日陰の無い磯に日陰を作ってみましたっ


早速ではございますが、

少し前にNEWアイテムとしてアップしてた「磯パラソル立て」を実際に磯に
持ち込んで試して参りました ♪

まさにこのアイテムの出番を待ちわびていたかのよ~に磯は直射日光で焼けに
焼けて生卵を落としたらほんとに目玉焼きができちゃいそ~な危険レベル!
おまけにほぼ無風ともなれば間違いなく数時間以内に熱中症になってしまう恐れ
が出てきますので、タックルのセッティングが終了したら即、磯パラソル立ての
ピトンを岩盤の切れ目に打ち込んでそこにベース&市販のパラソルををセット。





パラソルはそこらのホームセンターで数年前に購入したUVカットのビーチ
パラソルを持参しましたが、ここでいきなりトラブルが発生!?

最近市販されているパラソルってほとんどの物が2ピース仕様となっており、
雨傘のよ~に細めの柄と一体型になってる物を更に太い延長用の柄にセットして
高さを自由に調節したり、パラソルの角度を変える事ができる物もあります。

JCAが持参したのはパラソル部が通常の物よりも若干広く大きな傘になっている
モデルで、それを支える柄もこれまた少々太めの物が付属してたんです、、、
これをセットすべく延長用の柄をパラソル立てに差し込もうとすると、


柄が太すぎて入りません!?


あ~~~あ、来る前に何cmまでなら使用可能だったか?径をしっかり測って
くるべきだった、、、と後悔しても時すでに遅しで、仕方がないので細い方の
柄と一体型になってるパラソル部のみをセットしてみました。







び、微妙、、、(爆)


ってゆ~か、更に快適空間を求めて簡易チェアーまで持ち込んだのもアホですが
、この状態だと座ると目線よりパラソルが下に来て斜め下方向は大丈夫でも
真っすぐ前を向いて辺りを自由に見回す事はちょこっと厳しいって感じ、、、
うむむ、直射日光を遮り日陰はクリエイトするとゆ~本来の目的は達成できてる
のでオッケーと言えばオッケーなんですけどねぇ。(笑)

それなら背後の岩のもうちょこっと高い位置にパラソル立てをセットして、、、
なども考えましたが、そもそもこの延長棒無しのパラソルの高さじゃ仮に
簡易チェアーが無かったとしても低く感じてしまうのは間違いありません!

まっ、とりあえず今回はお初使用だったのもありこんな感じで日陰ができて
良かったぁ~、パチパチパチパチ ♪ としときましょうか。





熱中症になりそ~な日差しの中、日陰に入りながらじ~~~っとしているだけ
ならこの状態でも全然オッケーですけど、同時に釣りまでしちゃおうって考えて
しまうとやはりちぃ~と不自由、、、


だけどセッティングが一段落し、やる事が無くなるとど~てもすぐ仕掛けを
投入してくなってくるので帰還後早々、パラソル立てのホルダー系を測って
近くのホームセンターへGO&開いた時のパラソルの大きさは通常サイズと
なってしまいましたが延長用の柄からしっかりセットできる物をゲット!

また自宅で念の為取り付けの再確認をするも完璧でホッと、、、次回はこちらを
持ち込んで試してきたいと思いまぁ~っす ♪







「日陰は重要!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR