現行デザインを! シマノ「フィクセル・プレミアム170」


昨年末の播磨界隈での落ちギス・シーズンなどで積極的に導入していたあの
背負子!それにセットしてあったビビッドなマントルイエローのクーラーを
覚えておりますでしょうか?そうフィクセル・シリーズの17Lです。

すでに記事でも何度かご紹介してたよ~に、わたくしめの背負子にはクーラー
などが傾いた時にズレ落ちないようストッパーの役目を果たすステンレスステー
を取り付けてあり、まさにこの17Lモデルがピッタリハマるようサイズを
測って専用仕様にしております。

ですので他のモデル or 容量となるとアウト!


ターゲットにもよりますが、近場で特に日帰り出撃なんかとなると17Lもあれば
十分ですし、数日間やるとなれば釣った魚などを後で移してキープしておける
大型クーラーも車内に持参しているのでまず問題ありません。


しかし!保冷力という面に関しては、


秋~春先にかけてのまだまだ涼しい季節なら全然OKなんですが、このマントル
イエローのライトモデルはやはり軽量重視の為あって強い保冷力の要となる
真空パネルが搭載されておらず、暖かくなってくると中の氷が比較的すぐ溶けて
きます、、、まっ、そりゃ使用素材からして当然なんですけどねぇ。(笑)

そこで春~夏にかけて、または数日間に及ぶ出撃時に最初入れた氷でできるだけ
長く持たせたいなぁ~って時用に導入してみました!







シマノ「フィクセル・プレミアム170」


全く狙ってたわけではないものの、ちょ~ど注文してから届いた旨連絡が入り、
いつもの釣具量販店に訪れた時にセール中でして更にお安く買えちゃいました。


仕様としては重量4.4kgと、あのマントルイエローの同じ17Lライト
モデルの3.4kgに比べるとジャスト1kg重いものの、保冷力は上面、側面、
底面の6面真空パネルを採用しており外部からの熱と、内部からの冷気漏れを
徹底的に遮断し、かつてない保冷力を実現!しているよう。

まぁ、シマノのクーラー・シリーズにおいては天下の“プレミアム”仕様
ですので、JCAも他に30Lモデルなんかを愛用してますが、その保冷力は
絶大で信頼が置けます!

落すだけでしっかりロックされる非常に楽チン・便利な上フタもフィクセル・
シリーズの特徴ですし、その中にはライトではオプションだったトレーも
標準装備、、、あはは、でも正直なところ、わたくしめはこの手のトレーは
たま~~~にキスの引き釣りをする際に使う9L専用モデル以外はほぼ100%
使っておりませんので、あっても無くてもどっちでもいいんですが。(爆)





いや~、どんな物でもそ~ですが、おろしたてのホワイト製品って傷&汚れ一つ
無いまさに汚れを知らない純白ですねぇ ♪

これがJCAの場合、たった数回で、、、汚れてしまいます!(爆)


さてさて、トレーはこの時点で取り除いて、それより何よりわたくしめとしては
絶対あって欲しい?重要な物でやっぱり第一精工から発売されているお馴染み
「サーフイチロー」、これだけは一度使ってしまうと離せない超~便利アイテム
ですので汚れてしまう前の今のうちに早速、







いい感じになりましたよぉ ♪


あっ、そうそう!JCAもず~っと使っていくうちに気付いたんですが、この
「サーフイチロー」に付属している土台となるポールホルダーに貼られている
超強力両面テープ、、、めちゃくちゃスグレモノなんですよ~。

最初のうちはホームセンターなどで売っているハイスペックの両面テープの方が
更に強力?と思ってわざわざ貼り換えたりしてたものの、このオリジナルテープ
だけで十分!恐ろしい接着力を誇ります。

貼り付けてからしばらくの間は軽~く引っ張っただけでポロンとポールホルダー
が取れたりと頼りなさげに思えるのですが、貼り付けてた後、上からしっかり
重石をして数日間放置してるとクーラーと一体化してたまったんでは!?と
疑ってしまう程強力接着されます。

その後は取り外そうとしてもなかなか外れず接着テープ部にカッターを入れたり
と無理矢理スライスしないと取れなくなってしまった事もあったり!?(笑)


なので近年ゲットしたクーラーは全て、





この様に付属のタッピングビスも使わず、両面テープだけで取り付けて使って
おります。もちろん何があっても絶対に外れない程強力に!を求めてしまうなら
更にタッピングビスを4箇所の穴にねじ込めば安心かと思いますが、わたくしめ
の場合はこれで十分 ♪

それにこういった真空パネルが使われているモデルにはネジ留めによって表面に
穴を開けてしまうのも個人的にど~もイマイチ気乗りしませんのでねぇ。





これで蒸し暑い季節の日帰り出撃も余裕ちゃいちゃいになりましたぁ ♪


実は、、、急いでゲットしたもう1つの理由として、今年、マイナーチェンジ?
全ての外観のデザインがちょこっと変わるフィクセル・シリーズなんですが、
ど~もスペーザの方はしっくり来るものの個人的にフィクセルはこれまでの方が
高級感溢れるイメージがありまして市場から消えてしまう前にとねっ。

本格的出番はもう数ヶ月先かな?




「遠征には小さいね」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR