Cumulonimbus - 積乱雲


Cumulonimbus (キュームロニンバス) と言われても、

はぁ?って思われちゃいますね~、、、わざわざ英語で書いたのには深い意味は
全く無くな~んとなく!あはは、これは夏の風物詩?なんぞにはなって欲しく
ないけど“積乱雲”の事です。まっ、略してCBと呼ばれたりしますが、こちらも
マニアック過ぎますねぇ。(笑)





専ら夏場の積乱雲の発生原因は、地上と上空の温度差が大きくなる事よって
生まれる大気の乱れ!地上付近の温かい空気は常に上昇傾向にあり、上空の
冷たい空気は逆に下降しようとする、、、この対流の中で強い上昇気流が形成
されズド~ンと高層ビルのよ~な入道雲 積乱雲ができちゃうですね~。

雲の頂点部の高度は日本の緯度帯においては約5~15kmまで達し、まっ、
みなさんもご存じのよ~にそれが空港近くの空域に発生しちゃうと飛行機などの
離着陸におもいっきり影響を及ぼしてきます。


そして、この積乱雲が発達すると中で氷の粒や霰などが多く作られ、雨混じりと
なって落下 下降気流が発生するわけで、ここに混じってる雨粒などに
同時に混在発生している激しい上昇気流によって下から運ばれてくる新たな氷の
粒などの間で摩擦が生じて強い静電気が発生 飽和状態に達した電圧は
自然放電し始めて雷となり、、、結果地上に激しいゲリラ豪雨や落雷をもたらす
、、、ほんと厄介者です。





もちろん発生要因に関しては地形によるのも多く、結構わたくしめらが投げ釣り
をしてる海岸部、特に背後や近くに急峻な山脈が連なってたりする場所では
さっきまで晴れてたのに、瞬く間に積乱雲が形成され大荒れになる、、、ってな
事も多々でこれからの季節は超~要注意なんですよね~。

即、車内や屋内に逃げ込める環境ならまだしも、沖磯や沖堤など渡船で渡って
しまって場合は逃げ場が無いのがほとんどでかなり危険!

その昔、JCAも沖にある浮き桟橋上で夜戦をかましてて星空で最高やな~ ♪
って思ってた矢先に一気に積乱雲が発達してしまい激雨&断続的な雷、、、
挙句の果てには少し向こうの山にビシャ~~~ン!?って落ちちゃったりと
生きた心地がしなかったよ~な経験もありますので、晴れ予報だからといって
完全安心はできません。





青空でも要注意!


んっ、あまり投げ釣りとは関係ないって?(笑)




「バルス!」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おばんです^^

そーなんです。6月ですよ・・・。移動なったの
これから!!ウトロ!!って時に移動ですからね~~~
多分ですけど、北海道いたらJCAさんとウトロで遭遇確率90%はあったんじゃないですかね!?(笑)

こちらこそお願いしますね
あの小河原の夜マコいいっすね^^
自分、今年一度調査行ってみますよ
初雪が降る時期がいいですかね?
なにぶん初東北なんでご教授願います^^

これからいいシーズンですね

羅臼特派員さん、こんばんわ!

ウトロで会いたかったですね~。JCAはどちかと言うと春先にかけての
遠征が東北に関しては多いですかねぇ、、、初雪が降る時期の様子も
気になりますのでまた教えてくださいね!

何かございましたらまたメールでも頂戴すれば結構ですので。
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR