FC2ブログ

夏の北陸 ♪ 富山県・氷見市 / 島尾海岸 (1日目)


夜明け直後ならまだ暑さも幾分マシ?そう願いながら車内でモスシールドウェア
に着替えていざ外に出てみると、、、チ~~~ン!表示されてた通り朝から
余裕で外気温は30℃を超えており、超~ムシムシ。

何か1つの動作をする度に汗が至る所から滲み出てきて気持ち悪い!おそらく
風が少しでも吹いていればまた違ったんでしょ~けど、今朝は見事無風で
ただただ蒸し暑いだけ。これは気温がピークに達する前にさっさと釣って
終了ってのが理想的ですね。(笑)


ブルブルブル、ブルブルッ、ブルブルッ


1投目からやや弱め?ながらもコンスタントにアタリが出て、





朝から高活性で連掛けされてきます ♪

ただ欲を言えばもう少しアベレージサイズが大きかったらいいのになぁ~っ
、、、な~んて思いつつも、とりあえず4色から手前どこへ投げても必ずすぐ
アタリが出る感じでみるみる数を稼いでゆきます。

魚を外してクーラーに入れると同時にキスカウンターのボタンをポチッ、
ポチッ やっぱりサイズに不満を感じてしまい針数を減らしておもいっきり
フルスイング&遠投域を探ってみますが、今度は魚影自体が薄いのか?
アタリも散発かつたま~にヒットしてもサイズは変わらず似たよ~な個体ばかり
、、、これなら気合い入れて遠投する必要もないかも?


今から2年前?いや、もっと前になるでしょうか?毎年夏になると同じクラブの
O本先生とバカンスと称してこちら北陸方面へキス釣りに来ておりました。
その時にここだけは他がどれだけ渋くても不思議にも良く釣れて、また
アベレージサイズもそこそこ大きめな印象があり必ず戦場候補リストに
入ってたんですが、、、

まっ、サイズだけは年回りにとってムラがあって当然ですね。







「島尾海岸」


今朝も両サイド、どちらもそんなに近くはないけどキス釣りの方が5~6人
入っておられるのが見え、定番ポイントである事が窺えます。


高活性なコンディション下、効率良く釣りたいなら自分自身が操れる範囲内で
針数を増やしてワンキャストで掛けれるだけ掛けるってのが基本。

まだ太陽は低い位置にあるとはいえ、時間の経過と共に気温はうなぎ登りで
上昇してますしキャスト回数が増えてしまうとその分汗でドボドボになります
から、無駄を省いたエコな釣りスタイル!?にこだわっちゃいます。(爆)


着水後、サビき始めた途端にブルブルッの典型的なアタリが連発し始め、
次第に震えが増幅&竿に伝わってくる重量感も増してくるのが分かります。
サビくスピードもスローペースにしてしまうと1匹が複数本の針を飲み込んで
しまう為、そこそこ速めにハンドルを回しつつカウント。







その時の魚の活性に応じて微調整をしながらトラブルレスで数を稼いでゆく
、、、おそらく引き釣りをメインでされてる方々はこ~ゆ~技術に長けて
おられるからこそ非常に効率がいいんでしょうねぇ。わたくしめなんて、
ある程度大きさのある個体ならまだしも小型メインになってくると今何匹
掛かっているか?など未だ正確に把握できないので、何とな~く仕掛け
全体が重たくなってきたからそろそろかな?ってなノリ。(爆)

こ~ゆ~場面において毎回思っちゃうのが、せっかくキス釣りに特化した
タックルを持っているのにその性能を十二分に発揮させれてないのがもどかしい
、、、技術向上を望むならそれだけの場数踏んでいかないといけませんし、、、
わたくしめの年間出撃パターンでは永遠に習得不可能かも!?


キスカウンターが60を超えた時点でまだ釣り開始から2時間程度で、このまま
釣り続けてても数は増えるでしょ~けどサイズアップは望めないと判断し一旦
ここで終了。汗ダクになったTシャツを着替えて車を発進させます。


1週間前くらいにクラブイベントで出撃した時の方が数は出なかったけどサイズ
的には良型ばかりで、今回の遠征ではそんなサイズの数釣りを!って目論んで
いたんですが、、、あはは、そう上手くはいきませんねぇ。

富山市内中心部を目指して走り、途中でカフェに立ち寄ってモーニング&
クーラーのギンギンにきいた店内で癒されてから再び移動開始です。







「常願寺川河口」


なぜここに来たのか?

それは過去にも何度か書いてきてますけど、わたくしめの母方の田舎がまさに
この水橋というエリアで小さい頃から毎年夏休みになると遊びに来ていた
おもいっきり慣れ親しんだ場所。当時から釣りが好きでこの界隈へは徒歩で
来れた為、しょっちゅう来てたのを覚えております。

最初は近くの海水浴場として有名な岩瀬浜を見に行ってみるも、釣り人は
ちらほら居てもそこまで釣れてる様子でも無かったのでこちらへ。


群れの回遊の有無、距離など一切分からないのでとりあえず遠投域から手前に
手前にと探ってゆきましょう。


ブルブルッ、ブルルルッ!


鋭いアタリが6色~5色帯にかけて連発して、







25cm前後のぶっとい個体も混じりながら良型の数釣りがっ ♪

これはビンゴ ♪ 場所移動して正解でしたぁ。さっきの島尾海岸でメインだった
よ~な小ぶりな個体はほとんど皆無でどれも満足のいくサイズばかり!特に
大型は遠投域で真っ先にアタってくる印象があるのでそればかりを撃沈
しようと思い、調子に乗っておもいっきりフルスイングを繰り返していると、

いきなり、


バシッ!?


変な音がしたと思えばまさかのラインブレイク、、、ってゆ~か横着気味に
力任せで振ってたのがダメだったのか?どこかで弛みが生じてしまったのか?
ガイドの所で見事パーマしてしまい高切れですわ。(泣)

幸い、替えスプールも持参してたのでサッとスプール交換するだけで難なく
戦線復帰できたものの、暑過ぎるからといってダレて横着スタイルになるのは
ブ~~~ですね。それにまた同じトラブルを引き起こしてしまうと今度は確実に
釣りに影響が出てきますから以後慎重かつ集中して戦う事に。









遠くには蜃気楼が出てそ~な美しい大海原へ向かってファイヤ~!


ゆ~っくりサビき始めるとガツンといった強いアタックと共にブルブルと振動が
伝わってきて、それがサビけばサビくほど増幅されてゆく ♪ これこそ
引き釣りの醍醐味の1つと言えますねぇ。超~気持ちいい~!

いつの間にか空は快晴となりめちゃくちゃ強力な日差しが照り付けてジリジリ
焼けるよ~な暑さ、、、ちなみに天気予報では今日の富山県の最高気温は39℃
、昨夜やってたニュースでは市内で40℃を記録した旨あり相当な猛暑日が
続いてると言えます。

夏は猛暑で冬は豪雪地帯となる北陸エリアですけど、一昔前まではここまで
暑くはなってなかったよ~な、、、ほんと異常でございますわ。


あはは、それでも釣り人っておかしなもので、魚が順調に釣れていると
暑さなんて忘れて夢中になってしまう ♪









正午が近付くにつれ魚影は更に濃くなってきたみたく波打ち際ギリギリの所まで
エサを追い掛けて食い付いてくるまでに!ふわっと軽く投げてテンポ良く
サビいてきても食い気満々で入れ食い状態。


こりゃ明朝の戦場もここに決定ですわ。


キスカウンターが3桁を超えるとホッとしたのか?急に我に返って満足な
気持ちとなり、そして息もしにくいくらいの猛暑を実感するよ~に。
うん、もう十分楽しんだかな?(笑)

気付けば1日700円分計算で2パック持参してたイシゴカイも2パック目を
開封しており、残りは500円分程度でしょうか?まぁ、イシゴカイ
だけはどこでも簡単に入手できますので全然心配はいらないんですけど、
場所移動含めた午前中だけで132匹 ♪ 今日はこれくらいで~。











これからどこかで昼食を食べて、ホテルにチェックインしましょうかねぇ。




使用タックル&仕掛け

■ 竿: シマノ・キス タイプR 405BX+
■ リール: シマノ・スーパーエアロ キススペシャル コンペ
■ 道糸: ゴーセン・砂紋8ブレイド 0.8号
■ 仕掛け: 多点バリ仕掛け
■ モトス: クレハ・シーガー150 1.5号
■ エダス: ゴーセン・ホンテロン 0.8号
■ 針: オーナー・クリンチキス 7号
■ エサ: イシゴカイ


「40℃超えは異常!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR