FC2ブログ

再びハマフエフキ尽くし ♪












捌いて時点でそのボリュームから少なくとも2日間はFISH DINNERで
お造りが出てくる事を予想し、せっかく食べるなら同じ生食でも少しずつ
変えた食べ方をしたく冷蔵庫内で熟成させる前に一部先にスライスしてから
昆布でサンドイッチしてありました。

昆布締めもすぐに頂きたければ〆てから30分もすれば昆布の風味がするよ~に
なって食べれますが、個人的には身の分厚い魚は最低でも一晩は寝かせたい
かな。あと我が家では昆布締めにする場合は熟成させた身は使わず捌いてすぐの
鮮度の高い状態のまま昆布でサンドイッチするよ~にしてます。


そんなできあがりが楽しみな昆布締めとコラボさせるディッシュはやはり
ハマフエフキを使った物で~ ♪ あはは、別にこだわってるわけでもなく
他の魚を持ってきても全然良かったんですけどとりあえず冷凍せず数日中に
食べてしまおうと思ってた切り身があったのでねぇ。(笑)

まっ、切り身とゆ~よりアラ?になっちゃうんですがっ。







腹骨をすいた時にできたアラ、、、美味しそうな身がかなり残ってた為、
どこか捨てるのがもったいなく感じてしまい潮汁にでもしてもらお~と!

やや多めに粗塩を全体にまぶし30分近く置いてから沸騰させたお湯をかけ&
即氷水で冷やして霜降りにします。実際のところそんな気になるよ~な臭みも
ありませんでしたが、こ~する事によって魚の臭みを消すことができます。


あとは鍋に水と日本酒少々加えて、アラ、出汁昆布を入れて加熱。


沸騰する直前で弱火に落としてじっくり時間をかけて似てゆきましょう。

途中で浮いてくるアクを取り除きながら汁が透明になるまで煮て、最後に塩と
薄口醤油でお味を調えてやればあっという間に潮汁のできあがり。





ハマフエフキ尽くし ♪


今夜でお造り用にキープしておいたサクは全て終了となりますので、よ~く
味わいながら頂かないとねっ!あはは、そんな事言わずに食べたくなったら
また出撃しましょう。(笑)


表面にネットリとした昆布エキスが付着してめちゃくちゃウマそうな昆布締めに
、昨夜頂いた鯛しゃぶの残り?切れっ端を使いなめろうまで作ってもらいました
よん ♪ どちらもほんの少しだけど手の込んだディッシュでお造りとは異なる
魅力がありますよねぇ。

まず視覚から魅了されつつ、早速頬張ってお味を確かめてゆくと、あ~~~
美味しいわ~という言葉が無意識に出て参ります。







昆布の旨味をタップリ吸収して薄い飴色に染まった身は食べるとしっとり食感で
とてもお上品なお味 ♪

ハマフエフキの身ってマダイなど他の鯛系の魚と比べると密かに水分をたくさん
含んでいるので2日間寝かせて浸透圧で余計な水分が抜けても決して干乾びた
よ~な感じにはなりません。


冷えた昆布締めとなめろうをつつきながらアツアツの潮汁をすする、、、
このコンビネーションがまたたまりませんわ~。アラから出た魚介類特有の風味
と脂分が印象的で味付けにはほんの少量の塩と醤油しか使ってないのに
驚くほどコクのあるダシに仕上がっております。







わたくしめ、最初にわさび醤油で昆布締めを食べたんですが、それが超~
美味しくてパクパクいってる中、ポン酢&もみじおろしも合うよ~と聞いて
チェンジして頬張ってみると、、、


うわっ、こっちもめちゃウマやん!?


ってゆ~かコレが最後の1切れだったし、、、

また食べたいと思えば釣ってくるしかない!?特にハマフエフキはまず地元の
スーパーでは見かける事もありませんし再び出撃しかないかな?

ちなみにまだ予定も何も決めておりませんけどねっ。(爆)




「そろそろ梅雨時期!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR