気になるものは全て掛けてみる!


kisu356さんに案内して頂いた日帰り出撃から帰還 翌朝から日本を
出国したJCAですが、現地の滞在先ホテルではさすがに疲れが出たのか?
夜は食事の誘いも今回だけは断って部屋でDVDなんぞを見ながらひたすら
ダラダラしておりましたよん。(笑)

たまにはこういった息抜きも必要ですし、仕事で行ったのは確かなものの
ある意味日本から離れてる所で何も考えずにいいリラックスになったかも?

あはは、ご想像の通り当然DVDを見ながらも手は作業に従事しておりました!


作業?


そりゃ~、もう作業と言えばコレしかありません!





日本でオフの間は投げ釣りに関して言えば、戦場に居たり、タックルを洗ったり
、準備したりなど主に出撃に関連するよ~な事ばかりで時間が過ぎ去っている為
、それ以外に時間がある時はそれを有効利用して積極的に仕掛け作りといった
他の作業もやってかないと追い付かないんですよね~、、、

特に最近のよ~に本命に据える魚が射程に入ってるシーズンは出撃が最優先
ですので、できる限りそれに付随する他の作業は出撃日程と被らない間に次々と
済ませていきたいんです。そうじゃないと事が上手く進まない!


すでにちょこちょこアップしてきてるので何の仕掛けかお分かりかと思いますが
、ヨメゴチ作戦における引き釣りスタイルも挑戦しよ~と試作してみました。

もちろんいつもの置き竿スタイルがメインなので、あくまで時間がある時にのみ
やってみるってな感覚かな?引き釣りとは書いてますが、キスの時より更に
スローペースで底の状態を同時に確認しつつ、置き竿の仕掛けにも掛かって
来ないよ~なエサ取り連中も片っ端から掛けてみようという狙いがあります。

この作戦ではカワハギですら普通に掛かってくる小針で戦ってはいるものの、
それでもエサだけつついて針掛かりしないよ~な外道も存在しており、おそらく
ミニサイズのテカミハゼやトラギス、ハゼ科の連中がメインとは思われますが
水揚げしてないので断定はできてません。


だけど、本命とは異なるとは分かってても気になるんですよね~、、、


それにキスの引き釣りでも小型のネズミゴチはよくアタックしてくるので、
同じノドクサリならヨメゴチももしかしたら?とねっ。なんせ生態そのものが
謎が多い魚ですから、何でもやってみる価値はあるよ~に思えてます。

モトスにはフロロカーボン3号でスナップから40cmは砂ズリを。







3本針仕様で先バリはそのままモトスに結び、途中に出る2本のエダスは普段
吹き流し仕掛けなどでやってる根本にパイプを入れる方法は採用せず、キスの
引き釣り仕掛けと同じ連結法であくまでシンプルかつ軽量化を図った仕様。

万が一大きな魚が掛かってしまうと、水深が深い所で戦う為、ランディングまで
の所要時間からしても何度も激しい抵抗があるとちょこっと耐え続けるには
厳しいかもしれませんが、まっ、そういった魚は本命では無いのでこの仕掛け
では鼻からそれらは意識&対象には入れてません。(笑)


できてみれば太めのキスの引き釣り仕掛けとも見れますが、市販されている
キス、カレイなどの仕掛けと仕様が似てますねぇ。これをデルナーなどの
遠投用固定式天秤に取り付けてズルズルとスローでサビく、、、あんな水深
30~40mもあるよ~な海域で果たしてど~なるんでしょう?(爆)


何でもチャレンジなので早ければ次回の出撃あたりから導入してみます。





明朝日本に帰国予定で帰ったらすぐにまた行動!と考えてきてはいるけど、
日本の南海上で発達している台風、24号、25号の2つの動きが気になります
よね~、、、モロに直撃しなくてもウネリは絶対入ってきますし、

もうしばらく様子見かな?




「台風、イヤよね~」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR