fc2ブログ

52cm マダイ撃沈! 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


先にエントリーポイントまで行ってしまい、そこで明るくなるのを待とうと
話していたものの、実際に行ってみるとなんと!?いや、予想通り、、、
相方、SurFreyja“O本先生”の長距離エクスプレスでは途中から
進入不可能となってしまいかなり離れた場所で車を止めて歩く羽目に。

その距離が相当ある事から断念する?となるも、今日は土曜日と週末ですから
今からだと車で簡単にアクセスできる戦場はおそらくどこも先客アリ、、、
それなら絶対誰も来てない保証がある場所の方がいいとなり歩く事に決定。





山を下り終えて目の前が開けると空にはもの凄い数のカラスとトンビがグルグル
と、、、何か興味をそそる物があるんでしょうか?ちょこっと不気味、、、


車を止めた場所から気合いを入れて細くグネグネな道を30分近く歩いた後、
急勾配な崖下り、、、そう、最近わたくしめが新規開拓として通い始めた戦場へ
一度行ってみたいというリクエストからご案内でございます。

彼にとっては今回が新年初釣りとなる為、できればめでたい魚を釣りたいという
希望もありレアな方じゃないけど、ココならマダイの魚影は他に比べて濃い
よ~に思えてるので可能性は高いかも?そんな話から絶対クーラーは持参
できない上、最低限の軽装備にしないと下りれても登って来れないこの戦場へ
となりました、、、大物投げ釣りはタックルもヘビー級ですしねっ。

わたくしめはどこでもいいので好きな位置で竿を出してや~と一通り戦場の
レクチャーしてから攻撃準備に入ります。


えっ!?空の色が急にっ、、、







「宇和海」


ついさっきまで青空が見えてたはずなのに1投目をする頃には太陽が雲に隠されて
一気に薄暗くどんよりした空模様に、、、

天気予報では晴れマークと曇りマークが1時間おきに入れ替わるみたいな微妙な
感じになっており、お昼過ぎからはまとまった雨が降るよう。基本、ココでは
午前中勝負のつもりで戦ってますから何とか早いうちに釣果が出てくれたら
いいのですが、、、せっかくココまで来たわけですしボウズは辛いっ!


そうこうしてるうちに早速O本先生の竿にアタリが出て40cmオーバーのマダイ
を撃沈され、とりあえずボウズ逃れとホッと ♪ 案内してる以上、まずは自分
より相方に何か釣れて欲しいという気持ちで一杯でしたが、これで自分自身
の釣りに集中できます。(笑)


ジ~~~~~~イイイッ!


突然、スローから始まりだんだんスピードアップするドラグ音!





チ~~~ン。


竿を持つ前から正体は分かってました、、、分かってましたけど、ひょっと
したらひょっとするかも!?1%以下の望みを胸に水面まで浮かせてみるも、
案の定メーターオーバーのアカエイ、、、

まぁ、世の中そう簡単にはいきません!(爆)


気を取り直して打ち返し 定期的に少し仕掛けを動かしてみたり、エサ盗り
チェックも含めて一旦回収してみたりといつも通りの戦術でアタリを待ちますが
サッパリ、、、たま~にカワハギらしき魚にしゃぶられたよ~な形跡。

スケベ心出して1本だけ小針仕掛けを投入してたんですけど、今回持参した
マムシのサイズが針に対してかなり太めだったのもありこちらにはアカイソメの
房掛けをメインで投げていると、


ジイイイ~ッ!ジッ、ジッ、、、


ようやく本日2回目のドラグ音がっ!







52cm マダイ撃沈 ♪


ドラグの鳴らし方、リーリング中の抵抗から確実にエイではなかったので
ホッとしながらもイラん魚、イラってパターンも十分考えられる為、かなり
ドキドキ&そして期待しながら巻いてくるとマダイでした。

以前も書いてたかと思いますが、この戦場近くにはマダイの養殖イケス群なども
特に無いはずなんですがねぇ、、、なぜかマダイの魚影が濃い印象。


こやつを撃沈した後は再びマンダムタイムとなり、回収中に数回エソが飛び
付いてきたりしたのを除けば一切アタリは出ないまま午前11時に。

1時間前くらいから時折パラパラ霧雨が降ったりしてたものの、すぐに止んだりで
気にならない程度&風に関しては突入時から完全に無風状態が続いており
コンディション的には悪くはないなぁ~と思ってたんですが、午前11時半頃から
落ちてくる雨粒が大きくなって10分もしないうちに、





どしゃ降りに、、、


幸いロッドケースには常に100均傘を入れているのでずぶ濡れになる事は回避
できましたけど、自分以外の物は何もかもビチャビチャになってしまい修行の
釣り、、、この激しい雨は約30分近く降り続けて徐々に小康状態に。

天気予報では雨は午後からだったはずなのに、急峻な山々が連なるリアス式
海岸地形なのもあり雲が当たれば急に降り始めたりしますから今時期の予報は
参考程度で鵜呑みにするのは危険ですね。


やっと傘を差さずに行動ができるよ~になり、O本先生の所へ行ってこの先
更に強烈な雨予報が入ってる事も含めて何時に撤収するか?など話し合い、
再び降り始める予報の午後13時までには片付けようと。

しばし雑談をしてから陣地に戻ってみると、


クッ、クククッ、ク~ッ


手前のスピンパワーの竿先がノック&押さえ込まれたりしてます。





35cm イトヨリダイ撃沈。


サイズが小ぶりってゆ~のもあるんでしょ~けど、こやつってほんとぎこちない
アタリばかりでまともにドラグを鳴らしてくる事って少ないよ~な。(笑)

潮が変わって動き始めたタイミングでアタってきたのでもしかしたらワンチャン
あるかも!?超~期待しながらラストスパートをかけましたが、うんともすん
とも言わないまま1時間が経過して片付けていかないといけない時間に。








帰りはこの急斜面を投げ釣りのタックル背負って登らないといけないわけです
から、一番最初に訪れた時に1匹釣れただけでその後マダイやイトヨリダイ
のみとなると、ココはマダイ場として置いといてそろそろ次なる新規開拓候補地
へシフトしていった方がいいのかも。

まぁ、本命自体がレアな魚なので毎回必ず釣れるなんて事はまずありません
し、時々顔を見せてくれるかも?程度で考えておくべきかな?(笑)


初日の釣果はマダイとイトヨリダイ、それぞれ1匹ずつとちょこっと不満の残る
感じになりました、、、確か前回、わたくしめの初釣り時にも初日は同じよ~な
釣果で終わったよ~な気がしますし数回通ってみてこれら2魚種が釣れる確率に
至ってはそこそこ高めな気はするも、肝心な本命に関してはそこまで期待
できない場所なのかもと思い始めております。







使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'23パワーエアロTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アカイソメ


「マダイ場かぁ、、、」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア