インプレッション・オブ・NEWアイライト


かなり遅く?年まで越しちゃいましたが、以前にご紹介してたNEWアイライト
こと「ROD tip-435」のインプレを書いてみたいと思います。

まず最初に結論から述べてしまいますと、


“めちゃくちゃ明るいっ!”





電池漏れが尋常じゃなかった旧モデルもそ~でしたが、光力に関しては他の竿先
ライトより群を抜いて明るく非常に視認性が高いと言えます。正直に申して、
ここんとこ愛用してきてるHapyson製の竿先ライトも残念ながら
太刀打ちできない程の明るさ。

おそらくこれだけの光力を発してるので電池の消耗も他に比べて早いかとは
思われますが、それでもその差はほんの数時間?くらいでしょ~しやはり実釣に
おいての強い味方と考えればピカイチ!





しかしながらこれは旧モデルも同じだったんですが、しっかり竿先にハメ込み&
キャスト時などに抜け落ちて吹っ飛んでかないよ~にと極太竿先用の“3L”
サイズと言えどもかなりスリットが深くかつタイト気味に作られている為、
取り付ける際は問題無いものの、取り外し時に製品の説明書きにある通りに
そ~~~っと慎重にやっても押し上げている反対側に強い圧が掛かって
稀に竿先が折れてしまったりするんです、、、

わたくしめに関しては過去に2度ほど?しか経験してませんが、数人の釣友ら
からも同じデメッリとを聞いたりもしてやっぱり起きうるかぁ、、、と。





この時、悲劇が起こったのはわたくしめの竿ではありませんでしたが、、、

もしかするとこのはめ込み部の深さを変えてゆく形状だと大丈夫なのかな?とも
思ったりもしましたが、あまり追求して考えて無いのでよ~分かりません。(爆)


“竿先を折らない様に注意して下さい”


という注意もちゃんとされはいるもののこれだけは分からないですよね~、、、
逆に言えば過去一度も他の竿先ライトではこういったトラブルは起きてないので
JCAの中では印象に残ってるのかもしれません。

ルミカから発売されているぎょぎょライト系のスリットはアイライトに比べると
やや浅めに設計されているのでその分、キャスト時に吹っ飛んでいったりする事
も起きたりしますが取り外しの点では安心、、、すんなり外れてくれます。

こういった点を考えるとやはり、


“どの竿先ライトも甲乙付け難い!”


ってのが現時点でのJCA個人の印象でしょ~か?もちろん今までず~~~っと
アイライトを愛用してきてるけど、そんなトラブルなど皆無!って方もたくさん
いらっしゃると思いますし、ただ単にその2回が偶然起きた不運な出来事だった
のかもしれません。それに前回折れて以来、今日に至るまでの2~3年間?は
わたくしめに限っては再発してませんのでねぇ。(笑)


光力で選ぶなら「アイライト」、光力は弱いものの竿先の折れなどのトラブルを
限りなく100%で回避したいなら挟み込み型のHapyson竿先ライト
その中間点を選ぶならルミカぎょぎょライトLEDって感じかな?うむむ、
インプレって改めて考えるとど~しても個人的バックグラウンドをベースにした
積み立てから成ってしまうので難しいっ!




「むむむ、、、」と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめましていつも楽しく拝見させていただいております。
穂先ライト私も何度か経験があります。
飛んでいかないようにする半面
強くしてしまうと繊細な穂先が折れてしまうという矛盾。。。
私なりの対応策ですが無理なく取り付けた後
マスキングテープを2巻程度巻き付けて使用しています。
マスキングテープは紙製なのと粘着力が強くないので使い捨てで
テープを切る時は ラインが絡まないように竿の上で切ってます。
この方法だと今までノントラブルですから試してみてください。
それでは(^o^)

なるほど!

はっしさん、初めまして!

コメントありがとうございます。ほんとどんな製品でもメリット、デメリット
というのはありますがなかなか全てが完璧な物って無いですよね。(笑)

マスキングテープとはいいアイデアですね!確かに粘着力も強くないのでとても
良さそうに思えます。頂きましたアドバイス通り次回夜釣りする際には
ぜひ試してみたいと思います。ありがとうございます!

これからもどうぞよろしくお願い致します。
プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR