タイワンガザミのスパイシー炒め ♪





ここ最近、地元での作戦においては必ずと言っていい程1匹は顔を見る通称
ワタリガニことタイワンガザミ、エサを食べている事もあればハサミや足付近に
針が引っ掛かってる事もあり何とも言えない外道ちゃんにはなるものの、良型が
数匹釣れた時なんかはたま~に持ち帰ったりもしております。

今回超~久しぶりに良型3匹を厳選して持ち帰りFISH DINNERに
してみることに~ ♪ 身自体たくさん無いのでどちらかと言えば主にダシ取り
用素材で味噌汁なんぞにドボンって感じが多いこやつらですが、今回の個体は
そこそこ?身が詰まってそ~だったので違ったレシピにチャレンジです。


まずは綺麗に水荒いし、甲羅を剥がしたて中身の不必要な部分を取り除き
豪快に真っ二つに!身が柔らかいので簡単に捌けちゃいます。







一人前にカニみそも入ってますから不要部位と一緒に取り除いてしまわないよ~
細心の注意を払いながら作業しましょ。


ここまでできたら、

フライパンにゴマ油&みじん切りのニンニクを入れガザミをほ~り込んで
甲羅が赤~くなってくるまでさっと炒めます。そんでもって豆板醤
オイスターソース、酒、中華スープを加えて煮てゆき最後にみじん切りにした
玉ねぎを入れて炒めればほぼできあがり ♪





そして仕上げにケチャップと胡麻で味を整えれば完成 ♪


一見難しそうに思えちゃうディッシュですけど実際に作ってみるとあっという間
にできちゃってこれなら今後もガザミが釣れたら積極的持って帰ろうかなぁ~
ってなります。青ガニと呼ばれるこやつも火を通せば真っ赤になってそこらで
売ってる普通のカニと変わらない雰囲気~!雰囲気だけかも?(爆)

想像以上に身が少なめなので変に厳選せずたくさん釣れたら全て持ち帰ってきた
方がこのディッシュにする場合はいいよ~に思えます。







タイワンガザミのスパイシー炒め ♪


カニみそが溶け込んだスパイシーな煮汁は超~濃厚かつ独特の美味しい風味を
醸し出していますねぇ~!身は主に足の付け根部辺りにまとまってあるくらいで
他からはちょこっとずつしか取れませんけど非常にGOODなお味 ♪

メインディッシュとしてご飯と一緒に~みたく考えるともっと大きな個体
&数があった方がいいと思いますが、お酒のアテとしてならこれだけでも
十分楽しめちゃいます。ピリっとしたアクセントが最高ですわ!

ぜひみなさんも外道で釣れた時にはお試しあれ~。




「今度やってみよっと」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR