FC2ブログ

赤い鯛の饗宴 ♪


性懲りも無くシロアマダイの生食を試みたものの、やっぱりわたくしめ的には
お造り系で頂くとこの魚に関しては素材の持つ旨味を引き出しきれない?
という結論に、、、そんなわけで今回の釣果の中でダントツお造りに適して
いるマダイの登場でございます!

お造り、お寿司に鯛しゃぶまで様々なディッシュに対応できるマダイ、最近
の宇和海遠征では毎回顔を見せてくれFISH DINNERにかなり貢献して
くれております。(笑)





カマは今回は割らずにそのまま、同サイズのアカアマダイのカマと一緒に
煮付けてもらうことに。レシピはいつも通りですが、ゴボウもコラボさせてる為
、甘さの目立つ煮汁よりややアクセントのきいた甘辛さの方がいいかも?と
若干ショウガを多めに入れて仕上げます。


マダイの身はほんとどんな食べ方、味付けにも自然に溶け込んでくれますから
お造りの調味料もその日の気分に応じてわさび醤油でももみじおろしとポン酢
コンビでも楽しめます。

ちょ~どスーパーに新鮮な穂紫蘇が並んでいたのでマダイは断然わさび醤油で
頂きたいわたくしめ、当然ゲットしてきて散らしてもらいましたっ。見た目も
美しく上品に仕上がる上、穂紫蘇の花はほんのりシソの香りが漂い特にわさび
醤油とは非常に相性が良いんです!





赤い鯛の饗宴 ♪


饗宴と言っても今夜のFISH DINNERはマダイの方が主体になっては
いますが、アカアマダイもカマだけながらもアマダイというだけで高級な
印象を与えてくれるのが不思議ですよねぇ。


1匹丸々お造りにしようと最初は話していたものの、実際には結構な量があった
ので半身分をお造りにして残りは後日他のディッシュで頂こうとなりました。
50cmを超える個体なら半身だけでも十分過ぎるくらいのお造りが作れます。

薄紫色の穂紫蘇の花が何とも言えない美しさを醸し出し、これがまた単なる飾り
ではなくお造りのお味を更に引き立ててくれるわけですから素晴らしい!









穂紫蘇と一緒に紅たでも仕入れてきましたので今夜はわさび醤油とコラボさせる
薬味も豊富でますます食欲が湧きます。醤油に飽きてきたらポン酢に切り換えて
サッパリ感を堪能しようと思ってましたが、ど~やらわたくしめに限っては
その必要はなさそう!?(笑)


兜煮も仕上げにさやいんげんと刻みネギを添えてサッパリアクセントを加えて
おり、身を煮汁がしっかり浸み込んだゴボウと食べればマッタリ濃厚テイスト、
そしてさやいんげんと食べればフレッシュな印象。

甘辛い味付けのディッシュってず~っと同じお味のまま食べ続けてると他より
早く飽きてきやすい為、こんな感じで添える素材をちょこっと工夫して
いつまでも新鮮な印象をキープできればと考えております。









アップで見るとやや不気味、、、(爆)

鯛系の魚のカマは身が凝縮されていて、旨味成分も更に詰まってますから
基本捨てずに頂くよ~にしております。兜煮なんかは超~簡単に作れちゃいます
しもったいないお化けが出てこないよ~に撃沈した魚はちゃんと残さず食べて
あげないとね~っ。(笑)


大変おいしゅ~ございました ♪









「まさに饗宴!」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR