生体反応が薄い、、、 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (2日目)


もうすでに外気温は2℃まで下がってしまってますけどほんまに夜釣りされるん
ですかぁ!?って問いかけに平然とした顔をして、俺は全然やるで~と答え夜戦
場で降りていかれた“マダイ師匠”、、、わたくしめはそのままみかんの湯が
あるホテルへ直行したわけですが、部屋で暖房をギンギンにかけてても
なかなか暖まらないくらい外は極寒で、こんな中、朝まで戦われるとは
マダイ師匠はタフ過ぎるとしか言いようがありませんよね!

そして今朝、約束通りの午前5時半にピックアップに向かい釣果を伺ってみると
サッパリだったとの事、、、やはり真冬の夜戦は厳しいのかも?です。


いつものなら夕方頃までみっちり戦って帰還といった感じになる宇和海遠征
ですが、明朝から成田に移動して海外出張に出ないといけないのもあり無理は
禁物とお昼過ぎ頃に撤収予定でおります。マダイ師匠にはポイントはどこに
されるか?朝までに考えてて下さいと昨日のうちに候補を2ヶ所まで絞り込んで
別れており、ファイナルアンサーを伺うと2つ目の方に!

1つ目の方とゆ~のはクーラー内が空っぽのまま帰還するのを避けるべく
何かしらお土産も取れそうな過去に行った事のある戦場でもう一方が引き続き
新規開拓の賭け!やっぱり常に勝負師と言いますか、、、丸ボウズでもいいから
新しい場所を攻めようという考えは出会った頃と変わりません。さすがです!







「宇和海」


宇和海と言えどもめちゃくちゃ広範囲に渡りますし、そのエリア内には良さげに
見える小場所が無数に点在しておりまだまだ可能性を秘めております。

早速カーナビの座標に戦場付近を打ち込んでGO&到着早々ファイヤ~して
いくも想像してたより浅め?いや、海図を見る限り水深はそこそこあるはず
なんですが、、、と戸惑ってるとど~やらマダイ師匠が投げた方向は急深に
なっているみたくちょ~ど大きなスロープの途中にわたくしめらは居るよう。


目立った根掛かりも無く雰囲気的にはいい感じ~とワクワクしますが、1時間
、そして2時間が過ぎてもアタリは皆無、、、リーリングし始めると一気に
襲ってくる定番のエソに数回弄ばれながらひたすら頑張るもドラマは一向に
起きてくれません。マンダムタイムをただただぼ~っと雑談しながら過ごして
おりましたが、さすがに昨夜のお疲れが出てきたのか?





マダイ師匠は波止際で爆睡モードに突入!?


それも寝返りでも打てば海にドボンしちゃいそ~な超~際どい位置で爆睡される
ものですから見てるこちらの方がヒヤヒヤですわ~。マダイが釣れない時は
基本ご機嫌が斜めなわけでして、、、下手に起こしてめちゃくちゃ怒られても
なんですからこのまま放置とゆ~ことで。(爆)

JCAも最初のうちはブラックコーヒーを飲みながら竿先を凝視してたものの
、ここまで沈黙が続くと仕舞いに心が折れ気味になってきてクーラーの上に
座ったままうたた寝開始、、、


ジャアアア~~~ッ!?


おそらくは20分も寝てなかったと思いますけど、急に鳴り響いたドラグ音で
ドキッとさせられて起床&即対応するも、水揚げされてきたのは、





イラん魚イラでした。(泣)


エソにトラギス、トラハゼ、そんでもってイラ、、、この負の連鎖とも言うべき
外道たちを見てここではアマダイ、マダイの魚影が望めるのか?確かに実績場
ではこれらの外道プラス、イトヨリダイなんかが定番的におりますし謎?
とゆ~より疑問は深まるばかりです。

あっ、ちなみにマダイ師匠はけたたましいドラグ音が鳴ったにも関わらず
全くお目覚めになられる様子も無く爆睡モード継続中!(爆)


結局果てしなくマンダムタイムは続きあっという間に午後13時過ぎ、、、


ずっと爆睡されてたマダイ師匠もお目覚めになられ時計を見て、おっ、そろそろ
終わりにしよ~か~とスッキリ&サッパリ終了となりました。

厳寒期はど~しても過去に実績にある戦場ばかり固執しがちですが、この2日間
全くお初の戦場ばかりと大物投げ釣りにハマった頃にマダイ師匠と桜島の
避難港を片っ端から数ヵ月かけて開拓してた頃を思い出し久しぶりにワクワク
しました。原点回帰を謳うならこ~ゆ~よ~な貧果覚悟の新規開拓も
積極的にしていかないと面白くないよなぁ~と改めてねっ。





さてと、渋滞してない事を祈りながら帰還しましょうかねぇ。




「長距離運転やね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

52cm マダイ撃沈! 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (1日目)


年始早々、新年のご挨拶を兼ねて電話をしてた“マダイ師匠”から2月の半ば頃
までに一度以前からに気になってた大分県のとあるエリアへ行ってみないか?と
誘われており、なにぶん冬の遠征がゆえ急に爆弾低気圧がやって来たりと
読めない所もあるのでギリギリになって最終判断する事にして、一応その日程で
予定は空けておきますね~と。

2月に入りそろそろ天気予報と睨めっこ&航空券やレンタカーの手配をしないと
~って考え始めた矢先に天気予報は微妙な感じとなり 日を追うごとに
悪化 最終的に話し合った結果今回は大分は止めて急遽宇和海にでも
行こうか~とシフトしたって感じだったんです。


毎度の如く豊浜SAで肉うどんをすすったらお次は松山ICで下りて、これまた
いつもの釣具量販店経由で~と予定を立てるもよく考えてみるとすでに冬季営業
時間になっており24時間じゃなかったんです!ちょ~ど高速上で気付いた
ので良かったものの忘れてたらあ~あ、、、となっちゃってましたねぇ。

そんなわけで高速から途中下車せずまっすぐ「宇和海」方面へ。





到着後、即暗いうちから竿を出していたんですけど一切反応無いままあっけなく
夜明け、、、釣果と言えばヌタウナギが3匹釣れたのみ、、、ってゆ~か
この海域にもヌタおったんや、、、


計画段階では前回に特大シロアマダイを撃沈した戦場に入ろうと思っていた
ものの、マダイ師匠からアマダイってゆ~のはそんなに数居るもんちゃうし
2日間丸ボウズでもいいから新規開拓しよ~やと提案があり海図を見ながら
戦場選んでやって参りました。


ジイイイッ!


明るくなってやっとアタリが出たと思えば、






エソ、、、


なんでやねん!と突っ込みながらポイ。(爆)

ヌタウナギにエソ、これでトラギスにイラみたく続いたらまさに外道スパイラル
ですよね。そ~ならない事を祈りながら積極的に打ち返しますが、さっきの
エソをリリースした後はピタリと魚っ気が無くなってしまいしばらく放置
しててもエサが綺麗に残ってくる状態、、、


今戦っているエリアには興味をそそられるよ~な小さな突堤や護岸など幾つか
点在しており、マダイ師匠はわたくしめが戦っている釣り座から少し離れた所で
竿を出されております。さすがに歩いてはいけない?歩きたくはない距離でした
から電話でお互い状況報告しながら頑張りますが、あちらもイマイチのよう
、、、明けてからはフグが多いとおっしゃってましたけどこちらは皆無ですわ。





今日は冬の宇和海にしては珍しく風は弱く非常に釣り易いですね~。


ただ気温は超~寒く、だいたい80%の青空を中心に背後の山を越えてグレーの
雲の塊がやって来ると一気に冷え込み雪までチラチラ、、、そして再び青色の
面積が広くなると少し暖かく戻ってくるの繰り返し。多少エサ取りなり外道が
釣れてくれたら身体も動かせて平気なレベルなんでしょ~けど果てしなく
無の時間が続いているのでひたすらじっとしてるだけで辛いっす。

午前11時頃、またまたダークグレーの雲が押し寄せてきて冷えるだろうなぁ~
と空を見上げていると、すぐ前に置いてあったスピンパワーから鋭いドラグ音
がっ!?それもちょこっと特徴のある鳴り方なんです。


ジ~~~ッ、ゴンゴン


ジ~~~ッ!


走って止まって、また走り出すってアタリはおそらく、





52cm マダイ撃沈 ♪


このストップ&ゴーのドラグパターンは典型的なマダイのアタリで、おまけに
リーリング最中から何度も首を振っていたのでこりゃ間違い無い!と確信
できましたよぉ。一番食べて美味しいサイズでしょ~ ♪

もしかすると群れで回ってきてるかも?とドキドキしながら全ての仕掛けを回収
&新鮮なエサに付け替えてファイヤ~するも単発だったみたい、、、でもまぁ、
これでボウズ逃れはできたと喜びながらマダイ師匠に報告電話を入れるも、
ほぼ同時刻にらしきドラグ音が鳴り響いたにも関わらずフッキングまで
至らなかった模様。やっぱ冬場は単発ばかりですね。


午後になるとまた青空が広がって太陽もしっかり見えて快晴モード ♪


じっとしてても若干ですけどポカポカ暖かく感じられこれでもう1匹、アマダイ
でも来てくれたら最高なんだなぁ~と思いつつぼ~~~っと、、、










水深は20m前後で掛かるよ~なカケアガリも無くなだらかに落ち込んで
いってる感じかな?深場でよくあるすり鉢状ストラクチャーと思われます。


こんなに寒いのにマダイ師匠は場所を変えて夜戦をされるとやる気満々な為、
暗くなる前に移動しましょうと今日の撤収時刻は午後15時半に設定&それまで
気を抜かずいわゆるねちっこい釣りをしたつもり?ですが、

午後から釣れたのはこの方のみ。(爆)





ワンカップの空き瓶?中に入ったまま水揚げされてきたので水圧が結構掛かって
ひょっとして!?と期待したのにチ~~~ン。

波止の上に放置してると自ら出てきて海に帰ってゆかれましたっ。


初日を終えて釣果写真を見て思ったんですけど、昨年末の来た時と似たよ~な
釣果なりましたぁ。あと時のマダイはもう1~2cm大きかったかな?でも、
ひゅうが飯にして頂くと超まいう~でしたからいいお土産でございます ♪







「天然マダイやね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

スプーンを持った後はお箸?





午前中にちょこっとした野暮用で京都市の中心部へ行ってきたJCA、思ってた
より早く用件が済んだのもあり以前からエリアトラウト関係のアイテムが豊富と
聞いてた釣具店に寄ってきました。


わたくしめがしょっちゅう行ってるいつもの釣具量販店も関西最大級のチェーン
だけあって当然ながらトラウトコーナーも設置はされているものの、今日のお店
に比べるとコーナー自体の規模が違いました!?さすがトラウト師御用達と
言いますか、、、ラインナップが超~マニアック。

まだ何がど~いった効果があるやらこの管理釣り場ではこの手のルアーがいい
など知識不足&スプーン自体もたくさん持ってませんからとりあえず目に
留まった物、気になった物は片っ端から買い物かごにほ~り込んでゲット!
特にここでしか買えない限定カラーってのは要チェックです。

まずはスプーンをしっかり操れるよ~になる事を目標にしているものの、これは
熱い!みたく大々的に宣伝されてたクランクベイト類も一応ちょこっと。(爆)







帰宅したらすぐ全部開封しグラム数で分けてスプーンワレットなどに収納、、、
と思いながらも再び他の野暮用が飛び込んできたりで結局できないまま
夕食タイム お風呂 バッグに着替えなど詰めていると出発時間に!?

実は今夜からまた長距離運転でリアス式海岸を目指そうとなっており単独出撃
なら時間は気にせずマイペースでいけるんですが、今回は相方がいるので
時間通りに行動しないといけません。


今朝も雪がチラついたりしてるくらいこの冬は極寒の西日本、、、そんなのを
全く気にせず相方は夜釣りをされる旨話しておられますから驚きですわ!?
あっ、ちなみにJCAは凍死したくないのでホテルを予約してあります。(爆)

午後21時ジャストにわたくしめ宅にいらっしゃった相方と夜間の高速を走り&
トイレ休憩で立ち寄ったPAで運転を代わってもらってからとゆ~もの、覆面が
居たら絶対捕まるで~というスピードで走り抜けて、

あっという間に次に予定していたトイレ休憩ポイントに!





そしていつもの必勝うどん!?をすすってから出発でございます ♪


あと1時間程走るとおそらく積雪が凄いみたい!?




「通行止めは解除中」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シマノ「FIXCEL LIGHT GAMESPECIAL 220」


日本各地、特に日本海側と四国の太平洋側を中心に記録的な大雪が続いている
ここ数日、出撃したくても出撃できない状態にありストレスが溜まり気味なJCA
でございます。スタッドレスを履いてるからど~こ~というレベルをもう超え
ちゃってますしねぇ、、、地球が持たん時が来ているのだろうか!?(爆)


そんな状況下、何かを楽しみたい!と思えば身近でかつ安全に楽しめる関つり
、、、ではなく管釣りネタになってしまいます。

エリアにおけるトラウトルアーでは風が強い時、また精密なレンジキープを
する為にしゃがんだりと低い姿勢でリトリーブする事も結構あり横着なJCAは
少しでも楽をしよ~と椅子みたく座れる物があったらなぁ~、、、と考える中、
一石二鳥!とひらめいて注文したブツが届いた、、、そんな事をちょこっと
前に書いておりました。


そのブツってゆ~のがこちらになります。







シマノ「FIXCEL LIGHT GAMESPECIAL 220」


一度でも管理釣り場へ行かれた事がある方ならお分かりかと思いますが、
みなさんかなり身軽!余計な物は一切持って来ずタックルバッグ&ロッド
スタンドにタックル類だけ~やらロッドスタンドが付いたクーラーのみに竿1本
、、、であったりもっともっとライトな方はウェストバッグに竿1本のみって
なのもよく見かけます。まっ、エキスパートの方々は最初にあったタックル
バッグ&ロッドスタンドに複数本の竿ってスタイルが一番多いかな?

クーラーを持参されてるかされてないかは基本、リリースベースの方なのか?
数匹持ち帰ろうと考えてらっしゃる方なのかになってるよ~に思えます。

トーナメントなどで活躍されてるよ~なエキスパートの方々はリリースベースが
ほとんどでおそらくもう要らない!って程釣って過去に食べられてきてると
思います。ほんとエリアでは腕によって釣果にもの凄い差が出ますので、、、


駆け出しっぺ&魚を食べる事が好きなJCAは後者の方で釣った魚は持ち帰って
食べたいのもあり釣り場へ持ち込む、持ち来ないは別として車内には常に
クーラーを持参しております。ただ、、、椅子が欲しいとなると管理釣り場自体
に置いてある物を使われてるのを見る事はあれど、置き竿での投げ釣りや
キャップみたくアウトドア用の簡易チェアーまで持ち込まれてる光景は滅多に
見る事がありません、、、みなさんクーラーに腰掛けてるのが多いですね。





そこでJCAも自分なりに?いや、自分にとってより快適に楽しめるスタイルに
近付ける為、この幾つかアクセサリー類の付いた“GAMESPECIAL”
専用に導入したってわけです。

キスの引き釣り専用クーラーみたいな感覚でしょうか?(笑)


サイズ的に17Lとこの22Lとどちらにしようか?迷ったものの、過去に
50cmオーバーのニジマスが釣れた際には22Lでも曲げて入れないと
大変だったのと、自分用の食料なども入れたいし、、、など考えてると
やはり大は小を兼ねるとゆ~ことで22Lに決定。









ロッドレストが2個装備されておりこのクーラーだけで竿2本ホールドできる上
、サイドポケットも小物を入れるのに便利。上フタにはラックトップレバーで
素早くスムーズに魚を投入できる魚入れ口にハンドルでもショルダーベルトでも
持ち運びができる2WAY仕様、そして何よりフィクセルは座っても大丈夫!
と売り文句にする程の頑丈設計となっているので魚&食料もキープできつつ
座る事も可能なまさに一石二鳥アイテム ♪

中のインナートレーを使えばスプーンワレットやルアーケースまで収納する事も
できなくもない、、、かな?アクセサリーがたくさん付属してるってのは個々の
使い方に細かく対応できバリエーションが持てるのでいいですよね。


シマノのHPを見てるとGAMESPECIALⅡなるモデルが後から発売に
なってますが、ど~もわたくしめ的には違っており、、、またブラックを基調
とした物が欲しくの方で22Lとなるとピュアホワイトになっちゃうんです
よね~、、、更に17Lの方ではブラック仕様があるも上フタがホワイトじゃなく
ライトブルー?っぽい色でここもど~もイマイチに思えたので。(笑)





やはりブラック&ホワイトのツートンが一番引き締まって美しいですわ ♪




「カッコイイよね!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

イトヨリダイの中華風酒蒸し ♪


前回漬け茶漬けに初チャレンジ&大成功だった身が非常に柔らかい白身魚、
イトヨリダイ、、、これまでは鮮度が高い物はお造り、冷凍保存してあった物は
専ら酒蒸しか唐揚げなどにする事が多かったのですが漬けというレパートリーが
増えてもっといろいろ試してみたくなってきている今日この頃でございます。


なんせ魚そのものがお上品な魚として扱われており確かに塩をさっと振って、
お酒、レモンだけで作る酒蒸しなどは絶品 ♪ カワハギや他、同じ白身魚で
作ったりしますけどやはりイトヨリダイの方が美味しく感じますねぇ。

だけど、、、さすがに撃沈してくる度に酒蒸しだと、調理法がシンプルな
ディッシュがゆえちょこっと退屈に思えてくるのも確か。そこで今回は同じ
酒蒸しでも趣向を変えたアプローチで作ってみました。





だからと言って全然大掛かりなものではなく、シンプルのまま!

ご覧のよ~に下処理を済ませたイトヨリダイの皮目に飾り包丁を入れてお皿に
乗せ、岩塩、コショウ、紹興酒を振って最後に長ネギの上の青い部分を適当な
サイズに切って乗せればオッケー。

後はサランラップをしてレンジでチンでございます。


その間に今度は残った長ネギの白い部分を使って白髪ネギにして水に浸して
レンジで蒸しあがるのを待ちます。レンジで蒸す場合、体高のある個体だと
ちゃんと芯まで蒸しあがっているか?確認しながら調理時間を調整しないと
微妙に中だけが半生、、、ってな時もありますから要注意!











ほいっ、蒸し終えたイトヨリダイの上に準備しておいた白髪ネギとチャービルを
たっぷり乗せて、そこへ熱したごま油をかけるだけで完成 ♪

わたくしめもネットにあったレシピを見て、えっ、、、これはどんな葉っぱ
やろ?と思ったチャービルとはセリ科シャク属に属する一年草でパセリに類似。
フレンチパセリとも呼ばれておりマイルドな味わいの料理の風味付けに用いられ
フランス料理の名脇役として使用されるハーブとあります。仏名でセルフィーユ
、和名でウイキョウゼリとも呼ばれてるそ~な、、、と書かれてもピンと
きませんが食べるとあっ、この味食べた事ある~となるはず。





イトヨリダイの中華風酒蒸し ♪


チャービルは中華ディッシュにも積極的に用いられてるよ~でわたくしめは
過去にちぃ~と高級な中華料理のレストランで出てきたディッシュにあった味!
って感じで思い出しましたよん。フレンチより中華の方が食べる機会が多い
からかな?自宅で作ってもらうのは別としてそこまでしょっちゅうフレンチ
レストランには行きませんからねぇ。(笑)

ごま油の香りが非常に食欲をそそり、紹興酒ベースの味付けはシンプルながらも
しっかりしたパンチがあって一度食べるとしばらくの間やみつきになりそう ♪





白身を箸でつまんで周囲にあるネギ&タレをたっぷり付けて食べると最高!



たっぷり付けても全然クドくないサッパリダレはイトヨリダイそのもののお味を
更に引き立ててくれますし普通の酒蒸しにちょこっと飽きてこられてる方には
超~お勧めディッシュですわ。JCA自身も今回でハマちゃってまた食材を
仕入れに行きたくなってきましたわ~。

厳寒期は釣りものが限られてきますしねぇ、、、




「コレ、良さそ~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

いつの間にかのめり込んでます ♪


管理釣り場へ通うよ~になり毎回いろんな出会い&発見があり、投げ釣りとは
全く異なるカテゴリーもエンジョイ中のJCAでございます ♪

なんだかエリアトラウトでは竿1本でお手軽に始める事もあり若い方もたくさん
来られてますし、極めていらっしゃるみなさんも超~お洒落!恰好から釣り
スタイルまで何て表現すれば最も適切なのか?分かりませんけど、これを
見てると、あ~~~そりゃルアーフィッシングは人気が出るわ~と実感できる
所も多々。衰退傾向にある投げ釣り?特に大物投げ釣りでも何かしら見習える
点はありそうかも?と思ったりする今日この頃。(笑)


そんなわけで先日も何店舗かトラウトルアーを扱っている釣具量販店をハシゴ
してスプーンを仕入れて参りました。





基礎から教えて頂いている先生のご紹介でプロとして活躍されてらっしゃる方
から常連さんまで知り合いになる事ができ、トラウトルアーをマスター
したければまずは完璧にスプーンを使いこなせるよ~になる事から!
とゆ~のを肝に銘じるよ~になりつつあります。

クランクベイトやフェザージグなど他にも釣れるルアーはたくさんありますし、
ネイティブトラウトを狙うよ~になるとミノーもしっかり使いこなせるよ~に
ならないといけないものの、全ての基本はスプーニングからとみなさん言われて
おりレンジキープにアクションなどある意味最も難しいのもスプーンなのかも
しれませんねぇ、、、まだまだなJCAはひたすら練習あるのみですがっ。


ただ、最近ヒシヒシ実感しているのがカラーローテーションの重要さで、ほんと
これをするしないで全く釣果が異なってきます!キラキラがいいと思えば、
土と間違ってしまいそ~なくらい超~地味なカラーで爆釣してみたりと
トラウトは非常に目がいいと言われてますけど、それを証明するかの如く
カラーローテーションによって活性の波が生まれてます。

そしてグラム数によっても飛距離が出せたり、レンジキープがやり易かったり、
強いレンジ、またリトリーブスピードに対しても相性があるので同じカラーでも
重さが違えば全く違った存在!


= 必然的にたくさんスプーンが必要になってくるんです。






気付けばスカスカだったはずのスプーンワレットも賑やかになってきており、
そろそろもう少し大きめの物 or もう1つワレットが必要になってきそ~な
感じかな?人があまり使ってないよ~な珍しいカラーで大当たりするケースも
多いらしくそれを考えながら選んでいるとかなり楽しいですわ~ ♪

遠征の多いわたくしめの投げ釣りスタイルではど~しても遠出になっちゃい
ますが、エリアトラウトは自宅から車で1時間前後で幾つか行けちゃう所が
あるので投げ釣りの合間のちょ~どいい息抜き?になっておりますよぉ。(笑)


あっ、そうそう!トラウトルアーでは風が強い時、また精密なレンジキープを
する為にしゃがんだりと低い姿勢でリトリーブする事も結構あるので、横着な
JCAは椅子みたく座れる物があったらなぁ~、、、と考えてる中、一石二鳥と
ひらめいて注文した物が段ボール箱で届きましたぁ!





一石二鳥のつもりなんだけど、、、主に椅子代わりの用途かな?(爆)




「一石二鳥とは?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

地球の裏側から、、、


今日、明日でフィッシングショーOSAKAが開催されてますねぇ ♪


ここ数年、うまい具合にフィッシングショーの開催される2日間のどちらかは
仕事のオフと重なっていたのですが、残念ながら今年はおもいっきり仕事を
入れられてしまったJCAでございます。まぁ、2018年の総合カタログを
見てる限りシマノの投げ釣りアイテムに関しては手に取って見てみたい!
って物も無く、強いて言えばNEWステラくらいでしょうか?

今月のシフトが出る前に同じクラブのメンバーらにどうする~?と伺うも
みんな見たい物が全く無いしやめとこうかなと、、、どのみち結果的には
たとえ行きたくても日本におりませんので行けなかったわけでして、、、
また来年に期待かな?(笑)

クリスタルガイザー、、、ミネラルウォーターではなくサーフゲイザーなる
並継竿をちょこっとどんな感じか見てみたかったものの、お買い求めし易い
エントリーモデルみたいですししばらくしたらいつもの釣具量販店の店頭にも
並ぶでしょ~からそれまでお預けにしときます ♪

プロサーフが復活してくれたら最高だったんですけどねっ。





日本もそ~ですけど、出張先のヨーロッパも只今寒い冬が訪れております。
ここは緯度的にも日本より遥かに北に位置してるのもあり冬は極寒!

標高の高い山がほとんどないこの国だけは雪は降ってもたまにしか積もり
ませんけど飛行機に50分程度乗ってお隣の国に行ってしまうと豪雪地帯、、、
どこもかしこも真っ白でございます。まっ、ここはここで雪が少ない分、
風が非常に強く半端じゃない凍てつく寒さなんですけどね。

そんなわけで特に冬の間はできる限りホテルから外に出たくなくなり、だいたい
いつもホテルの中に入ってる幾つかのレストランで食事を済ませてしまう傾向に
あります。カジノからコンビニエンスストア、お洒落なバー、フィットネスジム
にブランド店など全てがホテルの中に揃ってしまってるので極寒でなくても
基本は中で用が足りるんですがっ。(笑)


今日も仕事が終わった後、現地の友人らとタイ料理を食べて盛り上がり部屋に
戻ってきてからは少しだけ仕掛け作り、、、

ほんと眠くなるまでの短時間ですのでそんな大掛かりな事はできません!自宅の
針ストックが入ったドロワーの奥から見つけたトーナメントカレイを全部持って
きてフロロカーボン5号を巻いちゃいました。





ちょ~どフトコロ部が広すぎず程良いシャープ曲線を描くチヌ針に近い形状
なのでババガレイ作戦に使えそ~だなぁ~とねっ。あはは、結局は買ったのは
いいものの使わず眠ってたストック消費って感じなんですけど。(爆)

根掛かりの多い戦場もあったりしますからハリスもそんなに上質&繊細って
のよりはバシバシ気にせず使えるハードコーティングラインがベストと考え
大口径スプールの船ハリスをチョイス。ほんとはもうワンランク上げた6号
辺りを愛用されてる方が多いよ~ですが、個人的にカレイ作戦ではいろんな
意味で5号以下で戦うのに慣れてるのでこれで。

以上の作業までで眠くなってきましたので今夜はおしまいで~す ♪




「時間はまだまだある」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

シャローエリアの特訓


今年の冬は近年稀に見る程の極寒ですね、、、わたくしめの地元でも雪が
チラつく、、、のみならず、すぐ溶けちゃいはしますけど一時的に地面が真っ白
になる日もあったりと北海道に住んでいた頃を懐かしく思い出しております。
まっ、全く比べ物にはならない次元ですけどねっ。(笑)


寒波続きのこの寒さに加え、仕事も微妙にタイトであったりで下手な遠征は
控えつつある中、日帰りで行って来れる特訓!そう、エリアトラウトだけは
時間を見つけては行こうと考えている今日この頃、、、しかしながらレッスンを
受けているいつもの管理釣り場は標高の高い所にある為、一応スタッドレスには
替えてはいてても早朝は結構凍結してるみたく怖いなぁ~と、、、

なのでネットで他に自宅から行ける範囲で良さそうな所を探していると、なんと
超~近く!?下道で30分程度で行けちゃう管理釣り場を発見。更にそこのHP
および行かれた方の口コミを見てると、本当の川の支流を利用して作られている
管理釣り場みたく池と異なり流れもあればストラクチャーも複雑かつ基本
シャロー!これって将来的にネイティブトラウトを視野に入れて特訓している
JCAにとっては理想的練習環境じゃないですかぁ~。





そんなわけで早速行ってきました ♪


情報収集をしてるとある程度底のストラクチャーや魚の溜まる部分など理解&
慣れて来ないといい釣果が出せないと結構書かれており、実際ルアー&フライ
専用区画に入ってみると非常に浅い部分と深くなってる部分、また大きなシモリ
が点在してたり難易度の高そうな印象、、、

シモリがあるがゆえよ~く見てるとそこに引っ掛けて切れたスプーンがあったり
、おまけに対岸は草木が張り出しており当然こちらにも無数のルアーが
引っ掛かってます、、、まずはフライの方が多い中、唯一ルアーをされて
おられた方に挨拶をして横に入らせて頂く事に。


準備も即行できちゃいますし、すぐ軽めのスプーンをキャスト!


うわっ、めちゃくちゃ浅いっす。

いつもの管理釣り場だと最低3m近くは水深があり最も深い所では5mと深さが
あるのに対しこちらは即着底し糸フケになるのでカウントをど~こ~なんて
言ってられませんわ~。

そして川幅も狭いのすぐ回収されてきちゃいますし、この回収までの短時間で
いかに魚にアピール&食わせるかってのを考えると難しそう、、、しばらく
打ち返すも一向にアタリは出ず、起伏が相当激しいのもありレンジキープを
念頭に等速でリトリーブしてると砂の盛り上がった部分にガバッと埋もれて
しまったり、岩にアタってみたりとトラブルだらけ、、、







わたくしめが苦戦しているのを見てた横の方がここの釣り場はこんな感じで
攻め方はこう、、、みたくいろいろアドバイスして下さりその通りにすると
早々に1匹ゲット!?後で分かった事なんですが、この方はエリアトラウトの
大会などでもよく上位に入ってる方みたくここの常連さんでもあると。


ここにも普段ブラックバス専門のルアーマンらがちょくちょく遊びがてらに
来てるけれど、ブラックバス釣りが上手くてもトラウトはまた違っている部分が
多いから簡単には釣れないよ~と言われながらこの釣り場でのスプーンの
重さ調整、カラーローテーションパターン、そして可変的なアクションを交えた
リトリーブ方法などとても丁寧に教えてもらいましたっ。

確かに後から来られたいかにもバス~ってな若いルアーマンの2人は
全然釣れてませんでしたねぇ、、、めちゃくちゃ奥が深いっす。







そこそこ強い流れのある中での新しく習得したアクション、、、ちょこっと
ぎこちなくも回数こなしてるうちに徐々になれてきて午前10時には
コンスタントに食わせれるよ~に ♪

さすがトーナメントに出られてるだけあって関西エリアの管理釣り場はほとんど
通われてるよ~で浅い場所を練習するならここ、逆に深場ならあそこ、、、また
70cmクラスの大型魚の一発狙いができるのは、、、みたく釣り場情報と
狙い方のコツなども教えて頂きましたよぉ。本当にありがとうございました!









管理事務所で借りたスカリも何とか賑わって参りましたよん!


ルアー&フライよりエサ釣りのお客さんの方がかなり多いなぁ~と思ってると、
ここはニジマスの養殖場が管理してるみたく他のエリアにあるような持ち帰れる
匹数制限は無く釣ったら釣っただけ持ち帰りができるそ~な。だから食べたい
が為に釣りに来られてる方もたくさんいらっしゃるよう。

午前中から入った場合、料金的には1日券となりクローズする午後17時まで
ずっと釣ってても構わないものの、防寒着を着ててもアホみたいに極寒で
お昼くらいには疲れてきたのと聞いてた通り正午が近付いてくるとフライには
アタれどルアーにはなかなか反応しなくなってきたのもありここで終了。


持ち帰ってきた魚を並べてみると10匹で最大48cmでした。





写真を見て頂くとお気付きになるかと思いますが、この管理釣り場では事務所の
横に魚を捌く場所も設けてあり、ウロコ落としからまな板、包丁、生ゴミ入れ
までぜ~んぶ用意されてて超~便利 ♪ なのでJCAもウロコとエラから
内臓まで処理してきましたよん。

近いしシャローの練習にもなり、そして美味しい!と最高ですね。




「気に入ったでしょ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

偏りがちなスピンパワーチョイス


よし、これでロッドケースに関しては準備オッケー ♪


→ それではクロネコセンターへ持っていって遠征先近くへ送ってしまおう!

→ それでは準備ができた物から車に積み込んでいこう!


このどちらかの選択肢がJCAの遠征時におけるお決まりパターン。(笑)

読んで頂いて分かるよ~に遠征先まで飛行機利用となるのか?それとも車で
長距離運転していくのか?で大きく分かれているって感じでしょうか。


荷物の輸送方法は異なれど遠征となればそれぞれのバッグ&ケース類の中、特に
ロッドケースの中については毎回ほぼ一緒のラインナップになっている事が多い
事に気付きました!?いいえ、もうずいぶん前から気付いてましたけど信頼性、
対応できる戦場コンディションなどを吟味して考えると、





ど~してもこ~なっちゃうんですよね~、、、

普段からちょくちょく書いてますが、わたくしめはスピンパワーを主に遠征専用
竿として導入しておりこの'05モデルと現行の'12スピンパワーの2種類が
その対象となります。まっ、遠征専用と言いつつも、近場出撃に持ち出す時も
ありますし、その逆もしかりで近場専用竿にしているプロサーフなどを遠征に
起用するケースもたま~に、、、あるかな?

この2種類のスピンパワー、当然ながら現行モデルの方が後で買っているのも
あり傷も少なくまだ若干キレイめ?それに対し'05に至ってはもう13年近く
使ってきてるのでほんと傷だらけ!

年々、ボロボロと表現してもおかしくないレベルにまで達してきてます。(爆)


なぜそこまで傷だらけになったのか?そんなのは言うまでもなく、JCAの
普段からの物の扱いが超~雑って事!その上、断続的に爆風が吹いてる戦場
など過酷なコンディション下に導入されてきた事が挙げられます。

特に爆風が吹き荒れてる中、時折強烈な突風が混じるよ~な場所では予期せぬ
突風に煽られ一瞬にして目の前をタックルが宙に浮いたと思えば、


→ ガシャ~ン!!!


三脚もろ共叩き付けられて傷だらけ、、、こんな出撃パターンを1年通して
繰り返してきてるとど~しても、


“爆風&突風 = '05スピンパワー”



ってな暗黙の方程式がわたくしめの中で出来上がってしまってるみたく、
知らぬ間に'05をロッドケースに入れてしまってる、、、でも、こればかり
繰り返してるといつか'05が完全にアウトになってしまうので今後は2種類の
スピンパワーの使用頻度も考えながらバランスを取っていこうと。





収納&機動性の面から見ても元ガイドが折り畳める'05スピンパワーの方が
個人的には使い勝手が非常に良く感じてるのですぐそ~いった誘惑に負けちゃい
そ~ですけど、常に使用頻度のバランスってのを意識して!ですね。(笑)

だって~、現行モデルは元ガイドが大口径過ぎて同一方向に数本並べて収納
すると必ずこの部分で干渉し合い、最悪ガイドリングが外れてしまったりする
トラブルも起きるのでちょこっと不安なんですわ~。




「俺も'05派!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

ヒラメとアサリのトマト煮 ♪


おそらくみなさんも同じかと思いますが、撃沈してきた美味しい魚たちは
特に量がある場合、切り身などすぐに調理できる状態にした上で
真空パック&そして冷凍保存してあります。

それらをストックする冷凍庫内も毎年夏から年末にかけてはギッシリ詰まって
超~賑わっているものの、やはり冬になり春が目前に迫ってくる頃になると
閑散としてきます。基本、毎日でも魚が食べたいJCAですので何だかんだ
徐々に消費していってますからいつものパターンと言えばそ~なります。


昨夜ふと冷凍庫内を見てみると、カレイの切り身がまだ残ってたわ~ ♪ と
思い、早速それを頂くべく冷蔵庫へ移して解凍&真空パックの封を開けよ~と
するとそこにマジックで書いてあった名前はカレイではなくヒラメ!あはは、
反対面を全く見ず適当に冷蔵庫へほ~り込んでたので気付きませんでしたわ~。





カレイと思ってたので定番の煮付けにでも?と思ってたのがヒラメとなれば
煮付けじゃない他のディッシュがいいなぁ~となり、レシピを検索してお手軽に
できそ~なディッシュをチョイスしました。

自宅からすぐにイオンがありますのでちゃちゃっと足りない素材を買い出しに
行って調理開始!まずはヒラメに軽く塩コショウをして身の方にだけ軽く
小麦粉をはたいてからフライパンで両面を焼いていきます。







一旦焼いたヒラメをお皿に取り出して、今度はフライパンにオリーブオイル、
お酒、ニンニク、そしてアサリを入れてアサリが開くまで炒めましょう。

貝が開いたらそこへホールトマト缶からトマトと水を加え更に煮続けて
いい感じで煮詰まってきたらコンソメを入れて弱火へチェンジ!

蓋をして15分煮ます。







最後にお皿のヒラメを乗せて身崩れしない程度にスープに絡めて、身が
温まったら火を止めて完成です!

魚介のダシがとてもきいて絶品ですとレシピにも書いてある通り、食べる前
から魚介類とトマトの香りがミックスされ美味しそうな風味が漂ってきます。







ヒラメとアサリのトマト煮 ♪


オシャレな洋風ディッシュに仕上がりましたぁ!

パンにスープを付けながら食べるのがお勧めみたくガーリックブレッドと共に
試食 ♪ いや~、ヒラメを食べるといつも感じるんですけど、カレイとは
また全く異なる独特な旨味を持っておりどんな料理にしても最高ですね。

和風なら定番のお造りからお寿司、洋風ならムニエルにフライ他、過去に様々な
ディッシュで頂いてきてますけどどれもハズレが無い!これってある意味
めちゃくちゃ凄い事かも?おもいっきり万能フィッシュです。(笑)


まっ、狙って釣ろうとしても投げ釣りではなかなか簡単には釣れてくれない魚
ですから余計FISH DINNERで出てくると特別に感じちゃうのかもしれません
ねぇ。少なくともわたくしめにとっては特別感のある魚ですわ~。





今年はまたデカイの釣れないかなぁ~。(笑)




「ヒラメ、旨し!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR