道南ババガレイの煮付け ♪


ラッキ~にも2匹本命のババガレイを撃沈できた今回の函館遠征、小さい方は
マコガレイと共にお裾分けし、45cmの大きい方を早速煮付けに~ ♪







金ブラシでゴシゴシと念入りにウロコを取って切り身にしてゆきます。

久しぶりのババガレイになりますが、ありがたくも超~肉厚な個体でこれで
おもいっきり抱卵してたら最高だったんですけど時期的にこれはしゃ~ない
ですよね。お楽しみは晩秋にかけてに取っておきたいと思います。


切り身にまでしたら臭みを取り、また旨味を引き出す為にお酒&岩塩を振って
10~15分程度放置、、、その間に煮汁を作りとなり、日本酒とみりんを沸騰
させてアルコールを飛ばして次に一旦水に2~3分浸した昆布を敷いて上に
放置時間が経過した切り身を可能な限り重ならないよ~に並べてゆきます。

更に濃口醤油、赤ザラメ、ショウガなどを加え身がちょ~ど浸るレベルまで
水を入れて沸騰&落し蓋をして煮詰め開始~。





火を止めたら落し蓋を取り、最低1時間以上は味を染み込ませる為、置いて
おきます。JCAの場合、しっかり煮汁が染み込んだ方が好きなのでここの
加減が重要かな?置き過ぎても煮汁の味だけになっちゃいますしね~。

あとは特製醤油ダシに漬け込んでおいた昨日のマツカワのお造りの残りを
炊き立てご飯に盛り付けて漬け丼を作りましょ ♪


完成しましたぁ~!





ババガレイの煮付け&マツカワの漬け丼 ♪


前回の道東カレイ尽くしに次いで今回は道南カレイ尽くしってとこでしょうか?
いやはや贅沢なFISH DINNERじゃないですかぁ。

煮付けカレイと言われるだけあってやはりババガレイは煮付けでしょう!過去に
焼き魚やらお造りまでトライした事ありますけど先入観もあるのかもしれない
けどこやつに限っては煮付けオンリーと言っても過言でない程ベストマッチ
してます。筋肉質でかつ比較的肉厚な個体が多いのも相性の1つかな?







ホクホクの白身を頬張るとしっかりとした歯応えと共にじわ~~~っと広がって
くる独自の甘味と煮汁のお味、、、幸せのひと時ですよねぇ~。(爆)

あ~これで今春のカレイ作戦は全て終わったなぁ~と実感しつつ堪能。


まっ、まだ冷凍庫には真空パック保存してあるカレイや他の在庫がありますので
今年の夏も食べたい時にいろんな海の幸を食べれる状況にはあるけどあの典型的
な底へ潜ったり刺さるよ~な釣り応えは秋口までおあずけですね~。

マツカワガレイに関しても弩級サイズを狙いたいのと、お次はお造り&お寿司
にもしてみたいなぁ~なんて夢見るJCAでございます。





これからは完全に夏魚メインとなりまぁ~っす!




「今年も暑いぞ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR