44cm アイナメ釣るのも一苦労!? 兵庫県・新温泉町 / 三尾


近くまでやって来て思ったんですが、

そ~いえば同じ「新温泉町」内にあるのにこちら側には一度も来た事無いかも?
前々からアイナメがメインでたま~にババガレイなんぞも混じる事がある一帯
とは話に聞いてましたが、わたくしめ自身が竿を出すのは今回が初めて ♪

事前に渡船屋さんのホームページで磯案内図を見てはいたものの、投げ釣りでと
なるとイマイチ正確な情報源にはならなかったので現地で船頭さんお任せ磯に
上がろうとなりました。(笑)


両方共夜遅くまで用事があったりした為、ご一緒させて頂く“マダイ師匠”とは
現地集合となり午前5時前駐車場で合流&そのまま出船です!


港から出た船は右横に巨大にそびえ立つ「三尾大島」を眺めながらゆ~っくり
外海へ、、、と思ってる矢先から即到着となり船頭さんがマイクで、は~い ♪
ここは今年に入って投げ釣りはほとんど入ってない磯で水深は約35m!
頑張って下さいっ、、、

水深35m!?2人してちょこっと苦笑いしながらも上陸。









「三尾」


今後の参考にと後で船頭さんに伺ったんですけど、ほんとは同じ三尾大島の磯
でも東肩?という部分の完全東向きに上げたかったものの、夕方頃から入ってる
荒れ予報の影響がすでに出てきているみたくウネリが酷くて渡礁断念、風裏に
なる西肩!今朝の戦場をチョイスされたよう。

写真から見ても推測できますよ~にかなり急峻な岩山となっており、この傾斜
角度のまま海底へ落ち込んでいるわけですからそりゃドン深ですわ、、、


全てお任せでと言ってたのでどんな磯に上げられるか分からなく、とりあえず
今回は定番の3号ではなくワンランク太くした5号設定&予備で8号を巻いた
スプールも持参しましたが、まっ、それなりに投げるとまとまった砂地が
広がっているよ~で5号で問題無く対応可能かな?

ただ、、、唯一厄介なのは岬の先端部に位置するのもあって潮が動き出すと
飛ぶよ~に流れて、また水深もやはり30m前後ある為、少々重めのシンカーで
臨んでても着底までの間に流され、着底後も上潮が非常に速くラインは常に
流されている状態となり注意を怠ると手前から張り出した瀬にまかれて
ラインブレイクも時々発生するよ~な環境。


とにかく潮流の特性を把握する事が先決なので、あちこち投げ分けて流される
速度、向きをチェックしていってるとようやくここはマシ?と見つけた投点で
立て続けにアタリが2回!







昨日の浜坂でも邪魔をしてくれた奴と似たよ~なサイズの小さなコブダイ&
これくらいならサンバソウ?いや、シマダイって呼ばれるのかな?詳しく分かり
ませんがジャスト30cmくらい?のイシダイちゃん!

コブダイは即ポイですが、こちらは美味しそうなんでキープしましょ ♪


午前10時過ぎになる大きなウネリが入り出して足下の岩場で砕けて
ザバ~~~ン、ザバ~~~ン!と結構な勢いで釣り座を洗ってくるよ~に、、、

ちょ~どこの頃、潮流の強度もMAXに達してたみたくあり得ない急流になり
根掛かりが多発し出します、、、何かいい対応策は無いものか?と考え、逆に
シンカーの号数を2ランク下げてできる限りのフルスイング後&ドラグ機構を
用いながら潮流に乗せて仕掛けをゆっくり流してると、相当流された部分で、


ジイイイッ、ジ~~~ッ!?


潮流によるチリッ、チリッ、チリッってなドラグ音とは明らかに異なる音!








予想以上によく走る個体だったので瀬に取られないよう一気に巻き上げ、

44cm アイナメ撃沈。


わたくしめの頭の中ではアイナメってここまで深いエリアより、どちらかと
言うと浅めな所を好むよ~な固定観念があったのでおるんやね~と感心。(笑)

これまで北日本でのカレイ作戦時に狙っていなくても外道として勝手に掛かって
くるよ~なイメージしかなかったアイナメちゃん、しかし地元の関西圏で専門
に狙うとなるとそれなりに奥が深いなぁ~と改めて実感させられましたわ~。


正午を回り、午前中より若干ではありますが、波気が立ち&空もグレーの薄雲が
覆う範囲が増えてきたよ~な、、、だけどまだ雨は降って来てません!







JCA側は急に昨日の浜坂とこれまた同じサイズ!?の超~ミニミニ・ガシラ
っ子が入れ食い状態となり閉口させられますが、ガシラの代わりにイソベラで
苦戦させられてたマダイ師匠に小ぶりではあるものの超~メタボなソイがっ ♪


勝手な思い込みで、そんなにエサ取りもおらんやろ~ってな前提で持参した
アオイソメはガシラっ子の猛攻の前、みるみる減ってゆき1時間足らずでほぼ
底を尽きてしまいました、、、打ち返しをやりすぎ!?(爆)

まぁ、こんな時の為に!とアオイソメをメインで戦う作戦時には常に小分けに
して冷凍してあった塩イソメを持参してあるので、ここぞとばかりにそれを
取り出し攻撃続投~!

午後に入って再び潮流の速度と向きが変わり、今まで戦ってた目の前の海域が
激流と化した為、竿を4本から2本体制と身軽にして潮が払い出していく反対側
へ大きく移動。ここでも全く初めてですから底の状態が分からず最初の数投は
根掛かりも起こしましたが、何とかやれる位置を見つけてそこで粘っていると
午後13時45分くらいだったかなぁ~?


ジ~~~~~~ッ!


1回きりでしたがまあまあ重量感のあるドラグ音、





一体何を食べてるんや~ってくらいメタボな36cm アイナメちゃん。


これでもかぁ~な量の塩イソメを房掛けにしてたんですが、やはりアイナメ!
貪欲なのは全国共通で余裕で丸飲みしてましたわ~。(爆)

昨夜に新鮮なアイナメの焼き霜造りを堪能したばかりですし、今日もまたこんな
ぶっとい個体2匹もとなると少々メニューに困るのでマダイ師匠に1匹いかが
ですか?と伺うと、来る前から話してましたが、よほどアイナメが食べたかった
みたく喜んで頂くわ~とさっさと見切りを付け撤収準備に入られました。

続いて約30分後?午後14時10分にはわたくしめも片付けモードに入り、
お迎時刻の午後15時には2人してダラ~~~っと傾斜にもたれ掛って
雑談してる状態に、、、そして撤収です。





戦場に入るまでは密かにババガレイが出てくれないかなぁ~?ってスケベ心
満点でしたが、今となってはあの目まぐるしく変わる潮流とあまり芳しくない
コンディションの中、アイナメだけでも釣れてくれてラッキ~でしたわ!

ふぅ~~~、間もなくGW突入ですねっ。




「お疲れ~ ♪」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR