シマノ「TOUGH&WASH COOL BAG LIMITED PRO」


システムバッグと同じくらい普段から磯クールを愛用しているJCA、単なる
箱型デザインが個人的には収納バリエーションに長けて使い易く感じている
からに他なりません。主に近場で25L、遠征となると36L以上みたくシーンに
応じて使い分ける中、遠征用は結構数があるものの、近場用の25Lだけは1個
しかないのに気付きました。そう、わたくしめの投げ釣り戦記でもちょくちょく
写っているあのゴールドが映える結構前のモデルですわ~。

渡船で荒れた海に出た際や低い磯など波しぶきが掛かって塩まみれになったり、
他には泥だらけになったりいくら表面がタフとはいえ頻繁に水洗いして綺麗に
しておかないと使ってて気持ち悪いのでピーク時の近場出撃頻度を考えると
前々から25Lクラスをもう1個追加しておきたいと考えていたんですけど、
これまた毎度の如くついついすぐ忘れてしまってできず仕舞いでした、、、

そして今年も磯への釣行が増えてきだした今、絶対忘れたらいけないと覚えて
いるうちにいつもの釣具量販店に電話を入れて注文しておきましたっ ♪





シマノ「TOUGH&WASH COOL BAG LIMITED PRO 25L」


36L仕様はすぐ店頭にあったらしいのですが、25Lと言うと姉妹店からの
取り寄せになりますとなるもあはは、翌日の夕方には入荷してました。(笑)


実は前面にサイドポケットが付いているモデルとどちらにしようか?悩んだ
ものの、もう1つのモデルは36Lのをすでに持っている為、また少し異なる
モデルの方が新鮮味があっていいかなぁ~と思いこちらのABS素材採用の
“TOUGH&WASH”シリーズの物にしました。

耐衝撃、汚れにくいのが売りのABS真空成型ボディは既存のEVA素材が
メインの磯クールやロッドケースに比べてハードコーティングがされててまさに
タフの一言!JCAは現在のところイシダイ竿専用にゲットしたロッドケースのみ
“TOUGH&WASH”仕様かな?





名前の響きからしてなんだかちょこっとばかし重そうなイメージがあったので
ねぇ、、、でも実際にはもう1つのサイドポケットのある磯クールの25Lで
3.25kg、そして今回ゲットしたモデルが3.12kgとサイドポケットは無い
けど重さ的には全然変わらない事に気付いてビックリ!?よ~くカタログで
スペックを調べておかないといけないものですよね~。

他はリミプロ・シリーズの磯クールの定番装備を網羅しており、小物収納に便利
な透明フタのインナーケースや塩ガミに強く破損しにくい太番手ファスナー仕様
、そして何と言ってもリミプロならではの高級感溢れる独特なデザインが目を
引きますよね~ ♪ またすぐに傷だらけになりそ~ですけどっ。

基本、ブラックカラーが多いシリーズがゆえ、あえて今回は再帰反射を随所に
配置したブラッドレッドをチョイスしましたよん。


唯一、個人的には以前の仕様に戻してもらいたい所がショルダーベルト!







ショルダーハンドルシステムと名付けられてバックルで留めることにより
ショルダーベルトが短くなってハンドルに変化するという構造、、、

やはりベルト1本で一つ二役させているのもあり少々使い辛く感じちゃうんです
よね~、、、現在わたくしめが愛用しているゴールドのモデルみたくショルダー
ベルトはショルダーベルトで単体で付属し、他に2つのハンドルで束ねて
持ち運べる仕様の方が遥かに機動性には優れているよ~に思えますねぇ。

まっ、基本設計はあくまで上物など磯をベースにしてある為、それを投げ釣りで
使うとなるとニーズが少々異なっている所も出てきて当然ですししゃ~ないん
ですけど、、、まっ、このショルダーベルト以外は全て満足のいくモデルなので
オッケーとしましょう。(笑)


これで波しぶきやおもいっきり汚れても、すぐもう1つにスイッチして出撃が
可能になるのでより快適になりそ~ですわ~。その間に汚れた方は綺麗に洗って
乾かして~と多忙を極めてても余裕ができてくれます。





25L仕様、これらが最も使用頻度が高いのかも?




「ちょ~どのサイズ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR