山陰・ババガレイの煮付け ♪


はいっ、先日アップしてました北の投げ釣りをモチーフにしたステッカーは
すでに抽選を終えて当選者の方々へ発送させて頂いており、もうそろそろ
届いてる頃でしょうか?毎度の如く多数のご応募ありがとうございましたっ ♪


では本題に入るとして~、


岩手のお正月 ナメタガレイの煮付けと言われるよ~に、ナメタこと正式名
ババガレイとなればやはり煮付けが絶対的なものじゃないでしょうか?

以前、焼き魚なども試してみるも煮付けには到底敵わない印象があったのを
覚えております。まっ、変な先入観ってのもそこには存在しているんでしょ~
けど、とりあえずちょこっと前にそんなしょっちゅう狙って撃沈はできない
ババガレイを山陰でゲットできましたので今回は煮付けに~ ♪





作り方はこれまで何度も書いてきてるのとほぼ一緒で水、日本酒、みりん、醤油
にショウガ薄切りなど定番の物に今回は糖度の高い高純度砂糖、ざらめを少々
加えて煮汁がしっかり奥まで浸透するよ~じっくり煮込んでみましたっ。

ギリギリ40cmに満たない個体でしたから冷凍庫から取り出して解凍した時点
では頭を付けたまま丸ごと煮付けに?とも考えるも、さすがに鍋に入れて
みるとそれなりにデカく感じたのとババガレイの煮付けのイメージってやや
細長く?身がカットされてるのが大半ですから頭を落として身を3等分、、、
当然こちらの方がより調理しやすかったですわ~。(笑)





山陰・ババガレイの煮付け ♪


時期とサイズがサイズだけだったので卵は少ししか入ってませんでしたけど、
あいからわず超~引き締まった筋肉質な身は独特なもので非常に美味!そして
これはババガレイ特有?とも思えるんですが、エンガワ付近はゼリー状に近く
ゼラチン質をたっぷり含んでジューシーかつ甘~いお味。

他のカレイも同じカレイですからある程度似てはいるものの意識していざ比較
してみるとババガレイのだけは全く異なっているよ~にも思えますねぇ。









あの時ご一緒したO本先生もやっぱババの煮付けは最高でしたわ~と絶賛されて
ましたし、何かこう、、、簡単に釣れない貴重なカレイだけに特別感があると
言いますか?その美味しさに加え、ディッシュにありつけた達成感までコラボ
して更に美味しく感じちゃいます。(笑)

今年は機会があればこやつを専門に狙ってみたいなぁ~とも密かに思い始めて
いるJCA、まずは専用の仕掛け作りから始めないといけませんしまた1つ楽しみ
が増えてワクワクが止まない今日この頃 ♪




「根掛かり対策やね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR