シマノ「スーパーエアロ・フリーゲン SD」


嫁入りしていったスーパーエアロ・スピードキャストの後継機として少し前
から注文してたリールがようやく揃った旨、連絡があり海外出張に出てくる前に
受け取って参りました。







シマノ「スーパーエアロ・フリーゲン SD」


注文当初はもしかすると次回の生産まで待ってもらわないといけないかも?と
言われてた上、その次回の生産時期自体が今のところまだ未定!?となれば、
今シーズン中の実戦導入は難しいかなぁ~とちょこっと心配になってましたが、
なんとか揃えてくれました。


以前からカレイ作戦、特に北日本遠征における作戦ではスピードキャストなど
ノンドラグの遠投重視設計リールをメインにしてきたJCA、





この「スーパーエアロ・フリーゲン SD」は名前の通りスピードドラグ
なるクイックドラグ機構が装備されたモデルとなりますが、基本設計コンセプト
スーパーエアロシリーズの流れを組んだ遠投重視設計!

あまりドラグも使わないならフリーゲンはフリーゲンでもノンドラグモデルの方
がいい?と考えもしましたがノンドラグモデルは昨年導入したスーパーエアロ
・サーフリーダーCI4と同様、軽量化を図る為にスプールの前面は改造した
ミニ四駆!?の如く、極限まで肉抜きされたデザインで風が強い日など砂塵を
防ごうと思えば付属のサンドプロテクターをスプール裏面から装着させないと
いけない構造なんです、、、

確かに手返し重視と長時間手持ちスタイルとなるキスの引き釣りなら1gでも
軽ければ軽い方がいいでしょうし、それに手持ちだと置き竿に比べるとそこまで
砂塵がスプールの中に入るって事も少ないはず。


しかし、わたくしめみたく完全置き竿スタイルをメインとする場合、常に風が
吹きさらす中、ず~~~っと同じ位置でリールを静止させてるわけですから
サンドプロテクターが無いとみるみる中に砂塵が入ってゆきます!

これは実際にサーフリーダーCI4をワンシーズン使ってみてのインプレですし、
個人的にサンドプロテクターを付けてどうこうではなく、前面に穴が無いタイプ
のスプールが好みなのでこちらSDモデルをチョイスしました。





それに夜戦は別として暗いうちから戦場に入って夜明けまでの1時間ちょこっと
の間、竿先ライトを付けたりするのが面倒!と最近横着になりがちなJCAの
ニーズにも合ってる!?(爆)

明けるまでドラグを緩めておけばジイイィ~~~ッ!って音でアタリを知らせて
くれますし、スピードキャストと同じ感覚で扱え遠投も可能ですしね~ ♪

高級感溢れるこのゴールドスプールも超~魅力的組み合わせ!わたくしめも
以前からスピードキャストにもテーパーが掛かったADTのオリジナルゴールド
スプールを装着したりしてたくらいですからねぇ。(笑)





今回は全て標準仕様にしたのでこれにPE2号を巻いたら出撃準備完了!


糸巻き作業は日本に帰ってからしましょ~かねぇ。




「ゴールドがいいね」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR