北海道・せたな町 / 瀬棚西沖防波堤 (2日目)


初日から「積丹半島」で予想以上の激渋&大貧果を食らってしまった本遠征、
2日目の今日も予定してた戦場は同じエリアだった為、この雰囲気じゃまず激渋
間違い無し!という結論に達し、お土産に美味しいFISH MEALネタをとなると
やはり今の時点で釣れている所を目指すのが妥当となりました。

そして、早速いつも贔屓にして頂いている“寿喜丸”の船頭さんの携帯に
掛けてみると、それならすぐこっちへおいで!となり“ナオさん”と別れた後、
気合いで海岸線の道を約200km近く走って「せたな町」を目指しました。




午前3時半、渡船に乗っていつも入る東沖防波堤へ?とも思いましたが、
毎回毎回同じだとつまらないので一緒になった常連のお二人と「北沖防波堤」
入ってみることに、、、


話しには聞いておりましたが、ここは非常に底が荒く根魚狙いにはもってこい
なもののカレイとなると投点を間違えると根掛かり地獄、、、先端左角に
入られたお二人にこちらは投げれるなどアドバイスを頂きながらその右横で竿を
出させてもらいますが1投目から根掛かり、そして2投目も根掛かり!?

それならばと彼らの左横へ投げてみるものの遠近どこへ投げても根掛かり、、、
回収率はほぼゼロに等しいくらいです!毎投毎にラインブレイクし、みるみる
うちにシンカーがロストしてゆき釣りになりません。

一声掛けて1本を彼らが上陸後即陣取られ、攻めている方角へ投げさせて頂くと
1分もしないうちにアタリが出て、





良型のミズクサガレイ撃沈!

後で聞くと、こやつって非常に美味しいらしく高級魚との事。確かムシガレイ?
とか呼ばれてる種かな?お腹の白い部分は透き通るよ~な感じのちょこっと
不思議なカレイです。

アタリが出てちゃんと仕掛けを回収できたって事からどうやらこの1方向のみは
根掛かりが皆無で砂底のよう。

もう1投させて頂くとまたまた即アタリが出て、





クロガシラに酷似してるものの、黒い斑点が非常に薄いこちらではマコガレイと
呼ばれているカレイの登場です!

しかしながら、潮の流れがある程度速い先端部なのでどれだけ慎重に攻めても
オマツリしそうになる事から邪魔にならないよ~おもいきって波止のかなり手前
まで戻って投げてみますが根掛かり、、、釣り自体が成立しません!

ここでは先端左角から扇状の範囲のみ底に砂がある以外は全方向ガチガチと
言ってもいい程の複雑極まりない海底ストラクチャーみたい。

シンカーも短時間で10個近くロストし、このままでは魚を釣る前にシンカーが
全て無くなってしまうので船頭さんに電話してみると、ちょ~ど船釣りに出る
ところで、沖に出る前に1つ内側にある沖堤に移動させてくれるとの事!

ナイスタイミング ♪


急いで片付けて20分後に到着した船に乗って移動。







「瀬棚西沖防波堤」


こちらもお初となります。

残念ながら朝マズメは完全に逃してしまいましたが、まっ、頑張ればそれなりに
カレイは拾えるかな?と再び気合いを入れて戦闘開始です。

お土産的にはやはり超~デリシャスなマガレイの数が欲しいところ!と、なると
やはり内向きでは無く外向きがメインになりますが、10m近くの高さがある
堤防な上、外側にはビッシリと大きなテトラポットが入っており、ざっと探して
みますが取り込み時にある程度まで前に出れそうな部分がありません、、、


まっ、じ~~~っと考えてても時間の無駄ですし最悪、テトラ越しにカレイを
ペンペンペンとバウンドさせながら上げればいっか!と思い、とりあえず完全に
外海に目掛けてキャストが可能&ぶり抜くにしろテトラの配置が複雑で無い部分
を探すべく堤防の端から端まで歩いてみます。





赤灯台のある先端部へは途中壊れてズレてしまっている不安定なケーソンを
渡らなくてはなりませんが、何とか良さげな位置を見つけたので大移動開始と
なりました。投げ釣りタックルって本当に重いっす、、、


渡船が着く掘り階段を上がった所から内向きもクロガシラやマコガレイが狙える
らしいけど、潮通しの面からすると狙いのマガレイは薄そう、、、

その上、内向きも結構な箇所に足元からかなり遠くまで沈みテトラが入っている
ようで1本おもいっきり遠投して引いてくると、酷い部分だと50m以上向こう
から根掛かってしまいます。


潮が低くなるとよ~く分かりますねぇ。





同時に外向きへ投げていた竿にすぐアタリが出て早速マガレイが撃沈されてきた
ので、外向きオンリーで戦う事にして遅れを取り戻すべく集中砲火開始!


時刻はすでに午前8時になろうとしてます。


昨日に引き続き今日も快晴&ベタ凪で最高の釣り日和、必ず食いが立つ朝マズメ
が終了し一段落着いた感じではありますが、まだまだプチ時合い?は訪れる
であろうと何の根拠も無いのにそう思えちゃう程のベストコンディション!(笑)









目の前にキレイな潮目が形成され始めた午前9時半頃から待望のプチ時合い?が
到来したよ~でコンスタントにアタリが続いてマガレイが顔を見せてくれます。

ペンペンペンっとテトラにバウンドさせて上げる最中に針掛かりが悪かった?
よ~な個体を3、4匹くらい途中で落としちゃいましたが、まっ、取り込みが
できなくも無いのでOKかな?


まだこれから最盛期に向かうという状況ではあるものの、確実に魚が釣れて
くれるのは今回に限ってはまさに神の救いのよう!今まで「北海道」では当然の
如く数釣りを楽しんできてたので、この釣れるって有難味を改めて実感し直した
JCAです。ありがたや、ありがたや~~~!(笑)


コク~~~ン、コンコンコンッ!


竿先がお辞儀するとはこうゆ~ことですね~。







少ししてから気付いたのですが、外海は少々底ウネリが入ってるよ~で吹き流し
仕掛けを投げると毎回絡んで戻ってくるのもあり、全て先オモリスタイルに変更
して戦います。

この手の仕掛け形態が登場するのもここ「北海道」特有!先オモリ仕掛け・
モトス専用ライン「アトミックスライダー・NORTH FIELD」の活躍の場
来たり!って感じかなぁ~。(爆)


クククククッ!


やはり遠投に分があるみたい。





一定ライン以上向こうへ投げると即アタリ、その手前ではポツリ、ポツリ、、、
特にマガレイに関しては大きな群れで接岸してくるという傾向にあるのでアタリ
が頻発する位置がはっきり分かります。

こういった事から、いち早く群れが寄っているピンポイントを探し出す事が数を
稼ぐカギとなるのは確かで、そこが遠いとなるとど~しても生イソメだと限界が
あるので塩イソメをメインにおもいっきりフルスイング!まさに投げ釣りの
醍醐味を超~満喫してるって感じ???(爆)


これもまたここ特有で多いパターンなんですが、午前中はベタベタだったのに
お昼を過ぎると北西の風が強まり強風というレベルまではいきませんが真正面
から吹き付けてきます、、、となると距離を出し辛くなってくるのは必至。


渡船のお迎えを午後14時半にお願いしてたので、1時間前まで向かい風に
向かって頑張って遠投&遠投、、、後はゆっくり片付け&あの崩れかかった
ケーソンの道を歩いて逆の端まで、、、


防寒着を着てると汗ダクダクになりました。(笑)





何とかお土産確保です ♪


あと、ひと潮待てば更に上向くよ~に思えたので、おそらくゴールデンウィーク
あたりは爆釣でしょ~ねぇ~、、、あ~、仕事じゃなければもう1回来たのに
、、、とりあえずはI'll be back!と海に向かって宣言してきましたよん。(笑)


今から空港に走っても大阪行き最終便に間に合うかど~か微妙な感じですし、
急いでスピード違反で捕まったり事故ってもあれなんで今夜は札幌市内
中心部のビジネスホテルに泊って明日の便で帰還することに。


時間があるとなれば、帰り道に寄り道かまして、





お気に入りの海鮮食堂で宗八カレイの焼き魚定食をっ!

巨大な卵がはちきれそ~な程詰まってて最高~ ♪ これで600円なんて
あり得ないですよね!?オーダーストップ間際に入店したのにあいかわらず
店内にはたくさんお客さんがいましたわ~。

どちらかと言うと観光客ではなく地元も人らみたいでしたけどねっ。


さてさて、これで本遠征は終了となりま~~~っす。




「疲れたっしょ?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

流石!
初めて上陸した戦場も難なくクリアしちゃいましたね!

一人で戦場送りこんで如何している事かと余計な心配していました(笑)

また時間を作って遊びに来て下さい!
有難うございました。

終わり良ければ、、、

やっと本領発揮っすね~v-218

マコガレイに非常によく似たクロガシラガレイですが遺伝子的に差はない(僕もヒレに薄い黒点のあるマコを釣ったことアリ)とのことで将来同じ種類として整理されるかもとのこと!

最近マコが(個人的にですが)黄色の装飾でしか釣れないのはそのせいかっv-237スイマセンいちゃもんでしたわ(笑)

ありがとうございました!

寿喜丸さん、おはようございます!

先日はありがとうございました。なんとかお土産片手に大阪へ帰る事が
できましたよ~。(笑)初めて上がってみた西防波堤ですが、テトラさえ
無ければ最高の立地ですよね。ただ、やれない場所でもないので
混雑する際にはいいかも?とも思いレパートリーが増えたような気がしました!

またご連絡しますので、よろしくお願いします!

そうみたいだねぇ!

Tくん、おはようございます!

この海域に居るマコガレイとクロガシラはほんとに酷似してるけどどちらかと
言えばクロガシラ寄りかな?全ての点において同じ、見た目だけ違うといった
感じだけど個人的にはマコガレイとクロガシラは別で区別されたままで
いて欲しいかな?(笑)

やっぱり少ない

積丹辺りでとんぼ返りなんて事は無いと思っていましたが
まさか一足先に上陸していたなんて(笑)
釣れている人もいましたが そうでない人も
俺は当然 後者の方でして・・(汗)
3日に再挑戦しますが 今時期やはりホッケが釣りたいですね

No title

場所は若干違いますが、懐かしいっス!
その節は大変お世話になり申した

寿喜丸の船頭さんはお元気だったでしょうか?

私ゃ、まるとま食堂で食べた海鮮丼の生ホッキ貝が忘れられましぇん

南下しちゃいました!

のりぞ~3840さん、おはようございます!

そうなんです、、、とんぼ返りもしたくないし少しくらいはまともな
釣果を、、、と考えて船頭さんに電話してみたらおいで!と。(笑)

しかし、あそこまで渋い積丹は初めてですわ~。
今になって急に上向いてきてるみたいですね!ひと潮早かったか、、、

懐かしい、、、

ぱらのいあさん、おはようございます!

懐かしいですよね~。あの時はかなり活性高かったのを覚えて
おります。もちろん船長さんも元気モリモリでしたよ~ ♪

ヒラメやら他も狙えるそうなのでまた、ぜひご一緒しましょう!
そして最後に海鮮丼!?(爆)
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR