FC2ブログ

1.2号200mの落とし穴!?





ラインを外すリールもあれば、これからラインを巻くリールもある、、、

今年は短期間で終わった海サクラ作戦に使用したPEラインはご存知の通り
まだ全然劣化が見られなかった為、作戦終了後即リールから外して、塩抜き&
コーティング剤を散布とメンテナンスをおこなってから片付けておきました。

そして今日、海サクラ作戦ではステラ4000番でしたが、今度は3000番を
出してきてラインを巻こうと目の前に置くと、


し、しまったぁ~~~!?


背負子が壊れたぁ~、、、ではなく!ある事に気付かずラインを仕入れて
しまっておりました。







この2つの写真をご覧になればすぐ気付くかと思いますが、3000MHGの
スプールに記載されているキャパはPE1.2号が150mとあるのに対し、
ラインの方は200mなんです。

まぁ、投げ釣りの25m4色分けPEのよ~に飛距離をしっかり管理する必要
がある場合はやはりこの辺はシビアにいかないといけないものの、このトラウト
用PEは1m区切りでホワイト シャンパンゴールドの2色をひたすら
繰り返してるだけなのであまり気にする必要は無いかなぁ~と。

実際、ルアーで出せる飛距離では着水地点がほとんど目で確認できる範囲内に
あるのと、キスの引き釣りみたく今投げた正確な飛距離を割り出す必要も
そこまで無いと言えば無いのでねぇ。(笑)


ってなわけであまり気にしないよ~にして巻いていきましょう!













スプールの溝に対してバランス良く見える範囲でできるだけ多めに巻くよ~に
してカット。なぜキャパの150mを超えてキャスト時などにライントラブルが
起きない範囲で巻いておいたか?と言いますと、

1日で数えきれない程のキャストを繰り返すルアーフィッシング、、、特に
これからのカラフトマスやアキアジ作戦では大小大きさが異なるゴロタ浜が
メインフィールドとなり砂浜と違って知らない間にラインが劣化している事が
多々!またそんなコンディションでなくても、キャスト時に指をかける位置周辺
が徐々に劣化してくるのも必然で、わたくしめの場合、基本毎日作戦終了後に
リーダーを新しい物に結び替えると同時にメインのPEラインの方もリーダー
との結び目から最低2m前後はカットするよ~にしているからなんです。

太いPEならまだしも、1.2号クラスとなると細い部類に入りますから
ちょっとした劣化もラインブレイクの原因に繋がります。せっかく掛けた魚を
劣化によるラインブレイクなんぞでバラしたくは絶対ありませんしねぇ!


ラインキャパより若干少なめなのはあまり気にならないものの、多めに巻いて
しまうとナイロンなどに比べて遥かにライントラブルが増える傾向にある
PEライン、、、そのほとんどがキャスト時に起きるので最初のうちは
意識しながら使っていった方が良さそうですね。

あはは、とはいえそこまで多めに巻いてるわけでもないし大丈夫かな?(笑)





早く出番が訪れないかなぁ~ ♪




「そろそろちゃうん?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:JCA
大物投げ釣り一筋!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR