fc2ブログ

アカアマダイ尽くし ♪


戦場の立地や水深的にもどちらかと言うと白い方が潜んでるんじゃないかなぁ?
と期待しつつ、数年前から進めている宇和海エリアにおける新規開拓、、、

今シーズンからは車や渡船などで簡単にアクセスできちゃう戦場ではなく根性
据えていかないとなかなか行く事ができない手付かずの場所を重点的に探って
いる中でようやく本命のアマダイが出たっ!と思えば白い方ではなく赤い方、
アカアマダイだった今回の戦場、、、







イトヨリダイに関しては宇和海ならどこでも居るってくらい今回も複数匹顔を
見せてくれましたが、本命の方がアカアマダイとなると白い方はちょこっと
期待薄な場所なのかも?

わたくしめが知ってる戦場でも紅白両方の釣果が過去に出ている所もあったりは
するも、そんな場所はほんと稀で生息している場所や特に水深の関係でこれら
2種類のアマダイは棲み分けしてるよ~な気がしてます。

とりあえずイトヨリダイは今回はすぐに食べないので全て捌いて真空パック冷凍
にし、アカアマダイを使って今夜のFISH DINNERを作っていきましょう。


近年はアマダイと言っても最も高級とされるシロアマダイばかりを追い掛けて
いたのもあり、アカアマダイは久しぶり!ご存知のよ~にシロアマダイは身が
身自体に脂が散りばめられるかの如くで霜降り状態になってるんですが、
アカアマダイの方が脂の含有量が少なめなので生食でもいいかなぁ~と。

そんなわけでメインは分厚い背身でお造り or お寿司にするとして、腹身の
方はウロコを残したままにしてお決まりのあのディッシュに ♪







適当な大きさにカットしたら身の部分にだけ塩をまぶして15分程置いてから
180℃の油で揚げてゆくだけ~。この時に必ずウロコが湿っている事とウロコ
の方から油に入れるのが注意点で、身に軽く片栗粉をまぶす or まぶさない
に関してはお好みで。

袋状になったウロコはバッと開いて身の方に火がしっかり通れば完成。


捌いた際にすいた腹骨などアラも捨てるのはもったいないので水と一緒に
炊き始め、出てきたアクを取り除きながら加熱。





見てるだけで良質かつ濃厚な脂分 ダシがタップリ出てくるのが分かります
から、弱火でじっくり抽出して最後に塩でお味を整えます。

風味付けでほんの少し醤油を垂らせばこちらも簡単に潮汁のできあがり。


今夜は昆布風味の市販の寿司酢を使って酢飯を作り、豪快に分厚くスライス
した身でお寿司を握れば全てのディッシュが完成。





アカアマダイ尽くし ♪


42cmとサイズ的にはそこまで大きくないけど、1匹丸々使って何とか豪華な
3品が揃いましたっ。(笑)


まずはメインディッシュのお寿司から試食で、普通にスライスして握っただけ
の超~シンプルなバージョン、、、ってゆ~か、お寿司ってそれが基本です
よねっ!だからこそ素材自体の持つ旨味を最大限に堪能する事ができます。

シロアマダイに比べて遥かに霜降りが少なくマダイの身に似たよ~な印象の
白身に醤油をつけて頬張ってみると、







甘~~~いっ ♪


過去にアカアマダイも何度か生食で頂いてきているものの、こんなに甘かった
っけ~!?久しぶりに食べると甘味が非常に強く感じます。

身が甘いがゆえにアマダイと名付けられたとも言われてしますし確かにこの身を
食べると納得!今思ったんですけど、シロアマダイは程良くではなく脂が乗り
過ぎてるがゆえに生食だと感動するよ~な旨味を感じる事は難しく、加熱する事
でその脂の旨味が際立ち初めて感動を覚える、、、そんな違いがあります。


だからこそ、こ~やってアカアマダイで作った松笠揚げを頬張っていると
やっぱり白で作った物の方が濃厚で旨味成分がタップリ シロアマダイに
軍配が上がる気がするんだぁ~と!

なるほど、なるほど ♪ 今になってやっと納得のいく答えに辿り着けました。







レモンを絞って頬張るとカリカリっとしたウロコの食感とかっぱえびせんの
よ~な独特なお味は紅白共に共通しておりどちらで作っても松笠揚げは最高!


潮汁も松笠揚げと一緒の答えとなり、シロアマダイのアラで作るともっともっと
も~~~っと濃厚でお汁自体が脂でギラギラ輝いてるよ~な感じに仕上がり、
お味もよりコクがありますが、それに比べたらアカアマダイは全体的に控えめで
塩にまとめられてスッキリしたテイストになってます。

これはこれでとても美味しいですよ~ ♪





生食だとアカアマダイ、加熱するならシロアマダイ、、、かな?




「甘~~~いっ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア