500?それとも、350 or 280?


JCAがこれまでキスの引き釣り用に愛用してきた9Lのコンペエディション
、いつかも書きましたよ~に容量だけに軽量かつコンパクト!キスの群れを求め
サーフを転々と移動しながら釣り歩くスタイルにはもってこいと言えます。


ただ、持ち出す度に1点だけど~しても気になる事があったんですわ~。


まっ、9Lという小型ボディに贅沢にも様々なアクセサリー類が装備されている
クーラーですから仕方ない、それまで求めるなら単なるワガママ、、、に
なっちゃうのかもしれませんが、新たに12Lという3Lのみ容量が増えたモデル
が追加された事により、JCAの気になる1点が一気に解決しちゃうのが判明した
ので先日のゲットに至ったのです。


それは今やスーパーからコンビニ、自動販売機に至るまでペットボトル飲料に
おける最も定番サイズ?の1つに挙げられる500mlのペットボトルの収納
についてなんです!(笑)


クーラー内の保冷に関しては人それぞれで、保冷剤を愛用されてる方も多々
いらっしゃるかと思いますし、板氷オンリーってな方もいらっしゃいます。

わたくしめは後者の従来の板氷や他に水を入れて凍らせたペットボトルをメイン
で愛用しており、その理由として保冷材に比べて溶けてゆくスピードが一定かつ
急激な温度変化が生じないという点が気に入っており、また完全に溶けてた
ペットボトルは中の真水で手などを洗った末、ゴミ箱へポイ!が可能という
無駄の少ないとゆ~メリットから。

まっ、これだけは一概にどれがベストとは言えないんですけどねっ。





保冷用の凍らせたペットボトルのみならず、人間用の飲み物も同時に入れたりも
しますし、スペースが無いクーラーでは効率性を考えよくコンビニなんぞで
販売されているアクエリアス、カルピスなどの予め凍らせてある500ml
ペットボトルをほ~り込んで保冷&溶けてきたら飲む!という事もできたり
しますが、基本は別々にしてるかな?(笑)


上の写真にあるのが9Lのクーラーに500mlペットボトルを入れてみた様子。


もちろんそのまま横たわらせるのなら難なく入るのですが、あくまでこの9Lは
キスの引き釣り専用として導入しており、写真にもセットされてあるよ~に
釣ったキスを入れる仕切りバッカンが必ず入れるのを前提にしての様子。

ご覧の通り、側面にもたれ掛けさせたまま斜めにしないと入りません、、、もし
仕切りバッカンの下に敷いてしまうと今度はトレーをセットすると干渉し合って
上蓋が閉まらなくなる、、、言うまでもありませんが、ペットボトルを立てて
入れると今度はトレーが入らなくなるんです。

この場合、ペットボトルによって無駄な空間が4ヶ所もできてしまい隙間を有効
利用と言ってもスペースが狭すぎるがゆえ非常に難しく、結局は無駄なまま
終わってしまう、、、チョコレートくらいなら入りますがねぇ。(笑)


それが今回導入した12Lになるとほらっ、







真横にほ~り込んでもジャストフィットです!


2段にしても付属のトレーが余裕を持てセットでき、真横に入れるとすれば
仕切りバッカンもセットした上で合計4本の500mlペットボトルが収納可能。

これで普段そこらで買ってきた飲料用ペットボトルも、また予め凍らせておいた
保冷用の物も4本までなら気にせず入れれる事になりJCAにとっては非常に
ストレスフリー ♪ 炎天下では飲み物も即行無くなっていきますしね、、、


あはは、でもそれだけ重量も重くなるわけですからサーフでのこまめな移動を
考え意図的に軽量化させるといったスタイルとは完全に逆行します。(爆)

わたくしめの中ではこれまでも何度か書いておりますが、あくまで大物作戦の
息抜きとしてのキスの引き釣りなので、どちらかと言うと飲み物も余裕があり、
釣った魚はできるだけ長く冷え冷えにキープできたらという方を理想に考え
ちゃう為、いつまで経っても軽量化は図れませんねぇ、、、


そんな話を超~研究熱心な同じクラブのO本先生と話してると、これなら何とか
理想が実現できますよ~ ♪ と発案がありましたっ。

それは500mlより更に小さめなペットボトル、350ml、280mlクラスを
使う案で、これらを用いれば9Lにも仕切りバッカン&トレーをセットしたまま
さっきの12Lのよ~に収納が可能になるとの事!

確かに容量が小さくなるんですからいけますよねっ。







350mlだとこんな感じ。


真横にしたまま2段にでき、合計4本まで収納できましたっ!

ただ、問題は280mlの方もそ~なんですがこの手の小さめペットボトルは
メジャーでは無いのでそんなに種類が置いてないんです、、、

どこのコンビニでも黒烏龍茶やヘルシア緑茶など少々お高めな消費者庁許可・
特定保健用食品系の飲み物が結構メインになってる感じかな?それでもよ~く
探していくとホッとレモン?みたいなのやら普通の緑茶、ファンタなどあれこれ
出てくるんですがやはり王道は500ml!


しかし、280mlをメインで用いると350mlの時より更に面白い?アレンジ
が可能となり、これはこれは魚の保冷ってゆ~観点からすればある意味良さげ?







280mlなら底部に最大4本敷く事が可能!


上の写真ではそれぞれ別個にして撮ってますが、9Lの仕切りバッカンの下にも
2個敷ける形となり釣った魚をバッカンの底およびサイドからも冷やせて、より
キンキン状態で保てます。

底に4本敷いた上にトレー部下に2段にしてもう2本、合計6本まで収納した上、
トレー、仕切りバッカンらの相互干渉も無くスムーズに上蓋が閉ります。うむむ
、280mlをベースに考えていくと9Lでも何とかなったよ~な、、、(爆)


まぁ、普段から30~60Lやらとヘビー級クーラーばかりを持ち出すスタイル
なJCAですので、クーラーは重たいもの!じゃないですけどそこそこ慣れてる
ので、小型クーラーにおいてたった3Lの違いで遥かに余裕が持てるなら12L
の方がわたくしめ向きかな?

これからいろいろ使い分けてみよ~と思います。




「こだわるねぇ、、、」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR