ふわふわ~ ♪ マハゼの天ぷら&つみれ汁





朝までブルブル心地良いアタリを楽しませてくれていたマハゼちゃん、

毎日釣られてるよ~な地元のおっちゃんらは果たしてこの量をどうやっている
のか?不思議になっちゃうくらい爆釣で持ち帰ってからが大変だろうなぁ、、、
と帰り道はちょこっと心配に。

おそらく常連さんらはご近所にお裾分けしてたりしてるんでしょ~けど、滅多に
狙わないJCAとしてはぜ~んぶ美味しいFISH DINNERとして頂きたい!
そう思ってましたので、帰還後すぐ眠くなる前に下処理を開始。


アベレージサイズからすると同じよ~に良い日に当たれば数が釣れちゃうキス
より小さめで、おまけに身体は非常に柔らかくヌルヌル!こりゃ~、下処理は
めちゃくちゃ面倒ちゃうん!?とドキドキしながらやってみるも、ウロコも
ちょびっと&頭を落とせばス~~~っと内臓もくっ付いて取れてくれますし
想像してたより簡単に捌き終えれましたっ。







獲れたて状態で頂くので、できればお刺身も ♪ って当然ながら考えてたん
ですが、よ~く調べてみると他の魚も同じと言えば同じになるものの特にマハゼ
については活きたまま持ち帰っての活け締め調理が最も望ましい事に気付き
今回はしまったぁ~と思いながら断念しました。

と言いますのも、マハゼのお勧めな持ち帰り方の代表例として海水氷に釣ったら
即ほ~り込んで締めてゆくのが一般的に定番化されてますが、死んでしまうと
すぐ身が白っぽくなる傾向がある魚でお刺身となればこのやり方では決して最高
な状態を堪能できないという、、、もちろん白っぽくなったからといって鮮度が
高ければ味に関しては全く同じとも書かれてましたが、活け締めした物は身自体
がまだ透き通ってて歯応えのある比べると別物と思えちゃうとまで!?

そんなのを知ってしまうとやっぱそれを頂きたくなるので、お刺身は次回の
お楽しみ~に取っておこうかとねっ!あはは、その次回が果たしていつになる
のかすら分かりませんが。(爆)


ですので今回はそこそこ大きめな個体は開いて、残りのいわゆるピンギスサイズ
は半分くらいを南蛮漬け用、そして半分を今夜のディッシュとなるつみれ用に
分けて調理の段階を次に進めましょう ♪





ちょこっと前に買い替えたおニュ~のフードプロセッサーを使って下処理を
済ませた小ぶりなハゼちゃんらを長ネギ、ショウガの絞り汁、味噌、つなぎの
片栗粉と共に練りの状態になるまでウイイイ~~~ンと!

あっという間にできちゃいますよ~ ♪


同時にマハゼといえば天ぷらは絶対外せないので、開いた大きめの個体を次々と
天ぷらに、、、ディッシュ的にキスとまるっきり一緒の楽しみ方ができるよ~
なのでカルシウムを補う為!?骨せんべいも作ってもらいましょ。









今夜のFISH DINNERができあがりましたぁ ♪





マハゼの天ぷら&つみれ汁 ♪


まさにゴ~ジャスなハゼ尽くしですわ~。

まずはお口に水分を~とつみれ汁からすすってみますが、味噌でほんのり味付け
したつみれ団子はシンプルな味付けの汁に引き立てられて超~いい感じになって
おります。当然のことですが、こういった汁物はあくまで具となるつみれ団子が
メインなので汁が強すぎては全然意味がありませんよね。

早くもまいう~~~って気分に浸りながらメインディッシュの天ぷら頂く事に
しますが、身をサクッと噛んだ時点からビックリ!?この食感はなかなか他の魚
じゃ味わえないよ~なくらい超~ふわふわで口の中でとろけていくよう ♪


ほ~んと優しいお味の白身魚です。







さすがに骨せんべいは骨を揚げてるだけですから、キスのと変わりない感じ
ですが、身も柔らかければ骨も弱々しくパリパリってゆ~よりポロポロといった
よりソフトな歯触りだったのが印象的かな?

キスと一緒のディッシュが楽しめるマハゼ、全体的にふんわり優しく守って
あげたくなるよ~なお味でしたっ、、、

それってどんな味やねん!ですねっ。(爆)


絶品したっ ♪


この一言に尽きるかな~。




「次はお刺身やね」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR