JCAくたばる!? 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


投げ釣り目的で「四国」への上陸はお初となるSurf Étoile“O本先生”と途中
立ち寄った松山市内の釣具量販店でエサを買い足し、再び松山自動車道に乗って
南を目指す中、いつもならちょこっと寝てしまってもすぐ起きてきてはあ~だ
こ~だと会話に参加してるはずのJCAがなんと「宇和島市」に入って起こして
もらうまで意識がぶっ飛んでたそ~な!?

きっと海外出張後すぐって事や普段からの疲れが溜まってたんでしょうねぇ~と
O本先生はおっしゃってましたが、こんな事はまず無くどこかおかしい、、、


時刻は午前4時過ぎとまだ夜明けまで少しあるものの、万が一、考えてた戦場に
先客が居た場合、小場所がゆえに他へ移動しなくてはならないのもあり出来る
限り急いで戦場を目指しました。





「宇和海」


ラッキ~にも数分の差で入る事ができましたっ!

って言いますのも、戦場に到着し空いてるのを確認 荷物を運び込んで
タックルを組み始めたと同時に数名の釣り師が様子を見に来られたって状況。

彼らは投げ釣りではなく足元でウキ釣りをされるらしくぜひ一緒にしましょうと
やる事になりましたが、その後も続々来られては満員なのを見てどこかへ、、、
といったパターンが早朝のうちは続いたのでO本先生と良かったね~と。(笑)


ここ最近叩いてたエリアから相当かけ離れた久しぶりの海域な為、本命の実績
含め全く未知数なものの、地形、水深などからすれば居てもおかしくない?
早いうちに一度は真剣に試しておきたいと前から考えた場所ですのでとにかく
調査をしてみましょう。

過去にマダイ、アマダイを撃沈した覚えがある上、かつO本先生がそれに加え
できるだけすみやかに片付けてしまいたいと思ってらっしゃる極太のエソも多数
外道として掛かってきてたのでお互いやって損は無い魅力ある戦場!


ゴンゴンゴン!


プルルルッ?







1投目から連発してアタリが出てJCAらをお出迎えしてくれたのは水圧によって
目の飛び出した良型ガシラにミニサイズのホウボウ

以前は大きな針に極太のマムシなんぞをメインにファイヤ~してたので、いざ
今回みたく小針で戦っているとなかなか大針には掛かってきにくい外道を見る
ことができてデーター的に新鮮、、、それにわたくしめの本命が居る戦場って
イトヨリに加えこのホウボウも結構コラボして生息している印象があるので
コンディションとしては決して悪くはないかも?

隣りで良型のグレをウキ釣りでポンポン撃沈されてらっしゃるご夫婦を見ながら
、投げ釣りってある意味効率悪い上に不毛やなぁ~と2人して爆笑しながら
引き続き打ち返していると、


ジィ~~~ッ、、、


謎の低いドラグ音!?とその微妙さに期待するも、





ギリギリ40cmに満たないマダイちゃんの仕業でした。

養殖イケスから逃げ出した個体も多い海域ですが、こやつは綺麗な天然物で
お土産食材としてキープ!そう簡単には本命は姿を現してくれないかぁ~、、、
十分分かってるつもりでも、この不毛さ加減にゲンナリ、、、その後もポロポロ
とホウボウが上がってきてはポイの繰り返しです。


コンスタントまではいかないものの、たま~に極太のエソを撃沈中のO本先生の
方はフィッシュイーター作戦とエサが虫エサに比べると大きめなのもあり、時々
飛距離が出せずに回収途中でカケアガリに食われてしまったりとラインブレイク
が頻発して苦しんでおられます、、、





力糸を結んで新しい仕掛けをセットし直してはまたファイヤ~、ここらみたく
足元からドン深の水深が30m以上ある戦場で戦う事自体がお初とゆ~ことで
今まで戦って来られた戦場コンディションとのギャップに少々困惑しながらも
徐々に慣れていきますわ~とまずは頑張ってそこそこ飛距離を出すプロセス
から意識して始められてます。

確かにここら一帯は急峻なカケアガリ攻略が要になりますよね。


そんな中、ちょ~ど午前10時を回った頃でしょうか?空を覆ってた雲が無く
なったかと思えばあり得ない程の日差しを伴ったカンカン照りに!?おまけに
完全無風で体感温度は優に30℃を超えて灼熱地獄に、、、

半袖&半パン姿にチェンジされたO本先生の脚は2時間もしないうちに真っ赤に
日焼けし2人共汗がダラダラ、、、こりゃパラソルかサンシェードみたいな物が
無いと熱中症になってしまうで~!と悲鳴を上げるまでに。

それでも頑張らないと!と仕掛けをサビくべく竿に近付くと、





急にフラフラフラ~~~!?


もしかしてヤバイかも?一瞬めまいがしたよ~に感じたので、普段はサンクード
やフナムシなんぞが嫌なので絶対ゴロンとはしない地べたではありますが、
O本先生に少しの間竿を見ててくださいとお願いして即横になり落ち着くまで
じっとしている事に。どうやら軽い熱中症気味?

そこから2時間以上、寝たり起きたりを繰り返し、そろそろマシになったかと
立ち上がってもめまいは無くても足腰関節がだる~い、、、身体は火照って熱い
感じがしますし溜まりに溜まった疲れから一気に風邪引いちゃったかも?(泣)


とまぁ、嘆いても後の祭りですしスローペースながらも地道にエソの数を稼いで
らっしゃるO本先生に限界に達するまでは大丈夫ですので頑張って下さい!と
エールを送って再び波止の上でグロッキ~、、、

午後14時を回り、これまで雲1つ無く太陽ギラギラだった空にまた薄グレーの
雲が掛かりだして少し楽になってきました。今のうちに放置してた竿を打ち返す
か?片付けていくか決めないとと立ち上がったタイミングで、1本だけ小針&
マムシで投げておられらたO本先生の竿に、







オエ~~~ッ!?


一瞬本命のヨメゴチに見間違えるも、すぐその生ゴミみたいな異臭から違う事が
判明する通称、臭ガッチョことヤリヌメリがっ!

冗談抜きでお下劣なニオイを発してますわ~。


そんなモンさっさとポイして下さいっ!って言ってるうちになんと連続で3匹も
ヤリヌメリを水揚げされるO本先生、、、ニヤニヤしながらその激臭を嗅がせて
くるんですから、まさに嫌がらせ?衰弱した身体には拷問状態です。(爆)


いやいや、ヤリヌメリが居るってのはある意味興味深くこやつも同じノドクサリ
ですから、本命の生息している可能性も高い?気にはなるとこですが、さすがに
今日はこれ以上戦う気力が出なくきりが良いところで夕マズメを待たずして
早めの撤収とさせてもらいました。

最後に放置状態だった竿を上げているとミニ・イトヨリが付いてました!





うむむ、何とも言えない貧果、、、


ではなく、ほとんどくたばってて何もできなかったと言った方が適切かな?
こんな短時間戦っただけで結論付けはもちろんできないものの、個人的な印象
では本命の気配に関してはど~も薄そ~な、、、まっ、もう1回くらいは試して
はみる価値はありそ~ですがねぇ。


予約してあったビジネスホテルにチェックイン後、しばしベッドで爆睡夢追人に
なり午後19時半頃起床&O本先生と近くのお気に入り焼き鳥居酒屋へ行って
一杯引っ掛けてきましたっ ♪

まだ食欲はあったのでアルコールはほどほどに満腹になったら即ホテルに戻って
風邪薬を飲んだら再びベッドの中へ。





明日は午前4時起き、、、大丈夫かなぁ~。




「無理しない方が」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR