カツオ出汁で頂く、ハマフエフキの漬け茶漬け ♪


持ち帰ってきてすぐに頂いちゃってたものの、超~ハードスケジュールで写真
だけ撮って記事に起こす時間が無かった為、アップが遅くなってますけどお勧め
FISH DINNERでしたので書いてみたいと思います。

あのドカ~~~ン!と真夜中に竿を吹っ飛ばしてくる大物、ハマフエフキ、、、





いつものよ~にお造りを作る手順で下ろして一部そのまま頂いた後に残りは全て
醤油ベースのタレに漬け込んで1晩冷蔵庫内で寝かせます。

ってゆ~か過去に何度か他の魚で作ってアップしてきてますからそこまで詳しく
書く必要もありませんねぇ!今回も特に変わった事も無く単に漬け丼を作る要領
で作業を進めてゆき最後にそのまま頂くか?沸騰した出汁をかけて頂くかの違い
でごじゃいます。あはは、ほんとシンプル~ ♪


食へのこだわりが強いO本先生は基本魚は生で頂くのが好きで火を通した
ディッシュはどれもイマイチ?らしく、そんな中でこれだけは超~お勧めですよ
~と教えてくれたのが今回のディッシュとなり、実際わたくしめも食べてみると
、おっ!?こりゃ、想像以上にまいう~やん ♪ って感じで一気にお気に入り
の食べ方になっちゃいました。(笑)





ハマフエフキの漬け茶漬け ♪


作り方も至ってシンプルで1晩漬け込んだ切り身を炊き立てご飯に乗せて
まずは漬け丼を作ります。

これだけでも美味しそうに仕上がっておりますが、もう少し我慢で更に
沸騰させたカツオで取った出汁を注いでいわゆるお茶漬けにしちゃおうとゆ~
わけですわ~。時にはこれにお茶漬けの素を入れてお湯を注いで~とする場合も
ありますけど、今回は風味豊かなカツオベースの出汁を取ってますから
変にあれこれトッピングせずただ出汁を注ぐだけで完成 ♪

醤油ダレによって艶光してる切り身にしっかり当たるよ~に注ぎましょ!















こんな感じで身の表面が白っぽくなったら完璧 ♪


沸騰した出汁を掛ける事によって身が微妙にタタキ状態?表面は火が通ってる
ものの身の最深部は半生状態ってのが理想的です。

口の中で頬張った瞬間、自然にホロホロ~と砕けて広がってゆくお上品なお味は
格別で、漬け丼では決して味わう事のできない独特の食感も持ち合わせて
おります!お造りを食べてるよ~だけど軽く火が通っててミディアムレアな身は
このディッシュじゃないと味わえないハーモニーかも?


もちろんハマフエフキのみならずマダイや他での同様のディッシュが楽しめる
事は間違いありませんが、ハマフエフキの身自体が持つ臭みの無いお味がどこか
カツオ出汁とベストマッチしている所があり、JCAも今後漬け茶漬けにするなら
やっぱハマフエフキの身で~とリクエストしちゃいそ~な旨さです。

1匹あたりがデカい魚ですから複数匹撃沈した時には取れる切り身も大量に
なりますが、O本先生はこれら漬けにした物を丼1杯分に小分け&サランラップ
に包んで冷凍保存して食べたい時に解凍して頂く~みたいなスタンスでいくと
あっという間になくなっちゃうそ~な、、、

うん、確かにこれだけ美味しかったら即行なくなっちゃいますわ~。(笑)


今回は冷凍保存する前に全部完食となりましたけど次回、数を撃沈する事が
できた際にはこの漬け茶漬け保存法を試してみようかな?




「これ良さそうやん!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マダイの甘酒味噌漬け焼き ♪


何度か撃沈された事がある方ならお分かりになるかと思いますが、マダイって
他の投げ釣り対象魚に比べてダントツ内臓部の足が早く撃沈後、たとえ氷の
ギンギンきいたクーラー内に保管してても即臭ってきます、、、ほんとあの
マダイ特有の何とも言えない臭いがダメでJCAの周りにもマダイ釣り自体は
好きでも食べるのはちょっと、、、とおっしゃる方も結構おります。

ですのでわたくしめも見栄えは少々落ちるかもしれませんけど、マダイだけは
撃沈後すぐ神経締めをしてエラから内臓まで全部取り除いてからクーラーに
入れるよ~にしており、こ~する事であの独特の臭いをかなり回避できます。
まっ、マダイ師匠みたく全然気にならないという方もいらっしゃいますし
最終的には人それぞれなんですけどねっ。なんですけどねっ。(笑)

ちょ~ど先日コラボさせて頂いたちょい投男さんもJCAと同じ考えのよ~で
あの臭いがダメだわ~、、、といった話で盛り上がってました!







マダイの甘酒味噌漬け焼き ♪


山形で撃沈してきたマダイは最初は帰還後の夜にでもお造り or 鯛しゃぶ
にでも?と考えてましたが、翌朝再びキスの引き釣り予定が入って早かった為
、全て味噌で漬け込んでしまうことに。

幾つかのレシピを見ていると面白い物を発見&早速その通りにお酒と塩を
振ったマダイをボウルに甘酒と味噌を混ぜて作った物に漬け込んで熟成~。
ラップをかけて1時間程で食べれるよ~に書いてあったものの、西京漬けみたく
数日間冷蔵庫で寝かせてから頂いてみようと!

すぐに短期間の海外出張に出ないといけなかったJCAですから帰国日と
なりました今夜のFISH DINNERでようやくトライ ♪







魚を裏返して真ん中でサクッと割ってみるとなんとまぁ、白く美しいジューシー
な身がお目見え~!2~3日熟成してたので相当味噌が染み込んでいるかも?
と思ってましたが、実際にはそこまででもなく中身はほんのり味噌の香りが
漂ってくる程度、、、ポコポコっと取れる身が何とも言えませんねぇ。

撃沈後の下処理の甲斐もあって捌いてる時点から全く臭いも無く、更に味噌漬け
効果で香ばしい香りのみが広がってます ♪

早速身を頬張ってみるとお味は甘酒のほのかな甘みと味噌味が絡み合ってはいる
ものの、マダイの風味みしっかり前に出ててお上品なお味!いや~、久しぶりに
マダイを食べましたけどやっぱ美味いっすね~。どんな魚で作っても似たよ~な
感じになる事から特に臭いが気になる魚などは味噌漬けで~とよく提案される
けど、マダイは魚の王様と呼ばれたりするだけあって味噌に支配されず
しっかり独自の味を守っておりますわ。


足が早くなる原因にこの真夏の暑さってのもかなりありますから、マダイの旬と
言われる12~3月にかけての寒い時期にまたお造りなど生で頂いてみたく
なってきました。なんせ真剣にマダイを狙うのも何年ぶりかになりますから!

マダイ師匠とのコラボが増えそ~です。(笑)




「甘酒いいねぇ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

キスと生ハムのオーブン焼き ♪


落ちギスなど20cmを超える個体がメインなら当然お造りにお寿司など生食を
チョイスし、もし数がたくさんあったのなら開いてキス天にしたりなど我が家
でも定番メニューがあるものの、ピンギスから20cmに満たないいわゆる
アベレージサイズまでがメインでよく釣れる夏場の釣果はそこそこサイズなら
お造りにしたりもしますが、ど~しても小ぶりな個体はフライや南蛮漬けに
してる事が多いよ~に思えます。

そんな傾向を実感する中、たまには他のディッシュを試してみたいなぁ~と
いつものよ~にネットのクックパッドなどを参考にあれこれ見ていると、あっ!
これ面白そうと気になった物があり、早速撃沈してきた小ぶりなキスちゃんを
使って作ってみることに~ ♪





つみれにするからと言って毎回小ぶりなのをご近所さんのお裾分けするのも
あれなんで、今回は大きめな個体をメインにお渡しして、わたくしめの手元には
これくらいなら頭と内臓だけ取って開かずにフライにした方がいいんちゃう~?
みたいな個体を丁寧に開いて下ごしらえです。

クックパッドでは大きめな個体、1匹を半身ずつ使って作っているよ~な例が
挙げられてましたが、開いた時のサイズと生ハム1枚のサイズを比較すると
小さな個体1匹を開いた物で作った方が良さげちゃう?な~んて個人的には
思えましたのでこのまま作業を進めましょう。(笑)

開いたキスちゃん1匹に対して生ハムを1枚、、、





今思えばこのディッシュって超~シンプル!


だって、特に何をど~するってわけでもなく下準備はこれだけで終了&後は
お腹の部分からキスを外側にして生ハムと一緒にクルクルクル~と巻いてゆき
最後につまようじで留めるだけ!あはは、以上でごじゃいます。

うんうん、小ぶりな個体1匹丸ごと使っての方が雰囲気があります。







この間にあらかじめオーブンを200℃くらいに予熱しておき、オーブン皿に
クッキングシートを敷いて粉チーズを振りかけて焼いていくと書いてありました
が、JCAはクッキングシートは使わずより風味を引き立てる為に巻いたキスを
並べる前にオーブン皿の底にバターを薄く塗って調理です。

一瞬、いつもの岩塩に黒胡椒?と思い浮かびましたけど生ハムと粉チーズの
コンビネーションで塩気は十分で塩コショウの必要は無い旨ありましたから
それに従って粉チーズ以外は何も振らずに焼きましょう。(笑)











キスと生ハムのオーブン焼き ♪


14分間焼いて最後にEVオリーブオイルをかければ完成~!食べる前に
ちゃんと焦げたつまようじは抜いて見栄えを良くしとかないといけませんよぉ。

出来立てアツアツのを頬張ってみるとこれまでのキス・ディッシュでは味わった
ことの無い全く違った印象 ♪ 焼けた生ハムとチーズがキスの開きを完全洋風
アレンジしておりもう少し大きめなのが数個あればイタリアンやフレンチの主菜
として出てきそ~な感じ!?(爆)





お味は正直、キスの持つ淡泊ながらもほのかに香るお味より塩味のきいた生ハム
とチーズが勝っており、またどんな白身の魚で作っても似たよ~な仕上がりに
なりそ~がゆえキスと言われないと食べただけでは分からないかも?

ただ、非常にマッタリ濃厚で凄く美味しいです!このくらいのサイズなら10個
なんて余裕でパクパクといけちゃう食欲をそそるお味ですのでお腹が空いてる時
にパンやご飯と一緒に、そしてワインなどと合わせて素朴に少量つつくのもまた
良さそう ♪ 気分、食欲に合わせてオールマイティーに対応してくれそう。


わたくしめ的には超~好みのお味でしたので今後、特に夏場に小ぶりなのが
メインに釣れた際にはフライ、南蛮漬けに加えこの生ハム・オーブン焼きも
積極的にやって楽しんでいきたいと思います!




「俺もやってみよ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

夏のキスと言えば、南蛮漬け ♪





帰還してもまだ午前10時半にもなっておらずシャワーを浴びる前にちゃちゃ
っと撃沈してきたキスを捌いてしまいました。


結構数があった為、いつも魚を喜んで貰ってくれるご近所さんに連絡してみると
ぜひ欲しいとの事で30匹程お裾分けした後にまずは大きめの個体を選って
捌き開始~ ♪ 今回急遽キス釣りに行く事が決まった時から無性に南蛮漬けが
食べたくて仕方なかったJCA、フライとかにするなら普段中骨は取らずに
そのままいけそ~な小ぶりな個体に至るまで全て開いて下処理です。

キッチンペーパーでしっかり水分を取り除いた後はしばし密封された状態で
冷蔵庫保管し、夜のFISH DINNERに合わせて調理となりましたっ ♪

小麦粉を付けてジュワ~~~っと揚げられてゆくキスちゃん、久しぶりに
頂くのでこの時点から早く食べたくてそわそわ状態、、、(爆)













キスの南蛮漬け ♪


暑い夏にベストマッチする南蛮漬けは完成した後、しばらく冷蔵庫内で冷やして
おくことによりタレが更に浸み込んで良くなる。いや、そ~ゆ~風にされてる
レシピがほとんどかと思いますが、ど~しても待ちきれなかったわたくしめは
量もたくさんありましたし半分程をまださっき揚げたキスちゃんが熱いうちに
頂きま~~~っす!それがまさに上の写真でごじゃいます。

しばらく寝かすとマッタリ濃厚なお味になる南蛮漬けも出来立てホヤホヤのまま
頂くとこれまたサッパリテイストでビールに良く合いますわ~ ♪


あと、捌いてる段階で最も小さい順から10匹くらい別に取っておいて少々
作業が面倒でしたけどお造りを作る要領で皮を剥いで~、こちらも南蛮漬けと
同様久しぶりに超~食べたい!ってなってたなめろうを ♪

これもまた晩酌のアテには持ってこいの逸品なんですわ~!





大変美味しゅうございましたっ。(笑)




「最高よね!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

氷下魚の一夜干し ♪


氷下魚と書いてコマイと呼ばれる北海道ならではのタラ科の魚、、、

時にカンカイとも呼ばれたり、また大きな個体はオオマイと呼ばれたりと結構
いろんな呼び名を持つ魚で覚えてらっしゃる方もいるかもしれませんが、
少し前にウトロへ遠征した際に短時間の夜戦で爆釣したあの魚ですわ~!





北海道へこれまで毎年遠征してきてるものの一度も狙った事も無ければまともな
サイズも釣った事が無かった魚がゆえ、いつか専門に狙ってみるのもいいかも
なぁ~って思ってた矢先にあっけなく釣れちゃったパターンでした。(笑)

まさに入れ食い状態で2本針仕掛けを投げれば高確率でダブル撃沈と超~楽しい
反面、飽きて来るもの早い、、、あの時はいわゆるオオマイと呼べるよ~な
サイズを目標に頑張ってましたが、その間にみるみる数が増えてってなんとか
1匹撃沈できたと同時に終了&早速お裾分け先を考える羽目に、、、


そんな贅沢な悩みを抱える中、横で一緒に釣ってらっしゃった方が釣ったコマイ
は全部一夜干しにしてストックしておくんよ~と話しておられ、本当はウロコを
取り、頭&内臓だけ取り除いたらそのままの状態で開かずにカチンカチンになる
まで干すのが主流みたく伺いましたが、残念ながらわたくしめの地元、関西圏の
気候じゃ今のシーズン、常にジメジメ湿気が多くまず思うよ~に作れないのは
目に見えてましたのでとりあえず数匹をホッケの如くその場で開いて浜風で
一夜干しにしてみましたよん ♪

実は最初から作る気満々でやって来てた為、岩塩&ミネラルウォーター、
魚を塩水に浸せる大型タッパーなど準備万端!













ネットに関しては自宅にあるでっかいのを持って来ると超~嵩張るので、
こちらに来る途中の100均でゲットしてきた簡易干しネットと予備で持参
してた三脚を駆使して謎の?即席魚干し場完成ですわ~。

確か数年前もここで同じよ~な事をやってたよ~な、、、(爆)


夜明けと同時に干し始めて夕方まで丸1日、、、ラッキ~にもこの日は快晴で
カラッと乾いた風が常に吹いてるコンディションでしたからあっという間に
できちゃいましたよん。後は個別にサランラップに包んで持ち帰り~。

ウトロから戻ってすぐに再び函館へ、そしてその後も続いて仕事や他いろんな
予定が入っておりましたのでまた後日食べれるよ~にと帰還後1匹ずつ
真空パック冷凍にしてあったのを、

ようやく今夜のFISH DINNERで頂いたって感じになります。







コマイの一夜干し ♪


こんな事を面白がるのも変なんですけど、一夜干しを真空パック冷凍してそれを
解凍するとど~しても頭の中で湿って水っぽくなっちゃってるよ~なイメージが
あるのに実際にはしっかり乾いたまま、、、不思議ですよね~。(爆)

生状態の切り身を焼き魚にする場合は、いつもグリルでじっくり美しい焦げ目を
付けながら焼くんですが、一夜干しについては焼くとゆ~より炙るってな感じが
強いのでフライパンにクッキングシートを敷いて焼くので十分!汚れも少なく
お手軽にできちゃいます。一番いいのは七輪なんぞでじっくり炙る事ができれば
最高なんですけどね~、、、さすがに食卓ではねぇ、、、

やっぱりカレイとは異なってます、、、そりゃ当然!(爆)







匂いもお味も普段からよく食べるカレイの一夜干しとは全く違いタラ特有?の
風味を醸し出してる?特有の風味と言われてもなかなか分からないかも
しれませんし、正直文章で表現するのも結構難しいので後はご想像にお任せ
しま~~~っす ♪ 一瞬ホッケに近い印象を受けるかも?

ご覧のよ~にマヨネーズ&七味唐辛子、そしてお好みに応じて醤油を加えて
食べるのが現地での主流の頂き方とありJCAも早速試してみましたよぉ。

コマイは白身に独自の味が凝縮されており非常にジューシー!


お世辞抜きで本当に美味しいですっ ♪




「食べてみたい!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR