少しサヨリ → 少し半夜、 兵庫県・西宮市 / 武庫川一文字


20年以上も前の記憶ですからそこまで鮮明には覚えてないものの、こんな
雰囲気だったよ~な、、、うん、あまり変わってないよ~に思えます。あの頃と
目に見えて違うのは一段高くなっている外向き側等間隔に相当数のハシゴ?
階段が設置されている事かな?いや~、それにしてもほんと懐かしいっす!

今回利用した渡船では番号の付けられた一文字上の乗り場3~6番からチョイス
でき、JCAはどこがいいのか?全く分からなかったので一緒の“ジェリドくん”
に一任&ここんとこターゲットの釣果情報が多い3番で降りる事となりました。

情報では外向きではなく内向きがメインになるよ~で北風がやや強めな今、
キャスト方向に対して真正面からとなり戦い辛いものの滞在時間も短い為、
まずは仕掛けをほ~り投げてみることに、、、







「武庫川一文字」


通称“ムコイチ”と呼ばれわたくしめの地元では昔から超~有名な一文字、
記憶ではもっと沖合いにあったよ~な気もしたんですが出船したかと思えば
あっという間に到着とめちゃくちゃ近かったですわ~。(笑)

ジェリドくんはタチウオシーズンになるとちょこちょこ来たりしてたみたく
知識もあり、彼にあれこれアドバイスをもらいながら何度も仕掛けを打ち返し
ますが攻撃開始から約15分は全く魚の気配すら無し、、、少々不安に
なりながらも回遊魚だしいつか必ず回ってくるはず!と自分自身に言い聞かせて
いるとようやくイエローとオレンジの丸型シモリウキが小刻みにっ、


ブルッ、ブルッ、ブルルッ


アワセも不要で自ら針掛かりしてくれてましたぁ~。





サヨリちゃん ♪


やっとこさ群れが回ってきたのか?この1匹を皮切りにコンスタントにアタリが
出だしてアベレージ20cm前後の個体はポロリ、ポロリ。

サビキみたく一旦群れが寄ってしまえばジャミも入れなくても釣れるやろ~と
思い横着戦術で即打ち返しますがシ~ン、、、あはは、薄情なものでコマセカゴ
にギッシリとジャミを詰め込んで投入しないとなかなかアタってくれません!

おもいっきり湧いていればそれも可能だったのかもしれませんけど、今日は
そこまで魚影も濃くないよ~でエサを撒きながら釣っててもすぐどこかへ行って
しまいなかなか群れを足止めできません、、、10分程度釣れて沈黙 また
20~30分間隔で回ってきて再び10分程度釣れるってなパターンです。


ブルルッ、パシャパシャ ♪


ブルッ、ブルッ


ネット上に掲載されているクッキングレシピなどを見てると超~美味しそうで
食べたくなったサヨリちゃん、滅多に?いやそれこそ過去に1、2度くらいしか
やった事の無い作戦ながらも回ってきたら釣れる!といったお手軽性は非常に
ありがたく今日もそれなりに楽しませてもらってます ♪


ブルブルブルッ





唯一、JCAにとって慣れない&毎回嫌やなぁ~と思うのはジャミを触らないと
いけない事、、、オキアミという単なる極小エビの固まりなもののあの超~鼻に
付く独特の臭いは苦手!まっ、あれを好きと言う人はいないんでしょ~けど
サビキみたく吸い込みバケツが使えるならまだしもこの仕掛けではコマセカゴを
開けて中に詰め込まないといけないのでねぇ、、、

次回は一度吸い込みバケツで試してみたり他、何かいい手はないか?考えて
みよ~と引き続きオキアミ臭にまみれながら釣ってるともう日暮れ時刻!?
上がったのが午後15時過ぎでしたからしゃ~ないと言えばしゃ~ないですわ。


その時、かなり遠くで1匹タチウオが上がった!と急にジェリドくんが熱くなり
ワインド仕掛けにチェンジしたかと思えば外向きにキャスト開始&サヨリが本命
のわたくしめはしばらく内向きで粘ってましたが、暗くなってくるとイマイチ
なのか?一気にアタリが減っていつの間にか消滅、、、

ここで、もうかれこれ10年近くも前?に買った電気ウキを取り出して即席で
適当仕掛けを作ればちょこっとだけ流してみることに。





気付けばガラ空きだったはずのわたくしめらの両サイドは後から来られた
タチウオ釣り師でビッシリ!?みなさん1本でウキを流しつつ1本でワインドや
ドジョウで引いておられますねぇ~、、、

これがタチウオ作戦に多い定番スタイルだとか?(笑)


外向きはある程度流れがあるので上の写真をご覧になっても分かるよ~にウキが
オマツリする寸前で回収して再び投げ直し 結構忙しなくて気を遣います
、、、これをひたすら繰り返してるとラッキ~にもJCAのウキが急にチカチカ
し出したかと思えばホワイトカラーが次第に暗くなって真っ暗に!?

こ、これは相当な勢いで底の方へ潜っていってるはずなんでよ~く溜めてから
一気に鋭くアワセを入れてみると、


ピュ~~~ン → スカ!


海面から仕掛けが勢い良くこちらへ吹っ飛んできました!?

更にエサのキビナゴはそのまんま綺麗に残っているではあ~りませんかぁ、、、
あちゃ~~~、回収して気付いたんですがウキのシーリングゴムが劣化して
アウトとなって海水が内部に浸入 ただ単に球切れを起こして点灯しなく
なっちゃっただけのよう、、、アホですわ!(泣)

まともな電気ウキはこれしか無かったので仕方なしにトップのケミホタルが
刺せるウキを出してきて何とか今夜だけ持ちこたえれるよ~に対策してると、





横で竿を振ってたジェリドくんが1匹、指3本サイズをゲット!

しかしこれっきりでマンダムタイム到来となり時間だけが過ぎ去ってゆきます
、、、周りを見てても誰1人上げてる様子も無く午後7時15分、そろそろ撤収
準備に取り掛からないといけない時間を迎えました。

今回はタチウオはおまけ程度に考えてたのでいいんですけどやっぱ1匹くらい
欲しかった、、、残念な気持ちになってると急に遠目で流してたわたくしめの
ウキがス~~~っと海中に舞い込んで、、、じっくり待った後にアワセを入れて
みましたがやはりスカ!?確実に終わったとグッタリしながらもう1度だけと
投げ返すと即ス~~~っと沈んで、


グイイイッ!


次は乗ってくれましたぁ ♪







指4本クラスの83cm タチウオ撃沈!

明るいうちのサヨリじゃないですが、一瞬だけ群れが回ってきてたみたく
しつこくもう1回とほ~り込むと3分も経たないうちに典型的なウキ・ノック
から始まって最後はス~~~っと。

背後では午後8時迎えの渡船が通過してゆき最初に着く6番へ向かってるのが
見えてますし完全にタイムアップと一気にアワせてみるとあっさりフッキング!





若干サイズダウンの78cm タチウオ、指3本サイズです。

身軽な装備でしたから超高速で片付けとなり迎えが3番に到着するのに
間に合って撤収~!この後お互い予定が入ってなかったら最終まであと1時間
はやれましたがそれはまた今度とゆ~ことでっ。

後で見た釣果情報ではタチウオはど~やら6番付近でそこそこ数が釣れたものの
、それ以外では相当渋かった様子、、、回遊魚なんでまんべんなく回ってくる
やろ~ってなわけにはいかないようですねっ!

次回の参考にしたいと思います。(笑)





おっと、すっかり忘れちゃってました本命サヨリちゃんの釣果ですけど、
並べてみるとジャスト20匹でした ♪




「たまにはいいよね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR