FC2ブログ

やっぱりコレやわ~ ♪ イトヨリダイのしゃぶしゃぶ





久しぶりに前回鯛しゃぶと言えば最もメジャーな食材、マダイの切り身で
作ってもらいましたが、個人的にはしゃぶしゃぶにはやっぱりイトヨリダイの
方が断然合うという結論に達した今、、、そのイトヨリダイが釣れたとなれば
ディッシュはもう決定したよ~なもの!

獲れたてすぐの身でも良し、数日間熟成させてもこれまた良しとある意味生食
が可能な期間内ならいつでも鯛しゃぶが楽しめるとゆ~ことになります。


昨夜のうちに羅臼昆布を鍋に浸けておき、十分に風味が出てきたダシを更に
沸騰させて昆布を取り除いたら天然塩と今回はあごだし醤油でほんのり味付けを
してゆきます。鍋の時とは別で我が家では鯛しゃぶをする時はダシにあらかじめ
調味料で少し味付けをしたのを使う事が多いかな。


下したてのイトヨリダイのサクは皮は残した状態でスライスして盛り付けて
いきましょう。この時に皮目を炙ってやるとも~っと脂の風味が強調されて
まろやかなお味に仕上がりますし、これはその日の気分に応じてでしょうか?





ピンクに黄色、シルバーなどいつ見ても色鮮やかですよねっ。

とはいえ、あまりメインとして狙っていない魚なだけに、釣りの最中は釣れても
とりあえずボウズ逃れ~! or あ~~~あ、、、イトヨリかぁ~、、、って
感じにはなっていますが、FISH DINNERの観点から見れば絶対期待を
裏切らないめちゃくちゃ重宝な魚かも。(笑)


あとはコラボさせるお好きな鍋野菜や具材を準備すればいつでも食べれます。
ほんとに美味しいのもあってたとえ良型1匹分であっても毎回あっという間に
無くなっちゃいますから今夜は2匹まとめて頂きましょう。





イトヨリダイのしゃぶしゃぶ ♪


以前まではお造りやら焼き霜造り、昆布締めに練り物など飽きが来ないよう
バリエーション豊かにディッシュを作ってもらってましたが、最近は
しゃぶしゃぶオンリーと言っても過言で無いくらい超~お気に入り&大好物
ディッシュになりつつあります。


身がマダイに比べてとても柔らかいのでやや厚めにスライスした方が身崩れも
回避できる上、湯通しした時に程良い弾力が生まれて最高の食感に。

こ~んなたくさんあってもなぜかペロリと完食できちゃうのが不思議!?







しゃぶしゃぶ~ ♪ しゃぶしゃぶ~ ♪


あはは、なんかこの文言だけ聞いてると他の物を想像してしまうかもしれません
けど、10秒沸騰したダシにくぐらせてポン酢と一緒にパクっ。うん、他の鍋と
食べ方自体はそこまで変わらないのにここまで美味しく感じるのは紛れもなく
イトヨリダイという魚が持つ素材のお味 ♪ マジうまですわ。

レア~ミディアムレアの状態で頬張ればフワッと優しい弾力が感じられ、
完全に火を通せばホロホロ~っと口の中で細かく砕けていくよ~な食感、、、
火の通し方でも微妙に異なってくるのでほんと飽きがこない。


宇和海方面へ遠征するとなれば本命はど~してもレア魚になりがちだけど、
食部門で言えばイトヨリダイも最低1匹は毎回釣れて欲しい魚かも!?
鯛しゃぶだけならむしろレア魚よりこっちの方が美味しいよ~に思えますし。







「この後はおじや~ ♪」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR