秋の味覚、タチウオ尽くし ♪





どんな作戦でも数が釣れると非常に嬉しいもの!しかしながら魚種によっては
こんなに食べきれない~ってなるよ~な物もあったりしますよね~?まぁ~
贅沢な悩みなんですけど、今回のタチウオも14匹も釣れてくれまして半分は
O本先生に貰って頂き、最も太かった3匹を除き他はぶつ切りにして真空パック
に~ ♪ おかげさまで自宅のフリーザは只今シルバーの切り身で一杯。(笑)

でも美味しい魚ばかりですのでいつも気付けばストックが少なくなってきてる
状態になっててまた補充しなきゃ~と、、、う~ん、やっぱ自分で釣ってきた
素材を使ってのFISH DINNERって最高ですよねっ!


今回のタチウオも撃沈してきたばかりの超~新鮮個体でしたから当然生で頂いて
おかないともったいない!と早速最も太かった3匹を使って、







タチウオのお造り&焼き霜造り ♪


ご存じのよ~にタチウオって皮の引けない魚ですのでこ~やって包丁で皮の部分
に切り目をたくさん入れておくとぜ全然違和感無く食べれます。


ネットなどで検索してもわんさか出てくるよ~に、タチウオを生で食べようと
思うとこのよ~な切り目を入れたお造りと並んで皮目をバーナーで炙って少々
焦げ目を入れて~のお馴染み焼き霜造りも代表例で出てきます。

当然、両方魅力的でしたからせっかくたくさんあるんだしこちらも一緒に
作ってみましたよん ♪ まさに食べ比べ?(笑)







お好みに応じてわさび or ショウガを付けてパクリ~。


噛めば噛むほどマッタリとした甘さが滲み出てきて最高 ♪


JCAの好みではお造りにはわさび、焼き霜造りにはショウガで頂くのがベスト
コンビネーションに思えたかな?ただ、焼き霜にしてしまうと炙った部分が
独特の香ばしい風味になりこれはこれでコクがあって非常に美味しいんです
けど、他の炙り系ディッシュに味が似てくるよ~な、、、ほら、よくある炙り
サーモンやら炙り●●ってな感じ。

タチウオって料理人の間でも一般的に淡白な白身魚の中でも最も味を持つ魚の
1つと言われ愛されているよ~に、ほんと甘みが多く奥深い味を持ってます!
正直、食べ比べてみたわたくしめ的にも切り目を入れただけのお造りの方が
より素材を味をダイレクトに堪能できて切り目を入れるだけで十分?いや、
これが最高やわ~といった印象を受けました。

お世辞抜きで本当にウマいっす ♪


数もある事だし、肉厚な胴体周辺部をお造りにして尾っぽにかけての部分は
隠し味としてニンニク&醤油のタレに軽く漬け込んでから、





タチウオの唐揚げ~ ♪


これは超~シンプルディッシュですけど絶対期待を裏切らない王道かも!

塩をほのかにまぶして食べても良し、元からニンニク醤油ダレで味が付いている
ので何もかけずそのまま頂いても良し、ここでもタチウオ自体が持つ奥深い甘み
が出てきていくら食べても全く飽きない旨味です。


まさにタチウオ尽くし!英語では獰猛な印象を受けるサーベルフィッシュと
言われますが、実際には釣るのも楽しく、食べても美味しい最高の秋の素材 ♪
でも、、、サーベルフィッシュってJCAにとってはあまり聞き慣れない?って
ゆ~かやっぱタチウオってのがシックリ来るかな?サーベルフィッシュって
言っちゃうと北海道のヘビーメタルバンド、サーベルタイガーを連想しちゃう
のでねぇ、、、好きやなぁ~下山さんのハスキーな歌声。(爆)




「サーベルタイガー!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR