fc2ブログ

マダイのひゅうが飯&カマ焼き ♪





2日目の最後の最後で70cmのマダイが出てくれたから満足して帰って
来れましたが、こやつが釣れなかったら、、、初釣りは相当貧果で終わって
しまってました!?本命ではなかったものの、めでたい魚と言えますから
釣れてくれて本当に感謝でございます。(笑)

ただ、これくらいのサイズまでなってしまうと生食だと少々大味に感じてしまう
個体が多くなる為、三枚おろしにしてから加熱ディッシュ用の切り身にして
小分け&真空パック冷凍しておきました。

70cmクラスにもなるとカマもかなり大きくて食べ応えがあるので頭の部分と
胸ビレが付いた部位を分けてまずは後方部から塩焼きにして頂きましょう。


そして次に大きい40cmの個体は生食用に捌いてサク取りをし、スライス
、、、お造りにしよ~か?お寿司にしよ~か?考えてましたが、先月久しぶりに
食べてめちゃウマだったひゅうが飯が食べたい!となり早速盛り付け。

あはは、と言ってもほとんどお造りと一緒なんですけどねっ。強いて言えば
お造りで頂く時より気持ち薄めにスライスしてるかな?こうする事によって
よりタレがタップリ絡んで美味しく頂けます。





マダイのひゅうが飯&カマ焼き ♪


昨シーズンまではアマダイやイトヨリダイは頻繁に食べれてるのにマダイは
近年ご無沙汰だなぁ~って書いてた気がしますが、ここんとこ通い続けている
戦場ではマダイの魚影が濃い印象で本命にフラれてもマダイのお土産だけは
高確率でキープしてこれてる状態。

宇和海エリアでアマダイ作戦を展開する中、外道で良型のカワハギが
ちょくちょく釣れるので今後はわざわざそれ専門に狙いに行かなくても
いいわ~と思い始めてた矢先にマダイも確保できるとなるとこんな
ラッキーな事はありません ♪

まぁ、一発大物を狙うには厳しい感じですが、生食で食べるには一番美味しい
サイズが確保できるのでお土産の観点からすれば非常にありがたいですね。


ご飯やタレが無ければ単なるお造りなんですけど、こんな感じで準備すると
ひゅうが飯になります。(笑)







卵黄を混ぜた濃厚ダレに切り身をくぐらせてアツアツのご飯の上に乗せれば
もうヨダレもの、、、このひゅうが飯も過去にイトヨリダイなど他の鯛系の魚
でも試してきてはいるんですが、やっぱりマダイじゃないといけないよ~な
気がしてます ♪ それだけマダイと相性の良い食べ方なんでしょうねぇ。

甘辛いタレとマダイの旨味が絡み合ってウマ過ぎです。


カマ焼きは両面に粗塩をまぶしてしばらく馴染ませてから身の方だけに軽く
日本酒を振ってから焼き上げました。







シンプルだけどマダイの焼き物ってとても美味しいんですよね~ ♪

大きな個体だったのでカマを前後に分けてもたくさん身が詰まって食べ応えも
抜群!すだちを絞って食べるとまた美味しさが倍増します。この魚にはレモン
でもすだちでも合いますからお好みでど~ぞ~。




「めで鯛美味しさ!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア