鍋壊しと言われる郷土料理・カジカ汁 ♪


ここんとこ?いや、毎年厳寒期を除いてタイトスケジュールで動いている為、
生食以外はほとんどがちょこっとばかし遅れての調理になっちゃう傾向にある
FISH DINNER、、、それでも可能な限り早めにかつ、魚によって優先順位
をちゃんと付けて食べていってます。(笑)

今夜は先月の青森遠征で外道として掛かってきた2匹のギスカジカを使って
北海道の冬の郷土料理とも言われる海鮮汁に~ ♪





持ち帰ってきてすぐ下処理まではやってしまってたので真空パックを解凍したら
即調理開始!そうそう、カジカってウロコが無く捌くのも非常に楽チンでした
よぉ!よ~く水洗いしてから頭を落としエラや内臓の一部、不必要な部分だけ
取り除けばあとは2枚おろしにして身を適当にぶつ切りにするだけ、、、
なんとまぁ、ワイルドと言いますか?超~簡単でした。(笑)

これらをまずザルに入れ全体に塩を振ってかき混ぜて 熱湯をまんべんなく
掛けて臭みを除去&お湯にカジカを入れてアクを取りながら熱します。









海のフォアグラとまで呼ばれているらしい!?オレンジ色が印象的な肝は潰して
溶かしてから入れた方がより濃厚になるし、そのまま入れても美味しいとレシピ
には書いてあったのでちょ~ど2匹分あったから小さい方の肝は潰して&大きい
方はそのままほ~り込んでみましたっ。

そこへいちょう切りにした大根、ニンジン、他にはジャガイモ、長ネギ、ゴボウ
、豆腐などいわゆる豚汁を作るよ~な具材を中心に加え更に煮てゆきます、、、
ほらっ、カジカから出てきた美味しい出汁で潮汁のよ~にうっすら濁り、何とも
言えない浜の香りが漂ってきてますわ~ ♪ 超~美味しそうでしたから
入れてちょこっと出汁のお味を試してみるとすでに濃厚なお味にっ。

最後に味噌を味を調えれば完成~!







カジカ汁 ♪


北海道では“鍋壊し”と言われるカジカ汁、あまりの美味しさに箸がすすみ
鍋底をつついて壊してしまう!とゆ~のが名前の由来みたいですねぇ。

早速頂いてみますとTHE海鮮汁!と言わんばかりの濃厚なお味が出てて
うま~~~っ ♪ そして切り身は身と皮の間に凝縮された脂がこれまた最高
です。レシピなど北海道出身のO本先生にいろいろ伺って作りましたが確かに
聞いていたよ~に非常に美味しいのは美味しいけどこちら本州で様々な種類の魚
を食べてしまってると特別!とまでは感じられないかも?(笑)


ただコレだけは驚き!と思ったのはオレンジ色の肝で臭みも全然無くマッタリ
したお味は個人的にはカワハギの肝より遥かにこちらの方が好き。







身は淡泊な白身で、味も食感もこちらで言うマゴチにそっくり!


やや弾力のある歯応えに噛めば噛むほどジワリジワリと滲み出てくるほのかな
甘みなどは何度も意識しながら口へ運びましたが、絶対的にマゴチかな?
あはは、わたくしめの舌が正確な判断を下せれてたらの話ですがねぇ。(爆)

見た目も悪く、地元の魚屋さんでも値段も安価なカジカちゃんだけど
鍋壊しとまで言われる意味は分かるよ~な気がします。ってゆ~のも北海道で
メインで釣れてくる魚たちを考えるとおそらくカジカが最もこってりとした
脂を持つ根魚の1つと思われますから、、、

また撃沈する機会があれば他のディッシュでも試してみたいですねぇ。




「鍋壊し!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR