イルカの大群がっ! 北海道・せたな町 / 瀬棚北沖防波堤 (2日目)


今日は土曜日、週末なだけあって早朝から渡船乗り場は大賑わい!?船も沖堤を
3往復するとのことでまずは最大のキャパシティがある東沖防波堤組を2往復で
&最後に西沖防波堤とJCAらが希望していた戦場へといった感じで突入です。

まるで昨日の大荒れがウソのよ~な超~無風&ベタ凪で若干雲は多いものの、
夜明け時刻になると太陽も東の空から顔を見せてくれて一昨日よりベターな
コンディション!期待が持てます。





「瀬棚北沖防波堤」


根魚狙いで定評がある上、過去にあれだけマガレイ、クロガシラといったカレイ
類の数釣りも堪能できてきてるので、今年はカレイが少ないと聞いても未だ
信じられないJCA、、、絶対何か理由があるはずと性懲りも無く上陸です。

まっ、カレイ類に関しては一応、先月の頭にまとまった第1陣の釣果が出て、
その後ず~っとイマイチなままと伺ってますので、おそらくもう少し水温が上昇
すれば第2陣、3陣と群れが接岸しだすはずなんですが、それでもあそこまでの
渋さはあり得ない!急流にならなければ、、、根掛かりを恐れず広範囲に探って
いれば、、、など心残りな点が多すぎてとにかくやらないと気が済みません!


そんなわけで、本日わたくしめはカレイ狙い一本でいきま~っす ♪


ご一緒させて頂いてるSurf Étoile“AKAMIMIさん”は一昨日と状況
が一緒なら朝一番からホッケの大群が回遊してくるはずなので、まずはそれらを
狙い撃ちすべくサンマの切り身やイカゴロなど様々なエサを併用したマルチな
戦術で攻撃開始中 根掛かりが頻発する方向へロックオモリなどを駆使して
戦われている姿はまさに難攻不落の要塞へ立ち向かうレンジャーの如し!

そんな事を言ってる間から早速サンマが当たりエサとなったよ~で狂った
よ~にホッケがアタってほぼ入れ食いになっております!





ホッケってここまでサンマの切り身に夢中になるんやぁ~、、、って驚いちゃう
くらいの勢いでアタリが出てますねぇ。

アベレージサイズも40cm近くの良型ばかりで見てるとついつい身エサに
切り替えてホッケを、、、と誘惑に駆られるんですが、いかんいかん!今日は
カレイ作戦オンリーと決めてますし、そ~いえばそもそも身エサ自体を持参して
おりませんでしたわ~。(爆)


タップリと房掛けにしたアオイソメをまとまった砂地がある方向へキャスト
底の変化がある部分を探してそこでステイ 定期的に仕掛けを動かしたりと
アピールもしっかり掛けてと手抜きの無い攻めのスタイルで臨むものの、、、
ほとんど生体反応がありません。


グイグイッ


アタリが竿先に出るってよりは居食いパターンが多く、





この戦場は水深があるので、おっ!こやつはちょこっとばかしデカいんちゃう?
って期待して巻いて来ても水面に浮いてガッカリ~なケースも結構多々、、、
なんせマガレイなどはサイズに似合わずよく締め込むのでねぇ。

まっ、カレイはやはり朝からパッとしない状況ではありますが、今日はラッキ~
にも潮が下げに切り替わっても激しい離岸流が発生せずトロトロと緩やかに
流れてるだけと非常に釣り易いコンディション ♪

一昨日あれだけ悩まされた急流がまるでウソのようですわ~!この戦場では長潮
、若潮といったベタ~っとした潮回りをチョイスするのがやりやすそ~ですね。


ググッ、ググッ


ブルルッ、グ~~~ッ







ポツリポツリとマガレイやらクロガシラ、アサバなどカレイちゃんらを拾って
いる中、沖合いに目をやると何かがあちこちでボイルしてます!?

最初のうちはナブラちゃうん?と思いつつも、よ~く観察してるとそんな
可愛らしい物ではなく、な、なんと


巨大イルカの大群!





その数は余裕で3桁まで達していると思われ、一ヶ所のみならずわたくしめらの
目の前から遥か彼方、東沖防波堤の先端部までどこを見てもイルカ、イルカ、
イルカ!こんな光景は今まで見たことありません。

ど~やらホッケの群れを追い掛けて丸呑みしまくってるよ~で、尖がった背びれ
がス~っと水面から出て、、、みたいな定番な光景じゃなくバシャ、バシャ!
っと水面から荒々しくあちこちで飛び跳ねて完全にボイル状態!

おもいっきり殺気立ってるのが窺えます。


こんな状況が約1時間はず~っと続いておりました。


こ~なるとホッケのアタリはピタリと止まってしまい、、、また、表層辺りの
やりとりなので海底にはあまり影響無いんちゃう?って思われがちなんですけど
、これまた自然の不思議ですね~、時同じくしてカレイらのアタリも完全に
途絶えてしまいました、、、







イルカの他にも、トドやアザラシなんぞが出現した場合も一気にアタリが
無くなるとよく言われますが、ほんと見事に消え失せてしまうので驚かされます
よ~!どれだけサビこうが、何をしようが一切アタリが出なくなります、、、

AKAMIMIさんとほんまに釣れんねぇ~、一体何時間待ったら元の状態に戻るん
だろう?と話しながら雑談にふけてるうちに、他の沖堤から正午の船で大勢が
撤収して行かれるのが窺えます。


ど~やらイルカの影響は顕著でどこもかしこも同じ状況に陥っちゃってるよう。


それでも一矢報いるべく2人してしつこく粘っておりましたが、まさにフェード
アウトとはこ~ゆ~ことを言うよ~で最後の最後までほぼ沈黙のまま終了。


ほんと今日1日ふり返ってみると、イルカの大群が押し寄せるまではホッケは
もちろん、カレイに関してはアタリ自体はコンスタントにあったので活性的には
期待が持てたはずなんですが、、、全てはイルカの大群によって変わって
しまったと言っても過言ではありません!

なんだかそんな事を考えると超~悔しい所はありますものの、これもまた自然界
では普通に起きうる事ですから運が悪かったとあきらめるしかありませんねっ。





それにしても、今までイルカが出たから釣れなくなったぁ~ってな話を聞いて
いても底に居るカレイはすぐ大丈夫になるやろ~って楽観的に考えてきてた
だけに、実際にその威力を目の当たりにして言葉が出ませんでしたわ。


イルカ、、、恐るべし。




「ほんと凄いよね!」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今年はホッケが多い? 北海道・せたな町 / 瀬棚北沖防波堤 (1日目)





午前2時前、ようやく待ち合わせ場所付近に到着。

ここまでの道中もかなり酷かったんですけど、すぐそこすらまともに見えない
危険レベルの濃霧!ここ「北海道」の玄関口となった新千歳空港エリアから
すでに白くなっており、道央道の白老ICを越えた辺りで激化&一部マシに
なったりするものの、最後の最後までこんな感じ、、、

だけど外は完全無風&こんな時間なのに外気温は9℃!?とあり得ないよ~な
暖かさに包まれており、濃霧以外はベストコンディション。


あっ、あれからは荷物を受け取って即レンタカー&クロネコセンターに飛行機が
遅延した旨連絡&少々待って頂いたりするも何とか思い描いてた動線に沿って
やって来れました!出船時刻は午前3時のよ~ですし余裕を持って?待ち合わせ
場所の渡船乗り場に到着&そこで一足お先にいらっしゃってたSurf Étoile
北海道会員の怪力遠投レスラー!?いやいや、自民党トップ!?いろんな
ニックネームが存在しておりますが、“谷垣総裁”と合流し出船です ♪

真っ暗な上に濃霧の影響までモロでキャップライトで照らしてても少し離れた所
がなかなか霞んで見えない状態、、、足下は水没&ツルンツルンに滑るので
細心の注意を払いながらセッティング 攻撃開始となったので午前4時。


ゴンゴンゴンゴン!!!


1投目後しばらくするとガツンと大きなアタリが出て首を振るよ~な抵抗、







ヤバイくらい超~メタボな47cm アイナメ~!


今日の戦場は根魚が多い事でも知られる場所ですので驚きはしませんが、
個人的にはカレイ類を多く撃沈している印象があった為、へ~~~こんな
サイズもおるんや~と関心。(爆)

じっくり観察するも、室蘭などでよく見た皮膚に凸凹と寄生虫が居るよ~な
雰囲気も無い綺麗な個体だったのでキープし更に攻撃を続投してると、


グイイイッ!


またっ!?







46cm アイナメ撃沈。


よくアイナメはつがいで居るから1匹出たらすぐもう1匹釣れるとは言われて
ますが、ほんとその通りに即行アタってきましたわ~。

魚を外したり、打ち返しの作業をしてるうちに次第に辺りは明るくなってきて
夜明け時刻、、、しかしながら空は曇ってて太陽の姿が見えない為、ど~も
夜明けって実感が湧きませんねぇ。

午前8時前後に満潮を迎える小潮の今朝は、潮位差をデーター的に見てる限り
30cm以内の動き&ウネリも全く入ってないんですが、波止の外向きから先端部
の途中まで広範囲にテトラが積み上げられている環境下、引き波が増幅され
やすくすでに足元を洗う水の量が増えてきているのが窺えます、、、

最悪、手前の高い部分に一時的に避難すればOK!それより早くカレイの時合い
に突入してくれないかなぁ~?2人してそんな話をしてると、


ガンガンガン!ブルルッ、ブルッ


げ~~~っ、またちゃうん!?





ここらのアイナメは一夫多妻制か?と突っ込みたくなる46cm再び。


もうアイナメ様は十分!お腹一杯ですから他の魚種よアタってくれ~、、、

そんな事を心の中で叫びながらしばらく戦ってるとネットリとしたコマセを
入れた仕掛けをファイヤ~されてた総裁の竿にホッケがダブル!群れが回って
きたのか?って思うや否や、わたくしめの竿にも次々とアタリが出始め、









ホッケ祭り ♪


アベレージも40cm近いのばかりで丸々肥えて美味しそう ♪ 一見、遠くから
見てるとアイナメ?と見間違えるよ~な容姿ですけど、釣れたのがホッケだと
喜んじゃう我らがいます!(爆)

1~2年前くらいだったかなぁ~?ホッケが超~不漁の年があり庶民の魚・
ホッケも今や高級魚やで~みたいな事をあちこちで聞いたのを覚えておりますが
、ど~やら今年は当り年のよう。美味しそうですよね~ ♪

ご覧のよ~に総裁の仕掛けにも掛かってきてますが、単発でポロンとマガレイ
なども混じるよ~に、、、ただホッケの群れが近くに居ると先にアタックして
くる傾向にありカレイ類は数が出ません。約1ヶ月前、走りの時期はサイズの
いいマガレイがそこそこ上がったと伺ってますが、ここ最近は止まってるよ~で
次の群れの接岸待ちかな?







「瀬棚北沖防波堤」


写真を見てる限りコンディションとしてはイマイチ?のよ~に思われるかも
しれませんが、空がおもいっきり曇ってるだけで無風&ベタ凪かつ昨日まで
雨が降ってて地面は濡れてるものの今は一切降ってません ♪

濁りも皆無に等しい感じですし、これで太陽が出て青空だったら本当に最高の
釣り日和~ってな写真が撮れたんですけどねっ。まっ、ワガママは言えませんし
釣り自体は非常にやり易いのでラッキ~と思いましょう。


時間の経過と共に足元を洗う波の量が多くなってきて特に先端部は下手すると
リールごとバシャ!っと大量に被るので手前にある四角いブロックの上に竿尻を
置いたりと工夫しながら攻撃を続投、、、

こんな感じで午前11時頃まで頑張ってたんですが下げが本格化し、少し前まで
右斜め沖方向へ走ってた離岸流が右横へ移動し始めると急に波が高くなって
バシャ~ン、バシャ~ンと、、、ちょ~どアタリも遠退いてたのでここで一旦
手前の高場へ避難&しばし総裁と雑談しながら大爆笑タイムです ♪





まさに戦場の特徴と言うべき恒例のパターン!

ここの潮流の強弱は沖へ続いて走る大きな離岸流の動きに左右されており、
下げに切り替わると必ず離岸流が真右方向へ移動し、潮流が急に速くなり始め
ます。潮が大きい小さいにあまり関係無く下げに突入すると渦を巻いて離岸流に
引っ張られていくので、この動きに合わせて仕掛けを投入&流していけば
投げ釣りは成立します。ただ、、、厄介な事が1つありまして、真右方向へ
行けば行くほどテトラ帯にまかれちゃうんですよね~、、、

正直、結構面倒臭い所はあるもののJCA的にはやりがいがあって面白いって
感じちゃうので、毎回ここをリクエストしてしまう、、、だけどその分、潮通し
も抜群で魚影も濃いのでお気に入りです。


お昼も食べてしばらく、、、午後13時には打ち付ける波の周期&強度がマシに
なってきたので再び釣り座へ下りて攻撃再開!







ここからは内向きが波気立って、逆に外向きはベタ凪。


ちなみに荒れているって感じじゃないんです、、、写真では風がおもいっきり
吹いてて波気立ってるよ~に見えるかもしれませんが、風は依然変わらずほぼ
無風、、、それでも潮流のぶつかり合いによって水面がここまでバシャバシャ
するんですから自然界のコンディションて不思議かつ読むのが難しい。

まだまだ潮流は速いままで、投げて着底と同時に右へ右へもの凄い勢いで
流されていき根掛かりでプッツンしちゃったり、たま~にサイズが小ぶりに
なったホッケが付いたりと午後からはパッとしない状態となりあっさりお迎え
時刻に、、、やはりここは片潮のみに集中した方がいい戦場ですわ。


サイズも当然デカいのが出てくれたら更に嬉しいですけど、今回も美味しい
FISH DINNERネタ目的での遠征ですからホッケがたくさん確保できて
一先ずOK ♪ カレイが少なかったのが残念ですけどねっ。





明日また頑張りましょう ♪


いやいや!


実はですねぇ~、、、天気予報でも怪しいとは思いつつもやはり的中のよ~で
明日の瀬棚界隈は今夜から大雨 数時間で止むも風速15m以上&波高
3~4mと超~大荒れになるよ~なんです!

もちろん明日は渡船も出せないとなり、明日もまた違うメンバーでコラボと
なってたんですけどキャンセル、、、急にブランクデーとなっちゃいました。

さて、ど~しましょうかねぇ?




「どうするん!?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

53cm ババガレイ撃沈 ♪ 北海道・松前町 / 松前小島 (2日目)







夜戦 in 「松前小島」


夜になるとエサを求めて飢えた巨大ソイちゃんらがわんさか動き出す、、、

いつの間にかそんなイメージを抱いてしまってたJCA、前回来た時は相当疲れて
たのか?即行寝てしまったよ~な記憶が残ってますが、今回は違います!


いや、今回は違うつもりでした。


デカいソイを撃沈してやるぞ~~~っと、おもいっきり気合い入りまくって
真っ暗になると同時に竿4本体制で切り身やイワシなどをメインにファイヤ~。
同じ戦場で戦っているみなさんもテントを設営したり、ランタンで陣地を明るく
したりと各々対策を取った後、夜戦モードに突入中!

ちなみに現在、大波止の上には“ナオさん”“ひろし。。。さんの奥様”
“クロちゃん”にわたくしめの4人で、夕マズメまで一緒に戦っておられた
ひろし。。。さんは夜は船釣り!と沖へ出撃されて行かれましたっ。


シ~~~~~~ン、、、


微弱なアタリすら竿先に出てないんですが、しばらく放置して仕掛けを回収して
みると見事に全て素バリ!?他のみなさんも似たよ~な感じで、たま~に超~
ミニミニなソイが掛かってたりと食べる所の無いリリースサイズばかり、、、

それでもいつかデカいのが回ってくるかも?そう信じて打ち返してましたが、


気付けばひろし。。。さんの奥様が爆睡夢追人に、、、それから1時間もしない
うちにナオさんもテントの中に入られたようでキャップライトの明かりが
見えません!超~タフガイなクロちゃんだけはこまめに打ち返ししながら、
同時にイカも狙われたりマルチに動いてらっしゃいます。

JCAも頑張らねば!と自分自身に言い聞かせるも、





約3時間しつこく粘った末、これくらいのサイズのソイが3匹のみ、、、という
現実を突き付けられ出した答えは、、、とりあえずテントに入ろう!

午後22時になるとやはり「北海道」、昼間は蒸し暑くても太陽が沈むと気温は
急低下して防寒着を羽織るまでに、、、もうテントから出れません!(爆)
それでもスケベ心丸出しなので全て仕掛けは投げた状態のままドラグを緩め、
尻手ロープまで付けた上での放置プレイ。


そしていつの間にか意識は遠退いて、、、


まぁ~た、あの超~腹立つ携帯アラーム音で叩き起こされた時には午前3時過ぎ
、あと少しで夜明け時刻という時刻!タフガイのクロちゃんは一睡もせず夜中
じゅう戦闘モードだったらしくヤリイカなどを撃沈されてましたが、ソイは
やはり激渋だったとのこと。

夜露でベトベトな朝マズメ、まだわたくしめら2人しか起きておらず他の
みなさんは爆睡されてます、、、ず~っと放置プレイしてた仕掛けも上げて
みたら全て素バリでいつの時点で取られていたのかさえ分かりません。(笑)





ソイはあきらめ、4本のうち2本を昨日の夕マズメに反応無しだったババガレイ
にターゲットを切り替えて仕掛けチェンジ&この朝マズメに期待を託し塩イソメ
をファイヤ~していきます。

もちろんコブダイ用の極太仕掛けも同時投入中で、夜間早くから寝てしまった
のもあり結構残ってしまったイカゴロを使い切るべく打ち返し頻度を高めて
積極的な攻めのスタイルです!


昨夜沖へ船釣りに出られてたみなさんも次々と起床されて様子を見に来られ、
どう釣れた? いや~、さっぱりですわ~って会話が何度も繰り返されます
が、今回は船の方もイマイチらしく何が原因かな?と首を傾げておられました。

島からの撤収時刻は午前9時とのことで片付ける時間を考えると午前8時過ぎ
には攻撃終了しないといけなく、そんなに時間的猶予もありません。







渋くてもやれるだけはやらないと!


最終日でもある今朝は夜明け前から集中砲火してるのに1匹の魚の姿ですら
見れてない激渋状況が続いており徐々に焦りが隠せなくなってるわたくしめが
そこにはいます、、、

まっ、ど~頑張っても魚が居なけりゃ何も始まりませんが、渋いながらも昨日も
本命に据えてたコブダイを3匹撃沈できてますししつこく打ち返してたらいつか
来る!前向き志向でわざと根掛かりが多発する一帯目掛けて仕掛けを投入し
ラインブレイクしては交換の繰り返して攻めのスタイルを貫いてると、


コツッ、コツッ、コツッ、コツッ?


小刻みな竿先ノックが数回出て静止、、、またしばらくすると同じノック?

チビちゃんのアイナメかソイやろうなぁ~、、、そう思いつつ放置するも、もし
そうならすでに素バリ状態かも?と待っている時間がもったいなくなってきて
回収し始めると、、、重いっ!?


グ~~~~~~ッ!


リーリングを続けるうちに大きく締め込むようになり重量感も増してきました。







キタ~~~ ♪

水面にゆらゆらしながら白い楕円形が見えてきた時には感動!


小刻みなノックだけのアタリの正体はまさに本命、53cm ババガレイ

久しぶりにご対面したその姿は典型的な長~い胴体&超~肉厚なボディからは
興奮してドロドロの液を吹き出してるエロティックなカレイ!感無量ですわ~。

これで本命としてリストアップしてた3魚種のうち、2魚種の撃沈は達成できた
って感じですしソイは残念でしたが、おもいっきり渋い状況下での釣果と思えば
頑張った方かな?(笑)


時合いかもしれませんし更に集中していく一方、撤収時間も刻々と迫ってきて
いるのでコブダイ用の竿は片付けながら身の回りの整理も同時進行。

持参した塩イソメも半年以上も前に作ってフリーザーで眠らせてた物ですし、
余らせてもポイするだけなので掛ける本数をもっと増やした房掛けで急ピッチで
消耗させていきましょ ♪


コンコンコン、、、コツン、コツン!


こ、これはもしや!?







47cm アイナメちゃんの登場。


アタリがさっき同様やや微弱だったので期待しちゃいましたわ~。(爆)

抵抗もまさかアイナメとは想像しにくい底へ潜ってみたり、右へ走ってみたりと
かなり複雑なものでしたので慎重なリーリングに心掛けましたが、あはは、
こんな感じで大きな個体と小さな個体がダブルで掛かってるとそりゃ複雑にも
なりますわなぁ~。水面で姿を見て少々ガックリ、、、

でも、ご覧になっても分かるよ~にゴールドカラーに近い非常にキレイな個体で
丸々太っていたのでFISH DINNERネタとしてはもってこい!

迷わずキープですよん ♪


その後は再び静まり返ってマンダムタイム、、、



みなさんとワイワイ雑談してるうちにあっという間にデッドラインの午前8時が
迫ってきて、フェードアウトするかのよ~に終了となりました。





全員の荷物を漁船に積み込んで港を出航したのが午前8時45分。


終わってみればお土産も確保でき、確実に前回よりいい戦いができてるやん!
ってな印象にはなりますが、激渋だったのは間違いなく一体何が原因してたか?
を解明したいなぁ~と真剣に思いましたよん。

なんせ今年はまだ陸っぱりから投げ釣りをする者は誰一人訪れていない状況
でしたし、基本、釣り荒れは絶対してないと思いますしねぇ、、、潮回りか?
それともイルカ or アザラシ?うむむ、、、謎だぁ~。(笑)







I'll be back !




「夢があるよね!」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

77、65、52cm コブダイ撃沈! 北海道・松前町 / 松前小島 (1日目)





あの地平線~、輝くのは~ ♪ どこかに君を隠しているか~ら~ ♪

あと30分以上船の上で揺られ続けてたら、きっとわたくしめ、、、滅びの呪文
バルスを海へゲロゲロ~~~っとぶち撒けていたことでしょう、、、

助かった。


「北海道」と本州を隔てる大きな海峡、津軽海峡、、、そこに天空の城ラピュタ
の如く?ひっそりたたずむ無人島こそ今回JCAが目指す戦場だったんです。

今から4年前に一度だけ上陸した事のあるここ、その後も毎年計画されるものの
絶対条件に海が凪でないといけなかったりなどでキャンセルになったり、予定的
にわたくしめが合わなかったりと誘って頂きながらもなかなか再上陸が果たせず
ようやく今年叶いましたっ ♪


]]




「松前小島」


このツアーを主催して下さったのは同じ全日本サーフ・北海道協会のはこだて
サーフ&札幌サーフのみなさんで、みな上陸を心待ちにしていたのもあり島が
目の前に迫ると興奮も最高潮に達しております!

ちょ~ど海峡で船釣りの大会が開催されていたのもあり、様々なクルーザーや船
が休憩場所として島の港へ立ち寄っており、辺境の地へ来た!ってな前回とは
異なり賑やかな雰囲気。


上陸時刻は午後13時05分、寄港している船は全て船釣り師らですので目的の
大波止は誰一人おらず、明日の午前中までの限られた時間ですので1秒でも
無駄にしないよう素早くタックルを組み戦闘開始となりました。

大波止で投げ釣りで戦うのは札幌サーフ“ナオさん”はこだてサーフ
“ひろし。。。さんご夫婦”“クロちゃん”、そしてJCAで、他のみなさんは
今回は船釣りをメインにいらっしゃってるよ~で早速大海原へ漁船で出撃されて
行かれましたっ。船酔いしなければ面白そうなんですが、、、









全員ほぼターゲットは一緒で、名物の巨大コブダイ、ババガレイ、ソイ類が
メイン!わたくしめに関しては特にババガレイへの思い入れが今回は強く、
小さくてもいいので1匹撃沈したぁ~~~い ♪

なんせ東北圏などでは黒い真珠と呼ばれ、正月にはマダイの代わりに登場する
など超~お上品なお味な高級カレイな上、ここ数年、こやつだけはなかなか
釣れず?いや、釣れる戦場へ行く機会が無く、食べたくてしょ~がないリストに
入ってたんですわ~。(笑)


JCAの地元、関西圏でもコブダイの魚影は濃い場所も多くあったりしますが、
あまり専門に狙いに行こうとはこれまでしておらず、逆に言えばここへ来たから
こそターゲットとして狙ってみようかな?といった感覚。久しぶりにタマミ作戦
時に愛用してたスピンパワー425XXXから他、力と力の真向勝負ができる
ラインシステム&仕掛けを持参し、いつでも竿を吹っ飛ばして来いや~!
ってな気合いでセッティング。

そして2本はババガレイを視野に入れた根掛かり対策を意識したカレイ仕掛けに
塩イソメのコンビネーション、またコブダイは所変われば何とやら、、、では
ありませんが、前回のデーターからしてもこちらで定番エサのイカゴロなどへ
強い興味を示してくるイメージがありますので昨日買い出したそれらをメインに
ファイヤ~していきましょう!


・ ・ ・ 。


反応ナシ、、、


静かなものです、、、強烈に臭~~~いあんなイカゴロや万能エサのイソメを
投入しているにも関わらず、ちょっかいを掛けてくる小魚さえ居ない状態!
定期的に仕掛けを回収しエサのチェックをしてみるも、キレイにそのまま
残ってきます。地球が持たん時が来ているのでしょうか?(爆)

積極的に誘いを掛けるとたま~に20cmに満たないよ~なアイナメのチビちゃん
が掛かってきたりしますが、それもほんとたま~にで基本は不毛という言葉が
似合うコンディション、、、

戦闘開始から約2時間、やっとこさこの沈黙を打ち破ってくれたのが、





ひろし。。。さんでした!

超~肉厚な46cmオーバーのマコガレイを撃沈され、そろそろ魚の活性が高く
なってきたのかな?と我らに期待を持たせてくれます。


・ ・ ・ 。


シ~~~~~ン


期待は人間側だけでまた数時間沈黙、、、そして午後17時になりました。

潮はまだ引いていってはいるものの、ラインを同じ方向へ引っ張り出していく
確実な強い潮流が発生しているみたく少し向こう、沖にかけて潮目が形成され
つつあり雰囲気が出て参りました。

そんな中、突如、


ガシャ~~~ン!


尻手ロープの付いた竿尻が浮き上がったと思えば三脚上でシーソー!?







居ました、居ました!65cm コブダイ

理想としては最低でも75cmはあって欲しかったなぁ~、な~んてワガママ
言ってる場合じゃありません!ここまでず~っと沈黙だった目の前の海から
本命が飛び出してきたのですから素直に喜ばないとねっ。(笑)

冷たい水で鍛えられたこの海域のコブダイは漁師さん含め、みなさん美味しいと
持って帰られるとのことで貰って下さる先があることからまずはキープ。


一応、本命魚の1つはゲットしましたのでお次はカレイが欲しい!と一切手を
休めずキャストする方向や距離を微妙に変えて幅広く探り、またアピールも
しっかりしながら魚の食い気を誘いますが、、、

そう簡単に本命が姿を現すわけでもなく、よく釣れる?らしい種類の、







ミズクサカレイだったり、見たことも無い謎の!赤いアイナメなど、、、


それにしてもこんな真っ赤で鮮やかなアイナメ、一度も見たことありません!
みなさん、物珍しそうに観察してますが、結局一体何者なのか?さえ分からない
ままリリース、、、何か他の魚との交配種なのか?それとも新種なのか?単なる
保護色なのか?まっ、ど~でもいいって言えばど~でもいいんですがね。(爆)

次第に日も傾き始めてますし、もうちょこっとで訪れる夕マズメが勝負?エサが
全然取られないのでそのままでも大丈夫なんですが、ここは贅沢に新しい
エサに交換し再びファイヤ~&ドラグを適度に緩めてアタリを待ちます。

海底ストラクチャーは足下直下から沖へ約10mくらいまで岩礁帯が点在したり
、沈みテトラが入れられているらしく部分によっては根掛かりが頻発、その少し
向こうから急激に落ちて行っておりこのカケアガリに魚が付いているよう、、、

キャスト後、仕掛けをその斜面にステイさせてドラグ設定を済ませた途端、


ウイイイ~~~~~~ン!?


物凄い勢いでドラグが高速回転!


エイ?あと、サメも船釣りをしてるとよく邪魔しに来ると聞いていたので、
おそらくこれらのどっちかが掛かってしまったと誰もが想像するよ~な荒っぽさ
、、、衝撃でプッツンと切れるかなぁ~?と思いながらドラグノブを締めて竿を
軽くあおるとフッキング!そう、よく考えてみるとこの仕掛け、、、

カレイ専用でしたのでハリスはナイロン3号なんです!?


右へ左へ、時には一気に底へ潜って強く締め込んでくる上、カケアガリ斜面の
スタート地点から手前に掛けては先にも書きましたよ~に底がゴツゴツで荒い
、、、こりゃ無理とちゃうかな?と思いつつもギャラリーが集まってきました
ので、とりあえず何なのか?せめて顔だけは見てやろうと何度も何度もドラグを
駆使して過度のテンションが掛かるのを回避しつつ格闘すること数分、

水面の奥から青白いシルエットがようやく見えてきましたっ。





その正体はなんと77cm コブダイでした!?

途中、3回程根に張り付くよ~な抵抗を見せ、その度にラインテンションを
わざと緩めたり、竿であおるとまた出てきて走る、、、今思い返すと確かに
エイやサメとのやりとりとは違いましたわ~。

ちょ~ど船釣りから帰還されたはこだてサーフ“鶴賀谷さん”にタモ入れして
頂きましたが、コブダイも長いやりとりの末、水面に浮いてきた時には完全に
ヘタりきってました!それにしてもよくハリスも持ってくれたものです。

針は他に比べるとややおちょぼ口気味なババガレイ設定でシーフォースサーフ
13号をチョイスしてましたが、ご覧のよ~にガッチリ鋭くフッキングっ!





チモト部からハリスに掛けてはおそらく根に張り付いた際に擦ってたみたく
傷だらけで屈折して切れる寸前でした、、、ほ~んとコブダイ狙いの仕掛けに
アタらず、なんでこっちに?と言いたいとこですが、同じエリアで釣ってるわけ
ですから何がどの仕掛けに来るかなんぞ読めませんわねぇ。(爆)

何はともあれ、ラッキ~でしたっ ♪


目標サイズとしては80cmの大台に乗りたいなぁ~と考えてましたし、全日本
サーフ的には魚拓を取れば達成できるサイズなものの、あくまで実寸で超えたい
ってのがこだわりでしたのでそのまま写真でいきましょ、、、

いや、実はただ単に大阪まで持ち帰って魚拓を取るのが面倒なだけなんです
がねっ!それに今回もタイトスケジュールで帰還後、その日のうちに仕事で成田
へ移動し前泊しないといけませんし、、、少し無理がありすぎるんですわ。


ジャリ~~~ン!?


スケールを置いて写真を撮ってる背後から尻手ロープに付けてある鈴の音がっ!

とゆ~ことは竿尻が飛んだという事!シーソー状態になってる竿を無理矢理
起こしてゴリ巻きするとこちらはあっけなく浮いてきました。





52cm コブダイ撃沈。

このサイズだとまだ可愛らし顔つきをしてますよね?(笑)

上陸後、長い間な~んの音沙汰もなく、やっとこさ午後17時過ぎに初コブダイ
のアタリ、それからの2時間以内に3匹ゲットとなると、この辺りの時間帯が
奴らにとってはお食事タイム?捕食を目的として回ってきたのでしょうねぇ。





初日の今日はコブダイはもう十分ですわ~と仕掛けを上げて、2本の竿をソイ用
仕掛けに切り替え竿先ライトを準備したりテントを設営したりしてるうちに
日はゆっくり暮れてゆくのでした、、、





夜戦の始まり、始まり~ ♪




「頑張るなぁ~」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

マガレイの絨毯健在 ♪ 北海道・斜里町 / ウトロ (2日目)


秘境と呼ばれるこ~ゆ~とこのお天気ってあまり予報が当たらず急変して
しまうのが多いんですが、ラッキ~にも昨夜に関しては“ジェリドくん”
居酒屋から出てきた頃には霧雨となり、戦場入口にある駐車場に着くと完全に
ストップ!夜戦で根魚をと企てるジェリドくんも雨の心配が無くなり颯爽と
夜の闇に消えてゆきました。(笑)

こちらの地酒でほろ酔いになったJCAはそのまま車内でブランケットに包まり
おやちゅみタイム ♪ 実は昨日はどれだけ下がっても20℃以上はあったはずの
気温が一気に下がって夜間は一桁台になってしまったんです!?だから午前3時
過ぎに起床し、戦場へ入る時にも寒いので防寒着フル装備で。

先にも書いてましたよ~に、道内でもここオホーツク海側、「道東」エリアの
夜明けは特に早く午前3時前には空が白んで来ます。朝マズメ前からみっちり
攻撃開始としても良かったんですが、携帯アラームが何度も鳴り響く中、あと
もう少し!もうちょこっと!と車内の温度が快適でなかなか起きれずダラダラ
した挙句の遅い突入。(爆)


ちょ~ど車から外に出て身支度を整えている時に、今日1日ぜひぜひご一緒
しましょ~となってた、ここ「ウトロ」在住の“Yネイチャーガイドさん”
が登場&共に戦場へ入ります。







「ウトロ漁港」


2日目は昨日と同じ三角岩に下りても良かったのですが、大波止の先端部も
良さげだったのと何よりも足元がフラットなコンクリートでかつ、岩場みたく
そこまで歩かなくてもいいってなベスト環境がチョイスの要 ♪


元々、東京出身で北の大地に魅了され移り住まれたという若手のYネイチャー
ガイドさんとは昨日偶然ルアーをしにいらっしゃった時に話したのがきっかけで
あはは、JCAのHPから投げ釣り戦記まで昔からチェックしてますよ~と知って
頂いてのもあり更に話が弾んじゃいました!

自宅の目と鼻の先!なる立地のこの戦場でほぼ毎日、釣りを楽しんでらっしゃる
よ~ですが、メインは何と投げ釣り一筋って方で今朝も3人でミックスしながら
ピンクシルバーのスピンパワーでバシバシ遠投を繰り返されてます ♪


コツン、コツン、、、


ガンガンガンッ!


1本組んでファイヤ~した途端に典型的なアタリがっ、







最大でも40cmまであと数センチ足りない!な~んて個体だらけですがサイズ
で言えば良型なマガレイちゃんが今朝も入れ食いモード ♪

やっぱり期待を裏切らないと言いますか、やっぱり時合いに突入している時には
竿数は2本が限界!それ以上下手に出してアタリが出ている仕掛けを少々放置
してしまう事により魚が暴れて絡んじゃったり、クルクル回ってハリスに撚りが
掛かってしまったりと非常に効率が悪いんですね~、これが。


なんせ2本針仕掛けに対し常にパーフェクトみたいな釣れ具合ですから!


今日も朝からず~っとどんよりスッキリしないお天気ですが、潮流や位置的に
そんなに溜まっていないのか?例のお邪魔虫外道、ギスカジカが掛かっては来る
ものの、昨日程ではなくまだ幾分戦い易いですわ。

止む事無くアタリが連発し、午前10時頃にアタリが出る間隔はそれまでより
長くなるも、しばらくするとアタってくるってな感じでカレイちゃんのスイッチ
は入りっぱなし ♪ 一生懸命打ち返し続けるのもいいんですが、せっかくお初
にコラボしている方もいらっしゃるので3人で朝食を食べながら雑談タイム。


お名前の通り、Yネイチャーガイドさんは世界遺産に登録された知床半島を専門
に修学旅行生から一般観光客らを案内するガイドをされていらっしゃり、あの鳥
はここでしか見れない貴重な●●ですよ~やら半島クルーズに添乗するとこんな
事もあったり、道に普通にクマが現れて、、、

などなど面白い話をたくさん聞かせてくれました。





過去のデーターでは40~45cmくらいまでのカレイなら間違いなく1日に数匹
は釣れたんですが、今年はど~も全体的にサイズが小さめ?なのか35~40cm
までの個体がほとんど、、、

30cm以上のカレイをまずは10匹といった目標を立ててたジェリドくんですが
、さすがにこれはあっという間にコンプリートし、サイズが小さいのならと
スタイルを変更し長い投げ竿で足元直下!テトラとテトラの間を探り歩きながら
大きなアイナメやソイを狙ってます。(爆)

あと、ホッケも40cm前後のが時には入れ食いになってた覚えもありますが、
こちらも今年は不漁年らしく1匹も姿を見てません、、、う~ん、やはり地球が
持たん時が来ているのだ、アムロ!


正午を回ったと思えば、いつの間にか午後14時、

あいかわらずお天気はスッキリしませんが、ある意味攻撃時間が長い中、
ず~っと太陽の下にされされて日焼けするよりはマシ?それに、スッキリしない
のは空模様だけでシュ~~~ン ♪ と心地良くフルスイングすると、


カンカンカンカン!?


ク~~~ッ、クククッ!


みたく海底で活性付いたカレイちゃんらが即飛び付いてきますし、









申し分ないコンディションなんですが、うむむ、それでもちょこっと晴れ間も
見たかったなぁ~、、、わたくしめよりお初遠征になるジェリドくんに晴れた日
の絶景も堪能して欲しかったです。

また後日、記事にしたいと考えておりますが、ただただ釣りまくってても飽きて
くるので今回もいろんなエサを投げてあれこれ検証してみましたよん!

午後15時頃には、昨日同様わたくしめはもう十分かな?といった気分になり、
今夜中に荷物を送り返すつもりもあり一足お先に撤収準備に取り掛かり不要な
荷物を持って戦場と駐車場を行ったり来たり、、、疲れてきたらダラ~~~っと
座り込んであ~だこ~だ雑談。(笑)





いや~、ほんと久しぶりに、のほほん ♪ としたペースで投げ釣りが楽しめた
2日間でしたわ~。ここんとこ、いやこれからも釣れるまで修行の日々が
続きますのでこういった息抜きは精神的にリフレッシュさせてくれますねっ。

途中、おっ、クロガシラの時合い突入か?と期待させてくれるよ~な時間帯も
あったりしましたが、結局連発はせずたま~に掛かってくるといった感じ。


投げれば必ず釣れてくる勢いなので、ジェリドくんは日が暮れる最後まで粘る
ようでしたがJCAはここらで終了!お先に釣果写真をど~ぞっ。







たまたまなのか?減っているのか?クロガシラが少ないですね~。


荷詰めも終わり、手ぶらで波止の上をブラブラしながら再び雑談してるうちに
Yネイチャーガイドさんもそろそろ撤収しますわ~、せっかくの縁ですし今後も
お互い連絡取り合ってまたぜひご一緒しましょう ♪ と今夜頂く超~新鮮な
カレイちゃんらを引っ提げ帰っていかれました。

他の魚種、およびカレイもサイズを意識して戦うジェリドくんも昨夜から一睡も
せず全ての竿をフル稼働させて間もなく暗くなりますってな午後19時くらい
まで気合い入れて頑張ってましたが、なかなか目標を達成するのは難しかった
ようです。まっ、これだけは自然が相手ですから仕方ないですよね!





でもまぁ、カレイ作戦を堪能できたようでご満悦でした ♪


さてと、全ての撤収準備が整ったらまずは日帰り温泉で綺麗になってから
クロネコセンターへ直行 夕食を食べて長距離運転頑張りますかぁ。

明日は理事会ですしねぇ。




「長距離運転!?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR