fc2ブログ

初日から修行、、、 愛媛県・宇和島市 / 宇和海 (1日目)


サアアア~、、、


まもなく夜明け1時間前になっても雨は止まず音を立ててフロントガラスに降り
しきる中、さすがにここまで悪天候だと朝イチからあの山下りポイントへ
行くのはちょこっと危険な気が、、、

そんな風に考えながらとりあえず戦場近く減車を走らせますが、夜明け時刻を
迎えても曇ってるせいか?かなりまだ暗い状態で、朝イチはあきらめて
代替案として考えてた場所へ向かう事に。







予報では2~3時間のうちに止んで晴れてくるはずなんですけど、ご覧の通り
午前7時過ぎの時点ではこんな空模様、、、

天候が回復するまでの時間つぶし程度と考えてたのもあり、とりあえず3本だけ
タックルを組んでファイヤ~。


攻撃開始から1時間くらいシ~~~ンと静まり返ったままでエサ盗りチェックを
兼て仕掛けを回収してみてもエサはそのまま、、、それならばと更にもう1時間
放置したまま車内でしばらくくつろいで再びチェックしてみると、あれれっ、
ぜ~んぶ素バリじゃないですかぁ!?

このエサの盗られた形跡から確実にカワハギの仕業と思えたので小針仕掛け
に変えて打ち返し 気付かない間にエサだけ掠め取られてたら腹が立つ
ので頻繁に仕掛けを回収&チェックしてみるも、え~~~~っ?またエサが
綺麗に残ってきます。


グッ、グウウウッ


少しして再び3本の竿を順に回収していくと、





30cm カワハギがいつの間にか!?(笑)


おっ、肝もパンパンだしお土産には持ってこいの個体や~ん ♪ ほんとつい
さっきまで何の音沙汰も無かったのに気付けば居食いしてるなんて、、、
たまたま群れが回ってきてたのかな?


こやつが3本のうち2本目に回収した竿に付いてて、魚を外して打ち返して
からお次の3本目の竿を持って仕掛けを回収し始めると、

ひょっとしてこの竿にも魚が付いてる?







28cm カワハギ


こやつも知らない間に付いてました。(爆)

ただ、エサ盗りが酷いって感じでもなく、今のもさっきのも2本針の吹き流し
仕掛けの片方のエサはそのまま残ってる状態ですからたま~に良型の
カワハギが回ってくる感じ?

まぁ、どちらにしてもエサの消費が激しいマシンガンキャストなどの必要も無く
のんびり時間潰しできるので良しとしましょう。


と、ここまでは気分良く戦っていたものの、ピタッとアタリは途絶えてしまい
また沈黙、、、そうこうしてるうちに雨も完全に止んでだんだん空一面に
蔓延ってた雲は消えてゆき青空が戻ってきました。

午前10時にまだなってない今、これならすぐに移動すれば朝イチから入る
つもりだったあの戦場へ行けるかも?気持ちは一気にそっちに向いて
これにて一旦終了する事に。


グッ、グッ、グゥ~~~


片付け始めると何やら重たい竿がっ、







またしても知らないうちに何か付いてた!?2匹とも分厚くて美味しそうな
個体で1匹はジャスト30cmとサイズ的にも申し分無し ♪ この戦場は数は
出ないかもしれないけど良型のカワハギを狙うなら結構使える場所かも!

今朝は釣れたら良型揃いだったので今になってちょこっと後ろ髪を引かれる
思いがするものの、やはり初釣りですし本命に据えたターゲットを狙って
いかないと意味が無い!そう自分自身に言い聞かせて撤収。


ココでの釣果はカワハギのみ。








さて、戦場を後にして南下 しばらく通い続けてみようと思ってる例の戦場
へエントリーポイントを目指します。


山道を走っていると木々がやたら揺れているのに気付き途中で一度車を止めて
外に出てみると、うわっ、こりゃ結構吹いてるなぁ!

そう、冬の宇和海に出撃された事ならすぐお分かりになるかと思いますが、
まとまった雨が降った後には必ず強烈な北西風が吹く、、、これ、ほぼ120%
の確率でそ~なるので分かってるはずだったのに、、、あはは、今回に限っては
早朝の空模様がウソだったかのよ~に雲1つ無い青空になったのもあり、
完全に忘れてました。(汗)





エントリーポイントに着いてからど~しようか?ちょこっと悩むも、時刻は
まだ午前10時台ですし初日の作戦を終えるには早過ぎる上、初釣りとゆ~のも
あってか?初日からカワハギ4匹のみで終了~ってのもどこか寂しく感じて
しまいここは気合いを入れていっとかな!

あはは、突入しましょう。


ココの戦場でもっともっと回数をこなしてどの位置から投げたらどんな感じ
なのか?どんな魚がアタってきたりするのか?などまだまだ未知なる部分
だらけですからデーター収集していく必要があります。

それに先月初めて訪れてみた際には決してそこまで大きくはなかったものの
本命のシロアマダイの顔も見れましたから通う価値はあるかと。

どこに木にロープを結んで、ど~ゆ~ルートで下りてゆくのかなども回数を
重ねるごとに身体と感覚的に覚えてきて前回より所要時間を短縮して下まで
到達&即、例の岩場まで移動して風の様子を伺いますが、


気合いは入れて来たつもりだけど、やっぱりもの凄い風!







「宇和海」


空だけ見てると清々しくて絵に描いたよ~な釣り日和なのに、、、

右斜め前から吹き付けてくる風はセッティングを怠るとあっという間に三脚ごと
なぎ倒されてしまうか?その他トラブルが起きうる可能性もあり、更に飛距離も
ここまで吹いてると思うよ~に出せません、、、

これは今日は釣りが成立しないと判断し、再び岩場をテクテク歩いて少しでも
風裏になってる部分が無いか?探しながら徘徊、、、最終的に風は当たりは
するものの、まださっきの場所よりはマシって所でやって見る事に。


これもある意味この戦場一帯のデーター収集になるだろうと前向き思考で
攻撃準備を整え、今やれる精一杯の釣りをしようとファイヤ~。


クッ、クッ、、、ク~~~ッ


1投目からぎこちなく竿先を押さえ込むアタリがっ!





39cm イトヨリダイでした。


むむむ、アタリもぎこちなければサイズも微妙、、、丸々肥えてる個体なので
食べるには美味しそうですけどねっ。(笑)

水深はこの風の中、おもいっきり投げて20mあるかないかでメインの突き出た
岩場からに比べるとほんの少しだけ浅めな印象?ただ、根掛かりなどは
ココでも見受けられず手前までサビいてきても掛かる感じもありません。


エサ盗りはココでも小さいカワハギが居るみたくたま~に素バリになって
戻ってきたりしますが、めちゃくちゃ酷いってわけでもないかな。


ジ~ッ、、、ジッ?


何、今の!?(爆)





41cm マダイの仕業、、、


サイズからしても、こやつは居食いしてましたタイプの方なので、むしろ微弱に
でもドラグ音を鳴らしただけでも元気ものって証拠!?

あはは、同寸でもこれが本命だったらもっと大喜びしてたんですけどねぇ
、、、ほんとどこに潜んでるか把握しきれてないのがもどかしい。


午後13時になると、風は激化して爆風&更に突風まで混じるコンディションと
化し、風向きを考えてしっかり立ててたはずの三脚をバ~~~ンとあっさり
なぎ倒すまでに、、、もうこれ以上は釣りを成立させる事自体が不可能と判断し
、これにて初日の作戦を終了としました。

ど~せ誰も来ないだろうし明日もココで戦うつもりなので、タックル一式戦場に
置いて帰ってもいいかな?な~んて一瞬思うも、やっぱり明日は土曜日ですし、
もし今夜戦場変更をしたくなってもできなくなるので気合いを入れ直して
全て背負って撤収。





場所移動してからも釣果はイマイチパッとしませんでした。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・'12スピンパワー425AX-T
■ リール: シマノ・'23パワーエアロTD
■ 道糸: 東亜ストリング・レグロン ワールドプレミアム 3号
■ 仕掛け: 1本針仕掛け
■ ハリス: ダイヤフィッシング・ジョイナー船ハリス 8号
■ 針: オーナー・カットビッグサーフ 16号
■ エサ: マムシ、アカイソメ


「北西風はあかんで」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
フリーエリア