キジハタのお刺身&アイナメの焼き霜造り ♪


今朝撃沈してきたばかりの獲れ獲れピチピチなアコウことキジハタにアイナメ、
どちらもお手頃サイズでしたがぜひともお刺身で食べたい!って切望してました
ので早速今夜のFISH DINNERで出してもらいましたよん ♪

キジハタにアイナメとなると同じ根魚系ですが、それぞれ味は一発で分かる
くらい異なってますので両方共お刺身で~と最初は思ってたものの、お手頃
サイズとはいえ2匹となると身も結構な量が取れますし全部醤油で味わってては
もったいない気がしてきてアイナメの方を焼き霜造りに。





三枚に下ろした段階でお酒を振って、軽く振り塩をしたら一気に皮の面だけを
強火の炎でゴォ~~~っと炙って焼き目が付いたら即氷水にドボン!皮の旨味は
焼くことで凝縮するとよく言われますしこの時点で超~いい香りが漂ってます。

そして同時進行していたキジハタも一緒のお皿に盛り付けると完成 ♪







キジハタのお刺身&アイナメの焼き霜造り ♪


高級魚で名の通るキジハタちゃんは弾力満点な純白の白身で口の中に入れたら
一気にまろやかな甘みが広がってゆく、、、そんなお味が印象的!

JCAの投げ釣りでは専門に狙ってとゆ~より、どちらかと言うと今まで何かの
外道でアタってきたってのがほとんどになりますのでそんなしょっちゅう食べる
機会はありませんが、こうやって久しぶりに頂くとほんとお上品なお味で
FISH DINNERだけで考えるなら今後専門に狙ってみるのもいいかも?
な~んて改めて思っちゃいましたわ~。





もし食べきれなかったら醤油に浸け込んで大好物の漬け丼にでも?そんな事を
考えてた自分自身がアホのよ~でパクパク口に運んで即行終了 ♪

皮の旨味を封じ込めたアイナメちゃんの方は醤油のみならず、サッパリとポン酢
でも頂きましたが、こちらはキジハタよりソフトな歯応えで同じ甘さでもやや
控えめな奥ゆかしい味って表現がベストかな?





いつぞやの人気アニメ、ミスター味っ子ならきっと炙った皮の旨味と白身とが
奏でるハーモニーによって口からまばゆい光が出てたと思います。(爆)

焼き霜造りもどの魚でもいけるのかもしれませんが、やはり相性ってのがある
よ~にJCAは思っており確実にアイナメはベストマッチな魚かと!これは
超~お勧めなのでぜひぜひ一度皮を炙ってみて~ ♪

特にアイナメは北方系の魚に挙げられる為、北日本に比べるとこちら関西圏では
遥かに魚影は薄く、またサイズもなかなか特大にはお目に掛かれないものの、
生で頂くとその味の差は一目瞭然!身の締まりから個体そのものが持つテイスト
まで環境が違えばじゃないですけど、ここまで別物よ~に思えちゃうんだなぁ~
ってねっ。個人的にはこちらで撃沈したアイナメの方が数段上に感じました。

あっ、そうそう!少し前に北海道で撃沈してきた大型アイナメちゃんもそろそろ
食卓に並んできそ~な予感 ♪ 気になる食べ方があったのでねぇ。




「炙ってみよ~」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR