マツカワガレイのお造り~ ♪


王鰈とも呼ばれるカレイ類では最高級と言われるマツカワガレイ、ホシガレイに
非常に似ているけど主な生息地は北海道とまさに道産子高級食材で透明感のある
肉厚の白身は甘みのある脂がほど良く乗って歯触りがシコシコの完全お造り向け
カレイとも言われ市場では高値で取引されております。

普通のスーパーじゃまず並ばないこやつはJCAの地元、関西でもシーズンに
なれば時々流通しており、やや高級なお寿司屋さんなどで過去に何度か食べた
覚えがあります。その時の名前はやはり王鰈だったかな?

体表が松の木の表皮に似てザラザラしている特徴から正式名もマツカワ、
マツカワガレイとありますが、北海道ではタカノハガレイって呼ばれる事が多く
JCAも釣友らからはタカノハ!って名前をよく耳にするよ~に思えます。





そんな高級カレイがラッキ~にも2匹釣れた事で1匹は早速昨夜、そしてもう1匹
の大きい方は今夜のFISH DINNERとして堪能致しましたよん。


撃沈直後に即締めて血抜き、続いてエラ、内臓まで全部取り除いた上で他の魚
とは完全隔離&本当は海水氷に浸して~ってのがベストでしたが、さすがに空輸
して持ち帰らないといけない条件などもあり二重にしたビニール袋の中に入れて
氷がギンギンきいたクーラー内で眠らせてありました。

できる範囲の最善策でしたけど、帰還してクーラーから取り出してみると
撃沈から2日後となるのに鮮度の劣化は見られず身は超~引き締まったままの
ベストコンディション!速やかに捌いてお造りにしちゃいました。





マツカワガレイのお造り~ ♪


お造りはヒラメにも引けを取らない程の最上級といろんなサイトでも書かれてる
よ~に、透明感があり旨味が非常に強い身は絶品!

こりゃ間違いなく焼き魚やムニエルなど火を通して作るディッシュよりシンプル
に生で素材そのものが持つお味を堪能するに尽きますわ~。だからこそ
どのお店に行ってもお造りまたはお寿司の2メニューばかりなんですねぇ。







エンガワも数日前に頂いたオホーツク海産のクロガシラカレイのと酷似していて
超~脂が乗ったトロトロ食感、、、口の中で一瞬で溶けちゃいそ~な勢い。

昨夜もお造りを頬張りましたし今回は半分くらいをお寿司にしてもらおうか?と
思ってたんですけど、実は帰りに函館空港で森町の老舗が発売しているいかめし
を大量に仕入れてきたのもあってご飯物でこちらが出てきたのでキャンセル。

いかめしと言えば、函館界隈では昔から名物中の名物ですしね~ ♪





久しぶりに丸かじりでまいう~と感動しつつ、マツカワのお造りをパクパクと
、、、ただ、せっかく最後の1匹ですしお造りだけより何か他のディッシュにも
、、、と切望してしまい、少し残して明日にでも漬け丼にしてみよ~かなと。

あはは、漬け丼となるとタレに身を漬け込んじゃう為、素材のお味が薄れて
しまう?かき消され気味になりそ~でマツカワだとやっぱお寿司にした方が
良かったかも?と後ほど少々後悔するも、、、それより何よりここ最近漬け丼を
食べる機会が無かった無性に食べたくなってたんですわ~。(爆)

また明日の楽しみができましたぁ ♪




「さすが王鰈!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR