まもなく発売か? 海神の力を宿す刃“18号”





昨年の11月末に発売となったMarufuji「SEA FORCE サーフ」

現在ラインナップされている号数は12~15号までの4種類ですでに多くの
大物投げ釣り師のみなさんに愛用され、各地で素晴らしい釣果実績を叩き出して
くれていると伺っております。


設計コンセプトの比重割合からすれば、主に大小問わずカレイ類全般と巨大
アイナメを対象にするも他にもヒラメ、マゴチ、マダイといった投げ釣り狙える
様々な大物がほとんどカバーできるというオールマイティー性の高さも特徴
として兼ね備えた針!

要するに、この魚にはこの針で!みたくあれこれ使い分けるのも良し、逆に
どれがベストだろう?などと迷った時にはこれさえあればOK!なんとかなる!
と幅広く対応できちゃう、、、

まっ、他のメーカーなんかで例えればキングサーフビッグサーフ
なんかのよ~に対象魚種を特定してないある意味いいとこ取りした針。


そのラインナップに待望の太号数が間もなく追加されることに!


すでに16~18号までのレンジが追加される旨、予告はされてはいたものの
針って、、、形さえできてしまえば号数レンジなど簡単!と思われちゃうかも
しれませんが、実際には同じ針でも号数を1号変えるだけでもただ単に大きく
すればいいってわけにはいかないよ~で強度や性能を統一させる為にも焼き入れ
度合など結構大変とのこと。

そんな中、ちょ~ど先日わたくしめの元に最終テストバージョンの“18号”
届きましたぁ ♪ 16~18号まで一気にリリースとなるのか?それとも順にと
なるのか?に関してはまだJCAも分かりませんが、とにかくこの18号が
最も早くリリースされるのは確実なよう!







左から現在4種類発売中の最小12号、最大15号、そして今回最終形として
送られてきたおニュ~の“18号”。その大きさの差は一目瞭然ですよね!

同じ形状でもサイズを大きくしていけばいく程、ご覧の通り肉厚だけ取っても
軸から針先にかけて全てにおいて別物なんです。


お次に愛用されてる方も多いかと思われる他社の主力針と比較してみましょう!





左からユムシなどのエサに適した、がまかつから発売されているバラ針でかつ
ラインナップで最大号数コウジマダイ18号ユムシコウジ20号
そして「SEA FORCE サーフ 18号」

一見類似しているよ~な感じもしますが、よ~く見てみるとフトコロの最深部
から折り返して針先に掛けて、特にカエシから針先までの距離が大きく異なって
いるのが分かります。また、フトコロへ流れ込む微妙な曲線もエサ、そして
フッキングした魚をホールドさせる為のベストバランスを計算して作れており、
ヒネリが特に大きく入れられてるのも注目点でもあります。


ほらっ、このよ~なアングルからならよく分かりますよね?





一番奥が「SEA FORCE サーフ 18号」


ヒネリやカネリ、ベタ、ネムリといった針に施されるアクセント加工は必ずしも
入れたからいいってわけでもなく、その使い方、その針の設計コンセプトに
沿って意味を持って入れられてるので他の2つと比較して一概にコレがベスト!
とは言い切れなく後はわたくしめら使う側のニーズやこだわりに合わせてって
感じになります。どれもJCAも愛用するいい針ですしね~!





今度は一番手前が「SEA FORCE サーフ 18号」

軸も号数が大きくなるにつれ極太仕様になってゆき、チモト形状については
3つともオーソドックスな叩き加工になっていますが、こちらもそれ自体の
大きさを比較してみると違いは一目瞭然ですよね!

特に太い号数のハリスを結ぶ場合にはこの耳の部分で結ぶ目をホールドする事に
なる為、幅広な形状は重宝してくれます。

小さなこだわりや工夫が大きなトラブルへの導線を未然に阻止してくれるって
のがどんな分野においても言える事ですので、わたくしめも近年はよ~~~く
吟味しながら針選びをしております。


とにかくまずはこの最終形のテストをして来なくてはねっ!




「待ち遠しいっ!」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR