FC2ブログ

フライングギャフ





タマン針、、、より遥かに巨大な針!?

あはは、フックはフックでもエサを付けて魚に口で咥えさす物ではなく、
人間側が水面まで浮いてきた魚に掛けて使う物。


そう、これはランディング時に魚が巨大過ぎてタモでは対応できないよ~な
ヘビー級モンスターを陸に揚げる際に用いられるフライングギャフと呼ばれる物
で、大物投げ釣りにおいては滅多に使う機会は訪れないものの、とりあえず
この夏の経験から作戦によってはバッグに忍ばせておこうと購入してみました。

まずはいつもの釣具量販店に電話で在庫があるか?問い合わせてみるも、
残念ながら店頭には無いよ~で手っ取り早くネットでポチッと!

調べていくとフライングギャフもピンからキリで64チタン合金などで作られて
いる物はゼロが1つ多い驚くよ~な値段だったり、ギャフでも相当奥が深いん
だなぁ~と思いましたが、とりあえずわたくしめの場合、まず今後出番は無い?
限りなく皆無に等しいように思える為、最も安価だった、







ナカジマ「パワーギャフ ジャンボ」、「パワーアダプターⅡ」


ステンレス製のこちらで十分でございます。

パワーアダプターとの併用でフライングギャフとして使用でき、サイズも最も
大きい9φ×250mmでロープ結束用リングもちゃんと付いております。


ゴムOリングの摩擦力を応力したフライングギャフシステムとあり、この筒状の
パワーアダプターに片方にギャフ、その反対側にタモの柄を装着させ魚に
しっかりギャフを打ったらロープを持ったままタモの柄を引っ張ればアダプター
が分離してタモの柄が外れる仕組み。

ロープが連結されたギャフは魚に残ってますから後はロープを引っ張って
ランディング?陸へずり上げるだけとなり手順としては簡単そ~だけど、
このギャフ打ちをほんとしっかりしておかないと引き上げ途中でバラして
しまう可能性もありそうですよねっ。













近くにタモの柄が無かったのでイメージだけにはなっちゃいますが、こんな
感じでアダプターが分離するわけね~。


以前、ハマフエフキ作戦で高知県の離島に行った際にお土産にハタ系の魚
でも~と明るいうちに小魚を投げてるといきなりアタってきたメーターオーバー
のクエ、、、2つのタモを駆使して取り込みを図るも魚自体が24kgもあって
無残にもタモ枠が破壊、、、結局、2重になったネットを手で持ってずり上げる
事となりましたが、それも運良く足場の低い磯だったからこそ取れたもので
もし水面から高さがあったり、夜間だったらきっとバラしてました、、、

その経験からこのフライングギャフの必要性ってのを考えるよ~になり、今後
出番は限りなく皆無に等しくても備えあれば患いなし!いつの日か出番が訪れる
事を密かに祈りながら磯クールの底に眠らせておきましょう。

あっ、そ~だっ!このままの状態じゃ戦場に持ち込んでも意味がありません
でした、、、ロープを忘れてますわ。(爆)





耐荷重表記があればいいんですけど、ホームセンターにでも行って30kgくらい
まで耐えれるよ~なロープを7m程度、探してきたいと思います。




「モンスター用やな」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR