コンセプトは昼夜を問わないオールマイティー性


少し前の記事でも触れてましたが、今シーズンのカレイ作戦において導入予定の
仕掛けは毎年同じですけど大きく分けて2種類!

先オモリ仕掛けと吹き流し仕掛けになり、戦場に応じてより適した物をチョイス
、また時にはミックスで使いながらそれぞれのメリットを最大限に生かし幅広く
攻める戦術などこの2種類があれば探れるレンジが相当広がってくれます。

そしてこの2種類をベースに針数が増えて段差仕様になってみたり、逆に更なる
遠投性を求めてショート仕様のシンプル1本針が出てきたりと幾つか派生して
JCAの仕掛けラインナップが形成されてゆきます。


先オモリタイプに関しては市販仕掛けとして発売になったばかりの、先オモリ
遠投仕掛「華麗」をメインにするとして、現在もう一方の吹き流し仕掛けの量産
を日々頑張っている旨同じく先に書いていたかと思います。





今年に入ってまず最初にモトスを大量生産しました!


最終的にアリュールレッドだけでもスプール2個分は一気に作っちゃいました
からどれくらいの量が確保できたか容易にご想像が付きますよねぇ?(爆)

仕掛けの軸となるモトス部さえ大量に作っておけば、あとはエダス、ハリスを
取り付けるだけで完成となりますし、ここから先については攻める戦場によって
ハリスの種類、号数、他には装飾や針など微妙に変えたりしてますから
作戦に応じてとなってきます。


仕事や他、スケジュール的な兼ね合い、お天気の状況も密に関係してきますので
現時点で日程まで確定している作戦はまだそこまでたくさんありませんけど、
急に決まって仕掛けが出来てないっ!って焦るのだけは嫌なのでほぼ確定?な
作戦用から優先して仕掛けを完成させていきましょう ♪


日光が燦々と差し込めるデイタイムから海の底まで真っ暗となる夜間、どちらの
環境下でもオールマイティーに魚へアピールができる仕様!

これをコンセプトに置いて、







メイン装飾アイテムとしてチョイスしたのが、以前ご紹介してました発売された
ばかりの「後付け毛鉤・夜光タイプ」

ティンセル類を施した従来のティンクルスペシャル仕様に毛の部分を特殊畜光
素材にしたこの毛バリは言うまでも無く昼夜問わずアピールができる傑作!
今回は写真にありますホワイトとレッド&ホワイトのマーブル模様の2種類を
使って装飾アレンジをしてみましたよん。







先の写真をご覧になっても一目瞭然のよ~に、レッドの毛はぼんやり発光する
のに対し、ホワイトの毛の方は非常に蓄光力に長けてダイレクトに強く発光
しますからこの辺りで使い分けてみても面白そうですよね。

まずはどちらのバージョンを用いてもデイタイムと夜間のオールマイティー性を
均等に保てるようコラボさせる発光玉などあれこれ試行錯誤してみましたっ。


う~~~ん、これらを試せる日が待ち遠しい!




「その日はいつ?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR