FC2ブログ

サクラマスのゴーヤチャンプル&冷汁 ♪





夏と言えばゴーヤ!夏と言えばタマミ!(爆)

超しょ~もないスローガンと共にスーパーで旬のゴーヤをゲットしてきました。
あはは、ほんとはたまたま買い出しに付いて行った際に入口付近でデカデカと
置かれてあったのに目が留まっただけのことなんですがねぇ、、、

更に言えば最初はこのゴーヤで豚肉と共に沖縄名物ゴーヤチャンプルを
作ってもらおうと思ってたのが、レシピを調べていくうちに具材が少々変わって
きまして、、、豚肉の代わりに魚 → 魚ならやっぱり夏を代表するタマミこと
ハマフエフキ!ってな流れになるも、サケで作るとめちゃウマと紹介されてる
レシピを見つけ、、、最終的に魚はサクラマスに決定。(笑)


必要なのはメイン食材でもあるゴーヤとサクラマスの切り身、あと木綿豆腐、
ニンジン、タマネギくらいでしょうか?















ゴーヤはワタを取って8mm前後の厚さにカット、サクラマスは一口大にカット
、木綿豆腐は水切りをした後手で適当な大きさに千切ってニンジン、タマネギは
普通にスライス。これらをサラダ油を敷いたフライパンの上で炒めていくわけ
ですが、まず先にサクラマスだけ入れてある程度火と通してから残りの食材を
入れた方がベターなよう。

最後に醤油と日本酒を入れて味を調えてかつお節を散らせば完成!


単に炒めるだけとゆ~超~簡単ディッシュに続いてもう1品も負けず劣らず
簡単なディッシュ!なんせ蒸し暑い夏は何事もできる限り手間暇かけずに
ちゃちゃっと済ませれるのがベストですもんねっ ♪







暑くなってきてからもうすでに何回も作ってもらっている為、作り方の多くを
説明する必要も無いかと思う冷汁~!味噌&練りゴマ+ダシ汁で作った汁に
焼いてほぐしたサクラマス、キュウリ、ミョウガ、オクラをほ~り込んで
冷やしただけでございます。(爆)


作ってから冷蔵庫に入れてちゃんと冷えるまで少々時間が掛かるので今回も
炒め物を作る前に仕込んでおきましたよん。

ご飯にぶっかけたら食卓へGO&頂きましょう!





サクラマスのゴーヤチャンプル&冷汁 ♪


ゴーヤチャンプルって豚肉が入ってないといけない!みたいな固定観念が
わたくしめの中にあったんですが、密かに魚で作ってもめちゃくちゃイケます。


ゴーヤ特有の苦みとサクラマスのまろやかテイストが醤油とかつお節の風味で
まとめられてまさにゴーヤチャンプルそのもの!?あはは、そりゃ魚以外味付け
に至るまで同じ食材なんですからゴーヤチャンプルですよねっ。(爆)

あと食べながら思ったんですけど、これってサクラマスでなくタマミで作っても
全然いけるんちゃうん?と、、、

ゴーヤそのものがパンチのきいたお味なので、他の食材はよほどアクセントの
強い物でない限りゴーヤの方が勝ってしまうので白身魚なら全般的にどれでも
合いそ~な気がしました。







沖縄を思い出させるお味を堪能しながら、あ~~~もう何年も沖縄には行って
ないなぁ、、、タマンよりホシギスや特大マゴチ、あと巨大なハタ科の魚、
GTなんかもいつかは釣ってみたいと一昔前までいろいろ調べていたんですが
、いつの間にか忘れちゃってました。

また時間ができたらじっくり攻めてみたいエリアでもありますね。


解凍した同じパックの切り身ストックから2種類のディッシュになった今夜の
FISH DINNER、冷汁も調理工程は似たよ~な感じでしたが、ベース
となる調味料が異なるとガラッと雰囲気も変わって全く別の魚のよ~に
思えてしまうのが面白いところ。

こちらは前回作ってもらったハマフエフキバージョンの方がより美味しいかも?
もちろんどちらの魚でも美味しく頂けますが、冷汁の組み合わせにはより
あちらの方がマッチしてるよ~に感じましたわ~。





まぁ、トラウト類も身はサーモンピンクカラーではあるけど白身魚に分類
されますからマッチングとしてはハマフエフキとそこまで大差は生まれない
でしょ~けどねぇ。

わたくしめ的には今後はハマフエフキで冷汁は決まりかな?




「サクラはもったいない」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR