ヨメゴチ作戦、あの手この手


今年の夏は8月を中心に久しぶりにキスの引き釣りを楽しみました!


大物投げ釣りとは性質から大きく異なるも、いいキャスティング練習になったり
、活性や状況に応じて袖型、キツネ型、流線型といった極小キス針のカテゴリー
を使い分けるなど様々な面においてプラスとなった所も多かったと思います。

そして、ちょこっと真剣に取り組んでた事により、まさに血となり肉となりでは
ありませんがJCAがメインとする大物投げ釣りにも一部これらのアイデアや
戦術を流用できるかも?といった発想が生まれてきたりもしてるんです。


そう!それが先日ゲットしてきた「トルネードVハード」ハリスを使っての
新仕掛け案でして、3号をモトス、2号をハリスに用いて現在血眼になって
追っかけているヨメゴチ作戦用の引き釣り?仕掛けを作ってみよ~と ♪


ハリス用には張りがある定番ホンテロンで?と考えてましたが、こういった
エステル系素材は直線強度は折り紙つきでも、擦れといった摩擦ではなくフグ
みたく歯の鋭い魚にガシッ、ガシッっと横にしたラインに対しサンドイッチ状態
で叩かれてしまうと非常に弱く、あっけなく潰れて切断に至る弱点がある事から
今回のケースにおいては不向き?と判断し、再度代替物を考え直しました。

そこで摩擦はもちろんの事、潰れにも強くかつ直線性の張りがある素材
ハードコートされたフロロカーボンラインがまだ理想に近いかな?という結論に
達し、このハードプロテクト樹脂加工がされたフロロの中でもあからさまに
ビシッとコシがあるVハードをチョイスしました。





粘り強さの点で言えば、ナイロンという候補も捨てがたかったものの、今回の
仕掛けは通常の引き釣り仕掛けより長めのエダス設定でと考えているのと、
また沈みが早く、かつアタリの伝導性の高さを言えばやはり硬めのフロロの方に
分があるかなぁ~とねっ。


当然、戦場コンディション自体から専らキスの引き釣りを行う所とは丸っきり
異なり、場所によっては30m以上の水深があったり、海底も常にフラットでは
なく所々掛かるよ~なシモリが点在してたり、また外道でアタってくる魚も大型
が交じったりと極細仕掛けではなかなか対処しきればいといったデメリットも
多く考えられるものの、メリットになる点も考えれば結構あるんです!

例えば、今のところ新しいキス引き釣り用リール、コンペの導入によりサブ的
状態となったPE1号が巻いてあるテクニウムMgをセットで使ってと考えている
為、普段のヨメゴチ作戦においてメイン導入しているラインシステムでは
届かない距離まで飛ばす事が可能になってきます!また、ズルズルとスロー
ペースで引いてくる戦術なので置き竿より効率良く広範囲が探れるのも魅力。

一応、ヨメゴチもネズミゴチなどと同じノドクサリですから、キスの引き釣りで
アタってくるよ~なメゴチと一緒?似た習性も持っているはず?そう信じれば
この戦術も戦場コンディションさえ許せば成立するはずと考えているんです。


針についても最初はキスの引き釣りで愛用している物で?と考えてましたが、
物によっては指で力を加えたただけでも簡単に折れてしまったりと細軸における
強度面、また最低でも2号以上のハリスを結んでの仮定なら引き釣り用の針では
相性が悪かったりと最終的にやはりもう少し太めの軸で強度を兼ね備えた針が
ベターとなり、まずはコレでやってみよ~と!







OWNER「白狐」


針の形状も袖型の方がエサをより真っ直ぐにホールドできるのでいいかなぁ~と
思ってましたが、決してフラット帯ばかりが続いてるわけでは環境下でのサビき
を想定すれば、キツネ型の方が若干マシ?まぁ、実際にはあんまり大差は無い
かもしれないけど、食い込みの良さなど総合評価でこちらに決定。(笑)

この辺は一度実釣で使ってみてからのインプレが必要になってきますね。


以上のアイテムを組み合わせて最多でも3本針までのシンプルかつ軽量な
応用引き釣り仕掛けを考案してみたいと思います。

また完成したらアップするつもりですけど、もうすでに戦いの火蓋は切って
落されていますので早急に作成 即、実釣導入って流れが最も理想となって
きますから時間は掛けてられませんねぇ、、、頑張らなきゃ!




「ヨメゴチかぁ、、、」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR