まさに高級料亭のよう ♪ シロアマダイ尽くし ②


昨日の続きで最高級食材のシロアマダイ尽くしとなりますが、お世辞など一切
抜きで食べると誰しもが実感できるであろうあのまろやかな脂の乗った独特な
お味は一度食べたら絶対忘れる事ができません。


今回魚を捌いてもらった鮮魚店の大将のアドバイスでは断然焼く、炊くといった
調理法がお勧めの魚と伺ってたものの、鮮度がピカイチならぜひともお造りを
堪能して欲しいなぁ~とゆ~ことでもちろんお造りにもしましたよん ♪

大きな切り身全てをお造りにしてしまうのもあれなんで、とりあえず適量を
カットしてお造りとお吸い物にしちゃおうとねっ。





美しいまでに見事な霜降りですよね~。


湯引きもいいけど個人的には皮目に塩とお酒を塗って直火で炙った方がより皮と
身の間にある脂の味が引き立って最高と聞き、早速炙ってみますが至る所から
キラキラのジューシー脂が滲み出てきてビックリ ♪

若狭焼きを作った時同様に焦げ目があまり付き過ぎないよう注意しつつ、
ここでは軽~く炙って あらかじめ準備しておいた氷の入った塩水へドボン
&すぐ水気をキッチンペーパーで拭き取って完成。

最後にこのブロックを刺身包丁でスライスすればオッケ~!









シロアマダイの焼き霜造り ♪


もう魚のお造りってゆ~より見た目はロースハムか何かにしか見えませんよね
、、、幾つもの白い脂の筋が入り混じって見るからにまろやかな感じ。

当然見た目の印象だけではなく、食べると更に感動は大きく口の中に広がって
ゆく甘い独特のお味はやはり魚を食べてる感じとは別物!?表現に困ります
、、、高級なハムを食べてるってゆ~か?美味しいの一言で片付けられれば
最高なんですが、、、どのディッシュにおいてもクセの無い自然な脂分が
アクセントとなっておりただただうまっ!?やら贅沢やな~となってしまう
リアクションでしょうか?(笑)


残りの半分はお吸い物にしましたよん ♪





素材の持つ味を最大限に生かしたディッシュがベストマッチするアマダイだけに
、下手にあれこれ味付けするよりシンプルに~とゆ~事で昆布ダシ、薄口醤油、
塩などに水でまとめた出汁にシロアマダイの切り身を入れてクツクツ数分煮る
だけで完成の超~簡単ディッシュ、







シロアマダイのお吸い物 ♪


椀種としては最上級のもので他の追随を許さない程の美味!とまで絶賛されて
いるだけに身を嚙んだ途端にチュルンとトロけてゆきマッタリとした甘さが漂う
、、、更に身から出た脂とお味が出汁に溶け込んで非常に奥の深い絶妙な物と
なっております ♪ こんな贅沢ディッシュがあるんですねぇ~、、、

ごちそ~さまでしたぁ~と堪能し終えた時の満足感は今までには無いよ~なもの
で、またそれがまだしばらく楽しめると思うとたまりません!しばらく専門に
狙ってみるのもいいかも?な~んて思っちゃう程感動の大きい魚ですわ。


最高なFISH DINNERでしたっ!




「い~な~~~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR