日陰のない磯に日陰を! SIYOUEI「磯パラソル立て」


あれから見つけては買って、そしてまた見つけては買ってを地道に繰り返し
ながら少しずつイカのストックを増やしてきてるJCAでございます。

イカも様々な種類が貯まってきましてヒイカにスルメイカ、ケンサキイカ他、
使えそうなサイズがあればとりあえず即買いしイカ・コレクターになりつつある
中、エサの事ばかりに集中してて肝心な事忘れちゃったりすると大変なので
まずはひらめいた時に都度、スマホのメモにリストアップしていってある
やる事リストを1つずつ消化していきましょう!


とりあえずちょこっと前からクソ暑い日差しをど~ゆ~風にシャットアウト
するか?を考えており、今まで通り大型パラソルを設営して、、、ってのが得策
と考える中、そのパラソルの土台について再検討しておりました。

これからますます蒸し暑く、、、焼けるかの如く灼熱地獄となる沖磯!渡船で
渡されるのがどこも大体午後15~16時ってゆ~事を考えると日暮れまで
3時間以上もあり、その間ず~っと炎天下に晒される事になります。よって
酷い日には気分が悪くなってきて、、、熱中症になっちゃいそ~になるので
直射日光対策は必須!何があってもこれだけはやっておきたいところ。

夜戦本番が始まる前にグロッキーだけにはなりたくないですからねぇ。


今まではホームセンターで売ってる大型パラソルにそれ専用のプラスチックの
土台とのセットで持参しておりましたが、いかんせん土台は重石にならないと
いけない為、あらかじめ中に水を入れて満タンに入れて重~いままの持参と
なってました。まっ、海水を入れるって手もありますけど、ネチョネチョに
なって気持ち悪いので個人的にはど~も、、、あと、それ以外にはチャラン棒に
括り付けてってな事もしてたかな?

チャラン棒も毎回立てれる基部がある磯ならオッケーですけど無い場合も多く、
ど~にかして少しでも軽量化を図れないかな~?と考えると、ふとネット上で
目に留まったアイテムがっ!?





SIYOUEI「磯パラソル立て」


こんなんあるんや~ ♪ と興味津々になり早速ネットでゲット?と思ってたら
、いつもの釣具量販店の石鯛コーナーにで普通に置いてありましたぁ。

簡単に言えば、付属のピトンをいつものよ~に岩に打ち込んでからそこにこの
パラソル立てをセット&更に市販のパラソルの柄を通してホールドさせるという
仕組みで専用ネジによりパラソルの角度が調整可能なので太陽に向かって
パラソルを設置~みたくできます。

ってゆ~か、同封のイラストをご覧になった方が早いかと。(爆)





素材はオールステンレス仕様で重量が本体350g、ピトン部が300gの
合計650g程度。当然ながらこれまで持ち込んでた水満タンのプラスチック
土台より遥かに軽量かつコンパクト!

ただ、、、これだけはたとえプラスチック土台を使おうがこのパラソル立てを
使おうが一緒の事かと思いますが、突風がある日や風が強い日にはパラソルを
吹き飛ばそうとする力が掛かって下手するとピトンからガシャンと倒れてしまう
可能性もあるんですよね~。まっ、状況を見持っての使用になりますね。(笑)


だけど作りは細部まで非常にこだわってあり、角度調整もホームセンターなどで
売ってるリーズナブルな角度調整機能付きのパラソル組と異なりギザギザカット
のギザパイプでより精密かつ強靭に固定ができそう!

今から使うのが楽しみになりますねぇ。











「良さそうやん!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR