FC2ブログ

至高の鱒フレークで作る3品目 ♪







“至高の鮭フレーク ♪”


いいえ!?今回もアキアジより美味しいサクラマスの切り身で作ってもらった
ので鮭ではなく鱒フレークでしょうか?(爆)

どっちも一緒やろ~と突っ込まれてしまいそ~ですが、以前雑誌の鮭特集に紹介
されていた至高の鮭フレークがまた食べたくなって懐石料亭のレシピに従って
甘酒、日本酒、薄口醤油、練りゴマ、発酵バターなど独特のコクと旨味を
生み出す調味料と共にしっとりとできあがりましたっ。


当然ながらフレークですのでそのまま炊き立てのご飯にかけて頂いても良し!
また、お茶漬けにしても非常にGOODでしたし、市販されている鮭フレーク
などとは全く別物かのよ~にしっかり芳醇な味付けがされている為、これを
味付け用の調味料代わりにして新たにディッシュを作るのも良しなんです。

そんなわけで今回はこの至高の鮭フレークのレシピが紹介されてあった雑誌に
同じく掲載されていた3品目を試してみよ~と!











どれも基本、フレークを調味料代わりに混ぜ込むだけという感じですから
すぐにできちゃいます。

まずはキノコとネギ炒めで、フライパンにこめ油をひいて中火にかけスライス
したシイタケとほぐした舞茸を炒めます。そして仕上げに同じくスライスした
長ネギとフレークを加えて少々炒めた後、白ゴマを混ぜてできあがり。


続いて2品目はほうれん草和えで、茹でたほうれん草に刻んだ無塩ミックス
ナッツとフレークを和えてできあがり!?あはは、ほんとこれこそフレーク
あってこその味付けになるディッシュじゃないでしょうか。













無塩ミックスナッツを使われているところとかオシャレですよねっ ♪


3品目はこれら3つの中ではメイン?最も食べ応えのあるディッシュになるのが
焼き餅で、フライパンにこめ油を多めにひいて中火にかけ、餅を焼くだけ~。

中が柔らかくなってきたらバターを少々加えて餅に絡めると焦がしバター風味に
なっていい感じになると書かれてあるのでその通りに焼いて最後にフレークを
トッピングして完成!?





いや~、いずれのディッシュも超~簡単&時短ディッシュになるものの、上から
順にどんどん簡単になっていってるよ~な、、、なんせ、この焼き餅なんて
餅を焼くだけですから。(爆)


こ~してあっという間に揃ったディッシュたち。


早速頂いてみましょう!

雑誌にはお酒の肴といった風に紹介されていましたが、もちろん惣菜感覚
としても十分ご飯の進むディッシュかと思いますし、ある意味焼き餅を
ご飯の代わりとして考えるとこれらだけでFISH DINNERが
成り立っているよ~な気がします。





至高の鱒フレークで作る3品目 ♪


どれもフレークがふんだんに使われたディッシュになるも、雰囲気も全く
異なればお味もそれぞれ他の素材と絡み合って1つ、1つが特徴のある
仕上がりになっております。


特にお酒の肴、惣菜どちらでもオールマイティーなのがキノコとネギ炒めと
ほうれん草和えの2品かな?フレークの持つバター風味が炒める事によって
際立つキノコとの炒め物はできたてはもちろん、冷えても美味しく頂く事が
できるディッシュでキノコ好きにはたまらない逸品!

また、ほうれん草和えも頬張った途端にナッツの香ばしい風味が広がって
シンプルなのにとても上品な印象を受けます。









濃厚極まりないキノコとのコラボディッシュにサッパリ感もしっかり味わえる
ほうれん草和え、、、どちらもフレークのみで味付けされているのにこんなに
違うなんて、、、さすがプロの料理人がアレンジするディッシュですねぇ。


最もお腹が膨れるメインディッシュの焼き餅は最初見た時はどんな感じのお味
なんだろう?と思いましたが、餅は米からできてますし合わないわけがない!
フライパンで焼いた餅はややハードめな仕上がりになっており、噛むとサクッ
とした食感がやみつきになりそうです ♪

少量のバターを加える事で餅自体にもコクが生まれ、フレークと一緒に食べると
超~濃厚な美味しさ!強いバター風味が食欲をそそりますが、その分白いご飯
みたく何杯でもいけるって感じではなく餅2個くらいがちょ~どいい量かも?

それを考えるとこのディッシュだけはお酒の肴向き?







料亭のお味3品目を堪能させて頂きましたっ ♪




「やっぱり和食だね」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR