fc2ブログ

アカアマダイの魚影確認! 愛媛県・伊方町 / 宇和海 (2日目)


昨日は崖下の戦場から撤収して、更に車の止めてある場所まで延々と歩く中、
再び降り始めた雨にまで打たれてヘロヘロ状態になった“O本先生”、、、
明日も同じ場所へ行く?という質問にはNO!と即答で返ってきた為、2日目は
もう少しエントリーが楽な所にしようとなりました。(笑)

あはは、明日も同じ場所へ行く?というのはジョークで、元から2日目は伊方町
方面の前から気になってた場所へ行ってみようと決めてました。

なので、少しでも長く寝れるよう今回の宿はいつもの宇和島市内のホテルでは
なく大洲市内で予約。できれば八幡浜市のホテルが空いてれば更にベターだった
んですが、2人共綺麗なホテルじゃないと嫌というこだわりがあり、その条件を
満たしてくれるホテルは八幡浜市内には1つしかないんですよね、、、





高速のICから近く、小さいながらも一応天然温泉まであるホテルにチェック
イン後は飲みに行くよりも疲れを取りたいとゆ~ことで最寄りのラーメン屋さん
で名物の塩ラーメンを頬張りさっさと戻って就寝 朝もめちゃくちゃ遅めの
午前6時前に起床して朝食バイキングを食べてからの出発となりました。


伊方町に入るとメインの道から逸れてグネグネの山道を進み事前に下調べだけ
してあったエントリーポイントを目指します、、、


えっ、エントリーポイント!?


そうなんです、、、以前から気になってた場所ではあるものの、車を止めて
すぐに入れるよ~なメジャーな場所ではなく岩場&ゴロタ浜を歩いていかないと
いけません!まぁ、昨日みたいにロープなどは必要無くただ延々に歩き続ければ
いいだけなので少しは楽なんですが、目的地まで決して近くはないので
今朝もクーラーは持参せず身軽な装備で突入。(笑)

さすがにこんな所までは絶対誰も歩いて来ないで~とおっしゃるO本先生と
笑いながらも必至で歩いてようやく気になってた護岸?に到着。







「宇和海」


早速、2人並んで陣地を作り攻撃準備を整えたらすぐファイヤ~!

今朝は美しいまでに晴れてて青空が広がっております ♪ 風もややあるものの
、そよ風よりもうちょこっと強いくらいのレベルで釣り自体には全く問題無し
、、、一度もやった事がない場所ですからまずは広範囲に投げ分けて水深や
底の感じを探ってゆきましょう。

うん、事前に海図で調べてた通り少し投げると一気に急深になっており
おもいっきり投げて届く着水点からカウントしても確実に水深30mはあります。
ただ、その分カケアガリもキツく、特に右斜め方向へ振った仕掛けの回収時には
必ず瀬に擦ってる感覚が伝わってきて果たして魚を掛けた状態でこの部分を
クリアーできるかが問題ですね。


攻撃開始から10分もしないうちに竿先にぎこちないノックがっ!


それもアタってきたの右斜め方向へ投げてる竿で、アワセを入れてリーリングを
開始するや否やカケアガリで擦ってる感じがした為、竿を高くしてほぼゴリ巻き
状態で高速リーリングしてくると、





小ぶりなイトヨリダイでしたが、水圧がモロに掛かってご覧の通り目が
飛び出して完全にグロッキーになってます、、、

このサイズだったから力任せに高速リーリングできたけど、もし大物が掛かった
らカケアガリに食われてしまう可能性は大!不安になりながらも、それは
実際に掛けてから考えればいい事なのでまずは広範囲を探るのに徹します。


そんな中、今度はO本先生の竿からけたたましいドラグ音が鳴り響き慎重に、
かつ高速で巻いてこられるとオレンジ色っぽい魚体が浮いてきたので一瞬
やったぁ ♪ となるも、水面に浮かぶと黒の斜めストライプが、、、はいっ、
イラん魚、イラでございました。(爆)

ゲンナリされてるO本先生の横でイラが居るって事は本命も居る可能性が高い
って事やし期待できるで~と話していると、今度はわたくしめのスピンパワーの
竿先が一気に押さえ込まれたと思えば、


ジイイイ~~~ッ!


超~鋭いドラグ音!


リーリング中に何度か強い締め込みと共に首を振るよ~な抵抗が伝わってきた
のでひょっとしたらマダイ!?いや、本命の可能性も、、、

な~んて期待してると、





あ~~~あ、こちらも黒のストライプ入りでした。(泣)


アタリの出方から抵抗までマダイやアマダイなどに似てるところがあるので
超~紛らわしい!何回釣っても毎回ドラグ音でドキッとさせられますわ。

今のところカケアガリ以外は海底をサビいていても根掛かりするよ~な部分も
特に見受けられませんしフラットに近い底なのかなぁ~と思ってましたが、
イラが多いとなると近くにツブ根や岩礁帯があったりするのかも?

あと、興味本位でイラの由来・語源を調べてみると、捕まえようとすると逆に
噛みつきにくる為に苛々する魚(いらいらするさかな)の意味とあり、爆笑
しちゃいました、、、イラん魚でもイライラする魚でもどちらもマイナスな
意味合いからのネーミングなんですね。(爆)


再び打ち返して、他の仕掛けもエサ盗りチェックで回収していくといつの間にか
素バリになってる物からエサがそのまま残ってる物まで、、、ただ、素バリに
なってる方もカワハギの仕業ではなく他の小魚っぽい。

エサ盗りの正体を暴くべく今日も1本だけ小針仕掛けを混ぜた体制で攻撃中。


ジイイイ~~~ッ!


うわっ、またさっきと一緒のドラグ音やしイラちゃうん!?





47cm マダイでした ♪


とりあえずこれで2日目もお土産は確保できたって感じかな。(笑)

マダイは回遊魚ですし1匹釣れたら連発する場合もたま~にありますから
ちょこっと期待するも、後には続かず沈黙を守ったまま午前11時となり、、、
あっ、もう半になったと思えば正午を回っちゃいました。


戦場の立地上、太陽が頭上に近付いてくると背後の山が結構切り立って標高も
あるので山頂付近に隠されてゆき徐々に薄暗くなってきました。


ジッ、ジジジッ、、、


クックック~~~ッ


今になって立て続けにぎこちないアタリが竿先に?







全く同寸の36cm イトヨリダイ


おっ、めちゃくちゃ待ちわびたけどようやく活性が上がってきたのか!?
ここからはO本先生と攻めのスタイルにチェンジして積極的に仕掛けを動かして
みたりと誘いを掛けたりします。

が、しかし、、、またしても後には続かずマンダム、、、イトヨリダイも群れ
とゆ~より単独 or 2~3匹の少数で行動しているのかもしれませんね。


午後13時半になる頃には完全に太陽が山に隠されてしまい少し遠くの海上から
先は日が当たっているものの、我らの陣地は陰になりだんだん肌寒くなって
きました。1月初旬くらいまでは今年の冬はかなり暖冬よねとみなさん口々に
話されていたのに、ここ数日で平均気温がグッと下がって冷え込んできてます。





午後14時になる頃には風まで出てきて防寒着を着てても寒いっ!


それでも退屈しない程度に何かしらアタリなり出てくれてたらまだまだやれる
ものの、寒いわ、ず~~~っと沈黙だとなると話題に上がってくるのは
いつ撤収するか?(爆)

ココはひたすら海岸線を歩けばエントリーポイントまで戻れますからやろうと
思えば夕マズメまでみっちりできるけど、さすがに最終日になりますし帰りの
所要時間を考えるとそこまで長くも粘れません。

ど~しよ~か~?あと1時間くらい?などと話してると、


ジ~~~~~~ッ!


わたくしめの陣地からドラグ音と振り返れば竿先が深く押さえ込まれてます。

手に伝わってくる重量感からそんなに大きくもなさそう、、、でも、横走り
しながら底へ潜るよ~な締め込みも見せるし、、、イラでない事をひたすら
祈りながら浮かせてみると、







42cm アカアマダイ撃沈 ♪


思ってた通りあまりデカくはありませんが、本命魚には間違いないので
ラッキ~ ♪ この戦場では白ではなく赤が釣れるんや~!いいデーター収集
にもなりましたし新規開拓を進める中、目を付けてたポイントで本命が姿を
見せてくれるとやっぱり超~嬉しいですよね。


こやつの登場によって2人共いつの間にかダレてた気持ちが一気にやる気モード
になるも、あはは、マダイやイトヨリダイならまだしも、アマダイとなると
1匹出たからと言ってもう1匹、2匹と続く事なんてかなり稀!(爆)

みるみるまたダレ始めてきて午後15時過ぎ、ちょ~どエサが無くなったので
これにて撤収となりました。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'23パワーエアロTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アカイソメ


「五目釣りになってる」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア