ネット仕掛け・モトス部完成


編み物をやってるかの如く布団バリを用いてネットにモトスラインを通していく
作業、、、相当数をこなしたってのもあり最後の方なんて高速で糸通しができる
よ~になってましたよぉ。(爆)

やっぱりどんな事でも実際にやって慣れる!ってのがベストですねぇ。


中通しオモリが付いてる物からスナップだけが付いている物まで全てのネット部
にこれから作ろうとしてる仕掛け形態に応じた長さのモトスラインを通し終えた
JCA、ここからの作業をもって何とも特殊な?ネット仕掛けのモトス部が完成
を迎えます。ちなみに今回作ろうと思っている仕掛け形態は2つ!

仕上げと言うべきか?とにかくここからの作業はただただ必要な長さにカット
したプラスチックパイプやYピン、ビーズなどを通してゆき最後にスイベルを
結んで留めるだけの超~単純作業。





スルッ、スルッ、スルッ ♪ といったノリでダブルラインになっているモトス
部へマテリアルたちを通してゆきスイベルリングに結んで完成 はいっ、
お次のモトスにも同様に~ ♪

写真をご覧になっていると一体何の為にプラスチックパイプが入ってたりYピン
なる本州では滅多に見かけないピンがビーズにサンドイッチされてたり、、、と
謎めいた部分もあるよ~に見えるかもしれませんが、構造を理解すると結構
シンプル!要するにYピン部含め、ネットから上に掛けてが全て可動式となって
おり、エサを付ける時の作業において、





プラパイプを上にスライド&ネットを開いてコマセ爆弾を詰め込む ネット
を絞って閉じ再びプラパイプを下へ戻してネット開閉部を固定 その後、
針にエサを付けてファイヤ~!ってな手順になります。

モトスラインを通すなど、ネット周辺に施す作業がちぃ~と面倒臭いだけで、
そこから先は何らいつもの仕掛け作りと変わらない事ばかりなのであっという間
に量産できちゃいましたよん。





こちらのモトスが、オモリ後付けタイプのいわゆるオーソドックスな仕掛け
スタイルで、下のがステンレス材を用いてネットと中通しオモリを一体型にして
しまった物を組み込んだタイプ。

どちらが使い勝手がいいか?個人的にはオモリ後付けタイプの方が持ち運びも
楽チンかつ嵩張らない、そしてオモリの号数や形状も好みによって変えれるので
いいようには思えるのですが、、、まぁ、中通しオモリを使った仕掛けパターン
も現地では主流となっているので両方同じ量を作成しました。





写真では丸型中通しオモリのを写しておりますが、今回量産したこのタイプの
モトス部のほとんどがナツメ型を用いてます。なぜ?と聞かれましてもこちらも
丸型よりナツメ型がよく使われてる印象があるのとナツメ型の方が更に鋭く海に
刺さって行ってくれそ~な感じもしますよね?(爆)

とにかくここから先はただ単にエダスやハリスを取り付けるだけと超~単純作業
ですので、また作戦が近付いてきてからハリスや針などよ~く選定して行いたい
と思っており、当分の間はここまでのモトス部量産に徹したいと思います。




「本番はいつ?」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR