カレイ仕掛け・段差バリ考察


ご存じのよ~に、ここ最近はカレイ仕掛け作りにも没頭しているわけですが、
カレイの物ばかりまとめたパーツBOXを漁っていたら底の方からこんなパーツ
が出土して参りましたっ、





これって確か段差バリを出す為のパーツ!

相当前に買ったんでしょうねぇ。

袋も結構古くなってきてますしJCA自身、コレをどこで入手してきたのかすら
覚えておりません。少なくとも5年以上前にはなるはず!(笑)

わたくしめが愛用する段差バリ仕掛けにおいては、こだわりなんかもあって
こういったパーツは一切使用せずスイベルとゴムパイプを介して出すといった
オーソドックススタイル。段差形態となるこれら2本のハリスに関してはライン
の素材および長寸比でバランスを取っています。

今のところ、何年もこの段差バリで戦ってきておりますが、目立ったトラブルも
無く非常に快適に使え、そして釣れてきているのであまり意識した事がないん
ですが、今回のパーツを見ているとちょこっと興味が湧いてきました。





パーツ自体がこのよ~なゴム系の樹脂でできており、指で押さえると可変して
プラスチックみたく完全固定でない為、食い込みやシモリの間に入ってしまった
時などの回収性の高さなど様々な点でメリットはありそうなものの、わたくしめ
としてはど~もこういった感じで強制的に2本のハリスをハの字形態に持って
いってるという点が気になるんですよね~、、、

逆に言えばこの意図的にハの字形態に作られているのがこのパーツの特徴
なんでしょ~けど。(爆)


普通に考えれば確かに2本のハリス同士は絡みにくいよ~に思えますが、これも
全ては各々のハリスの長さバランスに掛かってきてるのではないかと!

JCAが愛用する1つのスイベルに2本のハリスを結んで出す方法だと絡む場合
には根本からねじれる感じがほとんどとなりますが、逆にこの形のパーツだと
ハリスが極端に短い状態なら問題無いものの、ある程度長めに取ってしまうと
針先にかけての先周辺部でねじれてしまうはず、、、

なんせカレイ作戦においては段差バリを相当愛用してますからねぇ、、、
そのメリット、デメリットはよく理解しているつもり。


また、下の写真にあるよ~にモトスとの連結部に取り付けられているスイベルに
関しても上手く仕掛けの長さ配分を考えていかないとスイベルを介している事に
より、遊びが多くこれまたハリス長によってはトラブルの原因になりそう、、、

逆に言えばより自然な動きを醸し出せるって見方もあるかな?







こんな風にあくまで個人的な疑問が幾つか生まれてきたのもあり、百聞は一見に
しかず!まずは実際に試してみよ~と!


1つはスイベルを取り外してパーツ自体にそのまま連結&ゴムパイプを被せた
完全固定バージョンともう1つはそのままスイベルへモトスを結んだバージョン
、、、写真じゃわからないかと思いますが、当然ながら後者の方が振ったら
ぶらんぶらんと自由自在的な動きをします。

これら2バージョンの仕掛けを今後、作戦のどこかで導入して疑問を解決して
こよ~と思っているJCAです。まずは何事もやってみないとね~~~っ。







「爆釣したりして!?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR