FC2ブログ

いよいよ明日から梅雨明けのよう


朝から即行30℃超えの北陸地方、、、じっとしてても汗が噴き出してきて
不快な気持ちにはなりますが、空一面青空が広がっており今年の梅雨も
まもなく終わりだなぁ~とゆ~よ~な気分にさせてくれます。


と、そこまでは良かったんですけど、

午後になって帰還すべく北陸自動車道を経て名神高速道路に入った途端
ポツリポツリと大きな雨粒が落ちてきて、、、滋賀県は大津SA付近まで
戻ってくる頃にはゲリラ豪雨!?前がほとんど見えません。





雨が激しすぎて絶対どこかで事故が起きるのでは?と思ってた矢先に
反対車線ですでに事故が起きており、更にはわたくしめの走る車線上で発生
したらしく一気に大渋滞、、、雨雲レーダーをチェックしてみると局地的豪雨の
恐れと書かれた警告と共に今居る付近は真っ赤に!

みなさんスピードを落とし慎重な運転をされてる上、事故渋滞の影響もあり
ほぼ徐行まま長時間かけてようやく通過&京都南ICに到達する頃には雨も
小康状態に変わってフェードアウトするかの如く最終的に止みました。

自宅でニュースを見てると、ど~やらあのゲリラ豪雨がこの梅雨最後の雨だった
みたく明日には西日本の広い範囲で梅雨明け宣言がされる見込みと。


でも、例年に比べると今年は短い梅雨でしたよね。


梅雨が明けるときっと毎日ジリジリ焼け付くよ~な猛暑日になるでしょ~し、
近場出撃を除き遠征だけでも可能な限り避暑地に行きたいものです。





夕食の後、部屋に戻ってカレンダーを見ながら今後の出撃計画を練っていると、
机の脇にカタログと一緒にポンと置いてあった?いや、確実に忘れ去られてた
ピンク色フロートの存在に気付き、開封してさっさと補強をしちゃいましたっ。

過去にアップしてたかど~か?覚えてませんけど、このアキアジ作戦用の
フロート、、、わたくしめは必ず使う前に2ヶ所に瞬間接着剤を垂らす
よ~にしております。

その部分とゆ~のは、以下のモトスラインを通すリング周り!







実際に同じトラブルを経験された方もいらっしゃるかと思いますが、この
リング部、写真をご覧のよ~に中に白いパイプ状の物が入っております。

トラブルが起きるのはフロート表面に固定されてる黒いリングではなく中の
白いパイプで、コンスタントに酷使していると高確率で接着が取れてどちらかに
スライド&飛び出してくるんです!?当然ながら放置しておけば最終的に
パイプは抜け落ちてしまいます。

まっ、フロート自体、モトスに対して遊動式になる為、そこまで大きな
トラブルにはならないとは思いますが、どの作戦においても可能な限り
トラブルレス体制で臨むがベストですから事前にこの部分をしっかり
補強しておこ~とねっ。


完全に乾くのを待って新品フロートをストックしてある専用ポーチに仕舞って
終了~。実戦導入はまだもう少し先にはなるけど、これも避暑地で使う予定の
大事なアイテムの1つなので忘れないうちに。(笑)




「ドピンク!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

豪雨のち快晴!? 福井県・あわら市 / 波松海岸


母方の田舎が富山県だったとゆ~のもあり、小さい頃より北陸方面へは何度も
来ているJCA。わたくしめの住む兵庫県からだと北陸の玄関口として最初に
入るのが「福井県」で、夏に訪れる機会がある時には時々キスの引き釣り用
タックルを車に忍ばせておき数時間投げたりしてきております。

今回もあくまで釣りはついでとなるものの、久しぶりにキスの南蛮漬けが
食べたかったのもあり密かにやる気満々だったはずが、、、

大雨に邪魔をされてしまいました。(泣)


天気予報が当たれば正午頃から夕方までは降水確率も10%以下の曇りと変わる
よ~だったので、大雨予報の入る午前中到着はやめて午前9時に出発&正午前に
戦場入りできればという計算でやって参りましたっ。

北陸自動車道を走ってる段階ではず~っとゲリラ豪雨並みの降雨量でこれって
釣りができるレベルじゃないかも、、、相当不安になってましたが、海に近付く
につれだんだん雨は小康状態となり最初の戦場に到着する頃には青空に!?







所々グレーな雨雲の欠片が流れて来てはいるものの、この空模様だとしばらくは
まとまった雨は降らないよ~な感じかな?

とりあえず時間にそこまで余裕も無い為、急いでタックルを組んで沖に入る
消波ブロック帯手前に仕掛けを落としてゆ~っくりサビいてみます。


ブルブルブルッ!


いつの事だったかもう忘れましたが、以前今時期にこちら方面へ訪れた際に
ここで数は出ないものの20cmオーバーの良型が数匹拾えたのを思い出して
ちょこっと寄り道してみよ~と。

1投目から22cmのキスが釣れて幸先良いや~ん!と再び打ち返すも
消波ブロックのギリギリ手前のみでしかアタリが出ないみたく手前はキスは皆無
&時々チビちゃんのフグが掛かってくる状況、、、それならピンポイントのみに
集中しようと狙いを定めてファイヤ~!


ブルルッ、ブルブルブルッ


着底後、ほんの少しだけサビいてステイさせてると2回大きなブルブル。







2匹ずつだけど立て続けに良型が4匹ヒット ♪

が、しかし、、、これっきりアタリが途絶えてしまい、少し移動しながら
あちこち探ってみるも沈黙、、、さっきまでのアタリがウソだったかのよ~に
どれだけスローで足下まで引いても何の反応も出なくなってしまいました。


おそらく群れで回遊してますから気長に粘っていればまたアタリが出たのかも
しれませんが、一応ここが本命ではなかったので長居はせず場所移動。


わたくしめの中では北陸方面でキス釣りとなれば1日は絶対入ってみたい思う
本命戦場、年によってもムラがある上、釣れる期間も限られてくるのかも
しれませんけど当たればアベレージ20cmオーバーの良型の数釣りができる
超~有名どころでございます。

キスの引き釣りってそんなしょっちゅうしないものの、それでも過去に何度か
いい思いをしてきてるのもあり今回ももしかすると!?な~んて期待を胸に
訪れたのが南風でベタ凪&青空が広がる、







「波松海岸」


夏はキスに冬はカレイと関西の投げ釣り師なら多くの方が知ってらっしゃる
ポイントですのでこれ以上の説明は不要ですねっ!

さすがに時間が時間だけに釣り人の姿はゼロで地元の潜り?のおっちゃんが
居たので近況を聞いてみると、あまりたくさん釣れたってのは最近は聞かん
なぁ~と。でもキスが居なくなったわけじゃないし、投げてたら何匹かは
釣れるんちゃう~?みたいな、、、(爆)


延々と似たよ~な海岸線が続いていてどのワンドが熱いのか?もな~んも
分かりませんから、まずは車を止めた目の前のワンドで投げてみる事にします。


過去の経験上、おもいっきり遠投した所でアタリが連発ってケースが多かった
のを思い出しフルスイングした後、丁寧に海底をトレースしてくると、5色帯で
プルプルプルッとらしきアタリがっ!

でも、、、


プルプルプル?


これってエルピー・プルじゃなくキスであっても小さいって事じゃ?







やっぱり、、、


遠投重視の3本針仕掛けにパーフェクトで掛かってきてはくれるけど、どれも
小さい!だけどクーラーの中には良型とはいえまだ4匹しか魚が入ってない
状況ですからとりあえずキープしつつ、サイズアップを目指して3つ向こうの
ワンドまでテクテク移動しながら探ってゆきますが、同じよ~なサイズか更に
小さなピンギスとゆ~よりワカサギサイズといった個体が混じるよ~に、、、


ここまでのワンド3つがダメなら更にその先の4つ目へ? or 車で真逆方向へ
大きく移動するのもあり?いろいろ考えながら投げてるうちにまあまあ数も
釣れましたし、この後予定がある事を完全に忘れてたので、

今日はここまで!と潔く撤収することに。


でも久しぶりに引き釣りをすると楽しいですよね~ ♪ これから2~3ヵ月は
暑い日々が続きますから短時間と決めてキスを狙うのもいいかも?





チビちゃんがメインですが、何とか食材は確保できましたっ。(笑)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'03キス スペシャル405BX
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・キスR 7号
■ エサ: イシゴカイ


「よく晴れたなぁ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

梅雨の終わりに、、、





夏バテ防止?じゃないですけど、暑くなると無性にウナギの蒲焼きが食べたく
なってきて、昨日はお隣の芦屋市にあるお気に入り老舗へ関東風鰻丼を食べに
行ってきました ♪ 小さなお店でかつ注文を受けてからウナギを捌いて調理
するのもあり事前に予約をしておかないとまずは入れないものの、それだけの
価値のあるお店!昨日も終日予約で一杯だったようです。

ほぼ亜熱帯と言っても過言でない気候に近年なりつつある日本、真夏の
デイタイムは本州だとどこも余裕で30℃超えとなり長時間の戦いは無理!
熱中症になってしまいます、、、だからと言って夜戦も夜戦で30℃を
下回らない熱帯夜が多くなったと思えばなかなか重い腰が上がらないし、、、

義務的に狙わないといけない魚も無ければあくまでマイペースで美味しい魚を
狙えるので涼しくなるまでは本州では短時間でできる作戦をメインにやって
こ~と考え中のJCA。


そんな中、早速ではございますが毎年恒例の行事で日本海側の都市へ行く用事
がありまして、ついでに数時間だけ海に寄って投げてこよ~と!ちなみに今回が
今年お初になるかな?まっ、そう言いながらも毎年そこまで力を入れてる作戦
ではないんですけどねっ。(笑)





昨日食べた鰻丼のゼロを1つ取った分のイシゴカイを仕入れ、午前9時半に
最寄りのICより名神高速道路に乗ったはいいものの、

ご覧の通り出発直後から、


もの凄い大雨!?


これが今年の梅雨、最後の大雨になる旨ニュースでも言ってた上、日本海上には
台風5号が北上中で大気が不安定になる要素ばかり!よりによって釣り計画を
立ててた日にこんなコンディションに当たるなんてほんとついてませんわ~。

実は出ようと思えば昨夜のうちからでも出発はできたんですが、戦場エリアも
午前中一杯はどしゃ降り予報が入っており時間を調整しての午前9時出発。
今のところ正午頃から夕方にかけては一旦雨も止んで曇りになるよ~ですから
ここを狙って突入しよ~と!


戦場まであと35km地点までやって来てるのに未だワイパーを最速で動かして
ても前が見えにくい程の大雨、、、

果たして1時間やそこらで本当に止むんでしょうかねぇ?




「雨、ヤバくない!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

鮭とばでだし茶漬け ♪





寒い間に大量に作った鮭とば。北海道みたいな気候じゃないとなかなか
難しいかな~?とも考えてましたが結構いい感じに仕上がり満足しております。

一部お裾分けし、残りは小分けにして冷凍保存 食べたい時に解凍して
おつまみ代わりに楽しんできており量もそこそこあったので今シーズン開幕
までは余裕で持つだろうと思ってたら今回でもう終わりです。(笑)


先日海外出張から帰国した際、成田空港でだし茶漬けを食べまして、ついでに
そこのオリジナル出汁を購入してきましたのでそれと鮭とばを使ってだし茶漬け
を作ろうと ♪ このお店は関東エリアをメインに店舗展開しており、JCAの
地元関西でもJR大阪駅、新大阪駅、京都駅近くにもあるみたい、、、まっ、
基本わたくしめは東京へ行く事がしょっちゅうですので行くとしたらほとんどが
向こうでとなりますがねぇ。海外に出るとど~しても洋食がメインになります
ので、日本に帰ってきて食べるだし茶漬けなどは最高なんですよね~。

さてさて、早速冷凍してあった鮭とばを自然解凍させた後、レンジでホクホクに
温めてほぐしてゆきましょう!いつかも書きましたが、食べる際に硬さが気に
なる場合はレンジで温めると程良く柔らかくなります。





レンジは普通の温めモードで大丈夫なものの長時間やり過ぎるとホクホクを
通り越して焦げたみたく?カチカチになっちゃうので要注意が必要です。安全策
としては水を霧状に噴射しながら温めるスチーム機能などを使うことかな。

食べ易い大きさにほぐしたらご飯に乗せて刻み海苔やネギなどお好みの
トッピングで頂くだけ~。最後にかける出汁はできる限り沸騰したアツアツ状態
の方が鮭とばを使う際にはいいのでラストミニッツで作るのがお勧めです。


所要時間10分程度ってとこでしょうか?単に鮭とばを温めてほぐしたらご飯に
乗せるだけですからあっという間でございますわ~。(笑)





鮭とば茶漬け ♪


えっ、普通の鮭茶漬けと何が違うの~?

、、、って聞かれるかもしれませんねぇ。あはは、ハッキリ言って丸っきり一緒
でございます!鮭とばの方が乾燥させてある為、温めてもやや弾力の残る硬め
食感ですからサケは柔らかい方がいいって方には普通の鮭茶漬けがいいかも。

こちらの魅力と言えば、あらかじめ作ってある鮭とばを使うのでよりクイックに
作れちゃう事!?でも、昨晩に食べた焼き鮭の残りを使って~などとなると
これまた全く一緒のクイックですから、特に魅力ってわけでもないかっ。


今回はお気に入り店のオリジナル出汁をゲットしたので作ってみましたが、
別に特別な出汁を使う必要は無く白だしなどを薄めて温めるだけでも十分!

たとえばお茶漬けの素をふりかけて熱湯 or 熱いお茶をかけて頂いても
美味しそうですしねぇ。ただ、個人的には鮭とばで作る場合は焼き鮭と違って
塩味がそこまで強く出てこない為、お茶漬けの素などをかけないなら風味の
付いた出汁を使った方がより美味しく頂けるよ~に思えました。







まさに鮭茶漬け~ ♪


あはは、それ以外の何でもありません!(爆)

ご存知の通り、鮭とばは厳しい冬を乗り越える為の保存食として昔から北海道
など北日本で重宝されてきてる食料。ネットで調べてみると今回のお茶漬け
のみならず様々なアレンジでディッシュに盛り込まれてますし、長期保存が
きくという点では非常にありがたい食材とも言えますねっ。

いつもはそのままむしって食べてるので、たまにはこ~いったアレンジも新鮮
でした。お茶漬けに関してはわざわざ鮭とばを使って、、、というまでは
ありませんけど、これで作っても普段食べている鮭茶漬けと変わらぬ美味しさ
が堪能できるって事が分かりました ♪




「次は炒飯かな?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

“北海道・アキアジ&カラフトマス”カタログ2019





“HOKKAIDO AKIAJI&KARAFUTOMASU”


何だか英語で書かれているとオシャレな印象を受けますねぇ。

日本語に直せば“北海道・アキアジ&カラフトマス”となり、、、うむむ、
個人的には英語より日本語で表記してた方がシックリくるよ~な気もしますが
、ダイワより2019年版の専用カタログが配布されておりました。

早速、家でペラペラとページをめくってみますが、案の定毎年ほとんど
変わらない内容、、、まっ、考えてもみれば新製品情報以外はアキアジ、
カラフトマスそれぞれの釣り方や仕掛けのレクチャーページとなってますから
毎年変えようがないのも確かですね。(笑)


新製品情報で真っ先に目に留まったのが最強の強靭スペックと謳う3代目
モアザン・カムイトゥクシー!わたくしめも2代目を所有しておりますが、
確かに軽いのに非常に強靭かつ遠投性に優れてる素晴らしいロッド。





ただ、AGSガイドだけは何度かトラブルに見舞われたのもありむむむ、、、
と思っちゃってましたけど、説明を読んでみるとなんとオールチタンSiC
ガイドに変更になってます!?やっぱりわたくしめと同じガイドクラック
トラブルが多かったのかも。

さすがに相手はパワーファイターのアキアジですからねぇ、、、


ちょこっとニューカムイに興味をそそられながらも次のページを見ていくと
お馴染みサーモンロケットなどアキアジ用のスプーンコーナーに ♪ 今年は
サーモンロケットに4種類新色が加わるみたいで海サクラ作戦にてブラック系の
威力に改めて実感したJCAとしてはレインボーブラックとブラックゴールド
サーモンの2つは間違いなくゲットかな?

ブラックカラーは基本、日の昇ったデイタイムの導入になるでしょ~から
重さ的にはより遠投がきく50gが欲しいところ。







サーモンロケットのお隣のページにあったのが何となくストラトヴァリウスの
フォーエバーフリー!?を思い出させるサーモンロケットフリーなる
新製品で、ダイワ初の中通しスプーンと書いてあります。

40cmのフロロカーボン8号ハリスを中通し 遊動式にする事により
バラシを軽減させるというシステムのよ~ですが、掲載されてる仕掛け図を
見てる限りわたくしめ的には今のところ必要無いかなと。なんせJCAに
とってサーモンロケットというのはアキアジの群れが相当遠く遠投が
求められる時に出してくるアイテムですのでスプーンが遊動式になって
しまうとちょっとねぇ、、、まっ、そんな事言いながらいつの間にか愛用してる
って事もありえるかもしれませんけど。(爆)

それにしてもダイワのアキアジスプーン、アキアジクルセイダーWシリーズは
どれも魅力的なカラーリングばかりですよね~。ついつい目移りしちゃうん
ですが、あまり増やし過ぎてしまうと戦場でどれを使おうか?迷いまくって
しまいますからこの辺は見てるだけ~で!


最後に気になったのがアキアジクルセイダーフロートこと、ウキルアー仕掛けで
必要不可欠なフロートのニューカラー!今まではレッドとイエローの2種類
だったのが今年新たにピンクが加わってましたっ。

そんでもってフロートはこのカタログを貰ったお店にすでに並んでいたので
早速2個ゲットして参りました。





本年度のカタログはこんな感じでしょうかねぇ。


わたくしめにとってはモアザン・カムイトゥクシーが最も気になる新製品でした
が、スペック的に真冬の荒れるサーフから海アメを狙わない限りアキアジ専用と
言ってもいいようなロッドですし、、、もう少し吟味してみたいと思います。




「Forever free ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

新元号記念カラー!?来シーズンに向けて、、、





夜にはこれまたベタ?だけど一定期間空くと無性に食べたくなってくるこちらを
堪能した昨日、お店はいつも通り大行列でしたが、近年はほんと外国人が
増えましたねぇ~。日本経済にとってはいいのかもしれませんけど、お店の人
とのやり取りを見てる限り毎度の如く、なんだかなぁ~、、、と。

あっ、そうそう!福岡からいらっしゃった若い夫婦が14日間連続お店に通い
続けましたぁ~とギネス記録みたく大きく写真付きで張り紙がありましたが、
さすがに14日間連続は、、、でも、JCAも14日間はもう食べなくてもいいと
思えるくらいたらふく食べてきました。(爆)

あはは、ちなみにわたくしめ、、、決して来シーズンの海サクラ作戦に向けて
必要なルアーを買いあさる為に来てるわけでは無く、ちゃ~んと別件で用事が
あり、あくまでそのついでにとゆ~感じでございます。


ただ、ここでは釣りネタがメインとなりますから他は置いといて、

この事も以前から多方面より情報を収集し、頭の中では絶対必要だと重々承知
してたつもりではおりますが、実際フィールドに出るとついつい目立つビビッド
系カラーばかりに惹かれ気味だったJCA、、、しかしながら今シーズンは
この目で“ブラック”カラーの重要性に気付かされました。

そんな事もありブラック系のルアーも忘れず各店舗でチェックしていると、
アメリカン!?な大型店舗で面白い物を発見!(笑)





岡クラフト「岡ジグ LT-30 / 35」


わたくしめも初めて海サクラ作戦に臨んた時から愛用しているお馴染み岡ジグの
ニューカラーでブラックを基調にレッド ブルー イエローという順
に変化するホログラムパターンが加えられた魅力的なカラーリング!一瞬にして
JCAの心を虜にしてしまいましたよん ♪


朝夕マズメ時期やどんより曇った、いわゆるローライトな1日ならビビッド系
カラーのローテーションだけでも実績を作り出せる可能性はあるものの、
太陽が昇ると同時にカンカン照りの快晴となる日などは必ずと言っていい
くらい魚の活性が一度は落ちるもの。

人間側はきっと魚は強い日差しを嫌ってどこか沖へ移動してしまったん
やわ~と思ったりする中、何気にブラック系ルアーを投げてみるとあっさり
釣れちゃった!そんな経験ありません?わたくしめも今シーズンはそ~いった
シーンを何度も目の当たりにし、また自分自身でも経験しました。

完全オールブラックはもちろん、他にもこ~いったブラックベースにビビッド系
カラーまであしらった1つで複数要素を掛け持つよ~な超~美味しい
パターン!?もあったらいいなぁ~って思ってた矢先の発見ですから
スケベ心がワクワクときめきましたわ~。(爆)


このブラックキャンディなるカラー、







“令和元年”と書かれてます。


パッケージにもあるよ~に、“新元号記念カラー”らしく他にもディープレッド
やPPホログローと合計3種類リリースされてましたが、わたくしめが必要だった
のはブラックキャンディのみ!いずれも全くの新色とゆ~のではなく既存の
カラーにちょこっと手を加えたバージョンみたいな感じでしょうか?

ブラックキャンディもATラビット23などを始め以前から小型モデルでは
ラインナップされてましたしねぇ。ただ、わたくしめが岡ジグで主力にしている
LT-30 / 35シリーズではこのカラーが無かった為、新元号記念カラーの
発売はかなり嬉しかったかも ♪


ブラック系ルアーは来シーズン開幕までにもう少し種類を揃えたいと思っている
ものの、残念ながら今回はこれ以外に興味をそそられるモデルが無かったので
これにて大型量販店は終了 まだ時間に余裕があった?ってゆ~より、
ちゃんと予定に組み込んで時間配分してあったんですが、更に帰り道とは
逆方向へ進んで最後の目的地へGO。

ここでしか売ってないというお目当てのオリジナルルアーを探すも、入荷
してもすぐに売れちゃうみたく1個しか店頭には在庫が無くとりあえずそれを
ゲット。店員さんにカラーチャートを見せてもらいながらいいなぁ~、、、と
言いつつ帰還となりました。







何とか1個ゲットできたこのルアー、独特なシェイプが印象的で多くの海サクラ
ハンターから釣れると定評がありぜひ一度使ってみたいなぁ~と前々から
思ってたんです。昨日ゲットしたディアン25LSG同様、一体どんな動きを
するのか?超~気になりますので地元でスイミングテストをしてみようかな。




「VⅡ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ルアーズケミスト「ディアンワイド&ディアン25LSG」





まずはお昼にベタ?かもしれませんが有名どころのラーメンを ♪


7月上旬頃を持って道内全域の海サクラも一段落つく、、、そう思い込んでた
ものの、よ~く調べてみると南十勝エリアでは活性が高い日があったり、
今シーズン通っていた道北エリアでも未だ場所によってはちらほら上がったり
してるみたく再びウズウズしだしてる今日この頃でございます。(笑)

でもまぁ、さすがに今シーズンは自分の中で終了宣言しちゃってる為、来年以降
の作戦の参考にしたいと思います。なんせこれからカラフトマスやアキアジなど
もっともっと腕を上達させたい作戦も始まりますからねぇ。


ただ、今シーズンみっちり海サクラ作戦をやってみて思った事は、扱うルアーの
種類、重さ、カラーによって大きく魚の反応が異なってくる事。

そりゃ当たり前の事やんか~!と突っ込まれちゃいそ~ですけど、カラフトマス
やアキアジと違ってよほど運良く大きな群れに遭遇しない限り射程範囲内に
回遊している絶対数が非常に少ないサクラマスに興味を持たせ、口を使わせる
ってのは至難の業、、、当然ながら自分自身が信頼を置けるルアーが前提になる
のと、今、目の前に広がっている戦場コンディションに対してベストなルアー
チョイスができる、できないかも重要な要素になってきます。

しかし、ご存知のよ~に海サクラ作戦はまだ駆け出しっぺと言っても過言で無い
JCA、正直常にいろんなメーカーのルアーに目移りしまくり!?人から釣れる
よ~と教えてもらったり、雑誌やネットなどで実績ルアーとして紹介されてた物
は片っ端から気になっちゃってます。(爆)

また、実際に使ってみた事が無いがゆえ果たしてそれらが自分自身にとって
使い易い物なのかど~か?さえまだ分からない段階、、、


なので来シーズンに向けて今から徐々に気になるメーカーのルアーを集めて
いこ~と早速行動を開始しております!







もちろん何から何まで全て集めてたのでは海サクラ用のルアーも星の数ほど
ありますから自分に合った物を絞り込むのは超~大変!

今シーズンを通してコジマクラフトのルアーはわたくしめの中でダントツ1位の
座に君臨しちゃいましたし、これ以外必要無い!って気持ちもあったりするん
ですが、修行中のうちはいろんな物を使ってお互いを比較させていかないと
知識や視野を広げる事ができないのである程度自分自身で納得がいき、
答えが出るまで厳選した幾つかのメーカーのルアーは使ってみよ~と。

今現在、コジマクラフト以外に気になってるメーカーは3つくらい?ありまして
、今回直営店でゲットしてきたルアーたちもそのうちの1つ。


たまたま訪れた日が直営店の営業日でもある水曜日&木曜日だったので、
それならば!と車を走らせ行ってみた次第でございます。最初はどこに
あるのか?分からず近くをウロウロしてたもののオープン時間と同時に次々と
車がやって来たのを見てやっぱりココだ~ ♪ と。(笑)

そしてゲットしてきたルアーは、







ルアーズケミスト「ディアンワイド30 / 40」


ルアーズケミストのルアーに関しては昨年のうちに釣友経由でクレセントや
ディアンなどすでに幾つか入手していたんですが、ディアンワイド、、、それも
ピンクを基調としたカラーリングの物をもっと充実させたかったのもあり
それらを中心に購入して参りましたっ。

頭の中で思い描く使用コンディションでは30gがベストマッチと考えていた
ので、最初は全て30gで揃えようと思っていましたが、欲しいカラーが40g
のみしか残って無かったりと一部妥協して仕入れです。

ディアンワイドは今シーズン、実際に戦場で投げてみて、その遠投性能と
ブルブルと大きな波動を生み出す特徴を実感しておりますから来シーズンは
メインの1つとして積極的に導入していきたいモデルでもあります。


そんでもってもう1種類の長めのシェイプのルアーはワイドが語尾に付かない
ディアン、、、ではあるんですけど低比重合金を用いたモデル、







ルアーズケミスト「ディアン25LSG」


おおっ、軽いっ!

サイズ自体は通常のディアン40(40g)であるのに重さはなんと25gで、
デッドスローでもしっかりアクションして非常にナチュラルな波動を作り出す
のが特徴らしくメタルジグでは反応しない個体に有効と書いてありますねぇ。

愛用されてる方々のインプレなどを拝見してると食い渋る状況下でいい仕事を
してくれる上、サイズに対して軽いので僅かな潮流の変化なども把握し易い
みたい。こちらのモデルはまだJCAは投げた事すらありませんから早く使って
みたくて仕方がありません。地元の大阪湾でテストしてみよ~かな!?


それにしてもほんと、このメーカーのルアーは美しいですよね ♪


同じカラーベースでもバブル、スパークル、ウェーブ、アラメ、グリッターなど
様々なパターンが用意されており、どれもパッと目を引く華々しさなので
全部欲しくなっちゃうくらい、、、海サクラのみならずヒラメなんかにも実績が
高いよ~なので将来的に使用用途が広がる可能性もあるかも?

まっ、とりあえずはディアンワイド、ディアン25LSG共に来シーズンの
海サクラ作戦から導入し自分なりのインプレを得る事が先決ですねっ。


あと、こんなのも配布開始されてたのでゲットして参りましたよん。







「直営店行ったの!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマスのクリームチーズディップ ♪





これは今朝、仕事で東京に移動する際に機内から撮った富士山。

冬から春にかけては頂上付近に白い雪が被ってて晴れてる日だと超~
美しいんですけど、それ以外の時期は何度も見てると感動があまりない感じ。
ただ、今朝は梅雨時期ならではの空模様がいい具合にコラボしてちょこっと
幻想的に見えましたよぉ ♪


さて、今回はFISH DINNERではなくランチになっちゃうんですが、
昨日のお昼にサクラマスがバゲット、

いわゆるフランスパンに乗って出て参りました!?(笑)







オリーブオイルを使っても全然オッケーだったものの、ちょ~ど無くなって
再注文&届いたばかりの最高品質の国産菜種を使って作られているピュアな
上質菜種油があったのでそれを使ってジュ~~~っとまずは皮を取った
ルイベ用のサクラマス1切れを焼きます。

焼きあがったら熱いうちにほぐして、もし小骨があればそれらも全て綺麗に
取り除いた上で粗熱が取れるまでしばし待機。

その間、ぼ~~~っとしてるわけではなく!ボウルに菜種油大1/2、レモン果汁
大1/2、砂糖小1、乾燥パセリ小1/2を入れて混ぜ合わせた後、常温に戻して
おいたクリームチーズ100gを加えて再びよ~く混ぜ合わせます。


そこへ粗熱が取れたサクラマスを加え、更に身とクリームチーズが完全に一体に
なるくらいまで押し潰す?感覚でしっかり混ぜ、混ぜ~ ♪











クリームチーズの種類によっても硬さが若干異なるものの、いずれにしても
この最後の作業だけ結構時間が掛かりますし、時間を掛けてでもしっかり
混ぜ合わせておきたいところ!

あとはスライスしたバゲットの上に塗って、お好みでパセリを散らし飾りに
粗みじん切りにしたミニトマトをトッピングすればできあがり~。


フランスパンって一般的に硬いパンってイメージがありますが、人気のパン屋
さんなどでこだわった物を購入すると驚くくらい硬さが気になりませんし、
また、硬いバゲットでも食べる直前にオーブントースターなどで軽く焼いて
やればカリカリになって非常に食べ易くなります。







サクラマスのクリームチーズディップ ♪


お店のコース料理なんかでは前菜として出てきそ~なディッシュですねぇ。

今回はこのディッシュ用に切り身から焼いて作りましたが、みなさんのレシピを
拝見してると鮭フレークを用いて作ってらっしゃる方も多いよ~ですし、
クリームチーズさえ買ってこればすぐにできちゃうファーストフード感覚!

生の切り身を使うとすぐに食べてしまわないといけなくなるけど、火を通した
身で作れば冷蔵庫に入れて数日間は保存がききます。大体、クリームチーズ
100gを基準にして作ると2日以内でちょ~ど食べきれるくらいの量になると
思って頂ければいいかと。


甘酸っぱいクリームチーズの中にサクラマスの濃厚なお味が溶け込んで
オシャレなディップになっております ♪

こ~ゆ~ディップってスモークサーモンなんかを使ってよく作られたり
してますが、サクラマスの場合は他のトラウト類に比べて遥かに身自体に
旨みがある上、魚特有の臭みも皆無ですからスモークするよりむしろ
そのままの方が断然素材の旨味を生かせるよ~に思えます。





てんこ盛りにしていただきま~っす ♪


まぁ、スモークはスモークでベーグルに挟んだりサラダにトッピングしたり
するととても美味しいですしディッシュによって使い分けって感じですね。
個人的にサクラマスはスモークするのはもったいない?と思ってるJCA
ですから、カラフトマスやアキアジなんかで今後チャレンジしてみよ~かな?




「コレ、美味しそう!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マダラと桜エビの磯辺揚げ ♪


船釣りで釣れるよ~な馬鹿デカい個体だったら複数のディッシュになってたん
でしょ~けど、40cmまでの小ぶりなマダラが数匹だと身もたくさん取れません
からまとめておつまみにしてもらいましたよん。







三枚おろしにした切り身をぶつ切りにしてフードプロセッサーへ。

そこへ砂糖小2、塩小1/2、酒大1、片栗粉大4に卵1個分の卵白を加えて
ネットリ滑らかになるまで回した後、ボウルに取り出してみじん切りにした
玉ねぎと釜揚げ桜エビを入れて混ぜ合わせ準備完了~。


あとはこれを軽くひと口大の大きさで固めて焼き海苔で巻いたら170℃の油で
揚げるだけ。すぐに芯まで火が通りますのでこれだけの時間揚げる、、、
とゆ~より表面がある程度キツネ色になったらいつでも取り出してOK!













揚げると結構身が膨らみますから、手でこねてる段階では気持ち小さめの
ひと口大?を作るよ~な感じがちょ~どいいかも。


マダラって日本のみならず海外においても白身魚の代表格の1つで、例えば
欧米などではどこのスーパーにも売ってるリーズナブルな白身魚でイギリスの
フィッシュ&チップスもそ~ですし、様々なディッシュで使われている魚。

ちなみにフレンチなんかでよく愛用シタビラメやメカジキなどはもう少しお高い
白身魚って存在かな。(笑)

どちらかと言うと、魚そのもののお味を引き立てるってゆ~よりソースを
始めとする調味料系で味付けして頂く事が多いマダラですから今回の
ディッシュも桜エビとコラボさせております。







マダラと桜エビの磯辺揚げ ♪


ショウガ醤油につけてパクリと噛むと中はギッシリ詰まった真っ白なタラの身
とピンク色の桜エビ!お酒のおつまみにはもってこいの一品です。

すり身の材料としても有名なマダラですからまさに磯辺揚げにはピッタリ。
こちらで言うイトヨリダイに近いお味?もう少し淡泊にしたよ~な感じ
でしょうか。磯辺揚げにしてもど~してもアクセントのあるお味の桜エビが
勝ってしまいますが、特有のまろやかさがあるマダラの土台があってこそ
美味しく思えるディッシュだと思いますねぇ。


意識しなければ気付かないけれど無ければ何かが物足りない、、、そんな
縁の下の力持ち的存在のマダラ、、、

いつか投げ釣りで弩級サイズを上げてみたいですわ。




「やっぱ船釣りでは」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

限りなくフロロカーボンに近い?ナイロンショックリーダー





モーリス「VARIVAS VEPショックリーダー」


今現在、全てのネイティブトラウト作戦に愛用しているサンラインのシステム
ショックリーダーの25lb.が少なくなってきたのでいつもの釣具量販店
まで補充しに行ってみると、、、最悪な事にこの25lb.だけが品切れ中!?
そんなわけでこのショックリーダーを買ってみました。

主に25lb.は海サクラ、カラフトマス作戦に導入しており一番使用頻度が
高いリーダー。将来的にはショックリーダーもナイロンとフロロカーボンを
作戦に応じて使い分けていければ?いや、使い分けていった方が断然いいと
思ってますのでこれを機にいろんなメーカーのモデルを比較していければと!

投げ釣りでもPEからナイロンまで現行発売されてるほとんどのメーカーの力糸
をこれまで実際に使い比べて自分のニーズに合った物をチョイスしてきてます
から、そろそろルアーフィッシングにおいても同じよ~にしていかないと成長が
ありませんしねぇ。ちなみに今回ゲットしたVEPショックリーダーはこれから
始まるカラフトマス作戦に導入しようと考えております。


瀬ズレが気になる戦場ならフロロカーボンの方がより摩耗強度は高いものの、
ナイロンは軽く、かつより伸びがある為、突発的なショックに対する吸収率は
高いはず。カラフトマス作戦ではゴロタ浜や岩場から狙う事が多くフッキング
後に魚が走った時など瀬ズレの点だけで見れば断然フロロカーボンなんですけど
、軽量スプーンを表層付近に漂わせ、先にも書いてたよ~に突発的なアタック
にも柔軟に対応となればやっぱりナイロンの方が安心、、、

突き詰めて考えていくと結構難しいものがありますねぇ。


ご存知の通り、ルアーフィッシングにも様々な対象魚が存在しますから
最終的には戦場コンディションのみならず対象魚の習性によってもリーダーを
使い分けれるよ~になるのが当面の目標かな。あはは、それより今後ネイティブ
トラウト以外でどこまでルアーにハマるか?なんですけどねっ、、、なんせ
投げ釣りではなかなか釣れない魚を!とゆ~ことで始めたルアーですから。





そして、現時点ではネイティブトラウトのショックリーダーについては
トータル面から見てナイロンの方が使い易く&メリットが多く感じているJCA。

なんとこのVEPショックリーダーはナイロンの特徴でもある適度な伸びを
維持させたまま抜群の耐摩耗性能をプラス加工した物になってるらしく
耐摩耗強度は通常のナイロンの約20倍を誇るという!瀬ズレやストラクチャー
とのコンタクトを始め、エラブタやヒレ、魚体への擦れにも万全の強さを発揮
しますとまで書かれていますからある意味美味しいとこ取りリーダー ♪

わたくしめ、、、即飛び付いちゃいましたっ。(爆)


商品説明からすると限りなくフロロカーボンに近いナイロンラインって感じ?
となると、伸張性においては普通のナイロンより硬めなのかもしれません。
まっ、部屋で触りながらあれこれ言ってるだけより実釣に持ち出してインプレ
を得てくるのがベストなんで早速今シーズンのカラフトマス作戦から使って
みましょ~かねぇ。差がハッキリ分かればいいんですが、、、




「大差無いんちゃう?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR