FC2ブログ

三ツ判山吹で作る、シロギスのお寿司 ♪


異常とも言える猛暑との戦いの後、数日間は癒しの期間、、、

撃沈してきた魚を使ったFISH DINNERがわたくしめの釣りスタイルに
おいて次なる楽しみとなっております。いや、魚を釣るだけでなく
FISH DINNERを堪能するまでが作戦と言えるかな?







昨夜は25cm前後の大きな個体で糸造りにしてもらいました。

そして残りの自宅キープ分からまず20cm前後の個体を抜いて、それより
小さいのは全部開いて1回分ずつに分けて真空パック冷凍に。こ~しておけば
いつでも食べたい時に天ぷらやフライにできますから非常に重宝します ♪


さてさて、今夜も富山湾のキスを堪能するわけですが、先に選っておいた20cm
前後の個体を昨夜同様三枚おろし 腹骨から他全ての小骨と皮を取って
お造り用のサクにしてスタンバイ。何だかんだで結構な数ができましたから
明日も頂けるよう一部はサランラップで包んで冷蔵庫へ。

キスの身も一晩寝かせる事によって旨味が更に増す傾向にありますから
お味の変化を楽しむ為にも2日間に分けて頂いてみるのもお勧め。





先日仕事で東京に行った際に、たまたま立ち寄った高級志向のスーパーで販売
されてるのを発見して仕入れてきた三ツ判山吹なる純酒粕酢。

実はコレ、かなり前から探していたんですけど関西ではなかなか見つから
なかったんですよね~。ど~しても必要ならいつものネットショッピングで
ポチッとしても良かったものの、そこまですぐ欲しいわけでもなく、、、
ネット情報では関東方面をメインに広く愛用されてると書かれていたので
ちょ~どいい機会でした。

これを使って今夜は酢飯を作ってもらいます。


はいっ、もう1品の方はわたくしめがリクエストしたわけではないけど、
めちゃくちゃ美味しかったからといつの間にかまた仕入れてきてあったヒイカ。
前回同様、ちゃちゃっと下処理をして甘辛く煮付けてゆきましょう!







種類にこだわらなければ、また冷凍物でいいならイカは年中市場に出回って
おりますが、ヒイカとなると夏限定ですし入手できる間に楽しんでおかないと
ねぇ。あはは、今までタマミのエサとしか見てなかったヒイカも今年からは
FISH DINNERの食材としても大活躍中でございます。(笑)

超~スピーディーに煮付けて、火を止めてからじっくり時間をかけて煮汁を
浸透させていく方がヒイカには合うのでお寿司を握る前に調理しておきます。


三ツ判山吹に砂糖と塩を加えて煮立たせないよ~に弱火を用いて火を通して
から炊き立てご飯に混ぜ合わせて酢飯を作ると、見事なまでにの黄金シャリの
できあがり~。すごく気品溢れる雰囲気の色合いで驚かされます!

あとはキスの片身1枚を乗せて握ってやればメインディッシュも完成。





シロギスのお寿司&ヒイカの煮付け ♪


キスの天ぷら&そうめんと並んでまた新たな夏の定番ディッシュ?コラボ?が
生まれたよ~な気がしますね。(笑)

シャリは三ツ判山吹のルーツとも言われているそ~なので、さすがに香り、色
、そしてお味全てが非常に上品な印象を受ける酢飯ができあがっており、
それに新鮮なキスの身が丸ごと乗ってるわけですからこんな贅沢なお寿司は
ありません!中にはほんの少しだけわさびを忍ばせてパクっと、、、


わぁ~~~っ、この酢飯のまろやかさはヤバイ ♪


お酢を始め調味料にこだわるだけでここまで酢飯のお味が見違えるなんて
、、、正直想像以上の変わりようでございます。美味さが溢れるシャリの上
には美しいキスの身がっ。

糸造りとはまた異なり噛むと繊細な柔らかさがあるものの、どこかコリコリ
食感もあってこれまた絶品!





パクパクいけちゃう?いや、美味しすぎて知らないうちにパクパク状態に
なっちゃってますから、これならサク取りした身全てをお寿司にして
もらったら良かったなぁ~と、、、

ってゆ~か今後の酢飯はこの純酒粕酢で決定ですねっ。


自分で釣ってきてないのもあって毎回サイドディッシュ的扱いでの登場となって
いるヒイカもメインとして出されても十分満足できる美味しさ ♪ エギで
狙えば釣れたりするのかな?そんな事を考えつつ、、、きっと実際には
やらないんだろうなぁ、、、(爆)





シロギスのお寿司を、

もっともっと食べたかったのが本音だけど、他にも久しぶりに食べたい
ディッシュがあったりするので今回はこれにてごちそ~さまぁ~。腹八分目
にしといたとゆ~ことでっ ♪




「癒されるよね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

タップリ豪快に~ ♪ シロギスの糸造り


40℃に迫る猛暑の中、、、めちゃくちゃ暑かったけど、めちゃくちゃ楽しめた
北陸のキス釣り。特に25cm前後のぶっとい大キスまで複数匹混じってくれた
のが一番嬉しかったかも ♪

帰還後はまずサイズ別に3つに仕分けしてからお裾分け分を配って、自宅用のを
捌いていく流れとなりました。





25cm前後の個体は合計8匹おり、これらは当然お造りに~ ♪


三枚おろしにしてから丁寧に腹骨~血合い骨までを抜き、皮を引けば完成。
すぐに食べるより少し寝かせた方がキスはより旨味が増すので一旦サランラップ
で包んで冷蔵庫で一晩熟成させてから頂きましょう。

このサイズが8匹もあればそのまま豪快にスライスして頂くのもGOODですし、
皮を引かずに炙りにしても美味しそうだったんですが、少し前からこんな風に
食べれたらもっと満足度が高いんだろうなぁ~って夢見ていた食べ方があり、
今夜はそれが叶えられそ~なのでそのよ~にアレンジしてもらいました。


身の幅が狭い or 薄い主に白身魚に対して使われる事が多い切り方で
こ~する事によってボリューミーに仕上がり食べた満足度もアップ!
あはは、すでに今シーズンに入ってからも何度か作ってきてもらってます
からご想像付きますよね?

寝かせた身を包丁で細長くスライスして盛り付けていくと完成、、、あれれ!?
8匹分となればこんな山盛りになっちゃうんですねっ ♪





シロギスの糸造り ♪


そう、最近キスの引き釣りで25cmに迫るよ~な個体が釣れた時に作って
もらっていた糸造りでございます。

ここまでボリューミーなキスの糸造りって今まで一度も食べた事無いかも!?
晩秋にかけて地元で撃沈した落ちギスでも時々お造りで頂きますが、思い出して
みると糸造りではなく普通にそのままスライスしてたよ~な、、、その頃の
個体はどれも特大なのばかりですからアベレージサイズの感覚がマヒしちゃって
糸造りにという発想が出て来なかったのかも?(笑)


いや~、何度見ても贅沢過ぎる ♪

これがキスでなかったらあまり感動もないんでしょ~けど、2匹分の姿造り
ベースの上に8匹分の身、、、肌色味掛かった艶々な白身がたまりません!







今夜は遠慮なくお箸で豪快に取って頂きましょう。


調味料も2パターンを用意して交互にお味の違いを堪能。

わさび醤油に紅たでを添えてパクリと頬張れば醤油の甘味と絡んで超~濃厚な
印象となり、ポン酢ともみじおろしではサッパリ感に包まれて白身特有の
まろやかさが前面に出てくる、、、

今回は一口分がタップリありますから幸せの極みでございます。







キスのみならず淡泊な白身魚をお造りで頂く際はやっぱりいろいろ薬味が
あった方がより美味しく感じれますよねっ ♪




「タップリ大満足!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2日目も好調! 富山県・富山市 / 常願寺川河口 (2日目)







「富山県」まで来たからには地元で獲れた海の幸を堪能しておかないとっ、、、

魚釣り、お墓参り問わず訪れた時は毎回そう思うんですけど、結局のところ
有名な物となるとホタルイカ、白エビ、ミギス、サスと呼ばれる昆布締め、
ブリや他ノドグロ、ゲンゲといった深海魚類になってきてどれも幼少の頃から
遊びに来る中で食べてきた物ばかりとなり改まって何が食べたいんだろう?
と最終的に悩んでしまいます。(笑)

昨夜はとりあえずホテルから最寄りの海鮮居酒屋に行って新鮮なお造りや白エビ
の唐揚げなどで一杯やって参りました ♪


普段から市内中心部とはいえ、夜になるとそこまで人通りも多くないのが
コロナの影響もあってか?更に閑散としてて何軒か覗いた居酒屋もどこも
ガラガラで少々寂しい気持ちになりました、、、また第2波が訪れていると
言われてる今、1日でも早くワクチンが開発されて終息して欲しいものです。

今朝はホテルの超~豪華な朝食バイキングを楽しみにしてたのもあり、ゆっくり
起床&地元の料理を中心としたバイキングを堪能してから戦場へ向かう事に。





「常願寺川河口」


今日は終日曇り予報で所々雨マークまで付いており、一見気温も低め?と
想像してしまいがちですが、ところがどっこい日中の最高気温は38℃予想と
危険レベル、、、

ただ、戦場に到着した午前9時の段階ではご覧のよ~に空は分厚い雲に覆われて
南からやや強めの風が吹いてる感じで気温は高くてもまだ心地良く戦えそ~な
コンディション ♪ 南風となればここでは出し風になりますから飛距離も
出し易くなりますし良さげでしょ。(笑)


どれだけ湿度が高くても風さえ吹いていればそこそこ涼しく感じられるので
風が止んでしまうまで&雨が降りだすまでに頑張って釣ってしまおうと、
戦場入りしたら即タックルを組んで仕掛けを投入してゆきます。


ブルブルブルッ!


ブルッ、ブルルルッ、ブルルルッ


5色付近からサビき始めるも、着底からすぐアタリが連発 ♪







今朝は時々ヒイラギも混じってきますが、ほぼキスが主体で入れ食い状態。
気のせいかもしれませんけど、昨日より全体的にサイズが大きめかも!?


万が一、アタリが遠退いた時の事を考えて遠投から波打ち際までしっかり
群れの位置を把握すべくいろいろ投げ分けてみますが、基本どこの
距離帯でもアタリが出てる感じ。

これって考えてもみればもの凄い魚影の濃さじゃないです!?


無駄な体力消耗をしないよう一番楽に探れる4色帯以下をメインにサビき続け
数を稼いでゆく中、急に空がダークグレーの雲に覆われ始め、今にも降って
きそうな雲行きに、、、氷見から能登半島にかけてでしょうか?遠くの方では
確実にゲリラ豪雨並みの雨が降っている事が確認できます。





この風向き、また山間部から離れた今の立地ならまず大丈夫とは思えるも、
もしあの豪雨をもたらしている雨雲同様の物が来ると土砂降りになるかも、、、
念の為に身の回りを整頓してから攻撃を続投してると、なんと30分もしない
うちに雰囲気の悪い雲たちは全て流されてゆき青空になっちゃったんです!?












これにはほんとにビックリ!?


最新の天気予報でも未だ曇り時々雨のまま変わらずなのに実際には青空が広がり
太陽の光が燦燦と降り注いできてます ♪ おまけに風もいつからか無風状態
になってしまい体感気温はみるみる上昇中、、、

晴れて嬉しいけど、めちゃくちゃ暑い、、、


一気に汗が噴き出してくるのでバスタオルを首に巻いて打ち返しに集中!本日分
のイシゴカイを昨日少し開封して使っちゃったので今朝はエサが無くなり次第
終了と決めており、おそらく持ってあと1時間程度かな?

そう思えば灼熱地獄でも頑張ろうという気になれるものです!(爆)


ブルブルブルッ





最大25cmで20cmオーバーも個体も多数 ♪


キスの引き釣りも毎回こ~ゆ~釣果なら言う事無しなんですが、あはは、
なかなかそんな風にはいきませんよねっ。正午頃にはエサが終了し、暑さも
これからピークに達していく時間帯になるので超特急で片付けて撤収!

キスカウンターは78匹と短時間でしたが満足のいく釣果です!


2日間で合計200匹超えですから帰ってからが大変になりそうですよねっ。
お裾分け先も何軒かあるものの、せっかくぶっとい大型個体も釣れてますし
わたくしめ自身もおもいっきり堪能したい、、、

幸せな悩み?とゆ~ことにしておきましょう。(爆)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・クリンチキス 7号
■ エサ: イシゴカイ


「この場所いいねぇ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

夏の北陸 ♪ 富山県・氷見市 / 島尾海岸 (1日目)


夜明け直後ならまだ暑さも幾分マシ?そう願いながら車内でモスシールドウェア
に着替えていざ外に出てみると、、、チ~~~ン!表示されてた通り朝から
余裕で外気温は30℃を超えており、超~ムシムシ。

何か1つの動作をする度に汗が至る所から滲み出てきて気持ち悪い!おそらく
風が少しでも吹いていればまた違ったんでしょ~けど、今朝は見事無風で
ただただ蒸し暑いだけ。これは気温がピークに達する前にさっさと釣って
終了ってのが理想的ですね。(笑)


ブルブルブル、ブルブルッ、ブルブルッ


1投目からやや弱め?ながらもコンスタントにアタリが出て、





朝から高活性で連掛けされてきます ♪

ただ欲を言えばもう少しアベレージサイズが大きかったらいいのになぁ~っ
、、、な~んて思いつつも、とりあえず4色から手前どこへ投げても必ずすぐ
アタリが出る感じでみるみる数を稼いでゆきます。

魚を外してクーラーに入れると同時にキスカウンターのボタンをポチッ、
ポチッ やっぱりサイズに不満を感じてしまい針数を減らしておもいっきり
フルスイング&遠投域を探ってみますが、今度は魚影自体が薄いのか?
アタリも散発かつたま~にヒットしてもサイズは変わらず似たよ~な個体ばかり
、、、これなら気合い入れて遠投する必要もないかも?


今から2年前?いや、もっと前になるでしょうか?毎年夏になると同じクラブの
O本先生とバカンスと称してこちら北陸方面へキス釣りに来ておりました。
その時にここだけは他がどれだけ渋くても不思議にも良く釣れて、また
アベレージサイズもそこそこ大きめな印象があり必ず戦場候補リストに
入ってたんですが、、、

まっ、サイズだけは年回りにとってムラがあって当然ですね。







「島尾海岸」


今朝も両サイド、どちらもそんなに近くはないけどキス釣りの方が5~6人
入っておられるのが見え、定番ポイントである事が窺えます。


高活性なコンディション下、効率良く釣りたいなら自分自身が操れる範囲内で
針数を増やしてワンキャストで掛けれるだけ掛けるってのが基本。

まだ太陽は低い位置にあるとはいえ、時間の経過と共に気温はうなぎ登りで
上昇してますしキャスト回数が増えてしまうとその分汗でドボドボになります
から、無駄を省いたエコな釣りスタイル!?にこだわっちゃいます。(爆)


着水後、サビき始めた途端にブルブルッの典型的なアタリが連発し始め、
次第に震えが増幅&竿に伝わってくる重量感も増してくるのが分かります。
サビくスピードもスローペースにしてしまうと1匹が複数本の針を飲み込んで
しまう為、そこそこ速めにハンドルを回しつつカウント。







その時の魚の活性に応じて微調整をしながらトラブルレスで数を稼いでゆく
、、、おそらく引き釣りをメインでされてる方々はこ~ゆ~技術に長けて
おられるからこそ非常に効率がいいんでしょうねぇ。わたくしめなんて、
ある程度大きさのある個体ならまだしも小型メインになってくると今何匹
掛かっているか?など未だ正確に把握できないので、何とな~く仕掛け
全体が重たくなってきたからそろそろかな?ってなノリ。(爆)

こ~ゆ~場面において毎回思っちゃうのが、せっかくキス釣りに特化した
タックルを持っているのにその性能を十二分に発揮させれてないのがもどかしい
、、、技術向上を望むならそれだけの場数踏んでいかないといけませんし、、、
わたくしめの年間出撃パターンでは永遠に習得不可能かも!?


キスカウンターが60を超えた時点でまだ釣り開始から2時間程度で、このまま
釣り続けてても数は増えるでしょ~けどサイズアップは望めないと判断し一旦
ここで終了。汗ダクになったTシャツを着替えて車を発進させます。


1週間前くらいにクラブイベントで出撃した時の方が数は出なかったけどサイズ
的には良型ばかりで、今回の遠征ではそんなサイズの数釣りを!って目論んで
いたんですが、、、あはは、そう上手くはいきませんねぇ。

富山市内中心部を目指して走り、途中でカフェに立ち寄ってモーニング&
クーラーのギンギンにきいた店内で癒されてから再び移動開始です。







「常願寺川河口」


なぜここに来たのか?

それは過去にも何度か書いてきてますけど、わたくしめの母方の田舎がまさに
この水橋というエリアで小さい頃から毎年夏休みになると遊びに来ていた
おもいっきり慣れ親しんだ場所。当時から釣りが好きでこの界隈へは徒歩で
来れた為、しょっちゅう来てたのを覚えております。

最初は近くの海水浴場として有名な岩瀬浜を見に行ってみるも、釣り人は
ちらほら居てもそこまで釣れてる様子でも無かったのでこちらへ。


群れの回遊の有無、距離など一切分からないのでとりあえず遠投域から手前に
手前にと探ってゆきましょう。


ブルブルッ、ブルルルッ!


鋭いアタリが6色~5色帯にかけて連発して、







25cm前後のぶっとい個体も混じりながら良型の数釣りがっ ♪

これはビンゴ ♪ 場所移動して正解でしたぁ。さっきの島尾海岸でメインだった
よ~な小ぶりな個体はほとんど皆無でどれも満足のいくサイズばかり!特に
大型は遠投域で真っ先にアタってくる印象があるのでそればかりを撃沈
しようと思い、調子に乗っておもいっきりフルスイングを繰り返していると、

いきなり、


バシッ!?


変な音がしたと思えばまさかのラインブレイク、、、ってゆ~か横着気味に
力任せで振ってたのがダメだったのか?どこかで弛みが生じてしまったのか?
ガイドの所で見事パーマしてしまい高切れですわ。(泣)

幸い、替えスプールも持参してたのでサッとスプール交換するだけで難なく
戦線復帰できたものの、暑過ぎるからといってダレて横着スタイルになるのは
ブ~~~ですね。それにまた同じトラブルを引き起こしてしまうと今度は確実に
釣りに影響が出てきますから以後慎重かつ集中して戦う事に。









遠くには蜃気楼が出てそ~な美しい大海原へ向かってファイヤ~!


ゆ~っくりサビき始めるとガツンといった強いアタックと共にブルブルと振動が
伝わってきて、それがサビけばサビくほど増幅されてゆく ♪ これこそ
引き釣りの醍醐味の1つと言えますねぇ。超~気持ちいい~!

いつの間にか空は快晴となりめちゃくちゃ強力な日差しが照り付けてジリジリ
焼けるよ~な暑さ、、、ちなみに天気予報では今日の富山県の最高気温は39℃
、昨夜やってたニュースでは市内で40℃を記録した旨あり相当な猛暑日が
続いてると言えます。

夏は猛暑で冬は豪雪地帯となる北陸エリアですけど、一昔前まではここまで
暑くはなってなかったよ~な、、、ほんと異常でございますわ。


あはは、それでも釣り人っておかしなもので、魚が順調に釣れていると
暑さなんて忘れて夢中になってしまう ♪









正午が近付くにつれ魚影は更に濃くなってきたみたく波打ち際ギリギリの所まで
エサを追い掛けて食い付いてくるまでに!ふわっと軽く投げてテンポ良く
サビいてきても食い気満々で入れ食い状態。


こりゃ明朝の戦場もここに決定ですわ。


キスカウンターが3桁を超えるとホッとしたのか?急に我に返って満足な
気持ちとなり、そして息もしにくいくらいの猛暑を実感するよ~に。
うん、もう十分楽しんだかな?(笑)

気付けば1日700円分計算で2パック持参してたイシゴカイも2パック目を
開封しており、残りは500円分程度でしょうか?まぁ、イシゴカイ
だけはどこでも簡単に入手できますので全然心配はいらないんですけど、
場所移動含めた午前中だけで132匹 ♪ 今日はこれくらいで~。











これからどこかで昼食を食べて、ホテルにチェックインしましょうかねぇ。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・クリンチキス 7号
■ エサ: イシゴカイ


「40℃超えは異常!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

納車 → エサ仕入れ → かつめし → 出撃!





午前中は新しい車の納車、午後から野暮用を済ませて出撃準備&エサの買い出し
そして夜にかけて再び約束があって外出、、、オフだったとはいえ結構
ハードスケジュールな1日でした。

夕食は加古川市方面に行ってたのもあり、またソウルフードなるかつめしが
食べたくなって以前行った所とは異なる人気店へGO!今回食べたお店のは
デミグラスソースのお味が前回のよりかなり濃くパンチの利いた感じでしたね。
う~ん、個人的には前回の甘み豊かなまろやかソースの方が好きかな?


帰宅後はまず蒸し暑いけどタックルなど荷物一式を車に詰め込んでから
お風呂に入ってスッキリ&残念ながら仮眠する時間まで取れなかったので
そのまま日付が変わった後、出発となりました。


まぁ、眠くなってきた途中で運転を代わってもらえばいいだろうと思いつつ、
夜間の名神高速道路を走るも珍しく全然睡魔にも襲われずあっという間に
次なる高速道路へ連絡。さすがに道中山間部が多いのもあって次々と虫が
フロントガラスに激突して超~汚いまだら模様になっちゃいました、、、あ~、
やっぱり新しい車で来なくて正解!さすがに納車早々こんなんになって
しまったら気分的にヘコミますわ~。(爆)







ぶっ通し運転でどこまで持つか?と思ってましたが、眠気より先にトイレに
行きたくなってきて山間部真っ只中のPAで一時休憩。

ここで10分か20分でも仮眠を取ってから再び走行すればいいかなぁ~って
考えるも、今すぐに寝ろと言われて寝れるくらい疲れて無かったのでもう少し
行ける所まで行こう!のノリで給油を予定していたSAまで運転。


この高速道路は普段から車が少なめで夜間になるとガラッガラになりますから、
ストレスフリーでス~イスイっと走り抜けて午前3時には目的地SAまで到達!

ガソリンの残量的にはまだ半分は残ってはいるけど、下道に降りてから万が一
給油となってももしかするとすぐ見つからないかもしれないので念の為にここで
満タンにしておきましょう。なんせ外気温は夜間にも関わらず30℃を下回らず
パネルには31℃と表示されますから常にクーラーギンギンじゃないと辛すぎる!











サイコミュ、、、ではなくカーナビに引っ張られるままどこだか分からない
ETCゲートで高速から降りて下道を進みます。

降りてから約20分程走ったでしょうか?ようやく見覚えのある道に出て、
ローカル線の超~小さな駅前を通過 → 踏切を渡ればまもなく最終目的地
でございます。車を止めて窓を開ければ真っ暗でも波の音が聞こえてはくるけど
、、、この半端じゃない熱気&ム~~~っとした湿度に耐えれませんから即
閉めて明るくなってくるまで車内でしばしゆっくり。


あの遠くに見えている灯りは漁船?それとも蜃気楼?(爆)





あはは、ちなみに蜃気楼は明るくなってから出るものですねっ。




「蜃気楼が見えるの!?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

納車 ♪





説明の準備、および説明自体に少々時間が掛かるので一旦オーナーズラウンジで
くつろがれてからトイレなど済ませた後、納車専用ブースにご案内致します
、、、何やら納車式なる催しがあるみたく盛大にされるのも嫌なのでそれは
事前にお断りしてできるだけ早く案内してもらう事に。


10日前くらいにディーラーよりオーダーしていた車が完成&届いた旨、
連絡があり、そこからディーラーオプションの取り付けなど幾つか作業がある
為、納車はお盆休み明けになると聞いておりました。

わたくしめ的には全然急いでいなかったので、いつでもそちらの都合のいい時で
結構ですよ~と返事をすると16日頃はいかがでしょうか?となり決定
当日を迎えた今日ディーラーに受け取りに行って参りました。

自宅まで運んでくれる事も可能だったよ~ですが、何やらネット接続やスマホ
との連動、オーナーズデスクへの通信設定にセキュリティー関連と説明が
相当あるらしくそれなら午前中なら空いてるのでそっちへ行きますわ~と。


午前9時半に来店となってましたが納車専用ブースに案内された頃にはすでに
1時間が経過しておりました。









実際に間近で見てみると想像以上にデカイ、、、

やっぱり仕様に書かれていた通り、全長は今まで乗ってた車とほぼ一緒でかつ
全幅はさらに広く、唯一全高のみがデザインから低くなっている感じでラゲージ
スペースに関しても十分の広さがあってこれなら余裕で釣りでも使えますねぇ。

同じハイブリッド仕様でもトヨタのエンブレムのブルーよりやや深み掛かった
コバルトブルーに近い感じかな?ただ、、、エンジンの大きさ、排気量を見ると
果たしてハイブリッドとしての意味がそこまであるのだろうか?ちょこっと
疑問に思えるところもありますが、とりあえず静粛性は半端じゃなく高く
乗り心地は超~静かで快適なので楽しみです ♪


まずは搭載されている最先端の安全機能&装置の使い方説明から始まり、
ネット接続、専用オーナーズデスクとのやり取り方法など何やかんやで結構
時間が掛かり、一段落つくと正午前になってました!?確かにボタン類もかなり
多く、あとは乗っていきながら実際に触って覚えていくしかないかなと。





最後に花束とまた中に何が入ってるのか不明なプレゼントを渡され納車手続き
の全てが終了 午後から用事が入ってた為、超特急で帰宅するのでした。

今後のメンテナンスや洗車などはディーラーに持っていけばいつで無料で
やってくれるみたいですのでその辺の手厚いサービスはさすがと言えますね。
わたくしめみたいにぐーたらで何でも適当に扱ってしまう性格にはある意味
もってこいかも!?(爆)


実は今夜から車でちょこっと遠征計画を立てておりまして、早速この車で行く
のもいいかも?な~んて思うも、いかんせん長距離走行になる上、夜間の山間部
を抜けていかないといけなく納車当日からフロント部が激突した虫だらけに
なるもの悲しいのでもう1台の方で行く事にしましょう。

このホワイトライトに加え上段の3眼ヘッドライトまで煌々と点いてしまうと
確実に虫が引き寄せられてきてバシッ、バシッと激突してくるのは目に見えて
ますからねぇ、、、でもまぁ、そんな事を気にしてるのもど~せ最初のうち
だけですぐに気にせず適当に扱うよ~になるんでしょ~けど。(爆)





さてと、用事が済んだらエサを買いに行って出撃準備をしないと!




「今夜からはどちらへ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマスのゴーヤチャンプル&冷汁 ♪





夏と言えばゴーヤ!夏と言えばタマミ!(爆)

超しょ~もないスローガンと共にスーパーで旬のゴーヤをゲットしてきました。
あはは、ほんとはたまたま買い出しに付いて行った際に入口付近でデカデカと
置かれてあったのに目が留まっただけのことなんですがねぇ、、、

更に言えば最初はこのゴーヤで豚肉と共に沖縄名物ゴーヤチャンプルを
作ってもらおうと思ってたのが、レシピを調べていくうちに具材が少々変わって
きまして、、、豚肉の代わりに魚 → 魚ならやっぱり夏を代表するタマミこと
ハマフエフキ!ってな流れになるも、サケで作るとめちゃウマと紹介されてる
レシピを見つけ、、、最終的に魚はサクラマスに決定。(笑)


必要なのはメイン食材でもあるゴーヤとサクラマスの切り身、あと木綿豆腐、
ニンジン、タマネギくらいでしょうか?















ゴーヤはワタを取って8mm前後の厚さにカット、サクラマスは一口大にカット
、木綿豆腐は水切りをした後手で適当な大きさに千切ってニンジン、タマネギは
普通にスライス。これらをサラダ油を敷いたフライパンの上で炒めていくわけ
ですが、まず先にサクラマスだけ入れてある程度火と通してから残りの食材を
入れた方がベターなよう。

最後に醤油と日本酒を入れて味を調えてかつお節を散らせば完成!


単に炒めるだけとゆ~超~簡単ディッシュに続いてもう1品も負けず劣らず
簡単なディッシュ!なんせ蒸し暑い夏は何事もできる限り手間暇かけずに
ちゃちゃっと済ませれるのがベストですもんねっ ♪







暑くなってきてからもうすでに何回も作ってもらっている為、作り方の多くを
説明する必要も無いかと思う冷汁~!味噌&練りゴマ+ダシ汁で作った汁に
焼いてほぐしたサクラマス、キュウリ、ミョウガ、オクラをほ~り込んで
冷やしただけでございます。(爆)


作ってから冷蔵庫に入れてちゃんと冷えるまで少々時間が掛かるので今回も
炒め物を作る前に仕込んでおきましたよん。

ご飯にぶっかけたら食卓へGO&頂きましょう!





サクラマスのゴーヤチャンプル&冷汁 ♪


ゴーヤチャンプルって豚肉が入ってないといけない!みたいな固定観念が
わたくしめの中にあったんですが、密かに魚で作ってもめちゃくちゃイケます。


ゴーヤ特有の苦みとサクラマスのまろやかテイストが醤油とかつお節の風味で
まとめられてまさにゴーヤチャンプルそのもの!?あはは、そりゃ魚以外味付け
に至るまで同じ食材なんですからゴーヤチャンプルですよねっ。(爆)

あと食べながら思ったんですけど、これってサクラマスでなくタマミで作っても
全然いけるんちゃうん?と、、、

ゴーヤそのものがパンチのきいたお味なので、他の食材はよほどアクセントの
強い物でない限りゴーヤの方が勝ってしまうので白身魚なら全般的にどれでも
合いそ~な気がしました。







沖縄を思い出させるお味を堪能しながら、あ~~~もう何年も沖縄には行って
ないなぁ、、、タマンよりホシギスや特大マゴチ、あと巨大なハタ科の魚、
GTなんかもいつかは釣ってみたいと一昔前までいろいろ調べていたんですが
、いつの間にか忘れちゃってました。

また時間ができたらじっくり攻めてみたいエリアでもありますね。


解凍した同じパックの切り身ストックから2種類のディッシュになった今夜の
FISH DINNER、冷汁も調理工程は似たよ~な感じでしたが、ベース
となる調味料が異なるとガラッと雰囲気も変わって全く別の魚のよ~に
思えてしまうのが面白いところ。

こちらは前回作ってもらったハマフエフキバージョンの方がより美味しいかも?
もちろんどちらの魚でも美味しく頂けますが、冷汁の組み合わせにはより
あちらの方がマッチしてるよ~に感じましたわ~。





まぁ、トラウト類も身はサーモンピンクカラーではあるけど白身魚に分類
されますからマッチングとしてはハマフエフキとそこまで大差は生まれない
でしょ~けどねぇ。

わたくしめ的には今後はハマフエフキで冷汁は決まりかな?




「サクラはもったいない」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

フライングギャフ





タマン針、、、より遥かに巨大な針!?

あはは、フックはフックでもエサを付けて魚に口で咥えさす物ではなく、
人間側が水面まで浮いてきた魚に掛けて使う物。


そう、これはランディング時に魚が巨大過ぎてタモでは対応できないよ~な
ヘビー級モンスターを陸に揚げる際に用いられるフライングギャフと呼ばれる物
で、大物投げ釣りにおいては滅多に使う機会は訪れないものの、とりあえず
この夏の経験から作戦によってはバッグに忍ばせておこうと購入してみました。

まずはいつもの釣具量販店に電話で在庫があるか?問い合わせてみるも、
残念ながら店頭には無いよ~で手っ取り早くネットでポチッと!

調べていくとフライングギャフもピンからキリで64チタン合金などで作られて
いる物はゼロが1つ多い驚くよ~な値段だったり、ギャフでも相当奥が深いん
だなぁ~と思いましたが、とりあえずわたくしめの場合、まず今後出番は無い?
限りなく皆無に等しいように思える為、最も安価だった、







ナカジマ「パワーギャフ ジャンボ」、「パワーアダプターⅡ」


ステンレス製のこちらで十分でございます。

パワーアダプターとの併用でフライングギャフとして使用でき、サイズも最も
大きい9φ×250mmでロープ結束用リングもちゃんと付いております。


ゴムOリングの摩擦力を応力したフライングギャフシステムとあり、この筒状の
パワーアダプターに片方にギャフ、その反対側にタモの柄を装着させ魚に
しっかりギャフを打ったらロープを持ったままタモの柄を引っ張ればアダプター
が分離してタモの柄が外れる仕組み。

ロープが連結されたギャフは魚に残ってますから後はロープを引っ張って
ランディング?陸へずり上げるだけとなり手順としては簡単そ~だけど、
このギャフ打ちをほんとしっかりしておかないと引き上げ途中でバラして
しまう可能性もありそうですよねっ。













近くにタモの柄が無かったのでイメージだけにはなっちゃいますが、こんな
感じでアダプターが分離するわけね~。


以前、ハマフエフキ作戦で高知県の離島に行った際にお土産にハタ系の魚
でも~と明るいうちに小魚を投げてるといきなりアタってきたメーターオーバー
のクエ、、、2つのタモを駆使して取り込みを図るも魚自体が24kgもあって
無残にもタモ枠が破壊、、、結局、2重になったネットを手で持ってずり上げる
事となりましたが、それも運良く足場の低い磯だったからこそ取れたもので
もし水面から高さがあったり、夜間だったらきっとバラしてました、、、

その経験からこのフライングギャフの必要性ってのを考えるよ~になり、今後
出番は限りなく皆無に等しくても備えあれば患いなし!いつの日か出番が訪れる
事を密かに祈りながら磯クールの底に眠らせておきましょう。

あっ、そ~だっ!このままの状態じゃ戦場に持ち込んでも意味がありません
でした、、、ロープを忘れてますわ。(爆)





耐荷重表記があればいいんですけど、ホームセンターにでも行って30kgくらい
まで耐えれるよ~なロープを7m程度、探してきたいと思います。




「モンスター用やな」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シロギス&マハゼの天ぷら ♪


いつ食べても美味しい、何度食べても美味しい ♪

蒸し暑い夏にこんなキーワードが似合う食べ物なんてほんと限られてきます
よね~。わたくしめで言えば、FISH DINNERという観点からだとやっぱり
定番のお造りからお寿司始め、冷たく頂ける冷汁などサッパリ系な食べ方が
真っ先にリストアップされてくるかな。

そして、これは油で揚げてるので決してサッパリ系とは言えないものの、
そうめんやそばなど冷たい麺類とコラボさせる事によって不思議にも超~
美味しく&涼し気に夏を感じられるのが天ぷら!

あはは、正直天ぷらがど~こ~ではなくそうめんがメインにあるからこそ
そう思えるだけなんでしょ~けどっ。(爆)







写真に写ってる一番デカいキス1匹だけは昨夜お造りで頂きまして、残りの
マハゼを含む全ての釣果は開いて冷凍、、、今回は数的に一度に食べきろうと
思えばできるものの、他の食べ物と一緒にとなるとちょこっと多く感じちゃう
よ~な微妙な数でしたから、とりあえずピンギスも少なく1匹当たりのサイズが
良型だったので2回分に分けておきました。


で~、早速1回分は冷凍せず今夜頂こうと思い、先日のBBQでAKBさんから
頂いた自家製万願寺唐辛子をコラボさせて天ぷらに。


魚は当然ながらキス&マハゼ!


特に天ぷらにするとキスより美味しいマハゼは全て使っちゃいます ♪







それにしてもビックリしたのが、万願寺唐辛子の大きさ!?

さすが唐辛子の王様と言われてるだけあって超~特大で一見辛さもそこそこ
ありそ~な印象を受けるも、これが全くでむしろ甘味溢れてとても美味しいん
です。調べてみるとこの品種は京都府舞鶴市が発祥の京野菜。

ほんとに特大で下手にたくさん食材を買ってくると絶対食べきれないと思った
のでナスとインゲンのみにしてあくまでメインは魚と万願寺唐辛子で~。(笑)


揚げ物は天ぷらのみならずどんな物でも揚げたてを食べるのがベストですから、
そうめんも事前に茹でてから冷やしてスタンバイさせておきましたっ。





シロギス&マハゼの天ぷら ♪


毎年夏には必ず数回は出てくる天ぷら&そうめんのコラボですが、今年は
コンスタントに頂けてるよ~な気がします。数日おきなどあまりにも頻繁に
出てくると揚げ物ですから今日はいい!ってなり兼ねないものの、
週1ペースくらいなのでGOODバランス。

夏は冷たく冷やした麺類で、秋になると麺の代わりに炊き立てご飯を持ってきて
天丼なんかにするとまた印象が変わって美味しく頂けます。


今夜は魚より先に万願寺唐辛子を試食してみると、うん ♪ 甘~いの言葉が
出てきますわ~。果肉は分厚くてジューシーかつ種も少ない為、丸ごと
いけちゃうのが嬉しいところ。ピーマンと同じ感覚かな?個人的にはこっちの
方が味わい深くて好きですね。









前の列がキス、後ろがマハゼで盛り付けてあるものの、パッと見~どちらも
サイズが似てる上、同じよ~に開いてあるので一瞬分からなくなっちゃいますが
、よ~く見ると違っているのが分かります。

マハゼの尾っぽはギンガムチェック?いや、千鳥チェックの方が近いかな?
模様が入ってて身自体もフワッとしたボリューミーな仕上がりに ♪

揚げるまではそこまで身の厚さも変わらないよ~に思えたんですが、いざ
天ぷらにしてみるとこんなに差が出るのはやっぱり身質が根本から異なって
いるからなんでしょうねぇ。


見た目通りフワッとした食感&独特な旨みが特徴のマハゼはほんと天ぷらに
ベストマッチする食材と言えますね!キスも絶対裏切らない確実な旨さを持って
いるけど、普段、そこまで頻繁には食べる機会が無いマハゼの方が新鮮かつ
美味しく感じちゃうのがわたくしめだけでしょうか?(笑)







キスのストックはまだまだあるけどマハゼはこれでもう終わり、、、


これから秋にかけて専門に狙えば数釣りもできるんでしょ~けど、いかんせん
サイズが小さめなのが多くなりますし、、、個人的には天ぷらにしてガブリと
いける大きさが希望なのでそんな個体をとなるとまた同じ場所に行くのが得策?




「武庫川河口は?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

サクラマスのお寿司 ♪


考えてもみれば毎年7月頃から9月いっぱいくらいまでの3ヵ月間程しか出撃
しておらず、トータル10回も出撃できてないキスの引き釣り、、、カラフトマス
やアキアジといったトラウトルアーにハマる前まではもう少し多く出れていた
よ~にも思えますが、現状では一桁台ですねぇ。

でも、出れば出たであのプルプルッという典型的なアタリが楽しくてもっと
やりたい!と思っちゃうし帰還後も美味しいFISH DINNERにありつける
からキスって本当最高のターゲットの1つはなずなのに、、、

自然と大物釣りに惹かれてしまってるJCAでございます。





毎年関西の夏は灼熱地獄になりますし、どのみちやるとしても夜戦か早朝の
数時間のみでデイタイムの作戦は避ける傾向にあるので、地元で何かをとなると
キスの引き釣りはある意味ベストなのも確か!

今年も何回出撃できるか分からないけど、とりあえずサイドボックスの消耗した
仕掛けを補充してタイミングが訪れればいつでも出れるよう準備だけは万全に。


はいっ、今夜も無性にサクラマスが食べたくなってきて、、、新鮮なストックが
またできた今、どのよ~に頂くかなんて言うまでも無く!





サクラマスのお寿司 ♪


やっぱりお造りか握りの生食しかないでしょ~!

暑くなればなる程、シャーベットの如くシャリシャリ感が爽快なルイベが
食べたくなるものの、サクラマスはまろやか過ぎる上質な脂を120%
堪能したい為、わたくしめは完全にとかしたお造り or 今回みたくお寿司
として頂くのが好き ♪

冷凍させる時には一応ルイベ用と記載するも、この魚だけは最近は常に完全
解凍した状態で頂いてるよ~な気がします。









撃沈してきた魚でお寿司を作ってもらう時は常にシャリをめちゃくちゃ小さく、
そしてネタはデ~~~ンとどでかく乗せてもらうのが我が家流 ♪ ただ、
握り寿司は酢飯の美味しさで寿司の美味しさが決まるとまで言われてるよ~に
酢飯も適当ではイマイチ、、、小さいながらも味わい深い仕上がりになるように
しないといけませんねぇ。う~ん、お寿司も奥が深い!


前回初めて試してみて凄くイケた酢味噌ダレトッピングバージョンももちろん
作ってもらいましたよん。身から滲み出てくる超~まろやかな旨み同じく濃厚
ながらもどこか爽やかさが漂う酢味噌ダレのコラボは最高。

酢味噌ダレだけでもいいし、ほんの少し醤油を垂らすとよりまろやかさに
パンチが加わって食べ応え抜群になります。





ほんまコレ、毎日でもいけるわ~。(笑)




「う・ま・そっ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR