fc2ブログ

52cm サクラマスが跳ねたっ! 北海道・網走市 / オホーツク海 (1日目)


いつもギリギリまでお天気と睨めっこしてから出撃を判断するのもあって、
事前に送る嵩張る荷物などは戦場近くのクロネコセンターに止め置きにす
るよ~にしているJCA。

でも、今回に関しては前回の遠征から3日後とゆ~のもありすでにある程度
正確な天気予報が出てたのでレンタカー屋さんへ直接発送 来店した時
にはすでに車の中に入れておいてくれたので時間のロスが無く即出発する
事ができましたっ ♪







「オホーツク海」


女満別空港から主要国道など大きな道を使わず両サイドに延々と広大な畑が
続く農道を通ってアクセスするとあっという間に到着できちゃいました。

以前はカレイ作戦、近年はそれに加えてサクラマス、カラフトマス、アキアジと
様々な作戦でこちら方面に訪れており、また同じクラブのよっしーも住んで
いる事からマニアックな抜け道含めかなり地理的に詳しくなって参りました。


到着したらすぐウェーダーを履いてタックルを持ったらGO&鉄板と言われる
位置から攻撃を開始し、徐々に移動しながら本命を探ってゆきます。


沈黙、、、


風も微風、波も穏やかで若干?だけど波打ち際から少し向こうまで濁りが
入ってると言えばそんな気もしますが、気になる程度でもない、、、海の
コンディションとしては問題無さそうですから魚が回遊していないだけ?まぁ、
時間もマズメとかでもない昼下がりですし潮の動きなどと合わせて何か
メリハリが無いと岸寄りしないのかな?

キャスト&リトリーブを繰り返しつつ、またリトリーブ速度もいろいろ変えたり
しながらランガンしますが、1時間が経っても2時間が過ぎても一切反応
がありません、、、


ゴゴン!?


おそらく全く魚が居ないのではなくやや大きくアクションを付けたら、





46cm アメマス


やっぱりこやつだけはたま~に居るよ~です。(笑)

普段より意識して大げさにアクションを付けてると結構高確率で姿を現す
アメマス、この後も似たよ~なサイズが2匹ヒットするも本命の気配は皆無。


攻撃開始から3時間半が経過して午後18時35分、、、あと30分もすれば
日暮れとなりどこまで粘るか悩み始めます。

この頃になると急に冷え込んできて、さっきまでテクテク歩いていると
ちょこっと汗ばむ感じだったのが肌寒い、、、日中と朝夕の寒暖の差が
激しいのが北海道の夏の特徴でもありますよねっ。

まだ夏じゃないけど、、、(爆)





サイズにもよるんでしょ~けど、本命に比べて重量感がそこまで無くやたら
暴れまくる印象が強いアメマスの引きは十分堪能しましたのでもういいとして
、、、初日はいつも戦場の雰囲気を感じれれば程度の気持ちで竿を振って
いるものの、これじゃ本当に雰囲気を感じるだけで終わってしまいそう。

とりあえずエントリー地点から結構歩いてきましたし、この辺で折り返して
再び来た道をキャスト&リトリーブを繰り返しながら戻りましょう。


途中で気付いたんですけど、そ~いえばキャップライトをウエストバッグに
入れるのを忘れており真っ暗になっちゃう前には車まで戻りたいと
ほんの少し歩くペースを速めながらランガンしていると、


進行方向少し先の沖目で魚が跳ねた!?


んっ、ただ単に波が盛り上がっただけか?目の錯覚かもしれませんが
、しばらく気になった辺りを凝視していると、またパチャ~ン!と
銀色のシルエットの魚が跳ねてます。

キタ~~~ ♪ 必死でサーフを走って魚が跳ねた辺りまでキャストして
届く位置まで移動&すぐにおもいっきりフルキャストしてみると、
着水してリトリーブを開始した途端、


グイイイッ!


アタックしてきましたぁ。







52cm サクラマス撃沈 ♪


こんなヒットパターンを見る度に、サクラマスといえども同じサケ科の魚なので
カラフトマスやアキアジと一緒でルアーを泳がせてる範囲内に魚が居れば
何かしらちょっかいを掛けてくる 逆にどれだけ粘っても全く反応が
出ない 魚が居ない!

必ずしもこれが当てはまるとは限らないものの、わたくしめの中では
最近そんな風に強く思うよ~になってきております。


もう1回跳ねないかなぁ~、、、なんて調子のいい事を考えながらその後も
海を観察しながら移動しましたが、さっきの1回きりで跳ねも無ければ
ひたすら打ち返してても反応は無し。

太陽が完全に沈むのを見届けて初日は終了としました。







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP107MH
■ リール: シマノ・'22ステラ 4000MHG
■ ライン: モーリス・VARIVAS スーパートラウトアドバンス MP PE 1.5号
■ リーダー: モーリス・VARIVAS VEPショックリーダー 25lb.
■ フック: がまかつ・TR-25 ダブル 1/0
■ ルアー: 岡クラフト・岡ジグ AT-30


「釣れただけマシ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

北海道遠征帰還後から3日


わたくしめ、3日前の金曜日に北海道遠征より帰還したばかりなんですが、
土日と週末は地元で過ごして再び今日からまた出発でございます ♪

世界的に見ても渡航規制などが大幅に緩和され経済が徐々に元通りに回りつつ
ある中、日本もついに6月から段階的ではあるけど入国規制を緩和する旨発表。
ってことは確実に来年はわたくしめの海外出張などもコロナ禍前のよ~に戻って
くるはずなので、スケジュールに余裕を持てて直近の天気予報を見て判断&即
出撃!という今のスタンスはなかなかできなくなってきます、、、

そんな事を考えると、このおそらく人生最初で最後になるであろうイレギュラー
な2~3年間をマイナスばかりでなくプラスとしても捉えて体力&気力、時間、
そしてお天気が許す限り詰めまくって出撃できたらなぁ~ ♪ なんて。(爆)





この1ヵ月以内の観光客の増加率って半端じゃないなぁ、、、改めて伊丹空港
内の人の多さにビックリさせられながら出発。

今日は先日、最近立て続けに訪れてるのにも関わらず一番大きな玄関口となる
空港に足を踏み入れてませんと書いてたまさにその空港へ向かっております!

もちろんそこが最終目的地ではなくあくまで経由地なので再び乗り継がないと
いけないものの、伊丹からのフライトタイムが長いのでちょこっと寝不足気味
な今朝のわたくしめにとっては機内でゆっくり寝れるので非常にありがたい。


佐渡島が見えるかなぁ~?と思いつつ外を見るも真っ白の雲の絨毯に
覆われてて何も見えず、青森県に入った辺りから下の景色が見え始め、
手前に大間崎、右奥に函館市を一望する津軽海峡上空へ。













今日は南風が吹いてる為、この高度で苫小牧市上空を通過して北から
回り込むよ~にして着陸。

あはは、ちょ~ど時間的にもお昼前でしたし先日の記事にアップしてた
サクラマスのだし茶漬けが食べれるお店で昼食を?一瞬そう思うも、今から
釣りに行く魚をココで食べなくてもいっか~となり、レストラン街のお気に入り
のお店でいつもの定食を注文。この空港は勝手が良く分かりますので!(笑)


さてと、そろそろ次便の出発ゲートにでも向かいますかぁ。

チケットを予約する時点で経由地から最終目的地空港までは1日3往復してる
ものの、使用機材は全て同じなのが分かっていたのでたった45分だから!と
腹を括ってやって参りましたっ。(爆)







こちらの路線はガラガラみたく機内に乗り込むや否や即ドアが閉まって出発~!
窓の外すぐ傍に見えてる黒いプロペラが回り出しすと共にブ~~~ンという
音が徐々に大きくなっていって離陸時にMAX 爆音ですから当然うたた寝
なんてする事ができずひたすら景色を眺めて過ごします。(笑)

だけどプロペラ機はジェット機と異なり巡航高度は常に低く、今日も地上から
約5km、厳密に言えば4900mの高さの飛行ですから景色はベター ♪


関西じゃ最高気温がもう30℃近くまで達する日が増えてきているものの、
カレンダーだけを見ればまだ5月なので北日本となれば標高が高い所は
雪が残っております、、、雪と雲が重なり合って美しいホワイト
コントラスト!果てしなくのどかな風景が続いてますわ~。







離陸してから30分後には着陸態勢に入り、高度が更に下がってくるにつれ
次々と湖が視界に入って参りました。

奥の湖は海水で手前は淡水、、、のはず。(笑)


お天気も内陸部は快晴でしたが、沿岸部はやや雲が多い感じでスッキリは
してないけど海のコンディション的には全く問題無しなので着陸したら即、
レンタカーを受け取って戦場へ突入してきま~っす!




「奥が海水、手前が淡水」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマスの昆布締め寿司&ハラスネギ塩ポン酢 ♪





次回は名物のオオナゴを使ったもう1つのディッシュを注文しようと固く心に
決めていたのに、いざメニューを目の前にするとあはは、再び前回と一緒の
オオナゴ蒲焼き丼を注文してしまってたJCA、、、次回こそは!(爆)

稚内空港のレストランで昼食を頂いてお店を出ると保安検査場前に行列がっ!?
そう、全ての規制が解除されて一気にツアーの観光客が増えたみたく
おじいちゃん&おばあちゃんの御一行様、、、おまけに小さな空港がゆえに
優先レーンも無ければ保安検査ゲートも1つのみ、、、急いで並んで
飛行機に乗り込んでみるとド満席でした。


今回の釣果はさすがに持ち帰るとなると重く嵩張りますからクール宅急便で
発送。北海道から関西までは2日間かかる為、ようやく今朝届いて超特急で
捌いてもらいました。





別にそこまで超特急に対応しなくてもいいのでは?

そう思われちゃうかもしれませんが、実は明日からまた遠征に出る予定でして、
ど~しても今回撃沈してきた新鮮なサクラマスをすぐに一口でいいので堪能
しておきたく今夜のFISH DINNERとしてリクエストしてたんですわ。


クールで送られてきたものの温度的にはもしアニサキスが寄生してると死滅
させれない温度ですから生食は、、、ちょこっと迷うも、捌いてる途中に何度も
身を入念にチェックしてこれは絶対大丈夫!

と思えたサクから必要分をスライスして、





昆布締めに ♪


前回、手まり寿司を作ってもらった際に想像以上に昆布締めが美味しかった
のでリピートでございます。(笑)

今夜頂くので数時間のみではありますが、ちょ~どいい具合に余分な水分
も抜けますし昆布風味も乗って一石二鳥!?


ハラスも7匹あれば合計14本取れますからめちゃくちゃ嬉しい ♪ とりあえず
今夜は2匹分 4本を頂こうとなり早速こちらにも塩をして数時間冷蔵庫内で
寝かせてから焼いてゆきます。





ハラスは身の中で最も脂がギッシリ凝縮されてる部位になりますから焼く際には
油は不要な上、失敗するとすぐ皮が引っ付いてしまったりしますから要注意!
今回は塩をした後に粗挽き白コショウを軽くして適当な大きさに切り分けてから
更に薄力粉も薄くまぶしてフライパンで焼きます。

皮の方からじっくり火を通し、ある程度焦げ目が付いたら裏返して身の方を
焼いてゆきます。そしてポン酢とレモン汁を加えて弱火でよ~く絡めてお皿に
盛り付けたら最後に刻みネギをトッピングしてできあがり。


ご飯が炊けて酢飯を作ったら昆布締めにした身と一緒に握ってメインディッシュ
の方もあっという間に完成しました。





サクラマスの昆布締め寿司&ハラスネギ塩ポン酢 ♪


再び我が家の食卓は美しいサーモンピンク色のディッシュが並びます。

なんか、、、釣ってる最中は必死で釣れたら大喜びと感動、、、そして遠征から
帰還してもまたFISH DINNERとして感動と満足が味わえるなんて
やっぱり幸せ~ ♪ わたくしめの場合、ご存知の通り、サクラマスは
特別扱いの魚ですから超~幸せでございます。(笑)


マイルド調に乗った昆布風味をクンクンと堪能しながら口の中へ入れると、
う~~~ん、最高!良質な脂がいっぱい乗ってとろけるよ~な身はいつ
食べても期待以上の満足感を味わわせてくれます。







このお味を覚えてしまうとど~しても他のサーモンのお寿司じゃ物足りなく
感じてしまう、、、回転寿司からお高めな寿司屋さんでもお馴染みの
養殖トラウトサーモンも脂タップリでとても美味しいものの、わたくしめは
サクラマスの方がダントツで好きかな ♪

ウマい!の一言しか出て参りません、、、


ちょこっと驚いたのがハラス焼きで、いつもと同じで簡単に言えば塩をして
焼いただけなんですけど仕上げにポン酢とレモン汁を絡めるとこんなに
雰囲気が違った感じになるんや~と!







ハラスを頬張ると中から超ジューシーな濃厚脂が滲み出てきて身のお味も
マッタリとゆ~のが第一印象なんですが、ポン酢とレモン汁によってサッパリ
系のアクセントが加わってパクパクいけちゃいます。

ハラスってたくさん食べると脂が多いのもあって胃がもたれてきたりする人も
居るよ~ですが、これなら全然幾らでも食べれてしまいますわ~。

これもめちゃウマなのでちょくちょく作ってもらおっと ♪


はいっ、希望通り撃沈してきたばかりのサクラマスも十分堪能できましたし
明日からまた気合いを入れて頑張ってきます!




「明日からどちらへ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマスのだし茶漬け ♪







そ~いえば、今シーズンの海サクラ作戦では北海道へ行ってはいるものの
一番大きな玄関口となる新千歳空港にはほとんど足を踏み入れてない事に
気付きました。わたくしめの場合、毎年道内でも北部、道北エリアをメイン
にしているのもあり地元、伊丹空港からだと羽田空港で経由すれば直行便の
運航がある為、そのままダイレクトに稚内空港へ行けちゃいます。

時間的にもこの乗り継ぎが最も効率が良いのでイレギュラーが起きない限りは
新千歳空港に行く事はしばらく先になるかな、、、いや、もうすぐです!(爆)


さて、新千歳空港で思い出したんですけど、

保安検査場を通過して出発ロビー内にあるお店のだし茶漬けが密かに
素朴ながらも美味しい事を、、、メニューには北海道ならではのサケやイクラ
など様々な魚介類が並ぶ中、焼いたサクラマスが乗っただし茶漬けは特に
贅沢かつ高価!確か1500円近くしてたよ~な覚えがあります。





そのメニューを思い出してるうちに無性に食べたくなってきまして、、、あはは
、今回の遠征で撃沈した魚は明日到着ですからストックよりサクラマスを
出して塩をきかせてから焼いてゆきましょう。

だし茶漬けは要するにお茶漬けですから白いご飯の上に焼き立ての魚他
必要な具材を乗っけたら後はアツアツのお湯 or 緑茶、またはカツオ
などから取ったダシ汁を注げば完成という超~簡単時短ディッシュ!


今夜はご飯の上に焼き立てサクラマス、イクラの醤油漬け、刻み海苔、刻みネギ
、あられをトッピングしてカツオ節から取ったダシを注いで頂きましょう。





サクラマスのだし茶漬け ♪


豪快に皮ごとサクラマスにかぶりつくとパリッと香ばしい音を立てて
皮と身が口の中に入り、それと共に脂溢れるジューシーな旨味が
バッと広がってゆきます。


これだけでも最高なのにイクラも一緒に頬張るともう至極、、、シンプルなご飯
とダシがいい具合に全てのをまとめてますねぇ。下手にたくさんあれこれ
混ぜ合わせないからこそしっかり味わうことができる素材の旨味、、、

サクラマスの身にアキアジのイクラと同じサケ科の魚の饗宴で相性も抜群!







こんな美味しいお茶漬けなら毎日でも食べたいくらいですわ ♪


イクラは言うまでもなく美味しい贅沢品ですが、身に関してはダントツで
サクラマスになりますから今年もシーズン中もたくさん確保できたらいいなぁ。




「贅沢茶漬けやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマス4匹なら十分 ♪ 北海道・稚内市 / 日本海 (2日目)


若い頃は車中泊メインで数日間の遠征とかもしてましたが、さすがにこの歳に
なると夜戦など特殊な作戦以外は夜はしっかり美味しい物を食べてお風呂に
入って、ちゃんとしたベッドでグッスリ寝るのが最高ですね ♪

わたくしめの場合、時期によっては仕事と遠征を交互に詰めた過密スケジュール
になるのも多々ですから少しでも睡眠不足を回避できる方法は非常に
ありがたいっ。毎回ですけど今回もそう実感しながら午前3時のアラームで
起床 戦場が近いのでチェックアウトはせず財布とスマホだけ持って
部屋を出ていざ出発~!(爆)





戦場に到着した時はわたくしめが一番乗りだったものの、5分もしないうちに
次々と車が入ってきて左右共にビッシリ、、、今日も平日なのになんで
だろう?と思っていると、ご挨拶して話をしてたら道内でも遠方から
数日間のプランで遠征されて来てるよう。


雑談してるうちにみるみる明るくなってきて、他の釣り人も一気にサーフへ
なだれ込むかのよ~に下りて行かれたのでわたくしめも超特急で準備してGO!


昨日の午後からシケ模様になってた戦場は一晩でご覧の通り再び無風&
ベタ凪状態に戻ってとても気持ちいい~ ♪







「日本海」


今朝はジグから始めてピンク、レッド、ゴールド、シルバー系の朝マズメに
強そうなカラーを中心に遠投&広範囲を探ってみるも反応がありません、、、

ジグでもメーカーによって様々なシェイプをしておりウエイトは似てても
アクションが全く異なったりしますから種類もこまめにチェンジしながら
キャスト&リトリーブ 昨日同様ランガンスタイルで徐々に移動しながら
魚の居場所を求めるもシ~~~ン、、、


持参したジグを一通り投げ終えてからわたくしめが最も信頼を置き愛用している
ジグミノーにチェンジして攻撃を再開すると、ものの数投以内に、


ガガン!グウウウ~ッ





43cm サクラマスのお出まし~♪


サイズから想像できない程のスピード感溢れるエキサイティングな抵抗を
見せてくれるので楽しいですねぇ。


さっと締めてビニール袋に入れたら即打ち返し!


今朝もリトリーブスピードは速めの方がいいみたく、打ち返して早々、ゴツン!
ドキッとさせられるよ~な衝撃があり、何度か打ち返してると再び、


バチャバチャ、バチャッ!





もう1匹ほぼ同サイズの個体がっ ♪

立て続けに2匹釣れてルンルン気分になりながら、まだ居るかも!?更に
アタってくる事を期待して投げまくりますが、さすがにこれ以上は続かず
また移動開始でございます。


一応、最終日となる今朝の予定としては釣れても釣れなくても午前7時過ぎには
撤収&もし魚が釣れたら午前8時から営業開始のクロネコセンターで帰り道に
魚をまとめて送ってホテルに帰還 朝食を頂いてからお風呂に入って
スッキリ&午前10時にチェックアウト 荷物を片付けて再びクロネコ
センターから発送 余裕を持って空港へ。

バタバタしたくはないのでこのプランなら余裕を持って動けます。ってなわけで
タイムリミットは午前7時過ぎまで、、、サーフに下りたのが午前3時半過ぎ
でしたから実質3時間半くらいの釣りでしょうか?







只今の時刻は午前5時45分になったとこ。

わたくしめは常に釣り人が密集する2ヶ所の実績ピンポイントのどちらからも
離れた位置で攻撃中!ちょ~どこれら2ヶ所の中間点に当たる部分かな。
さすがに歩くとそれなりに距離がありますし、その上あまり人気が無いのか?
この辺まではランガンされてくる人も少ない感じ、、、


だけど、人気が無い場所でも目の前は広い海ですし時々ラッキーな事は起きる
もので、ようやく分厚い雲間からオレンジ色の朝日が差し込めてきた頃に、


バシッ!?







決して大きくもないアベレージサイズだけど、今朝の釣果では一番の
47cm サクラマスが飛び付いてきました!

そう、ず~っとリトリーブしてきてまもなく回収というまさに波打ち際で
後ろから追い掛けてきてたわけではなく、突如右横から猛スピードで現れて
飛び付いてきたのでビックリ!?

こんなヒットもありますから最後の最後まで気が抜けませんし足下ギリギリまで
しっかりリトリーブするのが大切ですよね。


これで何とか昨日と一緒の3匹キープ&ボウズ逃れができたわけですから
もう十分満足 ♪ 後はエントリー地点まで時間が許す限り打ち返し続けて
終了としようと思い、ランガン移動してると1匹小ぶりなアメマスがヒット
即ポイ するとまた似たよ~なサイズがヒット 即ポイ。(笑)

この部分だけなぜにここまでアメマスが濃い?あはは、たまたま群れで
溜まってたのかもしれません。


アメマスは要らないけどドキッとさせられる衝撃と魚とのやりとりもそう頻繁に
機会があるわけでもない釣りですから気分転換にはなるかな?気付けば
あと少しで午前7時でエントリー地点もすぐそこに見えて参りました。


ゴンッ、グゥ~ッ、グゥ~ッ!


こ、この重量感のあるアタリは ♪





お~~~、ラストにもう1匹、46cm サクラマス撃沈 ♪

嬉しい~!まもなく終了と自分に言い聞かせてる最中でのこ~ゆ~本命の
登場ってめちゃくちゃ嬉しくないです?感無量でございますわ。


到着日の夕マズメの数時間で何かしら反応が得れると期待しつつ、見事に
裏切られて一気に焦りが出てくる中、大きく戦場を変更した事が吉と出ました。
まぁ、夢の60cmオーバーには出会えませんでしたが、2日間、それも
いずれも午前中のみの戦いで合計7匹撃沈できましたしわたくしめ的には
上出来です ♪ 楽しかったぁ~。

はいっ、この後は午前7時キッカリに撤収してあらかじめ立ててたプラン通りに
動いて大阪へ帰還するのでした、、、







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP107MH
■ リール: シマノ・'22ステラ 4000MHG
■ ライン: モーリス・VARIVAS スーパートラウトアドバンス MP PE 1.5号
■ リーダー: モーリス・VARIVAS VEPショックリーダー 25lb.
■ フック: がまかつ・TR-25 ダブル 1/0
■ ルアー: コジマクラフト・サムライ カスタム90R


「小ぶりが多いね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

52cm サクラマスが最大だけど、 北海道・稚内市 / 日本海 (1日目)


夜のうちに再びココへ戻ってくるなんて、、、稚内空港着陸前には夢にも
思わないまま到着後はレンタカー受け取り即、予定してた戦場エリアへGO。













まずは実際の釣果情報を得る為に遠別町から初山別村にかけて幾つかの戦場を
見て回り、どこも竿を振っておられる方が数人は居たので近況含め伺ってみるも
、みなさん今日はサッパリと、、、

ちょくちょく使ってる日帰り温泉下の戦場駐車場では旭川ナンバーの車3台で
いらっしゃり3日間泊まり込みでやっておられるというおじさん方がいて
いろいろ話しを伺ってみるも、最近では上がっても朝に全体で0~1本の状況
とかなり渋いみたく、今朝は15人近く並んでいたよ~ですが誰一人釣れ
なかったよう、、、確かにどこの戦場も足跡も少なければ釣った魚を一時的
に埋めてたよ~な跡すら見かけなかったよ~な、、、

とはいえ、やはり実際に自分自身でやってみないと納得できませんから
一通り回った後、最も濁りが少なく良さげな場所で日暮れまでの数時間
ひたすらキャスト&リトリーブを繰り返してみましたが、


見事に撃沈!(爆)


生体反応はもちろんの事、ゴミ1つすら掛かりませんでした、、、

当初考えてた作戦では初日の夕マズメまでに戦場を見て回り、良さげだった
場所で翌朝からみっちり集中攻撃を、、、だったものの、想像以上に無の世界で
ひょっとすると翌朝から急に活性が上向く可能性も無きにしも非ずだけど
直感的に嫌~な予感がしたのでこの界隈を攻めるのは次回からにして
今回は稚内へ戻ろうと決定。


到着後の初日はど~ゆ~流れになるか?もしかすると今回みたく大幅に予定変更
が起きるかも?と考えてた為、宿は予約せず来道してて良かった!稚内へ戻る事
に決めてすぐ前回泊まってお気に入りになった宿で2泊手配して即イン。





ホテルから戦場が近いので午前3時過ぎに起床してゆっくりやって参りました。

GW前に訪れた時はこの時間帯ならすでに釣り人がズラ~~~っと並んでた
はずなのに今朝は2人のみ、、、釣れてないのか?それとも平日ですから
たまたま?すぐに準備を整えサーフに下りてみると前回ヤバイくらい波打ち際に
浮遊してた死んだ魚や流れ藻、ゴミはほぼ皆無となり打ち上げられてるゴミも
埋もれてしまったのか!?少なくなって釣り易そ~な雰囲気 ♪

早速、エントリー地点の真正面から攻撃を開始してキャスト&リトリーブを
繰り返しながら徐々に移動というお決まりランガンスタイルで探ってゆきます。


実績のあると言われるピンポイントで張り付いて戦っておられる方がほとんどな
中、1ヶ所でじっとできないわたくしめとしてはすぐ近くに川の流れ込みが
あるわけでもない広大なサーフですからテクテク歩きながらの方が気分的
にも楽でこの戦場に関してだけは常に移動してって感じでしょうか?
実際にはどっちが良いのか分かりませんけど。(笑)


ガガン!?


ジリリリリリリッ


攻撃開始から30分程したらいきなりアタってきましたわ~。







52cm サクラマス撃沈 ♪


サイズ的にはアベレージよりほんの少し大きめ?後で戦場でお話した方から
伺ったのですが、今年はデカい個体も混じったりしてるよ~で67cmを釣った
人もいるそ~な!憧れのサイズ、いいなぁ~ ♪

少し沖に砂が堆積して盛り上がってるサンドバーが果てしなく続く海底
ストラクチャーのちょ~ど手前に抜けた辺りでヒットかな。それ以外は特に
離岸流が発生している場所とかでもなく何の変哲もない所でアタったので
やっぱり回遊魚はどこに居るか分からないなぁ~と改めてランガンの有効性を
実感させられましたわ~。

まずはボウズ逃れでホッとしました。(笑)


延々と続くサーフを移動しながらひたすらキャスト&リトリーブ、、、これって
密かに音楽なんかを聴きながらだともっと快適にできちゃうかも?そんな事を
考えながら独り鼻歌を歌いながら再びランガンしてると、またっ!


ゴンッ!バチャ、バチャッ


衝撃と共に少し向こうで水面に暴れる魚体を確認!





46cm サクラマス撃沈 ♪


うん、わたくしめがココのアベレージと思ってたビンゴサイズかな。

もちろん投げ釣り同様、大物を狙いたい気持ちもいっぱいですが、サクラマス
だけはFISH DINNERの食材的にもおそらくわたくしめの中では確実に
1~2位に位置する魚なので一発大物もいいけど数がキープできるなら
小ぶりでもそっちの方がいいかも!?


さすがに手軽にホイホイ釣れる魚ではないので目標数などは今のところ決めて
ませんけど、毎年シーズン終了から翌シーズン開幕まで持ってくれるだけの
ストック確保を確保したいなぁ~と。

あっ、それって相当ハードルが高い目標ですねっ。(爆)


今朝はこんな風もそよ風程度の凪コンディションなのに午後から一気に
西南西の風10mレベルとなる予報で荒れてくるよう、、、当然、やれるとこまで
やるつもりではいるものの、勝負は午前中と思いながら常に手を抜かず
集中モードでランガンし続けます。







「日本海」


今朝も午前7時までにはほとんどの方が帰られて貸切状態のサーフ。

見える範囲では2ヶ所のピンポイントに実績があるよ~で、みなさんそこで
密集して竿を振られてる感じでしょうか。今朝は数えてませんから
正確じゃないけど2ヶ所合わせて30人は居なかったかな?


こんなにベタ凪なのにほんとに午後から荒れてくるのだろうか?


そう天気予報を疑いながらある程度まで行った所から折り返して再びエントリー
地点までランガンしていく最中、さすがに午前3時台からず~~~っと
立ちっぱなしで戦ってたのもありちょこっと休憩をと流木に腰掛けてスマホを
見てた午前11時半過ぎ、







ちょ~ど背後を稚内空港へ着陸するANA機が通過。

あれっ、でもこの時間って東京からの便ではないし、、、気になって調べて
みるとど~やら新千歳空港からの便が機材繰りでプロペラ機からジェット機に
変更されたよう。ビックリしたぁ~!東京からだと着陸は午後12時35分
ですからもうそんな時間になってたの!?と思いましたわ。(笑)

と、その頃から急に風が変わった?一気に西寄りの風が強くなってちょこちょこ
白波が立ってくると共にいつの間にか青空は完全に無くなりどんより曇り空に。


10分くらい飲み物を飲みながら休憩した後、再び攻撃開始しつつテクテク
歩いていると一瞬ゴツン?と前アタリらしき反応が出て、もう一度同じ投点
に投入&やや高速めなリトリーブでルアーを泳がせてくると、


ジジジジジッ!


着水点から10~15m程度手前でアタってきましたぁ。







48cm サクラマス撃沈 ♪


そこそこ肥えた個体でよく引いたので50cmオーバーか?と思うも、
残念ながら2cm足りませんでした。

銀色の細かいウロコを飛び散らしながら暴れまくり~。


この魚だけはいつ見ても美しい ♪


なかなか釣れないからこそ釣れた時の感動も大きいですし多くの
ルアーマンが虜になるのも分かりますわ~。

まだ近くに群れで居るかな~と思いながらそこでしばらく足を止めて打ち返すも
反応は無く、またテクテク歩いてランガンしてるとあれまぁ!もうエントリー
地点に戻ってきちゃいました。(笑)

結構な距離を歩いてきたけど、こ~やって釣りをしながらだと距離も時間の経過
もあっという間、、、更に風も強くなってキャストしたらもの凄い勢いで
糸フケができる状況になった為、一旦ここで撤収して朝食?いや、昼食を
食べてから午後できるよ~なら再びチャレンジと引き上げ。





案の定、昼食を食べて戦場へ戻ってみると爆風&シケ状態になってたので
これじゃ心が折れるのも時間の問題だなと思いあきらめてホテルへ、、、
大浴場でゆっくり癒されると疲れがドッと出てお昼寝タイムとなりました ♪




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: シマノ・カーディフ モンスターリミテッド DP107MH
■ リール: シマノ・'22ステラ 4000MHG
■ ライン: モーリス・VARIVAS スーパートラウトアドバンス MP PE 1.5号
■ リーダー: モーリス・VARIVAS VEPショックリーダー 25lb.
■ フック: がまかつ・TR-25 ダブル 1/0
■ ルアー: コジマクラフト・サムライ カスタム90R


「お天気には勝てないね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

5月、6月が勝負なので!


人が多いGWが明けたとなれば即、行動開始でございます!

地域によっては年末辺りから開幕したりしてますが、わたくしめの年間
スケジュール的にはまさに5月と6月が勝負となりますので、今年は
緊急事態宣言などの規制も一切出てませんしガンガン詰めて
遠征しまくりたいと考えております。

スケジュールと気持ちはやる気満々でもお天気だけは調整する事ができません
からとりあえず大体の遠征日程を組んでおいて後は近付いて天気を見て
最終決定する、、、こんな感じで動いていくしかありませんね。


昨夜、天気予報を見ていると今日から3日間、関西の広い範囲で雨模様になる
みたく朝起きたらすでにシトシト降っておりました。





午前8時、伊丹空港から出発する頃には雨粒も大きな本降りに、、、

この雨が今後わたくしめの向かうエリアへも明日から明後日にかけて近付いて
きて少なからず影響が出そ~な感じ、、、とにかく今は釣りが成立しないレベル
にまでならない事を祈るのみですわ、、、


コロナ禍にあっても普段からビジネスマンの出張などである程度の人が乗って
いる羽田便も今朝はド満席で観光らしき人もかなり増えてきましたねぇ。
大型連休が終わったばかりで閑散としてるかな?と思いきや規制緩和の
影響は凄く人の移動はもの凄い勢いで活発化中!

羽田空港に到着するとみなさん颯爽と降りてゆかれます。(笑)















東京は今は快晴です ♪


大半の方が到着口へ向かう中、わたくしめは国内線乗り継ぎカウンターに向かい
そのまま再び出発ゲートへ。

前回の教訓を生かして、今回は乗り継ぎでバタバタしないよ~に伊丹から
1本早めの便でやって参りましたので次便乗り継ぎまで1時間以上あって
ラウンジでゆっくりしたりと余裕を持っていけましたっ。


午前10時45分、定刻に羽田空港を出発し都心を見下ろしながら北へ。


今日はず~っと視界がクリアーか?と思いきや霞ヶ浦を越えた辺りから
雲が多くなって目下は真っ白に、、、太陽の光で超~眩しいのでここで
一旦窓のシェードを下ろしてくつろぎタイム。

あっ、そろそろ時間的にあの辺上空では!?







時計を見て気になり再びサンシェードを開けてみるとビンゴ!いつの間にか
クリアーに戻った視界には毎年早春恒例の遠征先がっ。(笑)

ココをホームグラウンドにする同じクラブの仲間から毎日最新状況を伺う中、
今になってようやくわたくしめが4月に2回目として訪れた際に密かに狙ってた
ターゲットがちょこちょこ釣れ始めてるよう、、、あ~、行きたいなぁ~。
あはは、こんな感じで誘惑だらけの日々でございます。


数分後には大間崎上空を経て津軽海峡、しばらくぼ~~~っとしてるうちに
苫小牧港と新千歳空港が小さく見えたと思えばまだ山頂付近に雪の残る
標高の高い山間部上空へ突入。





あっ、しまった!?


また前回に引き続き右側の窓側席を取ってしまってるから戦場エリアの濁りの
入り具合など上空から事前チェックできないやん、、、とゆ~よ~には
ならないよ~にと今回は事前に気象状況などを調べて右側をチョイス。

山間部が右手に見えるまでは前回と同じですが、この先ちょこっと異なって
きて今回のルートではほらっ、右側の目下に戦場エリアの海岸線がっ。









むむむ、、、やはり今年は雪の量が多い上に雪解けが遅いのか?それとも
まだ5月半ばですし今まさにピークを迎えてるのか?大きめな河川からは
雪代が海へ流れ込み、場所によって度合いは違えど黄土色に濁っているのが
分かります。波はそれほど無さそ~だけどこれって悩むコンディション、、、

ここから徐々に高度も下がって着陸に向け内陸部へ入る為、一番最後に見える
はずのこの辺じゃ最も大きい天塩川だけは左側となり確認できなかったものの、
それより南にあった各河川の状況から判断すると見なくても120%の確率で
おもいっきりコーヒー牛乳色に濁っているはず!


さて、まもなく着陸ですし、今になって作戦を組み直すのも大変ですから
後は出たとこ勝負でとりあえず戦場エリアへ行ってみましょう。


この辺一体は風力発電の白い巨大風車がず~~~っと立ち並ぶだけに普段から
風が強い日が多い、、、そして釣り人にとってはこの風が非常に厄介なんです
よね、、、風向き1つで凪にもなれば即行シケたりも、、、







「自然が相手だからねぇ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今シーズンラスト ♪ ニジマスの厚切りスモークサーモン





これはスモークする直前の写真で、ちょ~ど2日間身に上に塩、グラニュー糖、
粗挽き白コショウと共にまぶしてあったジュニパーベリーとコリアンダーシード
、クローブを取り除いたところでございます。

改まって見てみるとニジマスの身は他のサケ科の魚より遥かに濃いサーモン
ピンク色をしてますねぇ。もしかするとエリアで撃沈してきた食用養殖の個体
だからなのかもしれませんけど、非常に鮮やかで見るからに美味しそう ♪


すでに2日間かけて水分を極限まで抜いてある為、身は超~引き締まった状態で
これをスモーカーの中で燻す事によって身の芯まで薫香が浸透して最高の
スモークサーモンとなります。





燻す作業が終わったら即、表面にオリーブオイルを薄く塗ってラップで包んで
冷蔵庫内へ、、、更に1日寝かせたのがこちらになります。

今シーズンラストのホームグラウンドでラッキーにも撃沈できた59cmの個体
から2個のスモークサーモンの固まりができ、先日早速できたてのを韓流
アレンジ!?キンパの具材に入れて頂いてみましたが、やっぱりこの味付け
ならそのまま厚切りで頂くのがベストかも。

厚切りで十分堪能した後、もし余ればキッシュやキンパの具材にして消費する
、、、この流れが一番シックリくるよ~に思えます。


ってなわけで今夜は豪快に厚切りカット&そのまま頂きましょう!





ニジマスの厚切りスモークサーモン ♪


毎年エリアトラウトに通ってるシーズン中は頻繁にスモークサーモンを作って
こんな感じで頂いてきてますから、もう見慣れたFISH DINNER
かもしれませんが、わたくしめは最も美味しく食べる方法と思ってます。


トッピングしてるホイップクリームは生クリームに塩を入れて泡立て器で混ぜて
固め、そこへ刻んだフルーツトマト、シブレットにタバスコとシェリー
ビネガーを加えて作ったもの。こちらも何度も作ってきてますからお馴染みには
なるものの、コレがあるのと無いのでは満足度が大きく異なってくるかも!?

このほんのり甘くてクリーミーなクリームを身にタップリ付けて頬張ると
スモークサーモンのお味がとても濃厚に際立ち、そしてお上品な印象
のテイストに様変わり!個人的には絶対必要不可欠なトッピングです。









贅沢やなぁ~ ♪


美味しさ溢れる宝石のよ~なスモークサーモンを味わいながら、これが
今シーズンラストと思うとどこか寂しくも、また来シーズンの開幕を楽しみに
しておこうとと思うJCAでした、、、




「厚切りやぁ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

カラフトマスとアキアジの饗宴 ♪





カマと切り身、、、結局のところ捌いてしまえば食べれる部分のみになっている
のでどっちも一緒のはずなのに、なぜかこれら2種類があるとカマの方から
さっさと消費してしまわないと!みたいな気持ちになってしまうのは
わたくしめだけでしょうか?(笑)

今回もアキアジのストックの中にカマが数個残っているのが気になってしまい
、早速昨夜のうちから塩を打ってカマ焼きに~ ♪


カマがアキアジなら切り身の方も同じアキアジで?最初はそ~思うも、作ろう
としてるディッシュからしてもう少し身自体にお味がある魚の方がベターと思い
カラフトマスの切り身をチョイス!

どちらの魚も我が家ではすり身にする事が多い印象がありますが、それも
あくまで数が釣れた時のみで特にカラフトマスは昨シーズン1回のみ!
全然釣れなかった為、ストックもこれが最後、、、すり身にしなくても
すぐ無くなってしまった気がします。





そんなカラフトマスの半身、やや小ぶりな物に先程のカマ同様前日のうちから
塩をしておきこちらも魚焼きグリルで焼いてゆきます。


あはは、以上でできあがりと言ってもおかしくない程、超~簡単にできちゃった
今夜のFISH DINNER ♪

ご飯が炊けたら自宅にもう1回分のパックが残ってたちらし寿司の素と一緒に
ほぐしたカラフトマスを混ぜ、冷蔵庫内に残ってたコーンやらキュウリも
入れちゃってあっという間に完成。





カラフトマスのちらし寿司&アキアジのカマ焼き ♪


頭はアキアジ、身はカラフトマスとまさにサケ科の魚2種類の饗宴で
ございますわ~。(笑)

サケ科の魚では全般的に言える事なんですが、先に塩をする作業の有無で
シンプルな焼き魚などにおいては大きくお味が変わってきたりします。我が家
ではカラフトマスやサクラマスを基本と例えるなら、アキアジはそれより若干
多めに塩をするのが定番かな?

塩加減に関してはそれぞれの好みもありますから、実際にいろいろ試して最も
ベストと思えるよ~な分量を見つけないといけませんが、業者さんなどの塩加減
を見てもやっぱりアキアジは他よりかなり多め。


塩1つでガラッと雰囲気が変わるのでサケ科の魚はとても奥が深い!どこどこの
お店の塩鮭が美味しいと言われたりするよ~に、この塩加減の違いが大きな差を
生むんですよね~。わたくしめ、、、サケ好きなのでこだわってしまいます。







ご飯に混ぜるだけの市販の素を使っているので酢飯自体は普通ですけど、その分
タップリ入れた焼いたカラフトマスの身のお味が前面に出てとても美味しい!
薄くスライスして塩揉みしたキュウリとも相性が良く、ちらし寿司の緑色の具
では定番の絹さやよりこっちの方がわたくしめは好きかも。


ほのかに塩味がきいたカラフトマスを味わいながらアキアジのカマ焼きも試食
してみましょう!こちらはしっかり塩をしてありますから、きっとパンチの
きいたお味のはず、、、食べる前までそう思ってたものの、実際には使った塩の
量からは想像できない程マイルドな塩加減で優しい美味しさ ♪

結構塩をたくさんまぶしても熟成させる期間が一晩くらいなら塩辛くはならない
印象ですねっ。あとは焼く前に水で表面の塩をしっかり洗い落としてから
日本酒にくぐらせてやるとふっくら仕上がるかな。





お店で食べてるよ~な本格的なお味で感動しちゃいました ♪




「塩加減が命よね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ソウハチガレイの一夜干し&ホッケのすり身揚げ ♪





カチッ。


カセットガスのセット、オッケー!

点火 ボオオオ~~~ッ。炎の色、良好、炎の勢い、良好、、、って何とも
しょ~もない事をやっているJCAでございますが、ほんと食べたい時に
その魚がすぐ食べれるってとても幸せな環境じゃないです?

それが南は九州、北は北海道で撃沈してきた魚であっても、、、


我が家では遠征時にたくさん釣れた時や釣果的にすぐに全て食べきれない時は
下処理だけしっかりした上で真空パック&マイナス40℃の急速冷凍ができる
業務用ストッカーに保存しております。おかげで今夜みたく無性にソウハチ
ガレイの一夜干しが食べたくなってきても解凍するだけ~ ♪









火加減を調整しながら焼くとゆ~より炙ってゆく感覚でじっくり時間をかけて
両面から火を通してゆきます。

定期的に表と裏をひっくり返しながら炙っているとジワリジワリと一夜干しの
中から見るからにジューシーな汁?が滲み出てきて香りが更に倍増、、、
あはは、普通の一夜干しならいかにも美味しそうな炙った香りなんですが
、ソウハチガレイだけはあの臭いがそのまま倍増しますので少々苦笑い、、、


でも、一夜干しを炙る焦げた香ばしさ溢れる独特の香りも伴いますからいくら
臭いがキツめのソウハチガレイでも美味しそうです。(笑)





ソウハチガレイの一夜干し&ホッケのすり身揚げ ♪


撃沈した時はたくさん釣れてラッキー 持ち帰ってきて処理しないと
いけなくなる大変、、、 頑張って一夜干しにまでしてしまえばいつでも
美味しく頂けるので再びラッキー。

今ではすでにこの最終段階まで到達しちゃってますから、食卓に出てくる度に
美味しそう~ ♪ 毎回幸せな気持ちになっております。(笑)


ニオイ、、、ではなく香りとしておきましょう!?とお味は他のカレイにはない
独特なもので一度ハマってしまうと絶対やみつきになる魚、、、そんな
ソウハチガレイはレモンを絞ってそのまま頬張るとフレッシュ感が加わり
、かつ塩加減も抜群ですからめちゃウマ ♪







恒例のマヨネーズ&七味コンビネーションでも最高ですしいつも大体
大根おろしが添えてられて出てくるんですけど、別に要らないかも~。


ついでだったんで今年の初釣りを懐かしむべくもう1品も同じ日に撃沈した
ホッケのすり身も解凍して揚げてもらいましたっ。

こちらも多くを語る必要はありませんよね、、、すり身にして保存しておけば
味噌汁に入れてつみれ汁にもできますし、今夜みたくシンプルに揚げただけでも
オッケー!旨味タップリのホッケはほんと万能魚ですね。







「また釣りたいなぁ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア