出撃できない日々、ついクリックしてると!?


ひゃあ~~~、また雨予報だぁ~ 出撃計画を断念するしか、、、
そして当日になると全く雨は降らずの繰り返しで結局どこにも出撃できないまま
過ぎ去った不完全燃焼の先週、、、気付けばもう7月に突入しておりました。

今週は晴れマークが多くあったよ~にも思えますが、果たしてどこまで予報通り
にいくか?仮に予報通り晴れた日が訪れても仕事がビッシリ入ってて身動き
取れなさそうなんで更に不完全燃焼&ストレスが溜まっちゃいそ~な感じ!

そんな病んだ心をほんの少し?癒してくれるかのよ~に届いたのが、





計画を立てるも天気予報に振り回されて断念続きだった日々においてネットを
見る度についついポチっと行為を繰り返してしまってたよ~で釣りとは全く
無関係な物も含め次々と到着中でごじゃいます。(爆)


投げ釣り関連は残り少なくなってきてたハマフエフキ作戦用の極太ハリスと
カレイ作戦、先オモリ仕掛けのモトス部に使うブラックファイター!

特にあれこれこだわりまくってるカレイ仕掛けにおいてはブラック仕様の
アイテムも愛用中で吹き流し仕掛け用のモトスにはアトミックスライダーAXIS
のミステリアスブラック8号を用いるも、先オモリ仕掛け用の16号クラスの
極太ラインナップまでは無い為、昔から使っているブラックファイターが定番。

パッケージに小さく英語で書かれている文字を見ると“HARD TYPE”
ありますけど、このラインほど伸張性がありねちっこい印象を受けるソフト
ラインは他に無いって思うのはJCAだけ?まっ、先オモリ仕掛けのモトスに
至っては硬すぎるのもど~かなぁ~?ってわたくしめは考えるのでこれくらいが
ある意味バランス的にも最も適しているのかも。


ブラックファイターに関しては来シーズンになるまでしばらく眠って頂くとして
、、もう一方の極太ナイロンハリスは今すぐにでも使っていく事になりそう。


戦場コンディションによってナイロンまたはフロロカーボン、更にはワイヤー
など使い分けする中、専らナイロンラインについては30~40号レンジを愛用
しており、40号の方はまだたくさんあるものの30号に至ってはほぼ無くなり
かけてたのでこの度補充となりました。

超しょ~もない事なんですけど、今回ゲットしたサンラインの大物ハリス、、、
一応画面表示から商品説明に至るまで大物ハリスⅡと書かれてありました。
常日頃からチェックしてる部類のハリスじゃないのでいつの間にかリニューアル
or パワーアップバージョンが“Ⅱ”として出ててもおかしくなんだけど、









ど~見比べてもわたくしめにはあまり差が分からないんですよね~。


特徴でもある光の乱反射を抑え、魚に違和感を与えないというブルーグリーン
カラーも一緒ですし強度面で見ても変わらず、、、となるとパッケージが一新
されたって感じでしょうか?(笑)


でもこれまでのサンラインのリリース傾向からしてパッケージの一新だけだと
あくまで同じ名前として引き継がれてますしなぜか気になってしまったJCA
、、、早速サンラインのホームページで商品説明を見てみると、

どうやら今世界的にも話題のTPP、環太平洋パートナーシップ協定、、、
ではなく!“TRP (トリプルレンジプロセッシング)”という結びにも強く、
しかもしなやかを売りにした単層コーティングのSRPをグレードアップさせ
三層でコート。分子間への樹脂焼き入れ加工を施す事により、耐吸水性や滑り性
に加え耐摩耗性などの特性を同時に兼備させるオリジナル加工が8号~30号
のみ施されているようなんです!

し、知らなかった~ってゆ~か、なるほど~、、、と納得しつつ、となると
40号以上は従来のままの仕様となるみたいですから今回ゲットしたのは
ちょ~ど30号!ギリギリセーフでその新たなコーティング技術が施されて
いる号数となっておりますわ~。(笑)

だけど、差が目に見えて感じられるレベルなのかど~か不明ですからまずは
実際にこのハリスを使って針結び&そして早速次回の出撃からでも導入してゆき
インプレ?と言いますか差を実感できたらなぁ~と考え中。




「大して変わらんで」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR