やっぱりキスRが使い易いかなぁ~


キスの引き釣り用の針に関しては針そのものが小型がゆえ、これまでどちらかと
言うと指でつまみ易く&エサが刺し易い、、、みたいに常に人間側にとって
扱い易い物を好む傾向にあったJCA、、、例に挙げると、軸が真っ直ぐかつ
長めの袖針系なんぞはまさにベストシェイプ ♪

引き釣りはほぼ真夏限定となっているいるわたくしめの投げ釣りスタイルでは
この形状が久しぶりに使っても最も手返し良く扱えるので、ついつい似たよ~な
のばかり選びがちでしたが、以前にも記事に書いてましたよ~に長年かけて
溜め込んでしまった極細ハリスを消費すべく時間があれば針結びを続けている
今期は積極的にいろんな形状の針を試してみてます!


釣具店に陳列してあるキス針を片っ端から買ってきては実戦投入してく中、針を
結んでる段階からこれは結び易いやら逆に結びにくいやら、、、またこの時点
ではど~もイマイチっぽい印象があった形状の針も実際に使ってみると非常に
掛かりが良かったり、そのまた逆でアタリは出るもののなかなか乗らない?
よ~な針も正直ありました、、、


う~~~ん、すんなり針掛かりしてくれる針は一般的に何の違和感も無いので、
どちらかと言うとあれだけアタリが出てたのになぜ!?みたくメーカーや品名は
伏せときますがこの針だけはもう二度と使いたくない、、、ってまで感じた
キス針が出てきたのが今期は特にショッキングだったかな?

もしかするとトーナメンターの方々ならこの針でもしっかりキスを連掛けされる
のかもしれませんけど、少なくとも期間限定でしかやらないJCAにとっては
マイナス要因のみしか見当たらずコントロール不能、、、そして針を替えた
途端にパーフェクト連発と針だけでここまで違うのか、、、と改めてキスの
引き釣りの奥の深さも実感しました、、、

さすがに横で一緒に釣っていたO本先生もえ~~~っ、なぜに!?ってマジマジ
とその針を見ながら驚きまくってましたしねぇ。


まっ、どの針も大体が袖針、狐針などをベースとして派生しており形状的に
共通点が多いキス針ですが微妙なシェイプの違いで大きな差が生じるって事を
実感できたのはある意味大きな収穫で勉強になりましたっ。

そんな経験も踏まえ現時点でわたくしめがトータル面において最も使い易く
感じているのがコレ、





OWNER「キスR」


かなり昔からあるロングセラー的存在のキス針で、おそらくキスの引き釣りを
好まれる方の間ではまず知らない人は居ないよ~な針ですよね。JCAも仕掛けを
自作するよ~になった頃からず~っと愛用してきておりますが、何だかんだで
今もなお最もバランスが取れててオールマイティーに思えてます。

競技用でとなってくるとまた釣れるキスのサイズ、海の状況によっても臨機応変
に細かく変えてかないといけないのかもしれませんけど、あはは~わたくしめの
場合は単に独特のプルプルアタリを楽しみたい or 食べたいが為だけの
引き釣りですからこれで十分!満足な引き釣りができております ♪


今年の夏?いや、JCAの引き釣りシーズンは間もなく終盤に差し掛かろうと
しておりますが、とりあえず針結びは継続中でごじゃいます。





当然、完成した仕掛けとしてストックしてある物から使っていってますので、
これらのキスR・ハリスは来シーズン以降の出番となりますが、こ~やって
ある程度メイン針が定まってくるとどの作戦も楽になってきますよね。

そろそろ落ちギスが始まる時期ですし、あれこれ忙しくなってきますわ~!
こちらもそのまま引き釣りで狙うってのもアリなんですけど個人的には置き竿
スタイルで狙いたいのでねぇ ♪




「微妙なR」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR