fc2ブログ

カラフトマスとアキアジの饗宴 ♪





カマと切り身、、、結局のところ捌いてしまえば食べれる部分のみになっている
のでどっちも一緒のはずなのに、なぜかこれら2種類があるとカマの方から
さっさと消費してしまわないと!みたいな気持ちになってしまうのは
わたくしめだけでしょうか?(笑)

今回もアキアジのストックの中にカマが数個残っているのが気になってしまい
、早速昨夜のうちから塩を打ってカマ焼きに~ ♪


カマがアキアジなら切り身の方も同じアキアジで?最初はそ~思うも、作ろう
としてるディッシュからしてもう少し身自体にお味がある魚の方がベターと思い
カラフトマスの切り身をチョイス!

どちらの魚も我が家ではすり身にする事が多い印象がありますが、それも
あくまで数が釣れた時のみで特にカラフトマスは昨シーズン1回のみ!
全然釣れなかった為、ストックもこれが最後、、、すり身にしなくても
すぐ無くなってしまった気がします。





そんなカラフトマスの半身、やや小ぶりな物に先程のカマ同様前日のうちから
塩をしておきこちらも魚焼きグリルで焼いてゆきます。


あはは、以上でできあがりと言ってもおかしくない程、超~簡単にできちゃった
今夜のFISH DINNER ♪

ご飯が炊けたら自宅にもう1回分のパックが残ってたちらし寿司の素と一緒に
ほぐしたカラフトマスを混ぜ、冷蔵庫内に残ってたコーンやらキュウリも
入れちゃってあっという間に完成。





カラフトマスのちらし寿司&アキアジのカマ焼き ♪


頭はアキアジ、身はカラフトマスとまさにサケ科の魚2種類の饗宴で
ございますわ~。(笑)

サケ科の魚では全般的に言える事なんですが、先に塩をする作業の有無で
シンプルな焼き魚などにおいては大きくお味が変わってきたりします。我が家
ではカラフトマスやサクラマスを基本と例えるなら、アキアジはそれより若干
多めに塩をするのが定番かな?

塩加減に関してはそれぞれの好みもありますから、実際にいろいろ試して最も
ベストと思えるよ~な分量を見つけないといけませんが、業者さんなどの塩加減
を見てもやっぱりアキアジは他よりかなり多め。


塩1つでガラッと雰囲気が変わるのでサケ科の魚はとても奥が深い!どこどこの
お店の塩鮭が美味しいと言われたりするよ~に、この塩加減の違いが大きな差を
生むんですよね~。わたくしめ、、、サケ好きなのでこだわってしまいます。







ご飯に混ぜるだけの市販の素を使っているので酢飯自体は普通ですけど、その分
タップリ入れた焼いたカラフトマスの身のお味が前面に出てとても美味しい!
薄くスライスして塩揉みしたキュウリとも相性が良く、ちらし寿司の緑色の具
では定番の絹さやよりこっちの方がわたくしめは好きかも。


ほのかに塩味がきいたカラフトマスを味わいながらアキアジのカマ焼きも試食
してみましょう!こちらはしっかり塩をしてありますから、きっとパンチの
きいたお味のはず、、、食べる前までそう思ってたものの、実際には使った塩の
量からは想像できない程マイルドな塩加減で優しい美味しさ ♪

結構塩をたくさんまぶしても熟成させる期間が一晩くらいなら塩辛くはならない
印象ですねっ。あとは焼く前に水で表面の塩をしっかり洗い落としてから
日本酒にくぐらせてやるとふっくら仕上がるかな。





お店で食べてるよ~な本格的なお味で感動しちゃいました ♪




「塩加減が命よね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア