キスと生ハムのオーブン焼き ♪


落ちギスなど20cmを超える個体がメインなら当然お造りにお寿司など生食を
チョイスし、もし数がたくさんあったのなら開いてキス天にしたりなど我が家
でも定番メニューがあるものの、ピンギスから20cmに満たないいわゆる
アベレージサイズまでがメインでよく釣れる夏場の釣果はそこそこサイズなら
お造りにしたりもしますが、ど~しても小ぶりな個体はフライや南蛮漬けに
してる事が多いよ~に思えます。

そんな傾向を実感する中、たまには他のディッシュを試してみたいなぁ~と
いつものよ~にネットのクックパッドなどを参考にあれこれ見ていると、あっ!
これ面白そうと気になった物があり、早速撃沈してきた小ぶりなキスちゃんを
使って作ってみることに~ ♪





つみれにするからと言って毎回小ぶりなのをご近所さんのお裾分けするのも
あれなんで、今回は大きめな個体をメインにお渡しして、わたくしめの手元には
これくらいなら頭と内臓だけ取って開かずにフライにした方がいいんちゃう~?
みたいな個体を丁寧に開いて下ごしらえです。

クックパッドでは大きめな個体、1匹を半身ずつ使って作っているよ~な例が
挙げられてましたが、開いた時のサイズと生ハム1枚のサイズを比較すると
小さな個体1匹を開いた物で作った方が良さげちゃう?な~んて個人的には
思えましたのでこのまま作業を進めましょう。(笑)

開いたキスちゃん1匹に対して生ハムを1枚、、、





今思えばこのディッシュって超~シンプル!


だって、特に何をど~するってわけでもなく下準備はこれだけで終了&後は
お腹の部分からキスを外側にして生ハムと一緒にクルクルクル~と巻いてゆき
最後につまようじで留めるだけ!あはは、以上でごじゃいます。

うんうん、小ぶりな個体1匹丸ごと使っての方が雰囲気があります。







この間にあらかじめオーブンを200℃くらいに予熱しておき、オーブン皿に
クッキングシートを敷いて粉チーズを振りかけて焼いていくと書いてありました
が、JCAはクッキングシートは使わずより風味を引き立てる為に巻いたキスを
並べる前にオーブン皿の底にバターを薄く塗って調理です。

一瞬、いつもの岩塩に黒胡椒?と思い浮かびましたけど生ハムと粉チーズの
コンビネーションで塩気は十分で塩コショウの必要は無い旨ありましたから
それに従って粉チーズ以外は何も振らずに焼きましょう。(笑)











キスと生ハムのオーブン焼き ♪


14分間焼いて最後にEVオリーブオイルをかければ完成~!食べる前に
ちゃんと焦げたつまようじは抜いて見栄えを良くしとかないといけませんよぉ。

出来立てアツアツのを頬張ってみるとこれまでのキス・ディッシュでは味わった
ことの無い全く違った印象 ♪ 焼けた生ハムとチーズがキスの開きを完全洋風
アレンジしておりもう少し大きめなのが数個あればイタリアンやフレンチの主菜
として出てきそ~な感じ!?(爆)





お味は正直、キスの持つ淡泊ながらもほのかに香るお味より塩味のきいた生ハム
とチーズが勝っており、またどんな白身の魚で作っても似たよ~な仕上がりに
なりそ~がゆえキスと言われないと食べただけでは分からないかも?

ただ、非常にマッタリ濃厚で凄く美味しいです!このくらいのサイズなら10個
なんて余裕でパクパクといけちゃう食欲をそそるお味ですのでお腹が空いてる時
にパンやご飯と一緒に、そしてワインなどと合わせて素朴に少量つつくのもまた
良さそう ♪ 気分、食欲に合わせてオールマイティーに対応してくれそう。


わたくしめ的には超~好みのお味でしたので今後、特に夏場に小ぶりなのが
メインに釣れた際にはフライ、南蛮漬けに加えこの生ハム・オーブン焼きも
積極的にやって楽しんでいきたいと思います!




「俺もやってみよ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR