44cm 海サクラ初撃沈! 北海道・稚内市 / 日本海 (1日目)





いつもならもっと近くに見えるはずの苫小牧港があんなに小さく、、、


白老上空から「北海道」入りし、飛行機は巡航高度を保ったまま札幌市を抜け
国道231号線~232号線、通称・日本海オロロンラインに沿う飛行ルートで
北上&目指した先は本州最北端の都市「稚内市」でした。

過去にこちらに住んでた頃に2回程?車で訪れた事がある他、投げ釣りでは
利尻島へ行く際に新千歳空港からの直行便が目的地周辺悪天候のため欠航して
しまい、仕方ないので代わりに稚内空港へ飛んでそこからフェリーで渡った事も
ありますねぇ、、、フェリーだけはよほどの事が無い限り運航してくれるので
時間もかかるし船酔いもしますけど非常に助かります。(爆)

今回は離島に渡る予定は無く、


まさにここ稚内エリアを起点に作戦を繰り広げてみよ~と!


昨年からルアーで狙うトラウト&サーモンにハマったJCA、今年は何とかして
野生、ネイティブのトラウトを撃沈してみたいと思い厳寒期を利用し管理釣り場
へ通ってルアーフィッシングのレッスンを受けたりと特訓をして参りました。

まっ、実際にはエリアトラウトとネイティブトラウトでは異なる部分が結構
あったりしますが、特訓のおかげで最低限の知識と技術は習得できてきた、、、
と思えるよ~になってきた今日この頃。


そして先月、初めて海アメ&海サクラこと海で狙うネイティブトラウトの
アメマス、サクラマスを狙ってみましたが、結果はご存知の通り本命は釣れず
なぜかでっかいクロソイが外道で掛かったくらい、、、それにそんな簡単に
釣れるターゲットなら地元のみなさんも必死に通って苦労されてませんし、
ましてや初心者のわたくしめに釣れてたらまさにビギナーズラック!(爆)

ただ、このままこの2魚種はあきらめて来シーズンに期待し来たるカラフトマス
やサーモンに備えるべきか、、、そんな事を考えると、いやそれじゃ気が
済まない!こうなってしまいまして本遠征を決行する事を決意です。







今日は情報収集と下見だけのつもりが、、、


最初は再び島牧村か積丹半島へと考えていたものの、今時期になると磯からが
メインになってくるとも伺ったのとやはり実績場はどこも毎朝ルアーマンで
ビッシリらしく、もっともっと気楽にできるよ~な場所はないかなぁ~?
道北エリアもこれから釣れるとゆ~情報をキャッチして右も左も分からない
ままとりあえず稚内まで来ちゃったわけです。(爆)


早速レンタカーに乗って市内の釣具店を2つ回って情報収集 この浜一体
なら釣れる時はどこでも釣れてるよ~と教えてもらった戦場へまずは
下見がてらにGO&平日の時間が時間だけに誰も居ないだろうと思ってると
一ヶ所に6~7人のルアーマンが固まって頑張っておられるのを発見!

おそらくあの辺が一級ポイントなんだろうなぁ、、、と覚えつつ下調べする
といっても果てしなく同じよ~に続いてる単なる浜だったのでちょっくら
やってみようかと!ゆ~気になってちゃちゃっと準備して突入。





「日本海」


情報によれば海サクラも波打ち際近くを回遊している時が多いと聞いていたので
まずはジグミノーを投げて水面直下をズルズルやってましたが、あまりにも
反応が無さすぎるので今度は軽めのジグにして中層付近をスローリトリーブ
、、、な~んもアタりません。(笑)

こ~いった目立った変化の無い広大なサーフからはランガン・スタイルが
基本になるのでみなさんが固まっておられる方向とは真逆の方へのんびり&
ゆっくり移動しながらキャストを繰り返しますが生体反応無し、、、


よ~く海を観察してると岸から約20m程度の所に帯状になって砂が
盛り上がっている所が多いストラクチャーのようで魚の回遊が見られるなら
それより沖かほんと足元と言っていい程手前?また位置によっては砂の堆積が
無く深みになってる部分もあったりとやってくうちにそれなりに把握できてくる
もんだなぁ~と感心するも、わたくしめ、、、まだ一度も海サクラを釣った事が
無いのでどう狙えばいいかも全て雑誌などから得た知識のみ、、、


元々、今日の道北エリアはどんより曇ったお天気な上、釣りは午後16時頃から
の開始だったのであっという間に日が陰ってゆき薄暗くなってきました。





左右見渡しても延々と似たよ~な風景で一体どの辺から浜に降りてきたのか?
さえ分からなくなってきたのでランガンしてきた道を戻りつつ、果たしてこんな
感じのままで明日丸1日ここで頑張っても何か釣果に結び付くのだろうか、、、
とかなり不安になりつつも他にどこで釣果が上がっているのかもデーター
不足で分からないので、来て早々に今回もボウズの予感を感じてると、

急に風が変わったみたく強めの横風が入りキャストしても空中でルアーが右に
流されるので少し重めのジグにチェンジしておもいっきり遠投&大量に出る
糸フケを高速で取ってファストリトリーブに入っているとウキルアーのアキアジ
を思い出させるよ~な小さくノックする感触が2回程、、、


ゴン、ゴンッ


早巻きしてるはずだからまさに海底の砂が盛り上がってる部分に当たるわけない
し、、、と思いつつそのまま巻いてたら、


ゴツン!?ジリリリリッ


少し緩め設定にしてたドラグが急回転したのでこれは確実に魚!





44cm サクラマス撃沈 ♪


島牧周辺のサイズと異なり道北エリアの海サクラは小さめなのが特徴らしく、
ちょ~どこれくらいがアベレージサイズとのこと。

サイズからは想像できないパワーで走りまくってエキサイティングなやりとり
を楽しませてくれましたよぉ。あはは、ちゃんとランディングできた後だから
こんな事言えるんですけど、実際にはお初のやりとりでしたしバレないよ~にと
めちゃくちゃ必死なわたくしめでございました。(笑)


まずは目標達成!


ネイティブトラウトの1つサクラマスをゲットできて超~嬉しいっす ♪

アタったのは結構沖の横風が入っても波のざわつきがマシな部分だったかな?
相手も回遊しているので偶然ってのもあるんでしょ~けどまずは初日から
1匹本命の顔を拝む事ができ、明日もここで頑張ってみようという気持ち?
後押しになってくれましたっ。


引き続き30分は粘ってみるも再び沈黙の海となり午後18時半に終了。





日暮れまであと少しはありましたが、いくら身軽とはいえ荷物の整理も全く
終わってませんし、車内もオーガナイズしたかったので今日は欲張らずに
、、、そして綺麗な日帰り温泉施設でマッタリして、

今夜は日本最北端の道の駅で車中泊となりました。(笑)




使用タックル&仕掛け

■ ロッド: ダイワ・モアザンAGS 121XH カムイトゥクシー
■ リール: シマノ・'14ステラ 4000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ ルアー: 岡クラフト・岡ジグ LT-35 サケ稚魚アカキン


「来た甲斐あったね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

悲しみのえびラーメン、、、 北海道・島牧村 / 千走川河口 (2日目)


戦場のある「島牧村」はこじんまりした村がゆえビジネスホテルなど宿泊施設も
ネット検索では出て来なかったの昨日は作戦終了後、隣町の日帰り温泉に
行って車中泊、、、と考えてやって来ましたが、やはり終日ルアーを投げ続けて
いると疲れがドッと出てきたので急遽、走って1時間弱程度の岩内町で宿を
取って短時間でもいいのでベッドでしっかり寝て参りました。

チェックインしたのが午後20時過ぎで翌朝、午前3時にはチェックアウトと
約7時間程度の滞在でしたが、車中泊とは全然疲れたの取れ方が違うので
リフレッシュして2日目に臨めております。


ただ、遠征日程を短縮してるがゆえ今日の夕方の便でもう大阪へ帰還しなければ
いけないJCA、ここから新千歳空港までの距離を考えると釣りができるのは
午前中のみとなってしまいそ~なんです、、、

朝マズメのワンチャンスに賭けるしかありませんねぇ。





「千走川河口」


今朝はよっしーの立ててくれたプラン通り、江ノ島海岸からトンネルを
1つ越えた所にあるこの戦場に入ってみました。

こちらの戦場も昨日同様、午前4時に到着した時点ですでに車がビッシリ所狭し
と止まっておりまだ真っ暗なのにも関わらず特に河口近くはルアーマンで
埋め尽くされてます、、、見る限りどう頑張っても入れるよ~なスペースすら
ないので、河口から少し離れた位置で攻撃開始。


昨日の戦場とお隣さん同士なのにここは若干遠浅気味?みたく投げて届く範囲の
水深が足元付近とあまり変わらず、おまけに昆布や他海藻類がうっそうと
覆い茂っており投点によってはそれらに掛かったりします。

ファストリトリーブをメインに時々ジャークを加えたりしながらあちこち探って
いると2回程荒っぽいアタリが出てアイナメ様のご登場、、、首を振ったりと
おもいっきり期待させられてる状態なのでランディングした時のショックは
計り知れません!即ポイ。(辛)







単なる初心者JCAもこ~やってXEFOのルアー専用ベストにタックルを持てば
一応恰好だけは周囲に溶け込んでる!?

自分自身かなり違和感ありますけど!(爆)


一生懸命キャストを繰り返してるうちにあっという間に太陽が昇って勝負を
賭けていたはずの朝マズメは虚しく終了、、、唯一の救いはズラ~~~っと
並ぶルアーマンの誰もが今朝も魚を掛けてない事かも?午前8時にもなれば
みなさんあきらめて撤収されてゆきます。

近くでされてた方と話してみるも今朝はライズがほとんど無い、、、やら船では
たくさん釣れてるのにね~、、、などなど厳しい事が窺えます。

せっかく始めたトラウトルアー、ネイティブトラウトを撃沈したい!と切望
するならやはりいつの日か海サクラはゲットしたいなぁ~と思いながら
ちょこっと休憩&ぼ~っと海を眺めてると1回だけ真っ白に見える魚体が
ボチャン!?あれは間違いなく海サクラ、、、なんですが、岸から200m以上は
ありそ~な沖合いなので届きません。それもその1回きり、、、(悲)

手前に寄って来る可能性は低そうですが、再びキャストを開始してジグを
泳がせているとガン!っと何かがアタってブルブルしながら、





ち、ちっこい。


一瞬ウグイかなんぞ?と見間違えちゃうサイズのこの魚、よ~く見てみると
海アメちゃんでございました。こやつもトラウトなので本命の1つと言えはする
ものの、、、こりゃ小さすぎでしょ。はいっ、さよ~なら~ ♪

雑誌などを見てると海サクラ狙いではこやつらが外道として邪魔をしてくる
みたいな記事が多く比較的簡単に釣れてくるものだと勝手に思い込んでました
けど、実際には1匹掛けるのにも苦労しました、、、

あはは、下手くそなんでしゃ~ないですねぇ。


午前10時頃になるとあれだけ賑わっていた河口付近も釣り人の姿は1人のみ
、、、まっ、考え方によっては超~お手軽にやれて、反応が無ければ即見切り
を付けて撤収できるルアーフィッシングはこれが普通の光景なんでしょ~けど、
置き竿にて粘る事の多い大物投げ釣りがメインのわたくしめにとっては
あまりにもあっさりし過ぎててまだまだ慣れません。







それでも正午まで一帯をランガンしながらしつこく粘るもまともなアタリすら
見る事もできずタイムアップとなりました。


同時刻に道内の違う所でカレイ釣りをしているよっしーに電話で結果報告を
すると、あの一帯は彼のイメージではまず何か釣れる実績場なのにおかしい
なぁ~と、、、今シーズンの状況が全体的に渋いのか?単にわたくしめの腕が
悪いのか?何もかもがお初なのでよく分かりませんが、大型の海サクラ、海アメ
を撃沈できるまで長い時間が掛かりそ~な気がします。(笑)

帰りは前回連れて行ってもらった余市町にある人気ラーメン店で真っ赤な
えびラーメンをすすって帰還となりました。まさに悲しみのえびラーメン!
このラーメンをすすらずに帰れる日は果たして来るのでしょうか?







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: ダイワ・モアザンAGS 121XH カムイトゥクシー
■ リール: シマノ・'14ステラ 4000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ ルアー: エンドウクラフト・IOカスタム タイプC 100mm 38g


「ルアーの難しさ実感」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

50cm クロソイって!? 北海道・島牧村 / 江ノ島海岸 (1日目)





午前3時55分、やっとこさ戦場に到着。


元々の予定では最初の2日間をルアーフィッシング、残りの2日を投げ釣りと
合計4日間の遠征計画を立てていたんですが、日にちが迫ってくるにつれ
21~22日の最後の2日間のお天気が微妙に、、、最終的にまた爆風&大シケ
予報に変わってしまった為、コラボ予定だった現地の釣友と話し合った結果
今回は延期する事になりました。

ただ、航空券もレンタカーも全てすでに手配済だった上、今日明日は快晴
釣り日和って感じでしたからせっかくだし帰還日を早めて2日間だけでも
実戦経験を積むために行っときますかぁ~と ♪

そんなわけで今回は迎えに行ったものの、'05スピンパワーの出番は無しで
再度旅路へ送り出して参りましたよぉ。


機内では珍しく眠くもならずずっと起きてた元気モードのJCAもさすがに
夜になると睡魔がっ!?昨夜は札幌市内で作戦会議をした後、「島牧村」まで
移動したんですが、まぁ~~~眠いのなんの!途中の道の駅で仮眠を
取りながら何とか辿り着いたって感じですわ。(泣)







「江ノ島海岸」


昨年からその魅力に取り付かれてしまったトラウトルアー、管理釣り場以外で
ネイティブトラウト狙いとなるとやはり北日本!特に北海道がベストフィールド
じゃないでしょうか?前回同じクラブのよっしーと訪れた時はコンディション
が非常に悪くまともに釣りが成立しなかったのでリベンジでございます。

今は海でサクラマスやアメマスの大型が狙えるシーズンとゆ~ことでぜひとも
釣ってみたいなぁ~と思うも、いかんせんトラウトルアー?いや、ルアー
フィッシング自体始めて間もないわたくしめですからまず今は釣果は置いといて
場数を踏んで経験値をアップさせるのが先決!頭であれこれ考えるより1回でも
多く戦場に出る事がどんな事でも成長への近道ですからねぇ。


ポイントの詳細は戦い方などはよっしーがアドバイスしてくれたのでそれに
従って夜明け前から広大なサーフの18番と呼ばれる位置からスタート。


よっしー曰く、道内でもここなら海サクラにフラれてもまず海アメくらいなら
高確率で釣れるポイントですよ~と期待しまくって来ましたが、、、朝マズメが
終わり太陽が完全に昇っても一切反応無し!?周囲を見回すと平日にも関わらず
等間隔に20人以上ルアーマンが並んでいるものの、誰一人何かを釣っている
様子はありません、、、コンディション的には最高なのに、、、

結局、午前10時までにあれだけ居たルアーマンは1桁台になり正午になると
見渡す限り全員居なくなりわたくしめのみ!

一応、アドバイス通りの作戦では午前中ここで粘ってイマイチだったら車で
もう1つの戦場へ移動してやってみるとなってたのでランチ休憩兼ねて
一旦撤収&移動となりました。


移動する道中、教えてもらった幾つかのポイントを見て回りますが1ヶ所の
突き出た岩場に2人程いらっしゃった以外はどこもかしこも釣り人ゼロ、、、
どれもが有名な実績場と聞いてたがゆえビックリすると共にそれだけ今日は
渋いのか~と思い知らされます。(泣)

移動してきた戦場は小場所だったがゆえ2時間程粘って無反応とゆ~ことで
再びアドバイス通り朝のサーフへ戻り、お次は通称レストハウス前と呼ばれる
位置で投げてみることに。


スルスルスルスル~ ♪


ドスン!?


リトリーブ中に何の前触れも無く急に何かがアタック!





えええ~っ!?


やたら元気でグイグイ引っ張り、更には引き波の重量が掛かって重い中、
絶対バラさないよ~慎重にやりとり&ランディングしてみるとなんと
お腹パンパンの50cm クロソイがっ!

ソイって基本、夜戦で狙うイメージがあるので驚きましたわ~。


思わぬ美味しい外道の登場で少しホッとしつつ、引き続き本命のライズを
待ちますが残念ながら皆無、、、サクラマスって回遊してくるとアキアジみたく
跳ねる ライズするよ~でそれがある日は釣れる確率が数段高くなるそ~な
、、、常に水面監視を怠らずにいないといけません。

そんな中、様子を見に来られた方と話をしていると昨日は1本釣れてたのを
見たけど今日は全くダメだったとの事、、、またライズしてもかなり沖で
岸近くまで寄って来てないともおっしゃってましたねぇ。この作戦に関しては
何もかもが初めてなのでへ~~~と聞きながら話の内容なども勉強です。


結局、日暮れ時刻の午後18時半頃まで右へ左へランガンしながら粘るも
アタリすら感じられず終了、、、まぐれのクロソイを除けば午後からは釣り人も
魚も姿を現す事の無い渋い1日でした。(泣)







使用タックル&仕掛け

■ ロッド: ダイワ・モアザンAGS 121XH カムイトゥクシー
■ リール: シマノ・'14ステラ 4000HG
■ ライン: シマノ・ピットブル8 2号
■ リーダー: サンライン・システムショックリーダーナイロン 35lb.
■ ルアー: エンドウクラフト・IOカスタム タイプC 100mm 38g


「難しいねぇ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コンディション悪すぎ! 北海道・積丹町 / 幌武意漁港 (2日目)





めちゃくちゃ冷え込むなぁ~、、、と目が覚めた午前1時過ぎ、外気温は1℃
まで落ちて外は雪が舞っておりました!?


大型低気圧の影響で昨夜から道内は一気に冷え込んでおり日中の予想気温も
一桁台なら海も大シケ状態、、、日本海沿岸部の風速予報も15mをマークして
おりはっきり言って遠征でなければまず釣りはしないコンディション!

計画では2日目は超~久しぶりに泊村の兜千畳敷で午前中カレイ作戦をやって、
午後からランガンしながら半島周りの実績場でルアーを投げて~と考えて
おりましたが、波高3m以上という大荒れの中、泊村のある西積丹はアウト。
ず~っと釣り場候補を模索していた案内人の“よっしー”から下された決断は、
東積丹のどこかまだやれそうな所でお茶を濁す感じになりそ~ですねぇ~と
、、、さすがに走行中の車が風で揺らされたり、磯場に打ち付ける真っ白な
大波を見てるとしゃ~ないと誰しもが納得できます。(泣)


そんなわけで昨日は寿都町にある日帰り温泉で温まった後、そこで夕食を
済ませいざ東積丹エリアを目指しました。







「幌武意漁港」


この漁港は大きなワンド状になっている所に作られており特に北西風が強い時の
逃げ場として重宝される事が多いそ~な、、、まっ、コンディションがいい時は
あまり訪れる機会が無いらしいのですがさすがこの風と波!夜中から大波止の
先端部にはキャップライトがひしめき合ってて攻撃開始となった夜明け頃には
スペースというスペース、釣り人でビッシリ埋め尽くされて満員御礼状態!?
みなさん考える事は一緒って事なんですねぇ。(笑)


ざっと見まわしてみると投げ釣り師とホッケを専門に狙ってらっしゃる方と半々
くらいでしょうか?ホッケ師はあちこちでひたすらコマセを巻きまくって群れを
寄せているよ~ですが、残念ながら夜明けから2時間経っても誰一人ホッケを
釣られている様子は無し、、、

よっしー曰く、ここは普段からカレイ類のみならずホッケの魚影も濃い場所
みたいですがなぜか今朝は反応無し、、、おっかしいなぁ~と言うよっしーが
次に発した言葉と共にその方向に目をやると、





トド!?


ほんとすぐそこ!?目の前付近でホッケを追い回しているよ~で潜ったと思えば
口にホッケを咥えて水面に顔を出すんです。

これじゃ魚が居たとしても釣れないですよね~、、、


少し沖合いに出ると大シケなのでトドもこの比較的穏やかなワンド内に居付く
かの如くあっち行ったりこっち行ったりと狭い範囲をウロウロ中。トドの存在に
気付いた一部は早々に片付けて撤収されて行かれたり、全く違う方向へ仕掛けを
投入してみたりと人間側の反応も様々、、、

さてさて、我々もど~しよ~か?悩んでいると、たまたま仕掛けをサビこうと
持った竿にほんの少し重量感が伝わってきて、







クロガシラカレイが連発!?


でも、、、サイズが最大でも31cm止まりであとは全て20cm台。

トドがウロついてる限り回遊魚のホッケは望み薄でもこのまま粘ってたら
マガレイくらい食いが立つかも?ともなるも、朝イチから直感的にど~も
イマイチってな雰囲気をわたくしめのみならずよっしーも感じてたみたく
とりあえずカレイ作戦は止めにしよ~や~となりました。(笑)


まだ攻撃開始から2時間も経ってないので早めに気分を切り替えて午後から
予定していたルアーでランガンしながら余市方面へ戻っていこうと!





積丹半島はどこを走っても景色が綺麗でドライブには持ってこいですよね ♪
釣りで訪れてる時は大体が作戦の真っ最中でなかなかこの時間帯に山間部を
走る事はありませんのでとても新鮮ですわ。


よっしーの車に付いて行きながら彼が過去に海サクラや海アメをゲットした
実績のあるピンポイントを転々と回りますが、いくら風裏になってる事が多い
東積丹とはいえさすがに今回はシケの度合いが酷すぎてそのほとんどが
高波やウネリ、また濁りで使い物にならない状態、、、

ようやく釣りが成立しそ~な所に辿り着き、ここでしばらくルアーを投げて
みるも昨日同様どれだけ頑張っても生体反応は無く、











よっしーの提案で、これ以上粘っても今日は厳しそうなんでさっさと切り上げて
北海道ミシュランガイドにも載ったという有名ラーメン店で特製ラーメンでも
食べて行きませんか?と。(爆)

あはは、本遠征の最後は同じ海産物でも魚類ではなく余市前浜えびラーメンなる
カラッと揚げた甘エビが乗る真っ赤なラーメンで締め括る事になりましたぁ ♪
まっ、それが近場であろうが遠征であろうが自然相手の釣りですから
コンディション的に厳しい時はど~しよ~もないですよねっ。


こりゃ出直しですわ~!




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 先オモリ遠投仕掛け
■ モトス: 東レ・銀鱗 16号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まふるじ・シーフォースサーフ 13号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「自然には勝てない」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

昨年の悪夢再来、、、 北海道・せたな町 / 瀬棚東沖防波堤 (1日目)


本遠征計画が持ち上がったのが3月半ば、、、当然、その時点で当日の天気など
全く読めるわけがない状態、、、だけど決行予定日はすでに4月になってますし
荒れてもそこまで酷くはならんやろ~と余裕をかまして準備して参りましたが、
当日が近付いてくるにつれ、、、これって結構酷いんちゃうん!?と。

相方、SurFreyja“よっしー”が札幌近郊に住んでいたのなら日にちを
ズラして仕切り直しって案も採れましたが、残念ながら彼はオホーツク海に
面した道東エリア在住で、今回たまたま野暮用で札幌へ出てきてたタイミングと
ゆ~ことで滅多に無いチャンスですから荒れても強行しようとなりました。

当初の予定では初日に積丹半島方面をよっしーに案内してもらい、2日目は
瀬棚の沖堤に渡ってカレイ作戦となってたものの、船頭さんに電話してみると
5日は風速10m、波3m以上の予報が入っておりおそらく出船自体が厳しいと
、、、4日か6日ならなんとか出れそうと伺い急遽予定を入れ替えて初日に
瀬棚、2日目を積丹半島に!


そんなわけで昨日は札幌でよっしーと合流した後、釣具店を回ってから岩内経由
で海岸線を走って「せたな町」へ。地元の居酒屋で一杯引っ掛けてから車内で
仮眠 午前3時に起床&1時間後の1番船に乗って戦場入りでございます。





ブリーフィングのタイトルでも書いてましたよ~に今日は午後から本州を北上
してきた大型低気圧が北海道に接近&明日にかけて直撃するルートにあり
正午まででとなりました。

今朝はJCAら含めて合計4人でお二方は沖堤内側、我らは上陸時は風が微風
だったので外側狙いで上段へ。この選択が数時間後に悪夢をもたらすなんて
想像もしないまま陣地を設営し攻撃開始。


船頭さんから先端部付近は最近サメやカニの猛攻が凄い旨、伺っており最初は
手前付近で投げてみるもどこへ投げてもそれらの外道らしき反応が見受けられ
ないのでキャップライトが必要なうちに先端部へ移動&小型のギスカジカを数匹
水揚げしたとこで夜明けを迎えます。


コンコンコンッ!?


急に複数本の竿先に似たよ~なアタリが出て、







ホッケの群れに遭遇。


唯一、上の写真の個体だけが38cmとまともなサイズで、あとはほとんどが
ローソクホッケと呼ばれる細長い小型ばかり、、、近年はホッケが超~不漁で
なかなか釣れないとみなさん悩んでおられたイメージがありますが、今年に
入っての釣果情報を見てると好調?と言っていいのか分かりませんけど
とりあえずいろんな戦場で結構釣れているみたいですね ♪

ローソクホッケの数はいらないかな~と最初のうちはリリースしてる中、
よっしーがお子さんの離乳食の食材に使いたいから全部貰いますとなり
JCAも途中からキープすることに。(笑)

わたくしめらはコマセなど使っていない為、群れが回ってきても通過してゆくと
いった感じになりますが、下で内側を攻めてらっしゃるお二人はコマセを
ガンガン打たれて群れを足止め 好調に釣られます!

特にホッケは撒き餌に敏感に反応する魚ですしねっ。


午前8時になりそろそろカレイ類の食いが立ち始めてもいいのでは?と
期待しつつ誘いを掛けたり強くアピールをしてるとようやくよっしーにマイクロ
サイズのソウハチカレイがアタり、続いてわたくしめにもほぼ同サイズの
マガレイ、、、さすがにチビちゃん過ぎるのはリリースし、針を飲み込んで
アウトな個体のみ2匹キープ。









「瀬棚東沖防波堤」


もう少しサイズアップして欲しいなぁ~と話してるといきなり突風が吹いた!?
と思えば、めちゃくちゃ危険そ~なグレーカラーをした雲の塊が来襲&一気に
周囲の視界が悪くなり 爆風が襲い掛かってきたんです!

それはまさに異常とも呼ぶべき急変で風速は軽く10m超え&後で調べた事に
なりますが最大瞬間風速は17m近くを記録しており、まさに昨年の今時期に
訪れた時と一緒の最悪コンディション、、、一時立っているのも辛いくらい。

どうしようか悩んだ挙句、昨年の教訓を生かして無理をするより風の当たらない
位置へ大移動することに、、、


一旦全部片付けて?と思うも残された時間もあまり無かったので仕掛けが海に
入ってる時間を1秒でも長くできるのを最優先して、数回の往復で移動。


ク~~~ッ、クククッ


最後の荷物を運んで来ると1本の竿先に典型的なアタリがっ!







偶然一ヶ所に数匹かたまってたのか?立て続けに40cm クロガシラカレイ
34cm マガレイが水揚げされてきました ♪

ただ、アタリが連発した投点近くには高確率で根掛かりが発生する部分がある
みたく、その後は数回ラインブレイク、、、過去に一度も投げた事の無い位置
からなのでまずは海底ストラクチャーの把握から、、、と思ってるうちに
あっという間に午前11時となり、またお迎えの船も正午より15分近く早く
来ちゃったのでここで終了となりました。

初日の今日は丸1日カレイ作戦に集中して明日は積丹半島で他の作戦とコラボ?
いや、もう1つの作戦をメインで~となってたのに気象状況の急変により
これまたイレギュラー発生となり午前中のみでの撤収、、、


さあ、これからどうしましょうか?


渡船乗り場で天気予報と実際の海の状況を見ていたよっしーから1つ提案が
出てきて、午後から夕マズメ近くまで明日の予行練習でもしますかぁ~と!







「島牧村」


とりあえず車に乗って積丹半島を目指す形で海岸線を北上 1時間ちょこっと
走った後、先行するよっしーの車が急に左指示器を出してとある駐車帯にイン。

あはは、投げ釣りタックルは車内放置したままロッドケース内に忍ばせてあった
モアザン・カムイトゥクシー&ステラ4000HGコンビ、そしてウェーダーを
履いて目の前に広がるウネリが入って荒れ始めてるサーフへ、、、


実は本遠征はカレイ作戦のみならず、ルアーで通称・海サクラ、海アメと
呼ばれるサクラマス、アメマスといったトラウト作戦も半分占めていたん
です!とはいえJCAにとってネイティブを狙うのは今回がお初だったので
過去にたくさんこれらの魚種を釣り上げているよっしーに案内&狙い方の
基礎をいろいろレクチャーしてもらおうと ♪


先にセイコーマートに寄り道してお昼休憩を取ってからでしたので攻撃開始は
午後15時前くらいから!すでに波が高くなりつつあるサーフからランガンして
ジグを投げますが、時間の経過と共にあからさまにウネリは大きく&波は更に
高く大荒れ状態へと向かっているのが分かります。







投げても投げても反応無し。


戦場入りした頃には4~5人ルアーマンの姿がありましたが、1~2時間以内に
全員撤収され最終的には広大なサーフに我ら2人のみ、、、

まっ、今日はあくまで予行練習ですから釣果より群れが回遊してそうな部分の
見つけ方、コンディションに応じたルアーの使い分けやリトリーブ法など知識を
ゲットするのが目的、、、と自分に言い聞かせるものの、でもやっぱ1回くらい
アタリが出て欲しいっす!(爆)

大波がザパ~ン、ザパ~ン打ち付けても気合いで日暮れまでキャストを繰り返し
ましたが、結局手に伝わってきたのはラインが波に叩かれている小刻みな振動
のみで魚からのアプローチは感じられないまま午後の部も終了。


午前中の釣果も寂しいものですわ~。(笑)







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'05スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'03パワーエアロ
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン インターナショナル 3号
■ 仕掛け: 先オモリ遠投仕掛け
■ モトス: 東レ・銀鱗 16号
■ エダス: ゴーセン・アクアキングGP 5号
■ ハリス: クレハ・シーガーグランドマックス 5号
■ 針: まふるじ・シーフォースサーフ 13号
■ エサ: アオイソメ、塩イソメ


「あの時と一緒だ」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR