42、40cm マコガレイが最大、 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (2日目)


太平洋側で潮回りが大きいとなれば干潮時と満潮時の潮位差が極端なものに
なってきます。夜間はず~っと底が剥き出しだったはずの足下付近もようやく
水に覆われて幾重にも連なる美しい砂紋が形成されていますねぇ ♪







今気付いたんですけど、今回の2人のタックルって新旧対決みたいになって
ます!?JCAはこの戦場仕様にしてる'05スピンパワー&'03パワーエアロ
で、“マダイ師匠”はいずれも現行のNEWスピンパワー&パワーエアロ
・スピンパワーのコンビネーション。わたくしめも両方所有しているものの
戦場で同時に並べた事はおそらく一度も無く?見ててやはり似てるなぁ~と
思う所もあれば、かなり変わったなぁ~とも。(笑)


いや~~~、ほんと日が昇ると全くアタリが出ませんわ~。


たま~に何か掛かってると喜べば高確率でイボイボが気持ち悪いヌマガレイ様で
、サイズは小型メインなものの結構頻繁に姿を見せます。最初にマダイ師匠が
ヌマガレイしか釣れんから少し休憩~と午前10時に合わせて買い出しに行かれ
、その間わたくしめはぼ~っと車内でリラックスタイム。

そして戻って来られたのと入れ替わるよ~にしてまずはお気に入りの日帰り温泉
へGO ポカポカ温まったとこでスーパーに行って買い出し 夜間は
車内でずっと暖房を付けているのもありガス欠にならないよ~に早いうちから
ガソリンを満タンにしてお昼過ぎに戻って参りました。

仕掛けの修理?をされていたマダイ師匠に何か釣れましたか~?と聞くも、
いや、何をやってもヌマしか釣れんからもう投げてもいない!と。(爆)


ほんとこの昼夜の差は一体何なんだろう、、、と思いつつ、投げて放置したまま
だった仕掛けを上げてみるとやはヌマガレイ、、、一気に萎えてしまったので
わたくしめも2本だけ投げておいてしばらく車内で仮眠する事に。







「むつ小川原港」


昨夜は睡魔と戦いながら気合いで戦ったのもあってか?珍しく車内なのに
一度も目覚めず3時間も爆睡しちゃいました。(笑)

時刻はすでに午後16時半を回っておりあと1時間もすれば日暮れ時刻。外では
マダイ師匠がすでに攻撃再開されておりわたくしめも倣ってファイヤ~!
ちなみに放置してあった2本の竿はエサも取られないままの状態でした。


午後17時半に状況をチェック 全て異常無し、、、ここで竿先ライトを
セットして再び車内に戻ってマッタリ、、、要するに2日目も夕マズメは1匹も
魚は釣れる事なく終了~って感じでしょうか?不思議な所ですよね。


完全に暗くなった午後18時45分、エサチェックをするべく一番右端に置いて
あったスピンパワーを持つと早速重量感アリ!


グッ、グッ、グッ、グッ!


小刻みに頭を振るよ~な抵抗をしながら上がってきたのは、







42cm マコガレイでしたぁ ♪


一応、2日目の釣果扱いとなるカレイとしてはこやつが第1号となるのかな?
いやいや、1匹目から40cmオーバーとは幸先いいかも。

時合いに突入したよ~で午後21時頃までコンスタントにマコガレイが釣れて
昨日同様数を稼いでゆけます。マダイ師匠も水揚げされてくるカレイがヌマで
なくなったのが嬉しいみたく、こいつでないとなぁ~と笑みがこぼれて上機嫌!
ただ、時期を選んで来ているにも関わらず予想に反してサイズがイマイチ
伸びないのがちょこっと不満分子かな?


昨日はカレイの群れがピンポイントに固まっている印象があったんですが、
今夜は分散したみたくどこへ投げてもアタリは出ます、、、まっ、それは
ありがたい事ではある半面、カレイ作戦では群れを狙い撃ちできる方が数釣り
的にも一発大物に巡り合える確率的にも効率が良いのでこの分散傾向が
吉と出るか?凶と出るか?やってみないと分かりませんねぇ~。


グゥ~~~ッ


ゴンゴンゴン、グイッ、グイッ!









むむむ、ギリギリ40cmに届かないアベレージサイズが次々と、、、来る前に
頭の中で描いてたシミュレーションでは、ううっ、ゴーマルまであと数センチ
足りない、、、ってな悔しさで40cmの壁は意識もせず簡単にクリアーしてる
予定だったんですが、ど~やらそれは単なる叶わぬ夢だったよう。(爆)

だけど諦めてしまったらそれで終わりなのでこの時合いを手抜きせずしっかり
やろうと積極的に打ち返し。

午後22時前になるとアタリの出る頻度が低くなってきて静寂の海に戻り始める
中、天気予報には無かったはずの雪がチラチラ、、、そうこうするうちに突風
混じりの強風が吹き出して瞬く間に猛吹雪に!?

即行車内に避難となりました。


いつまで続くのだろう?と再度最新の天気予報をチェックすると急変して
雪だるまが怒っているよ~な顔した吹雪マークに、、、ちなみに少なくとも
日付が変わる頃まで、今から約2時間はアウトみたいですからここで一旦休憩
と車内で調理したカジカ鍋をマダイ師匠と頬張りながらダラダラと ♪

お隣の車内では日本酒をゴクゴク飲み干されてる方が見えるも、わたくしめも
アルコールを同じよ~にやってしまうと確実に朝まで爆睡してしまいそ~なんで
あえてノンアルコールでやりましょう。(笑)





しばらく外には出れそ~にありません、、、


少し前、、、確か先月、2月16日辺りの記事だったと思うんですが、遠征時に
嵩張る荷物を詰め込んで先に戦場近くのクロネコセンターに送る為の
大型クーラーに穴を空けてブクブクをセットできるよ~にプチ改造したのを
覚えてらっしゃるでしょうか?

実はこの青森遠征用にいじってたものでして、大体いつも3~4日間計画がゆえ
初日や2日目に撃沈した魚をクーラーに入れて保管してるといくら極寒とはいえ
鮮度が落ちるので、空にしたこの大型クーラーに海水を入れ&エアレーションを
きかせながら活かしてキープしようと考えておりました。

最近までずっとスカリに入れて海に沈めてたんですけど、数を入れてしまうと
重なり合った一番下の魚たちは即死んでしまうのと何より戦場のケーソンの
下半分が空洞状態となっており潮の干満によってその中にスカリが入り込んで
しまって取れなくなったりと結構トラブルがあったんですわ。


そんなわけで結局絞めてクーラーに入れるか、このよ~にブクブクで活かすか
とゆ~選択肢に至ったわけですが、、、しかし、今回実際にブクブクを試して
みるも外気温が低すぎていくらクーラー内であれ水が凍り付いてしまい結果魚が
弱ってアウトになってしまう、、、おまけに電池の持ちも極寒下では超~短く
なってしまいよろしくない事ばかり そんなわけでやはり撃沈したら即
血抜きして保管しよ~と結論付けました。

またどこかの場面で魚を活かしたい時が訪れるかもしれませんし、そんな時
でも対応できますよ~んと思っておきましょうかねぇ。







午前1時40分になってようやく外に出れる状態になりました。


北西寄りの吹雪だった為、微妙に?左サイドに集中して雪が積もってます。

こんな急な吹雪&積雪は少なくとも2年に1回は確実に起きてるので
今更驚く事も無く、フカフカの柔らかい雪をサッサと払って仕掛け回収&
いつの間にか掛かってたマコガレイはどこに置いても雪の絨毯になってて
気持ち良さそう!?んなわけないかっ。(爆)

計算してみると3時間近く放置してあったのに掛かってたのはこの1匹のみ
となると間違いなく時合いは終了しちゃってますよね。もしかすると今、再び
時合いが訪れている可能性も無きにしも非ずですからまずは全ての仕掛けを
回収して新鮮なエサにチェンジして打ち返しです。


ここから1時間おきにエサ・チェックをするも結局3時間は何も釣れない
まま経過、、、あっ、マダイ師匠は大量の日本酒を飲まれてるのを目撃して
以来音沙汰ありませんからきっと昨夜同様車内でおやすみモードかと!


グググッ!?


超~近投してた竿にアタリが出たのは午前5時前のこと。







プチ時合いでしょうか?ダブル撃沈含め、パタパタパタ~っと4匹釣れて
その中には40cm マコガレイの姿が1匹確認されてまたピタリとアタリは
遠退いてしまいました、、、全くパターンが読めませんわ。


竿先ライトもまもなく不要になるので先に取り外して打ち返した後車内へ。

日本全国どこへ行ってもほぼ一緒の傾向にありますが、真夜中より明け方付近が
放射冷却など最も冷え込む時間帯となりどれだけ忙しなく動いてても一向に
暖かくならず寒い!の一言。今朝もマイナス5℃のよう、、、


わたくしめが車内に入って30分くらいするとお目覚めになったマダイ師匠が
車から出て来られ数匹カレイを水揚げされてるのを確認。更に打ち返しをされて
から何やらアタリがあったのか?すぐに回収してるのをじ~っと見物してると、
な、なんと現れたのはヌマガレイ!?

まさか、、、と思いJCAも外に出てさっき投げた仕掛けを回収してみると、





チ~~~ン。


嫌な予感的中。


こやつが掛かり始めるとマコガレイが一切来なくなるのは昨日の午前中で証明済
ですから、今日もおそらくデイタイムは似たよ~なパターンになるんだろうと
思い早々に竿数を減らしてマッタリモードに入る事にしましょう ♪

JCAより1日早く来られていたマダイ師匠は今日お帰りになるので明るく
なってから撃沈したマコガレイのお造りを頬張りながらしばらく外で雑談して
片付けるのを手伝いながら2日目の戦いは終了となりました。


2日目の釣果は数も型もやや控えめな感じですわ~。







「十分釣れてるやん」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

44、43、40cm マコガレイ! 青森県・六ヶ所村 / むつ小川原港 (1日目)







午後14時20分、戦場到着~。


青森空港に到着したのが午前10時25分だったので結構時間掛かってしまい
ました!?途中、吹雪いており思ってたよりスピードが出せなかったのも
ありますが、それよりクロネコセンターや前々から気になってたドライブイン
での昼食、スーパーでの買い出しなどで時間を要してしまったのが最大の原因
かもしれません。まっ、何はともあれ無事辿り着けましたっ!(笑)

ブリーフィングでも待ち合わせの場所へと書いておりましたよ~に、実は
1日早い昨日から“マダイ師匠”が先に入られて戦っておられたんです ♪
なので場所も確保済ですからゆ~っくり焦らず来る事ができたってわけ。
時期が時期だけにめ~っちゃ寒いで~と伺っておりましたが、確かに日中も
マイナス2℃前後と氷点下のままで戦場一帯も真っ白でございます。


到着早々、まずはタックルを組んで攻撃態勢を整えてしまってから車内を
あれこれオーガナイズ、、、なんせ24時間ぶっ通しで釣るスタイルがゆえ
今日から数日間レンタカーが宿代わり!?それに案の定、わたくしめが到着した
時間帯はアタリが超~渋くどれだけ打ち返そ~が一切エサすら取られない
無の世界が続いております。

夜が明けると午前中はポツリポツリと釣れても午後になると一気に活性が下がる
、、、まぁ、例外も当然あったりしますが、ここの典型的パターンと言えます。


グイグイグイグイッ!


日が暮れた直後にようやく本命と確信できる重量感がっ。







おおっ、いきなり連チャンですわ~ ♪


写真でもご覧になれるよ~にここではMarufuji社とコラボプロデュースさせて
頂いた2種類の市販カレイ仕掛けがとても相性いいんです!

主に遊動式L型天秤にセットする吹き流し段差バリ仕掛けは近~中投範囲に、
そして華麗なる先オモリ遠投仕掛けはその名の通り完全遠投仕様でございます。
この2種類の仕掛けがあれば全てカバーできるので最強かな?ちなみに
吹き流しには生のアオイソメ、先オモリには塩イソメと仕掛けによってエサも
使い分けておりますよぉ。


普段はマダイ作戦一筋のマダイ師匠も数年前に一度お誘いして以来、
ここだけはお気に入りになられたよ~でまた行きたいなぁ~とおっしゃって
おりました。午後20時頃には時合いに入ったみたくコンスタントに釣れ始め
、2人して極寒環境なのも忘れて一生懸命回収&打ち返し。こ~やって止まらず
体を動かしているとたとえマイナスでもポカポカ暖かく感じられますよね。







「むつ小川原港」


JCAの中では、数は望めないけどゴーマルに迫るよ~な型物一発狙いができる
のは2月後半から3月頭まででそれ以降は数が釣れるものの、飛び抜けて
デカい個体は少なくなるイメージがあり今回は当然、数より型狙いで訪れて
いるつもり、、、でもさっきから数は出ててもまず最初の壁となる40cm
オーバーの個体すらまだ見ておりません。

年回りもあるでしょ~し、ここのみならず温暖化や異常気象の影響でパターン
化された釣期にも少しずつ変化?ズレが出始めてる可能性も否めません、、、
あはは、とはいえまだ攻撃開始から6~7時間しか経っておりませんから
何とも言えませんけどねっ。(笑)


カレイ作戦全般的によくあるパターンなんですが、今日は特定方向ばかりで
アタリが多く出て、そのピンポイントを外すとど~もイマイチっぽい、、、
群れがこの一方向に固まっているよ~な感じです。遠投というよりむしろ
中投から手前にかけてでアタリが集中している為、多少風が強くなっても
気にせず楽に戦えます ♪

足元直下は干潮に向かっているのもあり水が無いので境界線だけ気にしながら
軽く投げて放置プレイ!正直、ず~っと外でアタリを待ってれる気温ではなく
打ち返したら即車内で待機ってのがメインスタイルになります。

約1時間後に竿先が動いてるのが見えたので回収に出てみると、


グゥ~~~ッ!


ゴンゴンゴン、、、グイイイッ


心地良い締め込みと共に肉厚のカレイが水揚げされてきます ♪









ようやく43cm マコガレイが1匹混じってくれましたぁ。


1時間おきにセットした携帯アラームを目安にエサ交換タイムを設け、日付が
変わる頃までに結構な数を撃沈!しかしながらこれまでの釣果ではさっきの
43cmが唯一40cmオーバーとなり他はほとんど35cmは超えているものの
40cmには届かないんです、、、

まっ、いわゆるアベレージサイズになるんでしょうか。


海外出張帰り翌日から即という強行遠征もあり、午後21時を回ったくらいから
急に何度も睡魔に襲われるよ~になってきたJCA、、、体内時計における
時差の修正が最も大きな影響を与えているのでパタンと寝てしまえば次起きた時
にはスッキリなんですが、下手すると朝になってしまうのでそうもできません!
エナジードリンク片手に車内でDVDを見ながら頑張っていると、

さっきまでお隣の車内でビールを飲みながら何か食べてはるなぁ~と思ってた
マダイ師匠の姿が無い!?よ~く観察してみるとルームライトを点けたまま
すでに眠りに落ちてらっしゃいましたっ。(爆)





マダイ師匠にとっては2晩目となるので疲れが出て当然ですよね。

それを考えると明日、明後日の夜戦が思いやられますが、昼間のうちに
できるだけ仮眠を取って夜に備えれば何とかなるかな。


眠くなったらまだ定時のアラームが鳴っていなくても外に出て寒さに目を
覚ましてもらって打ち返し&あまりにも前の打ち返しからインターバルが
短すぎると何も掛かってませんし、運が良ければカレイちゃんが掛かってる
、、、ちょこっと運試しみたくてドキドキしちゃいます ♪

どれだけ外でゴソゴソしてよ~が全く起きてこられる気配すらないマダイ師匠
なので、彼の竿はそのままにして回収&打ち返し。


クククッ、ゴンゴンゴン!?


早い時にはキャスト後、糸フケを取った途端に竿先にアタリ!







40cm マコガレイが1匹混じってました。(笑)


そんなに引かないけどやたら重いと思ってると40cmに少し足りない
ギスカジカまで掛かっており、そ~いえばここは少し遠投した一部分に大きな
シモリがあってその周辺に仕掛けを投入すると高確率でカジカやソイなど
根魚が掛かってくるのを思い出しました。

昨年訪れた時にも似たよ~なサイズのカジカをゲットし鍋にして食べたので
お土産確保でもしよ~と先オモリ仕掛けの1本をおもいっきりフルスイングして
シモリ際へ投入&急に雪が降り出した為、撃沈した魚は血抜きをした後、
そのまま雪の上に放置して車内へ。時刻はもう午前3時半です、、、


そして1時間後の午前4時半過ぎに仕掛け回収に出ると、予想通りシモリ際に
投げてた竿を持つと大きなゴミでも掛かったかに思える重量感!全然引きは
しないもののリールを巻けばゆ~っくりこちらへ寄ってくるので、

おそらく奴だ!と期待して巻くと、









43cm ギスカジカ登場 ♪


狙って釣れてくれると嬉しいものですよね。

こ~やって記事を書きながらギスカジカって、、、あはは、北海道では
あの外道中の外道!小型の黄色いツマグロカジカをギスカジカって
呼ぶので何度書いてもやっぱり違和感があります。(爆)

1時間前に放置したままにしてた魚は凍ってはいないものの、いい具合に冷気で
硬直してますしここでまとめてクーラーにほ~り込んでキープ。これはまた
明日にでも詳しく書こうと思いますが、活かし用にと持参したブクブクは
結局メイン導入される事なく終わりそ~です。


夜明け時刻が午前6時過ぎ、、、それまでの数回根性で寝ずに過ごして
初日から数釣りを堪能して夜戦終了。







朝マズメに44cm マコガレイを撃沈!


一般的にカレイ作戦となるとマズメ時期は狙い目という感覚があるものの、
ここでは例年通りイマイチパッとしませんねぇ。

朝日を浴びてようやくマダイ師匠も長い眠りから目覚められ、早速ご自身の
仕掛けを回収されるも、不思議な事に全て素バリで魚は掛かっておりません
でした。昨夜の釣れ具合からすれば複数本竿を出しているのでどれかには
絶対付いているはずなのに、、、

もしかすると長時間放置状態だったので掛かって外れてしまったか?それとも
早いうちから素バリになってしまってたか?でもまぁ、グッスリおやすみになれ
気分爽快みたいですので良かったと思います ♪


ここで一旦一区切りにしましょう!初日の釣果は、







マコガレイが24匹、うち40cmオーバーが4匹&ギスカジカが2匹とシーズン
初期にも関わらず数が釣れてくれましたぁ。そ~いえば昨夜はちょくちょく
見かけるドンコは1匹も姿を見ませんでした、、、もう少し暖かくなって
こないと現れないのかも?基本、ドンコはキープしない外道なのでこのまま
最終日まで現れないで欲しいですねぇ。(爆)




「ドンコはいらん!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

鳥海山の麓、、、 山形県・遊佐町 / 溶岩磯 (2日目)





あはは、わたくしめは今どこにいるでしょう?


えっ、見りゃ即行分かるって!?(爆)

そ~なんです只今、午前8時45分を過ぎたとこでJCA、、、酒田市内中心部
にあるインターネットカフェのフルフラットシートでゴロンと寝転がっているん
ですわ~ ♪ ちなみに今回がJCAの人生で2回目のネットカフェ。

確か初回は相当前?になり、同様に遠征時の昼間の暇潰しに利用したよ~な
、、、離島などでは仕方ないのでレンタカーを日陰に止めて車内で仮眠 or
真夏じゃなければダラダラとデイタイムも釣り~となったりしますが、それが
それなりに開けた市街地へアクセスできる範囲なら専らビジネスホテルの
デイタイムユースプランを利用 or もしそんな施設が無ければよくある日帰り
温泉などの大広間で仮眠といったパターンが多いかな?とにかくネットカフェ
利用はほとんどありませんねぇ~。(笑)


今朝、初日の夜戦を終え離岸堤から戻ってきた後、真っ先に早朝から営業して
いる日帰り温泉に行って朝風呂 → 昼間は余裕で35℃の灼熱地獄予報ですから
どこか日陰を探して車内で仮眠?となるもその日陰が無い上、車内でクーラーを
つけてても直射日光が刺すよ~に当たって超~暑い! まずは涼しい所で
モーニングでもしましょうと市内のスタバに行って茶~をするも、なかなか
時間は経過してくれず時計を見てもまだ午前8時前、、、

どうしましょう?とビジネスホテルを探すも休憩プランはどこもやっておらず
最終的に辿り着いたのがこのネットカフェだったわけです。(笑)

でも実際に入ってみると想像以上に快適でクーラーはギンギンきいてて朝食から
ドリンク、スープ、アイスクリームに至るまでオールフリーと午後15時頃まで
おもいっきりダラダラ過ごす事ができましたよぉ ♪


天国のよ~な店内から外に出るとそこは息をするのも辛いくらい熱せられた
灼熱地獄、、、だけど今夜の戦場入りもありますし車に乗り込んで北上&途中の
道の駅で遅めのランチを頬張って2日目の夜戦場へと向かうのでした。





「遊佐町」


正直、今わたくしめ自身がどこら辺に居るのか?さえほとんど分からないまま
“ちょい投男さん”に案内されながら到着したのが溶岩でできた険しい地磯!
マジでここから下るんですかぁ~!?って突っ込んじゃう程の道なき道を
ワッシワッシ大荷物を担いで進入、、、釣り座に下りるまでに30分近くは
掛かりましたわ~。もうこれだけで全身汗でドボドボ状態です。(泣)

実はちょい投男さんはこ~いった名も無き地磯開拓が大好きらしく、普段から
大マダイを求めていろんな気になる磯へ進入&竿を出していらっしゃるよう
なんです!そのどれもがまずJCAなら渡船が無いと行かない?行く気が
起きないよ~なお手軽と言う文字の一切無いハードポイントばかりで話を
聞いてるだけでもゾッとしちゃいましたっ。


今夜は少し離れた位置で分かれて竿出しとなり、あと少しで沈む太陽を
眺めながら早急に攻撃準備を整え夕マズメに間に合ってファイヤ~開始!


聞けばこの界隈では過去に70cmクラスのマダイの実績もあり超~お勧め
ポイントとの事!大変な思いをしながら入った戦場なだけあって期待度も満点で
集中砲火するものの真っ暗になるまではもの凄い数の蚊&海の中ではフグが猛威
を振るっておりユムシでさえ5分も持たない状況、、、おまけに予想以上に
根掛かりが多発してプッツン連発、、、初っ端から苦戦を強いられます。





全方向どこでもそれなりにアタってくると伺っているおり、その中でも最も
アタリがよく出ると伺っていた左斜め方向を最初のうちは積極的に攻めて
おりましたが、近投範囲以外は高確率で根掛かりが発生するので途中からは
逆にそこを避け真正面から右斜めに掛けてを重点的に、、、

結局アタリのアすら出ないまま午前0時を迎えました。


ちょい投男さんの方もドラグは鳴るものの乗らないアタリが1回あったきり
のよ~でこちら同様激渋モードのよう。

このままじゃおそらく朝まで全く状況が変わらないよ~な気がしたのでバッグの
中に忍ばせて?いや、ラッキ~にも入れてあった三又サルカンを用いて1本を
捨てオモリ形態にチェンジ&高確率で根掛かる方向へほ~り込んで様子見。

数時間前に比べると若干ですがエサ取りの活性が低くなってきてるみたく少しは
放置プレイができるので楽、、、また捨てオモリ形態に変えた事により仕掛けを
やたら動かさない限り回収率もアップして何とか釣りが成立?引き続きアタリが
無いまま2時間が流れ、午前3時頃にようやく微弱なアタリが竿先に出て、





46cm クロダイ登場~ ♪


赤ではなく黒い方で気持ち的には超~微妙、、、だけどこれでボウズ逃れには
なったので贅沢は言えないなぁ~と自分自身に言い聞かせながら、他の竿も回収
と共に捨てオモリ形態にチェンジ&アタリが出た左斜め方向へ捨て糸がプッツン
しちゃわない程度にフルスイングを掛けて投入してゆきます。

大きな群れが回ったのか?スケールに置いて写真を撮っているとちょい投男さん
からも立て続けにクロダイが2匹来た旨、ライン!

こちらにも1匹来ましたよ~と返信してると、ついさっき投げたばかりの2本の
竿先がほぼ同じよ~な感じにコツコツと叩かれ始めましたっ、、、だけどドラグ
は鳴らないし、、、またクロダイか再びフグが出てきたか!?と一気にアワせて
みるとまあまあの重量感が伝わってきて、







40、45cm マダイを同時撃沈!?


ようやくチャリコの域を抜け出した?って感じの食べ頃サイズ。(笑)

やはり40cm台の個体はドラグを鳴らしてくる時もあればこれらのよ~に竿先を
ノックするだけだったりと様々ですが、やりとりを始めるとすんなり上がって
きますよね~、、、でも貴重な本命なだけに慎重にタモ入れ&キープですわ。


そして気付けば午前4時半になり、少し早めの片付け&撤収となりました。





片付けてからがまた地獄でして、、、大きな複雑に重なり合う溶岩石群を2回に
分けて荷物を担ぎながらよじ登って、、、マダニがいそ~な超~雰囲気の悪い
茂みを抜けてやっとこさ駐車スペースまでたどり着いた時には完全に明るく
なっちゃってました。日差しはまだ全然強くないけど汗でドボドボです。(辛)


なぜ2晩目は朝マズメまで戦って撤収にしなかったか?と言いますと、実は来る
時と同じでギリギリになってチケットを手配した為、羽田からはガラガラだった
のに逆区間は朝の午前8時40分発の便のみしか空席が残っておらず他は全て
アウト、、、何があってもこれに乗らないと大阪まで帰れなかったんですわ。

午前6時オープンの日帰り温泉で超特急で一風呂浴びてから庄内空港へ
送って頂いて、いざっ ♪





もう少し日差しが弱くなったらまた来たいと思いま~っす!




「しばらくのお別れ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

59、52cm マダイ撃沈! 山形県・酒田市 / 酒田離岸堤 (1日目)


はりきり過ぎて?いいえ、単に不規則な生活が続いていたからでしょ~けど、
昨夜から急に熱は無いものの鼻水ダラダラ&のどが痛くなり風邪の諸症状みたい
なのが現れつつあるJCAですが、今回は以前から超~楽しみにしていた遠征
ですので無理さえし過ぎなければまぁ~大丈夫やろ~という勝手な自己判断で
やって参りましたっ。(爆)


東京経由で正午に降り立った空港は「山形県」の海側に位置する庄内空港で、
早速到着するやお迎えに来て頂いた“ちょい投男さん”と合流&愛車に乗せて
頂きいざ戦場?いやいや、まだクソ暑いのでとりあえず昼食タイム ♪

今からもうかれこれ6~7年前になるでしょうか?ハマフエフキやマダイなど
とにかく大きなターゲットばかりを追い掛けていた頃から新潟県から青森県に
かけての日本海ラインで巨大なマダイが射程に入るとの情報を得て、いつか
行きたいなぁ~と考えてはいたんですが、なかなか投げ釣りでの情報が
乏しかった上、他にも攻めてるエリアがあったりとで結局実現できないまま
年月が流れてしまいました、、、


そして再び昨年末から自身の投げ釣りスタイルを原点回帰させる中、ぜひこちら
方面にいらっしゃる時はご一緒しましょうとお声を掛けて下さってたちょい投男
さんとついにコラボが実現 ♪ 車内では終始投げ釣りで談義で花を咲かせ
ながらいろいろホームグラウンドとされている戦場を案内してもらい日も陰って
きた夕方目掛けて渡船で今夜の戦場へ。







「酒田離岸堤」


ず~っと前から名前だけは知ってた戦場、こんな所だったんや~と想像以上に
長く、そして幅も広い巨大一文字にビックリ。

ちょい投男さんから事前に伺ってました通り、船頭さんからも同じよ~にマダイ
はここんとこ一段落?下火になってきている旨言われてつつ上陸、、、確かに
最盛期には開かずの間と言わんばかりにカゴ釣りをメインに平日問わずビッシリ
埋め尽くされるという先端部もガラガラ、、、ってゆ~か夜戦客は我ら以外
誰1人おりませんでした。(爆)

なんせ8月になっちゃってますしねぇ~、、、日本全国どこのエリアを見ても
魚の活性は一段落するシーズン&人間側もたとえ夜釣りメインとは言え相当
気合いを入れていかないといけない灼熱地獄時期ですから、、、


でもまぁ、どんな戦場でもまずは1回自分自身で実際に戦ってみないと何も
分かりませんし、今後のデーター収集という点においても今回は重要な遠征!
早速日が暮れる前に攻撃準備を整えファイヤ~してゆきましょう。


ジ~~~~~~ッ


スローで果てしなくラインを出してゆく見慣れた?いや、できれば未来永劫
見たくないアタリは当然アカエイ、、、こやつだけはどこも一緒で1匹
アタったら次々とアタックしてきます。(泣)

こりゃしばらく悩まされるなぁ~と覚悟してると、


ジ~~~ッ、ゴンゴン、、、ジイイイッ


どこか懐かしいこのドラグの鳴らし方は~ ♪







52cm マダイ撃沈。


ちょ~ど食べ頃サイズ!専門にではなく何か他の作戦の外道でこれまでにも
ちらほら撃沈してきてるマダイですけど、こ~やってそれ専門に狙うのは
久しぶりかも!?昔はあれだけ明けても暮れてもマダイ、マダイと言ってる時期
もあったのにねぇ、、、いや、ほんと懐かしいっす。(笑)

こやつを撃沈した後、15分もしないうちにキャップライト無しでは手元が
見えにくくなり 真っ暗に。

こちらに渡る前に港で目撃してましたが、まさしく今日!この酒田港に外国から
の超大型客船がお初寄港となっているよ~で晩の出航時にはお見送り?花火まで
上がる旨伺っており半分楽しみ&半分ド~ン、ド~ンという地響きが魚の食いに
影響しないかなぁ~?と気になりながらその時を迎えました。





が、しかし、、、花火は花火でも花火大会ではなく臨時的?なイベントだった
みたくたった数発!?15分もしないうちに終わりを告げて客船は再び夜の海へ
旅立ってゆきました。(爆)


今夜は潮が入れ替わる若潮ですが大潮時の如く日本海ながら潮位差もそれなりに
あり、かつ暗くなったタイミングで干底から上げに切り替わり先端部はもの凄い
激流と化してます!こんなにまで流れるんや~とちょこっと驚きながらも
仕掛けの流される動きを計算しつつ投入&アタリを待ちますが、あいかわらず
ドキッとさせてくるドラグ音は全てアカエイ、、、

これに耐えながら打ち返しをしてると一瞬群れが回ったのか?40cmに満たない
サイズの可愛いマダイちゃんが立て続けに2匹。この調子でもっとデカイ個体も
回ってきてくれたらって期待するもその後はよく山陰地方でも見かけるバイ貝?
のよ~な肉食貝に定番のフグ、、、挙句の果てにはエサさえ触られなくなって
しまいあっという間に日付が変わってしまいました。(泣)

1時間程前から風があるせいもありますが、急に肌寒くなってきて半袖の上に
モスシールドの長袖スパッタメッシュジャケットだけでは辛くなってきてレイン
ウェアを羽織ってしばらくテントの中で待機、、、タフガイなちょい投男さんは
投げ釣りをする傍ら電気ウキを投げて五目釣りをされてますねぇ!







月は出てるけど満月じゃないからあまり明るく感じません。


テント内で炭酸水を飲みながら目覚まし効果を期待するもいつの間にか
爆睡夢追人になってしまったJCA、、、目覚めた時には午前2時になって
ましたよん。とりあえずエサ交換をと外に出て仕掛けを回収してると
わたくしめの右の方からジ~~~っというドラグ音がっ!

それはちょい投男さんの竿からで離れた所におられたので早速声を掛けて
わたくしめはタモをスタンバイ!





48cmの本命を撃沈されましたぁ~ ♪


こんな微妙?な時間帯だけどもしかすると群れが回って来てるかもしれないと
JCAも急いで他の仕掛けも回収&新しいエサに交換してファイヤ~してゆく
ものの、確かに即アタリは出たもののまたまたお呼びでないアカエイ、、、

同じエサを投げているのになぜかアカエイはわたくしめの竿ばかりにアタック
してきてちょい投男さんに皆無、、、WHY!?と叫びたくなる中、これも税金
の1つと自分に言い聞かせて対応していると、

ようやく今までとは異なるシャープに走るドラグ音!


ジイイイ~~~ッ!







59cm マダイ撃沈 ♪


ランディング直後はこれは60cm超えてるかな?と思いましたけど、あはは
、1cm足りませんでしたわ~。何か頭でっかち尻つぼみって表現がちょこっと
当てはまるよ~な個体ですねぇ、、、まっ、これくらいのサイズのマダイは
こんな感じのんが多いんですけどね~っ。(笑)

これはあくまでわたくしめ自身の勝手な思い込み?に過ぎないんですけど、
マダイってこういった時間帯ってど~もイマイチなイメージを持ってましたが、
今夜で完全に払拭されちゃいましたわ~。夕マズメ、そして日付が変わるまでに
来るなら来て、日付が変わってからは午前4時頃までマンダム 仮眠
しま~すみたいな?変なパターンがあったりましてねっ。


夜明け時刻が午前5時頃で渡船のお迎えが午前6時となってたので、ここからは
ラストスパートをかけるべく攻めのモードに転じるも後には続かず、むしろ
時間の経過と共に外道ですらアタらなくなって終了、、、あっけな~。(爆)


魚影はかなり濃そうですから最盛期にまたチャレンジしたいです。





さてと、、、離岸堤から撤収してきて只今午前6時半、これから夕方まで
ど~して過ごしましょうかねぇ?




「昼間は暑いで~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

むむむっ、、、 青森県・六ヶ所村 / むつ小河原港 (2日目)


JCAのデーターでは3月中旬頃に数釣りのピークを迎え、それなりにアベレージ
サイズも大きいので最も安全圏にある遠征地候補でもあるこの戦場、、、ただ、
サイズだけに絞ってみると凍てつく寒さの2月か逆に数釣りのピークが一段落
ついて暖かくなってきた4月下旬にかけて50cm前後の個体を撃沈している
データーが残っており3月においては45cm前後までがMAX、、、今年からまた
昔のよ~に大物一筋でと考える中、このデーターは決して無視する事はできず
実は以前から4月中旬以降にもう一度チャレンジしようと決めてたんです!

ちょ~ど先月ご一緒した“秀さん”も数、型共に更なる釣果を出したいと
切望されていたのもありそれならまたぜひご一緒しましょ~みたいな感じで
決定&今日に至りましたが、初日の昨日はご存知のよ~に荒れ後の影響がモロに
出て濁りに流れ藻、そしてその後は大雨&最大瞬間風速22.7mを記録した
断続的な爆風となり悪戦苦闘!試練の幕開けとなりました。(爆)

一応、丸1日経ってず~っと残ってた濁りもやや薄れてきたかなぁ~?といった
コンディションの下、2日目を迎えております。


スマホに穴が開いちゃうんとちゃうかぁ!?ってくらい昨夜から天気予報と
睨めっこしてきてるJCA、秀さんの検索されてるサイトソース含め今日の
お昼から風向きが北西に変わり、夕方にかけて治まり傾向!日付が変わる頃には
風速1mの微風となりそれが朝まで続くとなればまさにベストコンディションで
2日目は絶対好釣果に恵まれるやろ~と期待満々のスタート。





「むつ小河原港」


いくら昨夜はずっと車内に缶詰めだったとはいえお風呂に入らないと気持ち悪い
のでまずは交代で近くのお気に入り日帰り温泉施設へGO&ついでにスーパーで
食料の買い出しをしたりと移動を中心に午前中は過ぎ去ってゆきました。


ちなみに2人のうちどちらかは戦場に残って打ち返しをしていたものの魚の気配
はゼロでどれだけサビいたりと誘いをかけてもエサすら触られない状態、、、
でもまだこの時点ではこれから夜に掛けてがハニータイムとなる予想やし
全然大丈夫やろ~的感覚で余裕をかましておりました。(笑)

それが午後になって潮が動き出しても何の変化も現れず何度打ち返しても
ひたすらエサがそのまま残ってくるんです!?確かに数年前まではたとえ
ピークの3月であってもこんな釣れない日もザラにあったよ~に覚えてますけど
近年好調でみっちりデイタイムを粘って全くアタリすら無いのって経験無いから
ちょこっと心配に、、、なんせあれだけ濁りまくってた昨日もポツリポツリでは
あるけど魚の顔は見れてましたからねぇ、、、おっかしいなぁ~。


昨日と同じ時間帯、間もなく日が暮れる~って時になってやっとこさ
仕掛け回収中の竿の1本に重量感アリ!


ゴンゴン、、、ゴンゴン、、、







お腹がパンパンな41cm マコガレイ居食い ♪


今思うと今回の遠征では終始風強かったのもありますが、竿先でアタリが確認
できたのは1回も無くぜんぶ居食いパターンだったかも?竿を持ってリーリング
を開始するとズッシリきて、、、みたいな決してエキサイティングとは言えない
釣れ具合。でもまぁ、これで2日目もボウズ逃れ&1匹アタったからおそらく
ポツリポツリとでもこの先釣れてくれるのでは?と超~胸が高まりました。


が、しかし、、、


高まったのは胸だけで夕マズメを終えて暗くなっても2匹目の姿を見る事は
できずひたすらマンダム、、、目に見えて風も治まりつつあるので遠近様々な
方向へ投げて念入りに探るもどの竿もエサすら取られません。


今夜はコンディション的には非常に戦い易いけど超~極寒!4月の下旬近付いて
3度まで落ちるとはさすが東北ですね~と話しながらとにかく身体を温めるべく
積極的に仕掛けをサビいて誘いを掛けたりといわゆる攻めのスタイルでいく中
、秀さんがキャップ用の大型バーナーを使って何やら火を起こし始めて、

アサリが登場した!?と思えばあっという間に、





春らしいお野菜タップリのボンゴレビアンコ風ガーリックパスタ ♪

前回は超~和テイストのメニューだったのに対し今回はイタリアンとどんな料理
でもこなしちゃう秀さんはまさに料理の鉄人ですわ~!これがまた美味いの
なんの~。外が極寒がゆえに喜びも倍増ですよねっ。

まずは2人してパスタを頬張り、この後はわたくしめが明るいうちに捌いて
サクにしておいた獲れたてマコガレイの切り身でジュワ~~~っと、







ムニエル風の洋風ディッシュとコラボさえるのはちょこっと変?かもしれません
けど、JCAは風が当たらない車内でお造りの用意!刺身醤油も地元の物が
良かったのでお昼に近くのスーパーに行った際、陳列をしていたおばちゃんに
ここらじゃどの刺身醤油がお勧め?と聞いて仕入れて参りましたっ ♪

まぁ、どこれもこれも即席ディナーとなってますから見栄えは???ですが、
鮮度は抜群ですし釣った魚をその場で頂ける喜び~ってのを堪能するという
点においてはでは完璧じゃないかな?

秀さん、身がフライパンにくっ付いてしまった!?と嘆いてました。(笑)


お味は言うまでもなく最高の一言に尽きましたよん ♪


瀬戸内のマコガレイも格別だけどここの個体も身が締まってる上、お上品な甘み
もたくさん蓄えてます!もっともっとお土産が欲しくなるのは必至ですから
食べ終わった後も即、仕掛けをサビいてみたりと反応をチェックするもやはり
皆無、、、海の中には生命体が何もいないのか?と思えちゃうくらいエサも
そのまま、、、濁りも完全に取れて透明度の高いいつもの戦場に戻っているん
ですけどねぇ、、、それだけじゃ食いが立つ要因にはならないんでしょう。

日付も変わって無風&ベタ凪状態になりラストスパートをかけるべく更に
積極的に攻めの釣りをするも、状況変わらず、、、







午前3時頃からちょこっとだけ車内で仮眠を取っていた間に秀さんが40cm
オーバーのギスカジカを仕留められていたみたくそれを見に外へ出たタイミング
でマコガレイも1匹撃沈されましたっ。おめでとうございます ♪

やはりどちらもいつの間にか掛かってた居食いパターンのよう。この際、居食い
でも何でもいいから時合いなるラッシュが訪れてくれる事を期待するも、、、
夕マズメ時期同様、後に続く事はなく虚しく夜は更けていくのでした。


初日と2日目とで釣果に大きなギャップが出来ちゃいましたが、これもまた
自然相手の釣りではよくある事!?そう自分自身に言い聞かせて次回
頑張りましょう~と。(笑)

帰りの飛行機の関係上、JCAは午前9時には戦場を後にできるよ~片付けモード
に入りましたがマイカーでいらっしゃってる秀さんはまだ時間に余裕があるとの
ことで引き続き健闘される模様、、、その釣果につきましたはSurFreyjaの
クラブ員釣行記をご覧になって頂ければ分かるかな?あはは、現在のところ
記事の数が結構あるがゆえそれぞれの釣行記は約1ヵ月程遅れながらアップ
されていってる状態ではありますけどねぇ、、、その辺はお許し頂くとして、

最後の1本をを回収してみると、なんとまぁ、ちっちゃい!?手のひら以下の
ホシガレイ、、、んなわけなく、ヌマガレイが居食いしてました。(爆)







この空港に再び降り立つのはまた来年になるかな?




「夏にマダイは?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR