エクスカリバーで作るハリス半分?


前回、、、と言っても調べてみると昨年の5月7日の記事ですからもうかれこれ
8ヶ月以上経っちゃってますが「アトミックスライダー AXIS」のホワイト
バージョン“エクスカリバー”をモトス用途以外で愛用しているハリス半分?
なる物をご紹介したいと思います。


ってゆ~より、そのハリス半分?って一体何?


真っ先にそう突っ込まれちゃいそ~ですね。(爆)

あはは、書いてそのまま!このエクスカリバーを用いて1本針仕掛けの砂ズリ部
を含めたハリス全長の約半分までを作っちゃおうって感じになります。

まっ、エダスだのハリスだのと明白に部位が分かれている吹き流し仕掛けの場合
には仕掛けの主軸の部分をモトスと呼んでおりますが、結局このハリス半分って
のも意味合い的にはモトスと同じ?なんせ普段モトスに期待している要素を
ここでも求めてますのでねぇ。まっ、1本針仕掛けにおいては全てを同じハリス
で通してしまう事が大半ですのでハリス?と呼んじゃう傾向にあるだけかも?

まずはいかなる物なのか?ご覧ください。





単なる1本針仕掛けちゃうん?


これまたそのまんまですわ!(爆)

わたくしめが愛用中の1本針仕掛けは、作戦によっても多少異なってきますが
全長130~200cmのレンジで使い分けているのがほとんどで、この場合、
ハリス部の約半分!例えば全長200cmの仕掛けで砂ズリを50cm入れると
すれば仕掛けの上から100cm分 = 砂ズリ50cm + ハリス50cmまでを
エクスカリバーを用いてるって感じになります。

現在、発売されているエクスカリバーの号数設定が8、10号の2種類ですから
太さ的には普段愛用中の1本針仕掛けとあまり差はありません。


では、なぜわざわざハリス半分までをエクスカリバーにしてセパレートスタイル
にするのか?って疑問になりますが、キーポイントとなっているのはその先!
いわゆる針に掛けての残りの半分のハリスは必ず8号以下、、、厳密にJCAの
こだわりだけを言えば、この先には必ず3~5号程度のエクスカリバーより
細めのハリスを連結するよ~にしております。

ですのでこういったスタイルを使いたいっ!って作戦以外ではJCAもみなさん
同様に全てをフロロカーボン8号前後で作ったオーソドックスな仕掛けでやって
おりますよん ♪ どちらがメイン?と言えばやはり後者かな?







連結方法は普通にオルブライトノットかシンプルな電車結びでも大丈夫かと。


大キス、アマダイ、クロダイなど警戒心が強く捕食に神経質な魚を狙う際には
このスタイルの1本針仕掛けは非常に有利と個人的には感じており、特に先に
連結する細めのハリスをしなやかめの物をセレクトするといわゆるおしゃぶり率
も少なくパクリと食ってくれるよ~な、、、こだわりが多くこれまで使い分けて
きているJCAとしては撃沈実績の差を感じているのでお勧めと言えます!

ここまで細かく使い分けなくてもしっかり釣果実績を出されてる方もたくさん
いらっしゃいますし、魚を食わすってのは仕掛けのみならずあらゆる技術&要素
が絡み合って成し得てる事ですから、結局はこだわりの問題になるかな?(爆)

ご興味を持って頂けた方のみぜひ一度お試しあれ~ ♪




「試してみよ~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR