで冷凍保存して食べたい時に解凍して頂く~みたいなスタンスでいくと
あっという間になくなっちゃうそ~な、、、

うん、確かにこれだけ美味しかったら即行なくなっちゃいますわ~。(笑)


今回は冷凍保存する前に全部完食となりましたけど次回、数を撃沈する事が
できた際にはこの漬け茶漬け保存法を試してみようかな?




「これ良さそうやん!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

そしてまた国外へ


帰りの機内も貴重な睡眠時間に充てれるので離陸後即目を閉じて爆睡モード
、、、なんせ久しぶりに2晩ぶっ通しで車中泊したので相当疲れが溜まって
いたのか?意識的に寝ようと思わなくても知らぬ間に落ちてました。(爆)

一昔前までは遠征時の車中泊なんてお手の物でその気になれば何日でもできるん
ちゃうってな勢いでしたが、最近は年なのか?できる限り宿を押さえるよ~に
してますねぇ。その方が当然ですけど全然疲労度が違いますし後に残りません。

ド~~~ンという衝撃で目覚めると関空に着いてましたっ。





わたくしめの自宅から関空ってかなり離れており、最寄りの駅までノンストップ
のリムジンバスが運行しているものの1時間以上は掛かってしまう為、ここでも
疲れちゃいます。でも帰らないわけにはいかないので再びバスに揺られて
午後22時過ぎにようやく帰宅&翌日に備え即行就寝となるのでした。

遠征中の記事にも書いてました通り、今朝より再び仕事で海外出張が入っており
伊丹空港からの午前7時50分発の成田ゆきに乗らないといけなかったん
ですわ~、、、ちなみにこの立て続けに仕事&出撃のバタバタスケジュール、
落ち着くのはまだもう少し先になるかも!?(笑)


今のところ26日の土曜日に帰国予定。


帰りの便も遅れず無事に帰って来れる事を祈るまでです!

でないと、、、




「でないと?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR