FC2ブログ

カサゴ&カンパチのお寿司 ♪





カサゴ&カンパチのお寿司 ♪


遠征初日に撃沈したカンパチの子とカサゴ、ど~してもこれらはお造りで
頂きたかったので入念に下処理をしてキンキンに冷えた状態で持ち帰り
帰還後すぐ捌いてFISH DINNERで出してもらいましたっ。

頭の中ではお造りでという構想ができあがっていたものの、ちょ~ど炊き立ての
ご飯があったのと昼食も食べずそのままぶっ通しで走って帰ってきた為、超~
お腹が空いておりお腹の膨れるお寿司の方に注文を変更。(笑)


特にカサゴに関してはなかなか今回撃沈したよ~な丸々肥えた良型は入手
できないので、たくさんの量が食べれると期待してたんですが、、、あはは、
ご覧のよ~にカサゴってカジカなんかと同じでやたら頭がデカく想像してたより
寿司ネタの身として取れる部分は少なかったよう。

まっ、アラもいい出汁が出る魚なので捨てる所は少ないんですけどねっ、









上がカサゴで下がカンパチ。


どちらかと言うとグロテスク寄り!?の容姿とは全く異なり非常にきめ細かな
白身が特徴のカサゴは程良く脂が乗り、噛んでいくにつれ上品な旨みが堪能
できる逸品 ♪ 基本、根魚はどれも美味しい事で有名ですし、その代表格の
1つとも言えるカサゴも然り!期待を裏切らない美味しさですね。

ブリ、ヒラマサ、カンパチと挙げられる青物3大巨塔の中で最も大きくなる
事で知られるカンパチですが、食の観点から見ると今回撃沈したくらいの
幼魚クラスかもう少し大きいサイズまでが脂の乗り様もベストで最も美味しいと
言われているよう。さすが青物のお造りではではダントツの人気を誇るカンパチ
だけあって旨みタップリ ♪ ちょ~ど2日間ほど熟成させた方が旨味が強く
なるみたく、今夜がベストタイミングでしたっ。

両者共に独特の旨味を持つ魚でしたのでお寿司にしても超~ウマで、本命
ではなく外道扱いで釣れたものの、ある意味FISH DINNER的には一番
満足させてくれた魚たちかもしれません!


気になるサイドディッシュは何か?と言いますと、サクをスライスした際に
残った端の部分を使ってなめろうにしてもらったんです。







なめろうって自宅の冷蔵庫にある適当な調味料を使ってすぐに作れちゃうのが
嬉しいところで、今回は魚以外に味噌、醤油、すりおろしショウガ、すりおろし
ニンニク、長ネギ、大葉を混ぜて作りました。

昔からアジがメイン食材としてなめろうは愛されてきてるのもあり、同じ青物系
のカンパチで作るとやっぱり格別ですね~ ♪ 余ったら久しぶりにさんが焼き
にでも?な~んて考えてましたが、あはは、あっという間に完食となりました。

カンパチ、また釣れないかなぁ?(爆)




「カンパチ釣りたい!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ワニエソの嵐が吹き荒れる! 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (3日目)


今まで虫エサしか投げた事の無い戦場でアジを投げる!


にこだわって2日間ほぼ泳がせ釣りに専念していると、持参した虫エサがかなり
余ってしまってるのに気付きました。まぁ、アオイソメは余れば塩をしとけば
また春のカレイ作戦時にでも使えますが、マムシだけはそこまでたくさんは
ありませんから何とか使い切ってしまいたいもの。


今朝も宇和島市エリアで竿を出そうと考えていたんですけど、急に今夜、
ちょっとした約束が入ってしまい午前中のみの作戦にはなるものの、少しでも
早く帰還したく帰りは大洲辺りから松山自動車道に乗れる戦場に変更。

暗いうちから虫エサのみで竿を出し、朝マズメを迎える頃に2本だけアジに
チェンジ。この戦場は普段から超~ワニエソが多いのが特徴で虫エサを回収中
にもしょっちゅう追っ掛けてバイト!おそらくここだけはアジを投げるのは
ヤバいかも、、、な~んて思いつつもドラグを設定しアタリを待っていると、


ジイッ、ジイイイッ!


エソではなさそ~な、、、いや、これは虫エサの方です。





あ~、貴方の存在も忘れてましたわ~。(笑)

35cmくらいのイトヨリダイが水揚げされ、そ~いえば本遠征ではアジばかり
投げてたから居たことは居たんでしょ~けどなかなか食ってまでは来なかった
とゆ~わけですねっ。これが塩イワシやキビナゴなんかだと結構アタって
きたりするんですけど。


群れが回っていたのか?クーラーに魚を入れて再び投げ返すとまたすぐに
シャープなドラグ音が鳴り響いてフッキング。

リーリング中の締め込みからさっきよりは大きめな個体?でも、横走りもするし
もしかするとレアな高級魚が釣れちゃうパターン!?めちゃくちゃ期待しながら
慎重~に、慎重~に巻き取ってきたんですが、

見えた魚体を見てガックリ、、、







46cm イトヨリダイでした。


サイズも良型で丸々肥えた個体だったから一瞬レア魚じゃないかと間違えて
しまいましたわ~。こんな簡単に釣れるわけがないのは十分分かってるつもり
だけどどこか期待してしまう、、、そしてイトヨリダイとかイラが浮いてきて
ガックリ、、、宇和海あるあるネタですね。(爆)

この後、時合いは終了したみたく何もアタらなくなり1時間経った頃にお土産に
なりそ~なサイズのチャリコが1匹。


珍しい事に未だアジを投げてる竿からは一切ドラグ音が聞こえてきません!


ワニエソが多過ぎるとゆ~のもあってここも過去に一度もアジを投げた事の無い
戦場。だけど、邪魔なエサ取りがおとなしいとなればひょっとすると本命が
食ってくる可能性もありますし、他に何が潜んでいるかは未知数なので
いいデーター収集にもなります。





「宇和海」


今日はお昼頃から晴れるよ~ですが、午前中は雲が多いです。

あれからしばらくマンダムタイムが続いているので波止の上を歩きながら
足下直下や遠くの水面を観察しながら暇潰し、、、キビナゴ?らしき巨大な
小魚の群れがあちこち気持ち悪いくらい泳いでてまた青物がやって来そう。


そんな事を考えながら陣地付近に戻っていくと何やら竿尻が一度浮いたと
思えば乱暴なドラグ音が同時に2本の竿からっ。

うわっ、これはまさしくアジの方だし青物の登場か!?









青物ちゃうや~~~ん!


突然ワニエソが回ってきたみたく虫エサの仕掛けを回収中にアタックしてきた
個体含めて、ほぼ同時に3匹水揚げ、、、腹立つのでZガンダムのZ
文字を作って一人喜んでいたのは束の間、次々と打ち返した直後にアタり始め
百発百中の確率でワニエソの嵐!

早くどこかへ行ってくれ~と願うも虚しく嵐は止む事を知らず、みるみるアジは
無くなってゆき、、、虫エサも海底にある時点では大丈夫なものの、回収しよう
ものなら即見つかってブルブルブルブル、ガンガン!と食い付かれランディング
or チモト付近でプッツン噛み千切られる始末、、、

はいっ、一気に心が折れてしまいました。


アジが無くなるまでと決めて打ち返し、午前10時までには終了となりました。





おそらくワニエソだけで20匹近くは釣ったよ~な、、、(泣)




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「カマボコでも作る?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

67cm メジロ撃沈! 愛媛県・宇和島市 / 大良 (2日目)





朝からず~っと大粒の雨に打たれ続けた昨日は撤収後すぐ予約していたいつもの
ホテルにチェックイン&癒し系の香りがする入浴剤を入れた熱~い湯船に
浸かって温まってから再び集合して久しぶりにお気に入り焼き鳥居酒屋へ ♪

今回のコラボが2019年ラストになるのもあり、“しゅうさん”とプチ忘年会
を兼ねて一杯飲みましょうとなっておりました。あはは、実は本遠征では釣りも
当然重要でしたが、こちらも飲みもメインイベントの1つであったんですね~。

美味しい焼き鳥を頬張りながら2人で1年間を振り返りつつ、来年はこんな
コラボをしましょうなどいろいろ話し、気持ちよ~くほろ酔いになったとこで
お開き タフなしゅうさんはしばらく仮眠を取ったら先に戦場へ入り竿を
出されるとゆ~ことで一旦解散&わたくしめは昨夜の長距離運転の疲れが
今になって出てきた為、ホテルの部屋に戻って爆睡、、、


2日目の戦場、、、早いうちからしゅうさんと2ヶ所まで候補を絞り込むも、
最終的にどっちにするか?なかなか決まらず居酒屋の開き直前に
決まったよ~なものでした。

2ヶ所あったうちの1つはかなりマニアックな戦場、もう1つは逆に超~メジャー
ポイント!しかし、これらの共通してる点は当たり外れが多いもののどちらも
大型のアマダイが潜んでいるはずの?海域、、、そもそもアマダイ作戦自体が
狙いに行ったからといって必ず釣れるよ~な簡単なものではなく、ある意味
常に丸ボウズの可能性を秘めた博打的要素を含んでいる危険な作戦!





「大良」


ここ2~3年、納竿釣行で愛媛県に訪れた際にはなぜか?1日は入ってきている
超~メジャーポイント、大良にまた来ちゃいました。(笑)

正直、2ヶ所の戦場候補でめちゃくちゃ悩んだんですが、なんだか毎年年末の
恒例行事の如くここに来ているのもあり、今年最後の運だめし?みたいな感覚で
のんびりやりましょ~や~と。なんせもう一方の戦場は大良に比べると遥かに
釣り座が狭い上、投げる方向によっては根掛かりも頻発するいわゆる北海道で
言う、あずましくない戦場に入る為、ど~せどちらを選んでも伸るか反るかの
大博打になるなら広くて根掛かりの皆無に近い戦場にしよ~とねっ。(爆)


夜明けと共に一斉放火となり虫エサをメインに遠投スタイルで投げてゆきます
が、今朝は定番エサ取り、カワハギの姿が見当たりません。イコール、エサは
長時間放置プレイしてても残ってくるわけで考えよ~によっては本命の口に
エサが届きやすいコンディション ♪

魚さえ捕食活動に入れば食ってくるはず!そう信じてアタリを待ち続けるも、
1時間が経過、2時間、、、3時間、、、挙句の果てには4時間経過しても
生体反応は皆無に等しい状態。しゅうさんが夜明け直後にイトヨリダイ+それに
襲い掛かったアオリイカが一緒に釣れた以外、な~んも、、、


あまりにも暇過ぎるので、スケベ心を出して今朝も少量のみ持ち込んだアジを
投げてみるとすぐジャ~~~、ジャ~~~!?っとドラグ音が連発で内外問わず
ワニエソのラッシュ、、、確かに海の中を覗いてみると相当数のキビナゴや
アジといった小魚湧いてますしフィッシュイーターにとってはまさにパラダイス
のよ~な状況と言えます。


ギュイイイ~~~ッ!


外向きに投げていた竿に鋭くスピードのあるドラグ音&締め込みっ!





67cm メジロ撃沈。


やっぱり貴方ですよね~。(笑)

ここんとここやつとのやりとりがやたら多かったので、もう締め込みや抵抗の
仕方ですぐ分かっちゃいましたわ。このスピードと中層をメインに横走り
して足元まで来てもまだ粘るよ~な抵抗は一般的にいう大物投げ釣り対象魚
にはなかなかない感じですからねぇ。

とても綺麗で食べるという観点からすれば最もベストと思えるよ~なサイズの
個体ではないでしょうか?しっかり締めて血抜きをしてからキンキンに冷えた
車載クーラーへ即イン。

ワニエソが連発する中でのメジロは非常にありがたいです ♪


午後になって潮が変わりそろそろ虫エサの方にも何かしら反応があっても
いいのでは?そんな事を考えてる矢先にたまたま回収した仕掛けはエサが
無いっ!?ず~っと残ってたはずのエサが綺麗に消え失せてます、、、







チモトには白くネットリとした繊維が、、、と、ここまで書けばもう何者の仕業
か言うまでもありませんよねっ。

しゅうさんは一部の竿を小針仕掛けにチェンジされ数匹お土産カワハギを撃沈
されておられたよ~ですが、わたくしめは長すぎるマンダムタイムに疲れ果て
いつの間にか簡易チェアに腰掛けて爆睡モード、、、たま~に目覚めて
仕掛けを回収してみるともちろん素バリ、、、こんな繰り返しをしてるうちに
あっという間に時間は流れ夕方が近付いて参りました。


結局、最後の最後まで虫エサを付けた竿からはドラグ音が鳴り響く事は無く
今年の年末博打もハズレに終わりました。

来年からは違う戦場になりそ~な予感?(爆)





最近やたらこの釣果パターンが多いよ~な、、、




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「ありがたい青物様!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

降らないはずだったのに、、、 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


今まで虫エサしか投げた事の無い戦場でアジを投げる。


今シーズンはそれをメイン作戦として、その傍ら虫エサでの釣果も出せたら
いいなぁ~って感じで戦ってきておりますが、正直泳がせ釣りに関しては
まだここがベスト!みたいな戦場の開拓までは至っておりません、、、

そもそもフィッシュイーター自体がベイトとなる小魚を追い掛けながら移動
しているケースが多くタイミングってのも重要なら、前回釣れたから今回必ず
まだ居るとも限りません。うむむ、難しいなぁ~。





攻撃開始1投目からカンパチの子供がアタってきて、もしかすると今日も青物
ラッシュが訪れるかも!?と密かに期待するもこの1匹のみで後はひたすら
イカの攻撃に遭いまくり、、、何度もしつこく竿先を軽く押し込んだり、地ベタ
を這うよ~にゆ~っくり出てゆくドラグは全てイカの仕業でございます。

そしてアタリが止まったと思って仕掛けを回収するとアジの後頭部がザックリ
齧られているというお決まりパターン。ここまでイカがたくさん居るのなら
次回からイカの仕掛けも持ってこよ~かな?とまで思っちゃうくらいですわ。


相方のSurFreyja“しゅうさん”と午前5時半に待ち合わせ戦場自体が
小場所なので分かれて入るも、夜明け時刻はとっくに過ぎた午前8時現在、
虫エサメインのしゅうさんにも活アジメインのわたくしめにもまともな魚は
1匹もアタってきません。(泣)

今朝もほぼ新規開拓と言っていいよ~な戦場がゆえ、アタリが乏しいのは
覚悟の上でそこまで気にはならないものの、朝から大雨なんです、、、







「宇和海」


出撃日が近付いてくるにつれ初日は終日大雨予報となったので、最初は2日間の
コラボ予定だったのを初日は中止にして翌日1日だけご一緒しましょうと決めた
んですが、直前になって天気予報が急に曇りに変わったので急遽当初の計画
通り決行 雨さえ免れれば完璧ですね~って話ながらやる気満々で戦場入り
したら即土砂降りの雨、、、終わってますわ。

おまけに午前8時を回ると爆風混じりとなって雨がバチバチと方向から
打ち付けるよ~になりめ~っちゃ心が折れそうになります、、、

わたくしめ、100均傘を2本ロッドケースに忍ばせてきたんですが、急に
襲った突風にやられ1本殉職、、、不意に襲い掛かる突風は時に三脚ごと
なぎ倒してみたり、荷物を吹き飛ばしたりとかなり危険ですよね。


それでも宇和海まで長時間掛けてやってきたわけですし、竿を出してしまった
以上やれるとこまでやるしかない!何度も何度も心が折れそ~になる度に
自分自身に言い聞かせアジを打ち返し。

その願いが通じたかの如く突然竿先が深く押さえ込まれたと思えば続いて
鋭いドラグ音がっ!?


ジイイイ~ッ!


重量感のある音だし絶対エソなんかじゃない!ドキドキしながら上げると、






グ~~~ッ、グ~~~ッ。


WHY!?


水面に見えてくる魚体の色から茶色っぽかったのでもしやと思うと、ポカ~ンと
浮いたのは46cm マトウダイ。(泣)

これまで虫エサオンリーだったから分からなかったけどマトウダイもこの戦場に
居たんですねっ。ある意味新しい発見!?サイズも抱卵しててお腹パンパンの
特大だったのでFISH DINNERネタにキープしますが、気持ち的には
どこか拍子抜けしちゃって雨の中ガックリです、、、


再び沈黙の時間となり2時間が経過しました。


その間、しゅうさんの所まで様子を見に行ったりと暇を持て余しながらただただ
ドラマが起きるのを待っていると、正午前に潮が切り替わったよ~でそれまで
左に流れてたのが右に、、、虫エサで遠投している時は一切気にならなかった
ものの、アジで飛ばせる距離帯なんて知れたもので潮に流されるとことごとく
根掛かり!海底の落ち込みが急峻でおそらくカケアガリになってる部分で
何かにもたれかかる or 障害物に掛かってしまうよう。

シンカーのロストが目立つよ~になってきたのと同じ事を繰り返してても
埒が明かないよ~に思えたので大きく投げる方向を変えて水深はあまり無い
ものの潮流の影響が比較的少なめな港内を探ってみることに。


ズッシリ。


たまたま竿を持ってみると何やら重いだけのモサ~~~っとした感じ?





34cm カサゴが居食いしてました。


カサゴもこのサイズになると頭がめちゃくちゃ巨大なので、上がってきた瞬間
デカっ!?となりますねぇ。お造りにしても十分身が取れそうな丸々肥えた個体
でこれまたさっきのマトウダイと同じくFISH DINNERネタとしてキープ
、、、ってゆ~かやっぱり今回も五目釣りになっちゃってます。

でもこちらの方向は根掛かりもまだマシでやれるんちゃう?と思い早速もう1本
投入してみると即根掛かり!?着底&糸フケを取った時点で掛かってますから
一体どんな海底ストラクチャーになっているんだろうと思います。(笑)

持ち込んだアジの数自体、今朝は少なめだったのでほぼ午前中だけで無くなって
しまい一部虫エサにチェンジして攻撃続投。すると今度は予想がのエサ取りの
嵐なんですわ、、、仕掛け投入から5分も持たずにエサがかすめ取られチモト
付近にはネットリした白い繊維だけ残ってくる → おそらくカワハギの仕業!


カワハギでもそれなりにデカい個体ならラッキーですから物は試しと大針から
小針仕掛けにして狙ってみると、な、なんとどれも超~小さいっ!先日の串本で
リリースしてたチビちゃんらより更に小型でキープしても食べる所無し、、、


正午を回ると雨も小康状態になり、これで止んでくれるのなら夕マズメまで
頑張ってみようという気になれたのに、、、それも束の間、午後13時を目前に
して再び激化&叩き付けるよ~な大雨と突風に!さすがのタフなしゅうさんも
心が折れかけてきたみたく話し合った結果、これ以上消耗戦をするより
晴れ予報の入ってる明日に賭けようとなり超特急で片付けて撤収~。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー405BX-T
■ リール: シマノ・'13パワーエアロ スピンパワー
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 孫バリ仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 7号
■ 針: ハヤブサ・強靭ヒラメ親針専用 LL
■ エサ: 活アジ


「よ~やるわ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2019年最後の出撃





待ち合わせ時刻から逆算し、あと万が一眠くなってきたらの事も考慮して
午後21時には出発してしまったJCA、、、ど~せ山陽自動車道はトラック
だらけで岡山県まで抜けるのにまた時間が掛かるんだろうし、、、な~んて
予測&半分あきらめモードで走っていると、何ともラッキーな事に今夜も
めちゃくちゃスムーズに流れてくれて大橋を通過してる時点でまだ午後23時
にもなってませんでした。

道中起きうる様々なケースを想定して余裕を持って出発した時に限ってこんな
感じで睡魔にも襲われなければ、渋滞や遅い車も皆無でス~イスイ ♪ まっ、
非常にありがたいことなんですけどねっ。(笑)


わたくしめ、、、仕事の関係もあっておそらく本遠征が2019年最後の出撃と
なりそ~なので、最後くらいは博打はせず確実にお土産が取れる戦場をチョイス
するのも1つの手だったんですが、今シーズンはず~っと新規開拓にこだわって
きてますからやっぱりここで妥協はしたくない!

でも、またハズすとド貧果になっちゃうし、、、あ~~~、悩む~!そう思い
ながらガラ空きの松山自動車道を西へ走っているといつの間にか妖美な京都を
通過してもう休憩ポイントに到着。

はいっ、こちら方面に来る時は常に一緒の動線で動いているJCAでございます。







結局注文したのいつものコレ。(笑)


前回訪れた時に毎回同じメニューじゃ新鮮味が無いから次回はカレーでも?
な~んて思ってたんですけど、もの凄いタイミングで!?今夜の夕食に
カレーが出てきたんですわ、、、さすがに数時間前に食べたばかりのメニュー、
更にそれがカレーとなるとちょこっと胃もたれしそ~で。


基本、食べたら眠くなってくるのが人間なんですけど、ここ最近こちら方面の
長距離運転だけは完全に慣れっ子になったみたく残りの道のりも引き続き
ス~イスイとこなし、なんと4時間ちょこっとで宇和島市内中心部の道の駅に!
自己新記録かも!?(笑)

待ち合わせ時刻までまだ4時間近くありますし、ここは近くにコンビニもあれば
トイレもあるし仮眠するならもってこいなのでしばらく休憩することに~。
大型駐車場には同じよ~に仮眠されてる車がたくさん!中には釣具メーカーの
ステッカーを貼っている車も数台ありますし、この界隈はまさに釣りもメッカと
言っても過言じゃありませんよねっ。

3時間後にアラームをセットして、





それではおやすみなさ~い ♪




「近くにマクドある?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

カワハギの昆布締め ♪





仕事の関係?か何かで富山県に行ってる友人から写メが届いて、ますのすしが
売ってたよ~と!あはは、彼には以前サクラマスで作ったますのすしをお裾分け
し、それ以来気に入ったみたくまた食べたいと言っておりました。

彼は釣りは全くしないので市販されてたこのますのすしを大量に購入してきた
よ~ですが、わたくしめ的にはやっぱり自宅で作ったのがお味の微調整も
ききますし好きかな?自分で撃沈してきたサクラマスで作るのがまた格別!

また来年も春をメインにサクラマス作戦を展開できればいいなぁ~なんて
今からワクワクモードのJCAでございます。


話のネタが冒頭から逸れちゃいましたが、昨日に引き続き今夜もカワハギを
FISH DINNERとして堪能しましょう。





全部まとめて捌いてしまった昨日、お寿司用に昆布締めをする際に一緒に
別口で小ぶりな個体の切り身ほとんども昆布締め~。

利尻昆布を水とお酒1:1の割合で混ぜたものにあらかじめ浸け込んでおき、
水分をしっかり拭き取った後、軽く塩を振った切り身を並べてサンドイッチ。


こちらはお寿司みたく短時間ではなく一晩じっくり寝かせてから、個々の身
が小さい上にサイズもバラつきがあった為、食べ易くかつ一口分を統一
するべく細長くスライスして糸造りにしてもらいました。





カワハギの昆布締め ♪


昨夜1匹、そして今夜1匹と最も大きかった個体2匹をそれぞれに使って
姿造りに~。特にカワハギは捌くのが簡単な部類に入りますから姿造りに
しても全然手間が掛からずあっという間に作れちゃうのが嬉しいところ。

もちろんお皿には1匹以上の身が盛り付けられているわけですが、糸造りで
頂くとなると最低でもこれくらいボリュームあった方がいいですよねっ。

昆布締めにする事により浸透圧で余計な水分が抜け、代わりに昆布の風味が
身に染み込んでネットリ感溢れる絶妙な仕上がりになっております。


白身魚の代表格の1つとも言えるカワハギもカレイと一緒で個性が強すぎない
ので醤油でもポン酢でも相性が良い上品なお味!個人的には肝が無い場合や
昆布締めで頂く時はポン酢でサッパリ頂く方が好きかな?









あっ、落ちギスの糸造りでも使いましたが、もみじおろしのみならず梅肉も
ベストマッチでめちゃくちゃ美味しく頂けますよ~ ♪

またすぐに食べたくなるお味です!




「絶対美味いよねっ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

カワハギ&メイチダイの姿造り ♪


ウネリの影響により思ってた磯に上がれず 結果、空いてる安全な磯で
お茶を濁す事となってしまった今回の串本、、、予想通りチビちゃんカワハギの
連発になる中、何とか食べれそうなサイズもキープして参りましたので早速、
これらの全てを使ってFISH DINNERを作り上げたいと思います。





とりあえず持ち帰ってきたカワハギからメイチダイまで全てを一気に捌いて、
背中側の大きめな身を数枚昆布でサンドイッチ 約2時間寝かせる事に
します。カワハギって表面の皮自体は簡単に剥がせるものの、その下には
更に超~薄いながらも結構頑丈な皮がありお造りやお寿司で頂く場合は
コレを取り除く必要があります。

人それぞれやり方があるよ~ですが、わたくしめの場合は三枚におろした身の
内側からカレイなんかを捌く時と同じよ~に五枚おろし風に中央の骨を避け
ながら外側へ向かって薄皮の上から身だけを削ぎ取るよ~な感じで捌いており
最終的に背中側とお腹側の身に分かれます。


メイチダイの方は単に三枚おろしにした後、皮を引くだけなんであっという間に
作業は終わって、とりあえず両者一番大きかった個体で姿造りに。


そうこうするうちにまもなく2時間経とうとしていたので、炊き立てのご飯で
酢飯を作ってお寿司も作ってもらいます。今回、サイズはともかく両方数が
釣れたんですが、メイチダイの方は食べてみたいというリクエストがあったり
でほとんどがお裾分けゆき、、、





お寿司はカワハギオンリーとなる為、全部同じよ~にするよりはバラエティーに
富んだ物にしたかったので一部を昆布締め、一部はそのままの切り身にペースト
状にした新鮮な肝を乗せてみました。

現地で釣果写真を撮っている時は小ぶりな個体ばっかりや~ん、、、と嘆いて
いたんですけど、実際に持ち帰ってそれぞれのディッシュにしてもらうと結構な
量になり驚きました。お土産的にはちょ~どいい量だったのかも?


さて、今夜も新鮮な海の幸を頂きましょう!









カワハギ&メイチダイの姿造り ♪


肝は鮮度がすぐに落ちてしまうので今回みたく撃沈後すぐに頂くのがベスト。
時間が経ってしまうとやはり火を通してからでないと臭みが気になるよ~に
なりますし日帰り出撃だからこそできる贅沢といった感じでしょうか?

まぁ、ブクブクで活かして持ち帰ると更にGOODなんでしょ~けど面倒臭がり
のわたくしめ的には今のところカワハギだけではまだ、、、あはは、そんな事
言いながら次回から活かして持ち帰ってるかもしれませんけどねっ。(爆)


超~マッタリテイストの肝醤油に絡めて頂くカワハギのお造りはもうそこに
言葉は要りません!定番中の定番とも言えるこの食べ方、、、一口食べれば
誰しもが美味いと舌鼓を鳴らす意味がすぐ分かるかと思います ♪







カルキ臭が気になる個体も時々混じるメイチダイも珍しく今回撃沈した中では
皆無でどれも非常に綺麗な純白の身でした。

早速頬張ってみると、こちらはカワハギよりサッパリ系な印象で濃厚テイストで
頂いてるカワハギと交互に食べるとバランスも良く両者それぞれの持つお味を
しっかり区別しながら堪能できましたよぉ ♪

大半を醤油メインで頂くも、カワハギに関してはポン酢&もみじおろしでも最高
ですからちょこっとだけとはなりましたが、こちらでも楽しみました。


お次はカワハギのみが主役となってるディッシュの、





カワハギのお寿司 ♪


2時間足らずしか締めてないとそこまで目で見ては分からないものの、下段の
何もトッピングされてない方が昆布締め寿司で、上段の肝と刻みネギがコラボ
してる方が身はお造りと一緒でそのままの切り身で握っております。


う~~~ん、この取り合わせは正解で、肝の乗ってる方は醤油で頂くと
さっきのお造り同様濃厚なお味が口いっぱいに広がり、逆に昆布締めの方は
醤油でもポン酢でもベストマッチで噛めば噛むほど昆布の風味が出てきて
素朴ながら深みのあるお味 ♪

FISH DINNER的観点からすればカワハギはやっぱり安定の美味しさを
提供してくれる食材と言えますねぇ。







「裏切らないお味」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ウネリで磯に上がれないっ! 和歌山県・串本町 / 紀伊大島





渡船受付開始時刻が大体午前5時頃と聞いており、それより遥かに早く到着
してしまったSurFreyja“マダイ師匠”とJCAは車内でしばしと言いながら
爆睡モードに、、、何度もしつこく鳴り響いてたはずのアラームも全く気にせず
爆睡を続け、ようやく目覚めた頃にはすでにみなさん受付を済ませウェアに
着替えたりされておりましたっ。(汗)

超特急で準備を整え我らも渡船乗り場へ向かうと今日は平日なのに想像以上に
釣り人が多い!?そしてそのほとんどの人がルアーマンで青物をメインに
狙われるとのこと。やはり全国的に今年は青物の当たり年なんでしょうねぇ。


我らに関して言えば、そろそろ乗っ込みカレイも厳しくなる今、これから良く
なってゆくカワハギでも狙うのが得策?と考え、数より型!一発大物狙いで
訪れたわけなんですが、、、

リクエストしていた磯の前までやってきた途端、


船頭さんよりウネリが入って波が這い上がってきてるから危険!


との判断が下されてしまい第2候補の磯をお願いするもそっちも同様に危険
、、、それならばと一番奥まった場所を聞くとルアーマンらがすでに入って
しまってるから厳しいと、、、今までこんな事一度も無かったのに、、、

ガックリしながら、じゃあどこが空いてます?と伺うと、出てきた磯候補は
一発大物場とゆ~より小ぶりな個体が数釣りできるイメージが強い磯
、、、でも確かに真っ白な大波が磯に這い上がってきてるのを2人共
目の当たりにしてますし、しゃ~ないかぁ~とそこに上がる事に。


コンコンコン、、、コン







攻撃開始早々からエサをツンツンしてるよ~な典型的なアタリが連続して本命の
カワハギちゃんが釣れてはくるんですが、、、アベレージサイズが小さいっ!

針を飲み込んでグロッキーになってる個体を除き、基本チビちゃんは全て
リリースしながら少しでも大きな個体が回って来るのを待つも、ど~やら
近くに居るのはチビちゃんの群ればかりみたい、、、こやつは一応キープかな?
と思えるよ~な個体はたまにしか釣れません。(泣)


しばらくすると突然マダイ師匠の投げてらっしゃる方向から次々とけたたましい
ドラグ音が鳴り響きだし、一体何の仕業!?とちょこっと期待するものの、
水揚げされてくるのは全部イラ、、、

ここまで連発するとさすがのマダイ師匠もかなりご機嫌斜めです。


その間、わたくしめの方は定番のキタマクラやトラギスといった小物外道に
弄ばれるだけで特にドキッとさせられるよ~なアタリは無かったのですが、
ついにこちらにももの凄い勢いで疾走するドラグ音がっ!


ジャアアア~!





ハァ、、、ため息しか出ません。


リーリング最中に伝わってくる重量感と締め込みはひょっとすると良型のマダイ
か何かかも!?な~んて期待したわたくしめが馬鹿でした、、、さっきから
そこまで大きくないイラばかり見てたせいで大型が潜んでいるなんて夢にも
思いませんでしたわ。(悲)

気を取り直してファイヤ~&もうこれ以上イラん魚は来ませんよ~にと
強く祈りながらドラグを設定 クーラーに腰掛けてアタリを待っていると、
今度はわたくしめの投げてる方向から次々とドラグ音が鳴り響いて、





なぜかメイチダイが連発してきます。

まぁ~、こやつは一般的に美味しい魚としてカテゴライズされてますから
個人的に気になる所があってもとりあえずはキープしときましょう。


個人的に気になる所?


あはは、もうメイチダイと聞いてピンと来られた方もいらっしゃるかと
思いますが、こやつ、、、結構な確率で捌くとカルキ臭がするんですよね~
、、、これまでたまたまわたくしめだけ当たりが悪かったのかもしれませんけど
、ど~してもこの魚だけは警戒してしまいます。

そんなわけで念の為に別のビニール袋に分けてキープ&攻撃を続投するも
少し向こうの養殖イケス群でエサやりが始まった途端まともな魚のアタリは
ピタッと止まってしまい、ちょっかいを掛けてくるのはキタマクラとトラギス
のみになってしまいました、、、







「紀伊大島」


お天気は雲間から太陽が顔を覗かすと一気にポカポカ青空になるのに、毎回
長続きはせずすぐにまた雲に覆われて薄暗く、、、更にはダークグレーの
雲の塊が流れてきたと思えば急に雨が降りだし、その後強い北西からの爆風に
、、、ここまで短時間でお天気がコロコロ変わると結構辛いっす!

マダイ師匠と今日は思ってた磯に入れなかったとこから運が無かったとゆ~事
で潔くあきらめてお土産釣りに徹しましょうとなり、2人共打ち返しはするも
かなりダラけモード、、、朝イチからもの凄い量のビールを飲まれているマダイ
師匠はエサ取りを相手にするのがうっとおしいからと仕舞いにお昼寝タイムに
入られてしまいました。(笑)


引き続きわたくしめだけでエサがある限り!と打ち返しをしますが、やっぱり
本命のアタリは止まったまま、、、


正午を回って養殖イケスのエサやりが終了し、漁船が港へ戻っていくと
やっとこさチビちゃんメインでカワハギが掛かり始めます。朝イチみたく魚影は
濃くありませんけど根気よくチビちゃんをキャッチ&リリースしながら粘って
いると時々キープできそ~な個体も混じってきますねぇ。







結局、渡船のお迎え時刻までみっちり打ち返すも納得できるサイズは1匹も
釣れず、マダイ師匠と話してた通りのお土産釣りになってしまいました。

冬型の気圧配置になって北西風が強く吹いてもやれる戦場なのでどこか
安心しきってたところがあり、南寄りのウネリを伴った波予報を見落としてた
のが今回の失敗要因かな?それでも過去に一度も上がれないってケースが
無かったので正直、今朝のあの荒れ方にはかなり驚かされましたわ~!


またシーズン中にリベンジできたらいいなぁ~。





お持ち帰りでキープしたのはこれだけ、、、




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・プロサーフ425BX-T
■ リール: シマノ・パワーエアロ フリーゲンTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 吹き流し仕掛け
■ モトス: 東レ・銀鱗Z 8号
■ エダス: クレハ・シーガーグランドマックス 4号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 4号
■ 針: がまかつ・カレイ専用 12号
■ エサ: マムシ、アオイソメ


「ウネリは危険やぁ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

日帰りで南へ


車を運転してると急にトイレに行きたくなってきたので近くにあったセブン
イレブンにイン&トイレへ目指す中、左手には雑誌などがずら~っと並ぶ
セクションがあり横目で見ながら、あ~~~、ファッションに車、芸能週刊誌に
グラビアなんかがあって最後は大人のコーナー、、、

んっ?大人の雑誌って必ずどこのコンビニでも一番端!それもトイレの入口の
至近距離にあったりしません?気のせい?(爆)

そして、トイレに入る寸前にふと目に飛び込んできた興味深いタイトルの本が
あり、出てくるや否や早速どんな内容か?立ち読みでも、、、っと思ったら
シールバンドがされてて開く事が不可能、、、大人の雑誌ならまだしもこんな
本まで見れないよ~になってるんですねっ!?

ってなわけでコーヒーと一緒にレジへ持って行って購入して参りましたっ。









主役が鮭って書かれてるところに惹かれてしまいました ♪

なんせ自宅にはアキアジやサクラマス、カラフトマスの切り身ストックが
たくさんありますからレシピのバリエーションが増えるのは非常に嬉しんです
よね~。あはは、ほんと作ろうと思えばこの本に掲載されてるディッシュ全て
網羅できる程の量がありますから。(爆)


はいっ、ブリーフィングとは全く違ったネタで始まっちゃいましたが、JCA
、、、明朝にかけてちょこっと出撃してこよ~と考えております。


一応、日帰りなので近場出撃って書きたいとこなんですけど、自宅から結構
距離があるので微妙なところ!?先週くらいにコラボ予定の相方と電話で話を
する中、どこか日帰りで行きましょうか~?って感じになりまして、、、お天気
をチェックしながら数日かけてターゲットと戦場を絞り込み一昨日最終決定。

目的地の方角的に最近の近場出撃とは逆方向になり、ちょ~ど相方の家も同じ
方向にある為、今回はわたくしめが途中で拾って行くって感じになります!





夜間の大阪駅界隈を高速で走るのって今思えば久しぶりかも?


カーナビでは相方の家まで26kmと表示されていたので40分程度かなぁ~?
と思ってましたが、夜間とゆ~こともありたとえ大阪市中心部を通るルートでも
高速はガラガラで20分ちょこっとで着いちゃいました ♪

想像以上に近くてビックリしながら相方の荷物を積み込み、再び最寄りのIC
から高速に乗っていざ南へ進路を取ります。

今夜から明日いっぱいは珍しく気温が高めなよ~で、まもなく日付が変わろう
としている現時点でも15℃もあります!?いつ頃からか霧が出始め、南へ
行けば行くほど濃くなって前が少し見辛くなってきました、、、





まっ、時間は十分ございますのでゆっくり安全運転で行きましょう。




「南?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シロアマダイの松笠揚げ ♪


今回、シロアマダイを撃沈した際にふと気付いた事がありました。

そ~いえばアマダイの人気レシピの1つでもある松笠揚げ、、、これまで
アカアマダイでは何度も食べた事がありますが、シロアマダイでは
一度もした事が無いよ~な!?





どんな事でも気になり始めると検証するまでず~っと悶々してしまう性格です
ので、早速2匹撃沈したうちの1匹をウロコを残したまま捌いていざっ!

作り方は身の方だけに軽く塩を振った後、片栗粉をまぶして180℃くらいの
高温の油で揚げるだけと超~簡単なのでこれ以上の詳しい説明は
必要ありませんよねっ。

あっ、過去にも書いたよ~な覚えがあるんですけど、ウロコが付いたままの
身を一口サイズに切る際によく切れる包丁があるなら何の問題もありませんが、
たまにカットすると同時にせっかくのウロコが大量に剥がれ落ちてしまう場合が
あったりします。これを最小限に防ぐ為に、我が家ではいつも包丁の代わりに
キッチンバサミを用いており、このやり方なら失敗も少なく楽チン ♪


あと先日の忘年会前の近場出撃ではまともな獲物はメジロ1匹のみとなって
しまいましたが、美味しいお土産?あはは、最後の方でちょこっと虫エサを
投げてたのに小ぶりながらもいつものマダコとなぜかナマコ!?が掛かって
きたのでそれらも持ち帰ってきて今夜一緒に調理です。





撃沈当日は無理としても近いうちに食べてしまおうと思ってたので下処理だけ
して冷蔵庫内で保存してあったマダコ2匹とナマコをスライス。

マダコは少し前の宇和海遠征で撃沈してきた良型チャリコの切り身がもう1回
分として冷凍してあったのでそれとコラボさせて作ってもらうのはもちろん
あのディッシュ!もう何度も頂いてきてますからご想像が付きますよねっ。


松笠揚げができあがった時点ですでにご飯も炊けており、ナマコに関しては
しっかりお味を染み込ませるべく昨日のうちに仕込んであった為、冷蔵庫から
出してきて盛り付けるだけ。今夜もお腹が空いてる時にはたまらない
ゴージャスFISH DINNERとなりました!





シロアマダイの松笠揚げ ♪


サイドディッシュも新鮮な海の幸をふんだんに使った物になってますけど、
やっぱり今夜の主役はシロアマダイ!これを試してみたく&食べてみたくて
仕方が無かったんですわ~。

作る工程から横でじ~~~っと観察しておりましたが、アカアマダイで作る時と
全く一緒の作業工程で進めるもシロアマダイのウロコはそこまでパッ!と全てが
開かずそのままの状態でカリッと揚がってしまう部分が多く見られました。







アマダイのウロコは他の魚とは異なり袋状の形をしており、高温の油に通すと
松ぼっくりの笠が開いた感じに立つ特徴がある事から松笠揚げと名付けられて
おりますが、その食材として用いられている大半はアカアマダイの方で更に
希少価値が高いシロアマダイはあまり松笠揚げ用としては用いられていない
のが一般的なよう。

とはいえ、一応ちゃんとウロコが立ってる部分もあるのを見るとシロアマダイ
のウロコも同じく袋状になっている事は確かで、あとは揚げ方にコツがいるだけ
なのかもしれません。





気になるお味はアカアマダイと同様、上質の脂が凝縮された身は超ジューシー
でめちゃウマ ♪ ウロコも立ってる、立ってないは関係無くいつも書いてる
よ~にカリカリ&サクサクでえびせんのよ~なお味がして最高でございます!

ただ、率直なインプレとしては松笠揚げにしてしまうと紅白どちらも一緒の
よ~な味わいに思えますから、より高価なシロアマダイを堪能するディッシュ
としてはちょこっともったいない?感じがしますねぇ。(笑)


そして最後にサイドディッシュの鯛蛸めしとナマコ酢 ♪







大好物の炊き込みご飯は毎回美味しく頂いてきてるので説明するまでも
ありませんが、今回を持ってメイン食材のマダコとマダイストックが無くなり
ましたからしばらく食べれなくなるのが寂しい、、、

その分よ~く味わっておかないといけませんわ~。


ナマコ酢を食べるのは何年振りになるでしょうか!?これまでナマコはたま~に
針に引っ掛かってきても、ポイするか誰かあげたりするのがほとんどであまり
持ち帰る事はなかったんですが、ちょ~ど水揚げした際に地元のおっちゃんが
絶対美味いから食べてみ~と言われて久しぶりにお持ち帰り。

戦場でできるまでの下処理をして持ち帰り、八方だし、酢、濃口醤油、みりん、
砂糖、塩を混ぜ合わせて作った合わせ酢に浸け込んで完成。コリコリ食感が
楽しめるいいアテになったものの、あはは、我が家ではナマコ!と聞いただけで
不人気でした。普通に美味しいんですけどねっ。(爆)




「松笠開け~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR