63、57cm シロアマダイ撃沈! 愛媛県・八幡浜市 / 宇和海 (1日目)


真夜中の瀬戸大橋を渡り松山自動車道に合流してすぐシトシト降り始めた雨は
松山ICで下りる頃には本降りに、、、昨年のお正月もそ~でしたがまずは
お馴染み24時間営業の釣具量販店に立ち寄って一部のエサ調達と29円ワゴン
セールを物色 ♪ ほんとまともな金額を出して買ってるのがアホらしくなる
くらいの破格アイテムなどもあったりで長距離運転後にも関わらず超~元気な
“O本先生”とこれは我らにとってささやかなお年玉や~と。(笑)

チェーン店、2店舗をハシゴした後に再び高速に乗って一路「宇和島」方面へ。


戦場によりけりですが、昨年まではこの界隈で投げ釣りとなるとど~しても
宇和島市内中心部を起点に回れるよ~な戦場に足を向ける傾向にあったJCA
、、、しかし今年からは全く違った視点から作戦を組む事ができるので過去の
記憶を辿って超~久しぶりとなる海域へGO!

途中、早めにコンビニに寄り買い出しを済ませ戦場へ向かいますが、朝が近付く
につれ雨は激化する一方、、、初釣りからこんなコンディションってほんま
ついてないなぁ~って話しながらとりあえず目的地に到着&誰も居ない事を確認
するも雨が酷すぎて小康状態になるまで車内で待機しようとなりました。







「宇和海」


結局、夜明け時刻を迎えても一向にマシになる雰囲気すらないのでずぶ濡れ覚悟
で戦場に入ってセッティング&攻撃開始となりましたが1投目となった時点で
2人共すでにドボドボ状態ですわ~。(泣)

まっ、今の防寒レインウェアはほとんど雨を中に浸入させない仕組みになって
いるので濡れているのは手先と頭回りだけになるものの、

やっぱ気分的に重たくなっちゃいますよね。


上の写真をご覧になってもお分かりのよ~に近くに泥混じりの浅瀬&小さな川の
流れ込みがある為、満潮時と雨水の流入によって夜明け後2時間もしないうちに
濁りが入り始めております。でもまぁ、一気に深くなっている海域なだけに
水深約10m前後の足元付近に対し50mも投げれば20mちょこっとまで
落ち込んでおりその境界線付近で濁りがせき止められてまだ戦いが成立します。

つい最近までは小針仕掛け&イシゴカイのみで戦っていたのが今回からは大針&
極太マムシ、アオイソメ、キビナゴといった多彩な大物エサで攻撃中!

まずは定番と言いますか、、、群れが回って来たんでしょうねぇ。


ジイイイッ!


ジャアアア~~~ッ!


宇和海で数回竿を出せば嫌でも慣れ子になる乱暴なドラグ音、







極太エソのオンパレード。


こやつらは税金のよ~な物だから仕方がないと言い聞かせながら積極的に
打ち返しますが、フォール段階から追っ掛けてきているみたく着底と同時に
次々とアタックしてきて閉口させられます。

そんな中、O本先生がユムシで良型のイトヨリダイをゲットされ少々ビックリ
、、、と言いますのもこれはあくまでJCA個人の印象なんですが、宇和海に
関してはど~もユムシはイマイチなイメージがありまして意外だなぁ~と思うと
共にまっ、他のエリアじゃユムシも大物作戦にとっては必須エサですし食って
きてもおかしくないと 即行ユムシにスイッチしてファイヤ~です。


ここの海底ストラクチャーとしては一部でよく見受けられるズド~ンと落ちて
いる急峻なカケアガリは存在せず、どちらかと言うとあくまで面はなだらかな
まま急勾配に落ちて行ってる感じ。ですので回収時に仕掛けが食われてしまう
って事も起きませんし比較的戦い易い方かな。

最初のうちはユムシを付けてフルスイングして定期的にサビいたりとアピールを
してましたが、エソに見つかってしまうと即掛かってくるので途中からはほぼ
静止状態?放置プレイでアタリを待っていました。

すると午前9時を回った頃に、


ジ~~~~~~ッ


スローなものの重たい印象をのドラグ音が鳴り響いたと思えば、スピンパワー
の竿先が抑え込まれたままでクッ、クッ、ク~~~と鋭く叩かれています!?


一体何のアタリだろう?と意識するより先、間髪を入れずに、


ジイイイ~ッ!!!


もの凄い勢いで走りだし、それに呼応するよ~にアワセを入れるとフッキング
&リーリング開始となりますが、ゴンゴン首を振りながら底にへばりつくよ~な
抵抗を見せてたのでもしかすると巨大なアカエイか何かかもしれんわ~、、、と
横で興味津々に見ているO本先生に言いつつ、それでも姿を見るまでは真剣に
やりとりをと慎重に回収してると、

あと少しで力糸が見えてくるって段階になって一気に右へ走ったと思えば、急に
底へ向かって突進!?ドラグを数回駆使しながらしっかり弱らせてた上で最後の
巻き上げを行うと水面の奥からうっすらと白い個体が見えてきました!







ひょえええ~!?


63cm シロアマダイ現る!


急いでタモ入れをお願いして足元に横たわったホワイトに薄くピンク味掛かった
獲物に2人してビックリ!まさか予想もしてなかった展開になっちゃったので
気が動転してしまいましたわ~、、、

こんなんおるんやなぁ~と感心しながらも、過去にシロアマダイの話を聞いた事
の全く無いポイントの発見にドキドキモード ♪ 我に返った途端にまずはすぐ
仕掛けごと新しい物に交換して特大ユムシをファイヤ~!O本先生もアタリが
出た周辺に集中砲火して超~真剣な眼差し。(笑)


いつの間にか断続的に降っている雨の事なんぞ忘れておりました。


続いて、せっかくの超~が付くくらいの高級魚ですし鮮度が落ちないよ~にと
早めの下処理開始。神経締めのプロフェッショナル?なO本先生が暴れる個体
をバシッと締められ、そこからエラと内臓、できる限り血合いも隅から隅まで
綺麗に取り除いてゆきます、、、

大体オッケ~かな?って段階に来たら海水で洗い流してビニール袋に入れようか
と磯クールの蓋を開けると、またまた背後の方からバタン!とゆ~音がして
わたくしめのスピンパワーの竿尻が大きくズレたかと思えば、


ジイイイ~~~ッ!!!


今度はいきなり戦慄が走るかの如く高速ドラグ音、







げっ、マジっすか!?


57cm シロアマダイ撃沈。


さっきのとほぼ同じ投点付近でアタってきたのでもしや?と思いましたが、
やはりこやつら2匹はつがいだったよ~で最初の個体には真っ白な大量脂と共に
卵、そしてこちらには同様に白子がギッシリ詰まっておりました。

それにしても初釣り初日からこんな釣果、、、まさかこれで今年の運は全て
使い果たしてしまったかも!?な~んて不安になっちゃいますわ~。(汗)


目の前の巨大シロアマダイを眺めながらしばし放心状態のJCA、だけど短時間で
2匹釣れたって事は高確率でこの界隈に住処が存在するはずですしラッキ~
だったら粘ってるとまだ出るかも?ですからまずは中途半端にしたままに
しないで最後まで下処理を済ませてから攻撃続投。


午後14時になると雨も上がって所々青空が見えるよ~に ♪


一応、いろいろ試してみるのも重要ですからユムシ以外にもマムシ、アオマム、
キビナゴも混ぜて投げるもやはりエソの餌食になりやすいみたい。

やっとこさ雨が上がったと喜ぶのも束の間、案の定今時期の宇和海特有の突風が
吹き始め、キャスト含め何から何まで影響を与えてきます、、、しかしながら
午後15時になると最後のワンチャンスなのか?それまで途絶えていたはずの
魚の活性が上がって連続してO本先生の竿を抑え込むも、イラにサイズダウン
してしまったイトヨリダイと微妙な流れ、、、





風は分刻みで激化してゆき今日はこれ以上は厳しいと判断 明日またここに
チャレンジしようと決めて撤収準備に入るのでした。


どれだけ早くても調理段階に入れるのは明日の夜中になりますから、真っ先に
氷を敷き詰めた魚専用車載クーラーにこやつら2匹をほ~り込んでしまわないと
いけません!と、その前に釣果写真をカシャっとしておきましょう ♪





感無量でございます ♪




「スゲ~~~!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます

こんばんは
初めまして
すごいです。
おめでとうございます。
思わずコメントしてしまいました。

ありがとうございます!

ヤマシロギスさん、初めまして!

コメントありがとうございました。JCA自身もこんな大きなシロアマダイは
初めてでしたのでビックリでした。(笑)
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR